育ちが悪い人の特徴とは【男女別】育ちがいい人との違いや改善して認められる方法も紹介

育ちが悪い人と育ちがいい人の違いはなんだろうと感じたことはありませんか?今回解説していくのは、男女別育ちが悪い人の特徴についてです。「マナーがよくない」「下品」と思われることが多いのはなぜなのでしょうか?育ちが悪い性格を改善する方法についても紹介していきます。

目次

  1. 育ちが悪い人は出来れば関わりたくない…
  2. 「育ちが悪い」の意味とは?
  3. 関わりたくない!育ちが悪い男性の特徴とは?
  4. 気をつけないと…育ちが悪い女性の特徴とは?
  5. 育ちが悪い人に育ってしまう原因・理由とは?
  6. 育ちが悪い人とは逆に育ちがいい人の特徴は?
  7. 育ちが悪いという印象を改善するための方法を紹介
  8. 育ちが悪い人にはならないようにしよう!

育ちが悪い人は出来れば関わりたくない…

たとえ見た目や性格が良くても、育ちが悪い様子が垣間見えてしまうとドン引きするという人は少なくないでしょう。

芸能人などでも、育ちが悪い瞬間がふと見えてしまい、ネット上で話題になることがあります。

それだけ育ちが悪いことは悪目立ちし、周囲から白い目で見られてしまうのだと言えます。

実際、育ちが悪い人と接していて不快な思いをしたという経験を持つ人もいるでしょう。

育ちが悪い人は、基本的に多くの人から「関わりたくない」という嫌な印象を持たれることが多いのです。

「育ちが悪い」の意味とは?

そもそも育ちが悪いとはどういったことを指すのでしょうか?

まずは基本的な「育ちが悪い」の意味や類語等を解説していきましょう。

「育ちが悪い」の意味

一般的に「育ちが悪い」とは【成長時の環境や育てられ方が悪い】という意味を持っています。

たとえば、とある子どもが常識やモラルがない環境で育てられたり、身勝手さが許される育てられ方をしたとしましょう。

そんな子どもは、非常識で自分勝手な性格をした大人になってしまう可能性が高くなります。

そして周囲から「あの人は育ちが悪さが目立つ」と思われるようになるのです。

もちろん、環境や育てられ方が悪くても、上品で育ちがいい印象を持たれる大人になる可能性はあります。

一概に環境や育てられ方が育ちの悪さに関係するとは言えないものの、非常識さが目立つと「育ちが悪い」と思われることが多いのです。

「育ちが悪い」に関連した言葉

育ちが悪いを別の言い方にすると「下品」「お里が知れる」「ガラが悪い」などのものが、よく耳にするものでしょう。

下品で粗相をした相手に対し「親の顔が見てみたい」と言うのも、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

ちなみに対義語には「上品」「まとも」「教育の行き届いた」などが挙げられます。

関わりたくない!育ちが悪い男性の特徴とは?

中には育ちが悪い人はどんな特徴を持つ人なのだろう、と疑問に思う人もいるでしょう。

そこでここからは、関わりたくないと思われる、育ちが悪い男性の特徴を解説していきます。

言葉遣いが汚い

言葉遣いが汚い男性は、育ちが悪いと思われることが多いでしょう。

特に誰に対しても言葉遣いが悪く、TPOに応じて言葉を使い分けできない場合、周囲から白い目で見られることも少なくありません。

言葉遣いの悪さは悪目立ちしやすく、相手や周りを威圧したり、ドン引きさせたりする言動です。

「類友と思われたくない」「不快な言葉遣いを聞きたくない」と敬遠されることがほとんどでしょう。

善悪の判断がつかない

育ちが悪い男性の特徴には、善悪の判断がつかないというものがあります。

たとえ犯罪に分類される行動でも、育ちが悪い男性は、自身の欲求や考えを優先させてやってしまうことがあるのです。

「バレなきゃいい」「自分さえ良ければいい」という心理を強く持っているため、目先の欲求や都合を優先してしまうのでしょう。

また、犯罪行為に当たらなくとも、不用意に相手や周りを不快にさせる行動を頻繁にしてしまいます。

女性を見下すことが多い

女性を見下すことが多い男性に対して「母親や姉妹、娘にも同じような態度をとりそう」といった印象を持つ人は少なくありません。

特に、「母親や姉妹に対しても横暴なのだろう」という印象は、幼少期からその言動が許されてきたのだろうという推測に繋がっていきます。

「相手と対等な関係を築こうとしない」「相手のことを尊重しない」という身勝手さが、育ちの悪さを感じさせる原因になるのです。

店員に対して横暴

店員に対して横暴な態度をとっている男性に対し、育ちの悪さを感じる人は少なくないでしょう。

お客様は神様だと考えている男性は、店員に対して威圧的で、お金さえ払えば何でも許されると考えがちです。

しかし、今の時代大半の人は、客も店員も対等な関係であると考えている人がほとんどです。

実際、客と店員の間でかわされるのは金銭分のサービスや商品であり、それ以上のものはありません。

当然店員に対して横暴で威圧的な態度を持つ人は悪目立ちし、常識やモラルを感じさせません。

できれば関わりたくないと思う人が大変でしょう。

気をつけないと…育ちが悪い女性の特徴とは?

