雰囲気を盛り上げるムードメーカーの特徴|どんな場でも明るくする方法も紹介

いつでもどこでもその場を明るくしてくれるムードメーカーに、憧れませんか?ムードメーカーは、仕事でも明るい雰囲気で周囲の人のモチベーションをあげてくれるでしょう。この記事では、ムードメーカーになりたい人のために、ムードメーカーの心理や性格の特徴をご紹介します。

目次

  1. ムードメーカーがいると場が明るくなる!
  2. そもそも「ムードメーカー」の意味とは?
  3. ムードメーカーの人に当てはまる特徴とは?
  4. ムードメーカーがいる職場や学校はどんな雰囲気?
  5. ムードメーカーの人が持つ長所や短所とは?
  6. ムードメーカーになるなら必要になる能力とは
  7. ムードメーカーになるための方法とは?
  8. 場の雰囲気を盛り上げるムードメーカーになろう!

ムードメーカーがいると場が明るくなる!

仲間内の雰囲気が悪くなりかけた時に、ぱっと明るい方向へ導いてくれるムードメーカーがいるととても助かるでしょう。

周囲の人々のやる気を引き出せるように場を和ませるムードメーカーは、一体どのような人なのでしょうか。

この記事では、改めてムードメーカーの意味を振り返ったり、ムードメーカーの能力、ムードメーカーになるための方法などご紹介していきます。

ムードメーカーになりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「ムードメーカー」の意味とは?

まずはムードメーカーのそもそもの意味や成り立ち、類語などをご紹介します。

正しい意味を理解していくことで、ムードメーカーになる方法をより考えやすくなるでしょう。

ムードメーカーの新たな側面が見つかるかもしれません。

「ムードメーカー」の意味

ムードメーカーとは、居るだけで場の雰囲気や空気をポジティブなものに変えてくれる人の事です。

主にスポーツや仕事などのシチュエーションで活かせる長所と言えるでしょう。

能力自体がそれほど突出していなくても、明るい性格や笑顔で周囲の人を元気にしてあげられる人です。

「ムードメーカー」の語源

ムードメーカーは、英訳した単語と単語を合わせて作られた和製英語です。

“雰囲気”の「mood」と、“作る”「maker」を合わせ、“雰囲気を作る人”という意味で作られました。

和製英語なので、海外で使っても通じないことを覚えておきましょう。

「ムードメーカー」の関連語

ムードメーカーの類義語としては「リーダー的存在」「中心人物」などが挙げられます。

その場の雰囲気を作れる人は、自ずとリーダーシップを握りやすく、先頭に立って周囲の人を動かすことができるでしょう。

対して、ムードメーカーの対義語には「トラブルメーカー」が当てはまります。

場の空気を凍り付かせてしまうトラブルメーカーは、周囲の人から敬遠されがちです。

ちなみに、英語での類義語としては“盛り上げ役”という意味である「life of the party」や、“緊張をほぐすもの”の「icebreaker」が適切でしょう。

ムードメーカーの人に当てはまる特徴とは?

