人を元気にさせる「励ましの言葉」一覧|落ち込んでいる友達を元気づける温かい言葉を紹介

つらい思いをしている友達に、どんな励ましの言葉をかければ良いか迷うことはありませんか?苦しい気持ちがパッと晴れるような一言は、友達にとって魔法の言葉になるのです。相手を元気づける、心がこもった温かい励ましの言葉を紹介します。

目次

  1. 励ましの言葉は人を元気づける
  2. 励ましの言葉を使うべきタイミング
  3. 人を救ってくれる。使ってほしい励ましの言葉とは
  4. 元気になれる。上手な励まし方とは
  5. 励ましの言葉を使う時に注意すべき3点
  6. 簡単に使ってはいけない励ましの言葉がある?
  7. 参考にして欲しい。励ましてくれる名言とは
  8. 励ましの言葉は人に良い影響を与えてくれる

励ましの言葉は人を元気づける

元気のない友達をなんとか慰めてあげたいけれど、どうすれば良いか悩んでしまう人は多いものです。

そんな時、相手の気持ちに寄り添った励ましの言葉を知っていれば、落ち込んでいる友達を元気づけることができます。

コロナ禍で直接会う機会が減っている今だからこそ、電話やメールで友達にエールを贈りましょう。

人を元気づける励ましの言葉と、その効果的な使い方や例文も合わせて紹介していきます。

励ましの言葉を使うべきタイミング

仕事やプライベートなど、落ち込んでしまう状況は様々です。

そのため、相手を慰めたい時は状況に適した言葉を選択する必要があります。

大切なのは、相手の事情や気持ちを考えてあげることです。

シーン別に適切な励ましの言葉や効果的なタイミングを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

失恋で傷ついている時

友達から失恋の話を聞いたら、なるべく早く、できれば話を聞いた直後に慰めてあげましょう。

失恋した時は寂しさや悲しさに襲われるため、孤独を感じさせないよう側にいてあげることが大切です。

まずは相手への思いを聞いてあげた上で、「つらいね」「すごく好きだったもんね」と今の気持ちを肯定する言葉が適しています。

仕事で失敗した時

仕事でのミスや失敗を慰める時は、直後に声をかけてはいけません。

ビジネスシーンでは常に人目があるので、人前で励まされると恥ずかしさや申し訳ない気持ちが強くなってしまい、逆効果なのです。

休憩時間や仕事終わりなど、一人になるタイミングを待ってから声をかけましょう。

「今日は大変だったね、お疲れ様」と、最初は労をねぎらう言葉から始めることで、相手も気持ちを楽にして話すことができます。

目標が達成できなくて落ち込んでいる時

目標が達成できなかった友達を慰めるには、タイミングよりも時間の長さが大切です。

人は目標を失うと立ち止まり、自分のこれからについて深く考え込んでしまいます。

そんな相手を励ますには、できるだけ多くの時間を共有し、応援ではなく一緒に寄り添う形の励ましの言葉が適切です。

「今は休んでも良いんじゃないかな」「ゆっくりでいいからね」と、気持ちの回復ペースに合わせた言葉を選びましょう。

病気にかかった時

病気にかかった人にかける励ましの言葉はとても難しいですが、言葉そのものよりも回数のほうが大切です。

入院していると人に会える機会も限られてくるので、不安や孤独を感じやすくなります。

できるだけこまめにメールなどで連絡を取り合い、「一人じゃない」ことを実感させてあげてください。

大げさな励ましの言葉よりも、「今日はこんなことがあった」というような日常の些細な話のほうが、笑顔になったりホッとできるのです。

人を救ってくれる。使ってほしい励ましの言葉とは

落ち込んでいる時は誰でも不安や悲しみで心がいっぱいになり、悩みを一人で抱え込んでしまいます。

もしも友達が落ち込んでいたら、まずは話をしっかりと聞き、それからやさしい言葉で励ましましょう。

相手の心を少しでも楽にしてあげるために、使ってほしい励ましの言葉を紹介します。

私でよければ聞かせて

落ち込んでいる相手に話しかける時、単純に「話聞くよ」という言葉だと、やや上から目線に感じてしまう人もいるでしょう。

「私でよければ」「もしよかったら」と付けることで、謙虚な心や誠実さを伝えられます。

直接的な励ましの言葉ではありませんが、「話を聞いてもらえる」と思うことで相手の心の重荷が少しだけ軽くなるのです。

大変だったね

つらい思いをしたり大変な目にあった友達には、今の思いを受け止めて肯定する姿勢が必要です。

「大変だったね」「つらかったね」と、同調する気持ちを伝えることが、そのまま励ましの言葉になります。

「気持ちを理解してくれている」と感じることで、相手も心置きなく話すことができるのです。

いつでも味方だよ

落ち込んでいる時にこれほど嬉しく、そして頼もしい言葉はないでしょう。

どんな時でも味方でいてくれると思えば、困難なことにさえ勇気を持って立ち向かっていけます。

親友や大切な人を元気づける時にぜひ使ってほしい励ましの言葉です。

息抜きしようか

人生に行き詰まったり目標を失ってしまっている友達には、「休息する」という提案が励ましの言葉になる場合もあります。