育ちが悪い男性の次は、育ちが悪い女性の特徴について触れていきましょう。

育ちが悪いと思われる女性はどのような人が多いのか、気になる人はぜひ注目してみてください。

度が過ぎたわがまま

度が過ぎたわがままを言う女性は、育ちが悪いと思われることが多いでしょう。

そういった女性は、周囲のことを考えず、自分の欲求や都合を何がなんでも優先されようとします。

物事の順序や周囲の都合等も全く考慮しない身勝手さが、周囲に育ちの悪さを感じさせるのです。

言葉遣いが悪い

育ちが悪い男性同様、言葉遣いが悪い女性も育ちの悪さを感じさせます。

特に誰に対しても言葉遣いが悪く、TPOに応じて敬語等を使えないのは、一般教養やマナーのなさを感じさせます。

いくら見た目や素の性格が悪くても、第一印象は良くなりません。

一緒にいて恥ずかしいと思われることも多く、結果的に周囲に敬遠されてしまうでしょう。

ファッションがTPOに合っていない

育ちが悪い女性の特徴に多いのが、ファッションがTPOに合っていないというものです。

基本的に今の時代、ファッションは男女とわず自由に楽しむべきという考えが広まってきています。

しかし、明らかにTPOやマナーにそぐわないファッションは、やはり悪目立ちし、協調性のなさを感じさせるのも事実です。

たとえば結婚式に白いドレスで参列したり、服装ルールが設けられている中でそれを破ったりするのは、お世辞にも褒められた行為とは言えません。

「TPOに応じて必要な服装を用意できない」「周りに合わせ、配慮しようとする意識がない」というところが、育ちの悪さを感じさせるのでしょう。

公共の場で騒がしい

公共の場で騒がしい女性は、育ちが悪いと思われることが多いでしょう。

電車や公共の場、静かな空間などで、声のボリュームに気にせず話す行為は育ちの悪さを感じさせるものです。

これらの行為は単純に周囲の迷惑や不愉快にさせることへと繋がります。

また、特に育ちの悪い女性は、うるさいと注意されても同じことを繰り返す傾向にあります。

周りへの配慮より、自分の欲求を優先させるところが、より育ちの悪さを感じさせる原因になっているのでしょう。

育ちが悪い人に育ってしまう原因・理由とは?

そもそもなぜ、育ちが悪い人に育ってしまうのでしょうか?

社会には育ちが悪い人もいれば、上品で育ちがいい人も少なくありません。

どういった原因や理由が、下品と上品を分けることになるのか注目していきましょう。

身近な大人が非常識だった

比較的多くの育ちが悪い人に当てはまるのが、身近な大人が非常識だったというケースです。

両親や兄姉、親族、近所の人など、幼少期に接することが多い大人が非常識だと、育ちが悪くなる可能性は高くなります。

子どもは身近な大人の所作を真似して成長していくため、模範となる存在が下品であれば、それは子どもにも影響していきます。

わがままを許されて育った

わがままを許されて育つことで、大人になってからもわがまま気質が抜けず、下品な人間になるケースもあります。

子どもならばある程度のわがままは許されますが、どこかで身近な大人がそれをセーブすることで、少しずつ子どもは理性を身に付けていきます。

しかし、身近な大人がわがままを許し続けてしまえば、子どもは理性を身に付けることができません。

結果的に大人になってからも身勝手で非常識さが目立ち、周囲から育ちが悪いと思われてしまうことに繋がるのです。

非常識=かっこいいと思っている

身近な大人が上品でも、何らの影響で非常識さをかっこいいと思ってしまうケースもあるでしょう。

たとえば、不良漫画などで使われる言葉は乱暴であるものの、作中ではどこかかっこよく思えてしまうものです。

しかし、それはあくまで漫画の世界の話であり、現実に持ち出してしまえば、素行が悪く下品に見えます。

それを理解せずに、非常識さを個性やかっこよさと履き違えてしまうと、普段から下品な行動を取ってしまうことへと繋がるのです。

育ちが悪い人とは逆に育ちがいい人の特徴は?

育ちが悪い人に注目してきましたが、逆に、育ちがいい人はどういった特徴を持っているのでしょうか?