次は、ムードメーカーと呼ばれる人たちに見られる特徴をご紹介します。

男性・女性に関わらず、ムードメーカーと呼ばれる人には多くの共通点を見つけることができます。

過去を振り返っても、仕事場や学校に、必ず1人はこちらの特徴に当てはまるキャラの人がいたのではないでしょうか。

愛されるムードメーカーになりたい人は、こちらを確認してご自分がムードメーカーになれるか診断してみると良いかもしれません。

明るい

明るい性格は、ムードメーカーと呼ばれる人の代表的な特徴と言えるでしょう。

ネガティブなことがあってもすぐ気持ちを切り替えられる明るい人は、周囲の人も明るい雰囲気に巻き込むことができるでしょう。

ポジティブ思考

ポジティブ思考も、ムードメーカーには欠かせない特徴です。

ネガティブな考えが頭を占めていては、その場の雰囲気まで暗くしてしまいます。

トラブルに見舞われた時にも、落ち込むことなく即座にリカバリーの方法を考えられるポジティブな思考は、周囲の人をどんどん後押ししてくれることでしょう。

テンションが高い

明るい雰囲気を作るのが得意なムードメーカーは、テンションが高い傾向にあります。

楽しく仕事を進めたり前向きにリーダーシップを発揮する姿は、周囲の人のモチベーションを上げてくれます。

そばにいるだけで元気がもらえるハイテンションな人には、「この人について行けば大丈夫」と思わせる不思議な力があります。

ハキハキと話す

ハキハキとはっきり会話を楽しむのも、ムードメーカーの特徴と言えます。

歯切れが悪くモゴモゴと話す人には、周囲の雰囲気を良くしたり場を和ませるのは難しいでしょう。

自信を持ってハキハキと発言することによって、明るい雰囲気も作りやすく、リーダーシップを発揮することができます。

笑顔

ムードメーカーには、笑顔も欠かすことができない要素です。

ニコニコと笑顔を大切にすることで、場を和ませるだけではなく周囲の人との信頼関係も築きやすくなるという利点があります。

周囲がネガティブな雰囲気に傾いても、笑顔が希望となる時もあるでしょう。

笑顔の人がいるだけで、周囲の人にはリラックス効果や作業効率アップの効果なども期待できます。

褒め上手

ムードメーカーと呼ばれる人は、褒め上手でもあります。

身近な人が何かに成功した時、「やったね!頑張った甲斐があったね!」と、しっかりと褒めてあげることができるでしょう。

人は褒められることで大きな成功体験を経験して、やる気や実力を大いに発揮することができます。

褒める行為自体が、褒められた人以外の周囲の人にもモチベーションアップなどの効果をもたらすこともあるでしょう。

聞き上手

ムードメーカーは、聞き上手な特徴も持ち合わせています。

リーダーシップをとり雰囲気を作るためには、周囲の人の声にしっかりと耳を傾け、みんなをまとめ上げる必要があります。

意見だけではなく、一人一人の考えや価値観、温度差などを把握することで、それぞれを鼓舞することができるのが、最高のムードメーカーと言えるでしょう。

誰とでも仲良くなれる

ムードメーカーは、誰とでも仲良くなれる性格を持っているでしょう。

色々な人と分け隔てなく付き合うことができるので、周囲の雰囲気を作りあげることができるのです。

人懐っこい性格は、多くの人に慕われることでしょう。

視野が広い

視野が広いことも、ムードメーカーの特徴です。

ネガティブな空気が場を支配しないように気を配るためには、周囲の人を観察する必要があります。

悲しんでいる人や、怒っている人にきちんと気付いてあげられるのが、愛されるムードメーカーと言えるでしょう。

ムードメーカーがいる職場や学校はどんな雰囲気?

次は、ムードメーカーがいる仕事場や学校はどのような雰囲気なのかをご紹介します。

ムードメーカーがいることでどんな効果があるのか、確認してみましょう。

仲間がまとまりやすい

ムードメーカーがしっかりと周囲の雰囲気を作りあげることができていれば、みんなの意見がまとまりやすいでしょう。

ムードメーカーがは、それぞれが意見を言いやすい雰囲気を作ったり、意見をまとめ上げるリーダーシップを備えています。

そのため、部署やクラスが一丸となって課題に当たることができるのです。

トラブルが起こってもカバーしあえる

仕事場やクラスにムードメーカーがいれば、何かトラブルが起こってもみんなで協力し合ってカバーする土壌が出来上がっているでしょう。

ムードメーカーのポジティブ思考が周囲の人にも伝播して、トラブルに落ち込むのではなく、解決するにはどうすれば良いか考えることができるのです。

誰かが失敗してしまっても、責めるのではなく慰めて、一緒に再度チャレンジしていけるような暖かい仕事場・クラスになるでしょう。

楽しく仕事・勉強ができる

ムードメーカーがいる仕事場や学校は、和気あいあいと楽しく仕事や勉強ができるでしょう。

トラブルや失敗があってもお互いにカバーしあえる雰囲気があるので、安心して作業に取り組むことができます。

ガミガミ怒る上司や教師がいてギスギスとした雰囲気の仕事場・学校よりも、作業効率が高いでしょう。

ムードメーカーの人が持つ長所や短所とは?