簡単には解決できない問題だからこそ、悩みのタネから距離を取り、違う部分に目を向けてもらうことが必要です。

羽根を伸ばして遊ぶことで気持ちをリセットし、新たな視点で一緒に解決策を探ることもできます。

いつも頑張ってるもんね

努力が報われなくて落ち込んでいる時は、せめて頑張りだけでも認めてもらいたい、と願うものです。

そのタイミングで友達に「私はあなたの頑張りを知っている」と伝えられたら、それだけで救われた思いになります。

応援の気持ちと一緒に、いつも見守っていることを伝えられる励ましの言葉です。

無理しないでね

病気や怪我の治療など、本人の努力だけではどうにもできないことに対する励ましの言葉は、とても難しいものです。

「頑張って」のような応援の言葉は、かえって相手を傷つけることにもなりかねません。

「無理しないで」「ゆっくり自分のペースで」といった思いやりの言葉をかけることで、余計なプレッシャーを与えず安心させることができます。

今日は一緒にいるよ

人生には、時に「もうダメかもしれない」と思ってしまうような、絶望的な出来事に遭遇することがあります。

一人でいることが耐えられない、そんな時に「今日はずっと一緒にいるから」と言われたら、思わず泣いてしまうほど嬉しいものです。

本当に大切な友達が困っている時は、励ましの言葉だけでなく、ぜひ一緒にいてあげてください。

ゆっくり考えよう

深い悩みに落ち込んでいる友達には、「焦らなくていい」という趣旨の励ましの言葉が適切です。

焦って答えを出すよりも、落ち着いてじっくり考えたほうが良い結果も出やすくなります。

一緒に考えることで相手も心が落ち着き、新しい道を前向きに模索できるのです。

遠慮なく頼ってね

たとえ気分が沈んでいたとしても、人に頼ったり甘えることを「迷惑なんじゃないか」と考えてしまう人もいます。

そんな友達には「遠慮しなくていいんだよ」という気持ちを込めた励ましの言葉をかけましょう。

きちんと言葉にすることで、相手も安心して頼ることができます。

応援してるよ

何かにチャレンジしている友達を元気づけるには、シンプルな応援が励ましの言葉になります。

「頑張って」でも良いのですが、プレッシャーを与えないためにも「応援してる」のほうがおすすめです。

また、日本では応援の言葉として定着している「ファイト」は英語で「戦え」という意味なので、使う相手や場所には注意しましょう。

次はきっと大丈夫

人は一度失敗してしまうと、次の挑戦もまたダメなのではないか、と不安になるものです。

そんな時は「次はきっと大丈夫」という励ましの言葉で背中を押してあげましょう。

ただし、あまり関係性の深くない相手に言うと無責任な発言になってしまうので、あくまでも親しい人に使うようにしてください。

元気になれる。上手な励まし方とは

落ち込んでいる友達を元気づけるには、かける言葉だけでなく話の聞き方も重要です。

話しやすい雰囲気を作ったり、気持ちに寄り添いながら聞くことで、相手に安心感を与えられます。

上手な励まし方を覚えれば、励ましの言葉もより効果的に使うことができるのです。

優しいトーンで話しかける

相手に元気を出してもらおうとして、強い口調や大きな声で話しかけるのはNGです。

落ち込んでいる時は周囲の雑音に敏感になっているので、うるさくすると「静かにしてほしい」と煙たがられてしまいます。

優しいトーンで穏やかに話しかけることを心がけましょう。

相手を否定しない

話を聞いている最中に、「それは違うんじゃないか」「自分はそうは思わない」と感じることもあるでしょう。

だからといって友達の話を遮ったり否定してはいけません。

なぜなら、相手はつらい思いをただ受け止めてほしいだけだからです。

自分を否定されてしまっては、どんな励ましの言葉をかけられても心に響かなくなってしまうので気をつけしょう。

気持ちに共感する

相手が落ち込んでいる事情を話している時には、その気持ちに共感しながら聞きましょう。

女性は誰かに共感してもらうことでストレスを減らせるので、気持ちを共有するのは励ますためにとても大切なステップなのです。

相槌を打ったり相手の様子に合わせて表情を変えるなど、工夫しながら寄り添ってみてください。

相手の長所に気付かせてあげる

仕事でミスや失敗をしてしまうと、「周りの足を引っ張っている」「役立たずだ」と自分を責めてしまいがちです。

友達がそんな状態の時は、自分が思いつく限りの、そして自分だけが知っている長所を伝えましょう。

具体的に言葉にすることで、相手にとっては何よりも効果的な励ましの言葉になります。

励ましの言葉を使う時に注意すべき3点

友達を元気づけたいという気持ちが空回りした結果、逆に相手を傷つける行動になってしまうこともあります。

どんなに素敵な励ましの言葉も、使うタイミングを間違えれば逆効果になってしまうのです。

相手を励ます時に注意したいポイントを3点紹介します。

自分の意見を押し付けない

相手の話を聞いた後、つい得意げに自分の意見を披露してしまうことはありませんか?