ここからは、育ちがいい人によく見られる特徴を解説していきます。

礼儀正しい

育ちがいい人は礼儀正しく、言葉遣いも美しいという特徴があります。

誰に対しても礼儀を忘れず、決して身勝手な振る舞いや横暴な態度を取ったりしません。

これは、無礼な態度は相手を不愉快にさせ、時にはトラブルの原因になると知っているからです。

また、無礼な態度を取れば、自分もそれ相応の態度を取られてしまうことに繋がります。

周りのためではなく、自分のためにも礼儀正しさを重んじているのでしょう。

気遣いができる

品がある人は、周囲への気遣いを忘れません。

できるだけ周りを目配りし、些細な変化も見逃さないように常に気をつけています。

自己中心的にならないように心がけているため、周囲から「協調性がある」「思いやりがある」と思われることが多いでしょう。

話し上手で聞き上手

育ちがいい人の多くは、話し上手で聞き上手という特徴を持っています。

相手が話しやすいように質問や相槌を打つのが非常に上手く、話していて心地よいと思わせることが多いでしょう。

また、話し手としての言葉選びも適切であり、周囲を不愉快にさせることはほとんどありません。

食事マナーが綺麗

育ちがいい人の代表的な特徴と言っても過言ではないのが、食事マナーが綺麗というところでしょう。

基本的な食事のマナーが身に付けいており、「汚い」「不快だ」と思われるような食べ方はしません。

「一緒に食事に出掛けても恥ずかしい思いをしない」という安心感を、相手や周囲に与えることが多いと言えます。

老若男女から好かれている

基本的に育ちがいい人は、老若男女から好かれています。

上品さが感じられる人は、一緒にいて恥ずかしい思いをしないという安心感を与えてくれます。

礼儀正しくマナーも重んじているため、周囲から反感を買うよりかは、好印象を持たれることのほうが多いでしょう。

育ちが悪いという印象を改善するための方法を紹介

「自分は育ちが悪いから」と、コンプレックスを抱いている人も少なくないでしょう。

育ちの悪さを改善したいと思っても、どこから手を付ければ良いのかわからないと悩む人もいるはずです。

そんな育ちが悪いと悩む人のために、上品さを身に付ける方法について解説していきます。

常識やマナーを学ぶ

育ちが悪い、下品だと言われる最大の理由は常識やマナーの欠如です。

そのため、ネットや本などで基本的な常識やマナーに目を通し、少しずつでも記憶してみてください。

実践できるような常識やマナーは、積極的に身に付けていくように心がけていきましょう。

周りを見て行動する

身勝手さや協調性のなさが原因で、育ちが悪いと思われることも少なくありません。

そのため、普段からできるだけ周りを見て行動するよう心がけていきましょう。

周りの人がどんな行動をし、何を見て、どう感じているのかがわかれば、自然と周囲が求めていることもわかってくるはずです。

同時に、自分が何をしたら相手の迷惑になるのかについても考えておくと良いでしょう。

何がだめで、何を求められているのかがわかれば、それはやがて気遣いへと変わっていくはずです。

上品な人の真似をする

身近に上品な人がいる場合、真似をしてみるのも効果的な改善方法です。

実際に上品な人を観察しつつ、自分と何が違うのかを照らし合わせてみると、足りない部分が見えてくるでしょう。

特に注目すべき点は「言葉遣い」「人との接し方」「食事マナー」です。

これら3つだけでも注目して真似をしていけば、少なくとも下品だと思われることは減っていくでしょう。

発言前に一呼吸置く

発言前に一呼吸置くことも、育ちの悪さを改善する方法になります。

特に自他共口が悪い、敬語が上手く使えない、誤解を招く言い方が多い人は、ぜひ気をつけてみてください。

一呼吸置くことで、自分が発言する言葉や話し方がその場に適しているのか、一度考えて発言できるようになります。

コツとしては、「相手や周囲をどんな理由であれ不愉快にさせないか」「誤解を招く言い方にならないか」の2点を意識してみましょう。

品が悪い人はなにかと理由を付けて相手を傷つけることがあるため、最大限傷つけないように注意してください。

自分の価値観を過信しすぎない

育ち悪い印象を持たれやすい人は、自分の価値観を過信しすぎている傾向にあります。

たとえば、店員に横暴な態度を取るのも、「金を払っているから偉い」「横暴な態度はかっこいい」という思い込みです。

TPOに応じたファッションができないのも、「服装は自由であるべきだ」という価値観を過信しすぎているからだと言えます。

自分の価値観を大切にするのは悪いことではありません。

しかし、自分以外の他人と過ごす社会では、自分の価値観ばかりを尊重できないのが事実です。

自分の価値観は間違っている可能性がある、悪い印象を持たれるかもしれない、常にそう疑うことも大切なのです。

人を見下さない

育ちが悪い人に多いのが、むやみに人を見下してしまうというものです。

なにかと理由をつけて、自分のほうが相手よりも偉いと驕り、相手を見下すことは褒められたものではありません。

上品な人は、たとえ自身が明確に上の立場だとしても、相手のことを尊重し、必要以上に見下すことはないのです。

自身の印象を改善していきたいと思うのならば、相手を対等に見て尊重することを心がけてみてください。

相手を尊重すれば、いずれそれは自分が尊重されることへと繋がり、今以上に人間関係が築けるようになるでしょう。

育ちが悪い人にはならないようにしよう!

育ちが悪くなってしまう原因は、必ずしも本人が悪いとは限りません。

育てられた環境によってそうならざるを得なかった、というケースもあるため、仕方がないとも言えます。

しかし、どんな理由であれ、育ちが悪く、下品な人は白い目で見られることが多いのが事実です。

損をすることも少なくないため、少しでも育ちが悪いかもしれないと自覚がある人は、改善に向けて心がけていきましょう。

関連する記事