次は、ムードメーカーの持つ長所・短所をご紹介します。

一見して長所しかないように感じられるムードメーカーですが、思わぬ短所があるかもしれません。

ムードメーカーになりたい人は、しっかりと確認してみましょう。

ムードメーカーの長所とは

ムードメーカーの大きな長所は、人との信頼関係を築きやすいことでしょう。

明るくリーダーシップを発揮できる人物は、多くの人から好印象を持たれやすい傾向があります。

ポジティブな考え方の人がそばにいるだけで、周囲の人は良い影響をたくさん得ることができるので、自然と周りに人が集まりやすいです。

リーダーシップを取り結果を残すことができるので、仕事上で功績を認めてもらいやすく、出世もしやすいでしょう。

ムードメーカーの短所とは

意外と気付きにくいムードメーカーの短所は、いつも明るいことで「悩みがない」と勘違いされることでしょう。

暗い顔をしていてはリーダーシップも発揮できないので、ムードメーカーは務まりません。

必然的に、周囲の人の前ではいつもニコニコと笑顔でいることが基本となるのですが、それが元で「悩みがなさそうでいいね」と言われてしまうのです。

実際は悩みがない人間などいないのですが、いつも明るい人に対して周囲の人はつい「悩みがなさそう」と感じてしまうこともあるでしょう。

もう一つの大きな短所は、「恋愛対象として見られにくい」ということです。

誰とでも仲良くなれるムードメーカーは、面白い人・お調子者というイメージもあるでしょう。

誰にでも優しいイメージも相まって特別な人に対するアピールが届きにくいこともあり、ただの「優しくて面白い人」で終わってしまうケースも多いのです。

ムードメーカーになるなら必要になる能力とは

次は、ムードメーカーになるために必要な能力をご紹介しましょう。

こちらに挙げる能力は、生まれつき自然に持っている人もいますが、意識して取り組むことで後から身につけることもできる能力となっています。

ムードメーカーになりたい人は、ぜひこちらを参考にして、自分の中の能力を育ててみてください。

気軽に話ができるコミュニケーション能力

ムードメーカーと呼ばれる人は、基本的に人とコミュニケーションを取ることが好きな性格が多いでしょう。

知らない人とも笑顔で挨拶を交わすことができるほど社交的なタイプも、少なくないかもしれません。

何にでも興味を持ち好奇心旺盛なので、話題も豊富でどんな人とも話を合わせることができるでしょう。

周囲の空気を感じ取る能力

周囲の空気をつぶさに観察して感じ取るのも、ムードメーカーに必要な能力と言えるでしょう。

団体をまとめ上げるには、様々な人の表情や発言・行動から真意を汲み取り、全体の行動に反映させていく必要があるのです。

周囲の人に細やかな気配りができる、気が利く人とも言うことができるでしょう。

人それぞれの価値観を大切にする能力

人それぞれの価値観を大切にすることも、ムードメーカーに求められる能力です。

愛されるムードメーカーは、周囲の人との会話でも否定的な態度をとることは少なく、色々な価値観を持つ人を許容することができます。

色々な価値観を肯定的に受け入れることで、多角的な視点で物事を見る力が一層成長することでしょう。

ピンチをチャンスに変える能力

愛されるムードメーカーは、ポジティブ思考でピンチをチャンスに変えて乗り越える能力を持っています。

気持ちの切り替えが上手で、トラブルや失敗に気持ちが沈んでしまいそうな周囲の人の気持ちを押し上げることができるでしょう。

周囲の緊張感や疲労感を適度にほぐし、少しでもみんなが前向きに考えられるように率先してポジティブな発言をします。

場の雰囲気をしっかりと作りあげることができれば、「雨降って地固まる」を実践するように、ピンチを利用してチームをまとめ上げることも可能でしょう。

ムードメーカーになるための方法とは?