話を聞いてもらいたい時は具体的な解決法を探しているわけではないので、急に正論を言われても戸惑ってしまうのです。

アドバイスを求められた時は別ですが、そうでないなら個人的な意見は控えましょう。

プレッシャーを与えないようにする

頑張ってほしいという気持ちから「みんな期待してるよ」などと声をかけてしまうのは良くありません。

期待が原動力になることも確かにありますが、多くの人は期待の多さにプレッシャーを感じてしまいます。

過度なプレッシャーは悪い結果を招いてしまうので、気負わせすぎないように注意しましょう。

不用意に他人に話さない

落ち込んでいる自分の気持ちを素直に打ち明けられるのは、家族や友達などの信頼できる人に限られます。

しかし、そんな個人的な事情を勝手に他人に話されては、傷つくだけでなく不用意に話した相手への信頼も地に墜ちてしまうのです。

もしも友達の相談について別の人にも意見を聞きたいと思うなら、本人に確認を取ってからにしましょう。

簡単に使ってはいけない励ましの言葉がある?

良かれと思って口にした励ましの言葉が相手を傷つけてしまったり、追い詰めてしまうことがあります。

なぜそのようなことが起きるかというと、相手の気持ちではなく自分の気持ちを優先した言葉を選んでしまっているからです。

簡単に使ってはいけない励ましの言葉と、その理由について説明していきます。

もっと頑張ろう

「頑張って」という励ましの言葉は日常生活でもよく口にしますが、悩みを抱えている人には使わないほうが良いでしょう。

落ち込んだり気落ちしている人は、すでに何かを頑張っている、もしくは頑張った結果が報われていない状態です。

そんな相手に対して「さらに頑張れ」と言うのは酷なことですし、自身を追い詰めてしまうことにもなりかねません。

そのうち解決するよ

大抵の悩みというのは時間の経過と共に解消するものなので、「そのうち解決する」は一見正しい励ましの言葉に思えます。

しかし当事者にしてみれば、いずれ訪れる「そのうち」よりも落ち込んでいる「今」が重要なのです。

自分の悩みを一言でまとめられたようで不快な気分になるので、使わないようにしてください。

誰にでもあることだから

深刻に考えなくても大丈夫、という意味でこの励ましの言葉をかける人は多いですが、相手の悩みによっては使い方に注意が必要です。

「こんなことで落ち込むのは自分だけかも」と不安に思っている人に対しては有効ですが、それ以外の人には逆効果となってしまいます。

個人的にショックな出来事を、他人から「大したことじゃない」と軽々しく扱われたように感じるため、傷ついてしまうのです。

参考にして欲しい。励ましてくれる名言とは

偉人や有名人の中には、励ましの言葉となる素敵な名言を残している人が数多くいます。

そのまま使うのは難しいですが、落ち込んでいる友達に「こんな名言があってね」と伝えてあげれば、とてもスマートです。

人を励ましたり元気づける効果がある名言を3つ紹介していきます。

ウルスラ・アンドレス 「失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる」

アンドレスは映画「007」の初代ボンドガールに抜擢され、一躍脚光を集めたスイス人女優です。

恋多き女としても知られ、恋愛に関する名言を多く残しています。

失恋で落ち込んでいる友達を慰めたい時に、ぜひ参考にしたい名言です。

オプラ・ウィンフリー「準備万端の人にチャンスが訪れることを幸運と呼ぶの」

アメリカのTV司会者であるウィンフリーは、かつて世界唯一の黒人の億万長者となった女性です。

幼い頃から親戚にたらい回しにされ、虐待を受けてきましたが、それでもたゆまぬ努力を続けて成功者となりました。

仕事に行き詰まっていたり、なかなか機会が訪れなくて悩んでいる人に教えてあげたい名言です。

ウィリアム・シェイクスピア 「成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない」

イングランドの劇作家として有名なシェイクスピアは、作品の中に多くの名言を散りばめたことでも知られています。

この名言は「テンペスト」という作品の一節で、実はアントーニオという悪役の台詞なのですが、非常に力強く印象的な言葉です。

チャレンジに挫けそうな友達の背中を押したい時に、ぜひ参考にしてみてください。

励ましの言葉は人に良い影響を与えてくれる

大切な友達が落ち込んでいる時は、「なにか気の利いた言葉で励ましてあげたい」と思うものですが、実は難しい言葉は必要ないのです。

紹介してきたように、励ましの言葉はとてもシンプルで、だからこそ人の心にすんなりと入って元気を与えてくれます。

なにより大切なのは、相手の気持ちに寄り添って話を聞いてあげることです。

友達が元気を取り戻すサポートとして、励ましの言葉を効果的に使ってみてください。

関連する記事