自分が情けないと感じた時に考えて欲しい7つのこと|原因・対処法から辛さを乗り越える

仕事や恋愛で失敗してしまうと「自分が情けない」という辛い気持ちになってしまいます。しかし、その気持ちを放置すると、多くの悪影響が生まれる恐れがあるのです。当記事では「自分が情けない」という苦しい気持ちになる原因や、対処法を説明しています。

目次

  1. 自分が情けないと感じることはありませんか?
  2. 自分が情けないと思ってしまう瞬間や原因
  3. 自分が情けないと感じてしまった時に考えて欲しい7つのこと
  4. 自分が情けないと思い込みすぎるとどうなる…?
  5. 自分が情けないと感じた時に試してほしい対処法
  6. 自分が情けないなんて思いこまないで!

自分が情けないと感じることはありませんか?

仕事や恋愛で失敗してしまった時などに「自分が情けない」と感じることはありませんか。

自分が情けない、惨めという感情から、自分が嫌いになり、泣くような気持ちになることもあるでしょう。

また、そのような心理を持っていると、心が苦しくなるだけではなく、数多くの悪影響が表れてしまいます。

自分自身を守るためにも「自分が情けない」と感じた際の対処法を身に付けておきましょう。

自分が情けないと思ってしまう瞬間や原因

自分が情けないと感じた際に行うべき考え方や対処法を知る前に、そのようなに感じる瞬間や原因を知ることが大切です。

ここでは、自分が情けないと思ってしまう瞬間はどのような時なのかを解説します。

自分が人より劣っていると思ってしまった時

他人と競っているわけではないにも関わらず、他人と自分を比較してしまう時はありませんか。

他人と自分を比較して「自分は人より劣っている」と思ってしまった時は、自分が情けなくなってしまうでしょう。

それが偶然他人が得意なこと、もしくは自分が苦手なことであったとしても、自分の方が下だという心理から惨めな気持ちになってしまいます。

仕事で失敗をしてしまった時

「自分が情けない」と感じる瞬間で多いのが、仕事で失敗してしまった時です。

多くの人が、自分の仕事を成功させたいと思っているでしょう。

そのように思っているにも関わらず、自分のミスで誰かに迷惑をかけてしまうと、不甲斐ないという考えや惨めな気持ちが溢れてきてしまうのです。

恋愛で失敗をしてしまった時

恋人と別れた時や特別な人に拒絶された時などに、自分が情けなくなってしまう人は多いです。

恋愛の中で「この人と幸せな人生を送りたい」「この人の特別でありたい」と思うことは、誰にでもあるのではないでしょうか。

それゆえに、恋愛で失敗してしまうと「大切な人を傷つけてしまった」「将来は幸せな人生だと想像していたのに」といった気持ちから、自分のことが嫌いになり、泣くような気持ちになってしまいます。

自分の理想とのギャップを感じた時

多くの人は自分自身の理想を持っています。

「仕事を卒なくこなす自分」「恋愛が上手く行き、幸せな人生を送る自分」など、人の数と同じだけ理想の姿があると言っても過言ではないでしょう。

しかし、理想に反して「仕事で失敗をしてしまった」「恋愛で失敗して泣くような気分だ」となってしまうこともあります。

そのような時に、自分は情けないという感情が生まれてしまいます。

周りの期待を裏切ってしまった時

「君ならできる」「応援してるからね」などの期待の言葉をかけられたら、ほとんどの人が「期待に答えたい」と思うでしょう。

しかし、そう思っても失敗してしまうことはあります。

失敗して周囲の期待を裏切ってしまうと、「申し訳ない」「自分が情けない」という感情から悲観的になってしまうでしょう。

物事を諦めてしまった時

目標やゴールが遠すぎて途中で挫折してしまい、自分に腹が立つような経験をしたことがある人も多いでしょう。

目標にしていたことや、やらないといけないことを諦めてしまった瞬間は、どうしても自分が情けないと思ってしまいます。

「自分は心が弱い人間だ」などといった考えが生まれ、最後まで頑張れない自分が嫌いになり、ネガティブになってしまうのです。

約束を守らなかった時

人との約束はもちろん、自分との約束を決めている人も数多くいます。

しかし「人生で一度も約束を破ったことがない」という人は中々いないでしょう。

約束の大小に関わらず、その約束を破ってしまった時に自己嫌悪に陥ってしまい、惨めな気持ちになってしまいます。

自分が情けないと感じてしまった時に考えて欲しい7つのこと

自分が情けないという気持ちは考え方一つで楽になることもあります。

ここでは「自分が情けない」と感じてしまった時に考えて欲しいことを、7つ紹介します。

自分は自分、他人は他人と思う

自分が情けないと感じてしまったら「自分は自分、他人は他人」と考えることが大切です。

生活していると、他人よりも自分の方が劣っているという心理が生まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、能力が優れている劣っているだけでは人生は決まりません。