次は、いよいよムードメーカーになるための方法をご紹介しましょう。

前の項目でご紹介した能力とともに、日頃から意識して行動していくことによって、いつの間にか人気者のムードメーカーになれるでしょう。

ムードメーカーになりたい人はぜひ参考にしてみてください。

積極性を身につける

ムードメーカーになりたい人は、まず積極性を身につけましょう。

高い社交性を持っていなければ、場を和ませたりリーダーシップを取ることができません。

誰にでも自分から話しかけていける積極的な性格が、必要不可欠と言えるでしょう。

何事もポジティブに考える

ムードメーカーになりたいなら、何事もポジティブに捉えることが必要です。

誰かが失敗をしてしまっても責めることなく、「気にしないで!ほら、こうすれば大丈夫だよ」とカバーできる柔軟な考え方をマスターしましょう。

凝り固まった概念を壊し、広い視野で物事を捉える視点が身に付けば、頼れるムードメーカーになることができます。

誰とでも仲良くする

ムードメーカーは、誰とでも仲良くできる必要があります。

中心人物ともいえるムードメーカーがコミュニケーションを取れない相手は、自然と孤立してしまうでしょう。

そんな人が出ないように、ムードメーカーは仲間内の隅々まで細やかな配慮をする必要があるのです。

しっかりと全体をまとめ上げてこそ、愛されるムードメーカーと呼ぶことができます。

好奇心旺盛になる

好奇心旺盛で話題豊富なことも、ムードメーカーに必要な要素です。

様々なことに興味を持ったムードメーカーは、色々な話題に対応でき、話を盛り上げて周囲のモチベーションアップに繋げることができるでしょう。

人は、共通の話題を持っている相手に好印象を持ちやすい傾向があります。

周囲の人それぞれと共通の話題を持つことは、自分自身の知識が増える上に信頼関係も築きやすいという一石二鳥の効果があります。

興味のアンテナを、様々な方向へ広げておくようにしましょう。

細かいことは気にしない

ムードメーカーになりたいなら、細かいことにくよくよすることはやめましょう。

人が集団行動をしていると、どうしても性格の不一致などで仲間内のトラブルが起こるでしょう。

些細な言葉尻などを捕らえて文句を言うより、そんなものは笑い飛ばしてしまえるほどのポジティブ思考を手に入れましょう。

細かいことは気にせず、仕事や勉強で結果を出せば自ずと周囲の見方も変わってくるはずです。

くよくよと悩む時間があったら、もっと楽しいことを考えましょう。

褒め上手を目指す

ムードメーカーは周囲の人にとって“居心地の良い雰囲気を作ってくれる人”です。

小さなことでもしっかりとキャッチして、周囲の人を褒める名人になりましょう。

例えば、仲間内で集まった時にみんなの注文を取りまとめてくれた人や、みんなで使ったものを片付けてくれた人に、必ずお礼を言いましょう。

人は「自分がやったことを見ててくれる人がいるんだ」と感じれば、やる気がアップするのです。

褒めるという行為は、褒める方も優しい気持ちになりますし、褒められた方も嬉しく感じてより一層頑張ろうと思える、素晴らしい習慣です。

ぜひ褒め上手を目指しましょう。

場の雰囲気を盛り上げるムードメーカーになろう!

仲間内の楽しい雰囲気を作りあげるムードメーカーは、欠かせない存在です。

愛されるムードメーカーになるために、少しでもこの記事が参考になったのであれば幸いです。

関連する記事