大切なのはあなたの人生をより良くすることです。

他人に何を言われても、もしくは比較をしたとしても、「自分は自分だ」という気持ちを持ちましょう。

他人よりも自分の方が得意なこともあると考える

「自分は情けない」という気持ちになっている時は、他人の良い所と自分の悪い所を比べてしまいがちです。

しかし、そのような時こそ「他人よりも自分の方が得意なこともある」と考えましょう。

「今回は相手の方が優れてたけれども、自分の方が優れている点もある」と考えることによって、心が軽くなるでしょう。

誰もが「自分が情けない」と思うことがあると考える

人生で一度も「自分が情けない」と思わない人はいないと言ってもいいでしょう。

あなたの周りにいる人も、ほどんどがそのような気持ちを経験しています。

それでも今はケロッとしている人ほとんどではないでしょうか。

「自分が情けないと思うのはみんな経験しているし、時間が経てば自分もケロッとしてる」と楽観的に考えると心が楽になります。

なんでも完璧にできる人はいないと考える

なんでも完璧にできる人間は存在しません。

「恋愛や人付き合いが苦手」「一つのことを続けるのが苦手」など、当然のように人には苦手なものがあります。

「自分が情けない」と思う時もありますが、苦手なことがあるのは当たり前のため、過度に落ち込む必要はないのです。

この経験で一つ成長できたと考える

人間が成長する時は、失敗を経験していると言っても過言ではないでしょう。

「仕事で失敗をして他人に迷惑をかけた」「恋愛で失敗をして相手を傷付けてしまった」と思ってしまうこともあります。

しかし、考え方を少し変えて「今回失敗したからこの仕事はしっかりと覚えた」「人生経験を1つ積むことができた」と前向きに捉えると、自分を嫌いになることも、惨めな気持ちになることも少なくなるでしょう。

自分だけのせいではないと考える

「仕事でミスをしてしまった」「人間関係を壊してしまった」と悲観的になることがありますが、その原因の一端には他の人も関わっていることがほとんどです。

良く考えれば「指示が分かりにくかった」「人間関係がこじれたのは相手のせいでもある」ということも多々あるでしょう。

人に責任転嫁を行うわけではありませんが、自分ですべての責任を負う必要はないのです。

考えていてもどうしようもないと考える

「自分が情けない」と考え込んでしまっても、事態が好転するわけではありません。

もちろん失敗には反省は必要ですが、過度に自分を追い込んではいけません。

必要な反省をして今後どうするべきかを考えたら、「後はどうしようもないからこの話は終わり」と楽観的に考えましょう。

自分が情けないと思い込みすぎるとどうなる…?

自分が情けないと思い込みすぎると様々な悪影響が発生してしまいます。

ここでは、起こり得る悪影響を5つ紹介します。

普段からネガティブ思考になってしまう

「自分が情けない」と思い続けると、普段からネガティブ思考になってしまいます。

最初は「自分は仕事ができないから惨めだ」などという気持ちだったものが、思い込みすぎるせいでマイナスな感情が頭を支配してしまうのです。

最終的には「自分は人間関係も人としてもダメだ」のように、全てがマイナスな考えになってしまう可能性があるため、注意が必要です。

相手と対等に話すことができなくなる

自分が情けないと思い込みすぎると、常に「相手の方が正しい」と思ってしまうことがあります。

それが原因となり、相手と違う意見を持ったとしても、自分の意見の方が誤っていると思い込んでしまい、発言できなくなってしまうのです。

「自分の意見が言えなかった」という事実は、身分が惨めだという新たな心理を生んでしまうこともあるため、注意しましょう。

日々のパフォーマンスが落ちる

自分が情けないの思い込み続けると、日中もその次の日もネガティブな気持ちが頭を支配してしまいます。

そのため、他の作業を行っている時であっても頭の片隅には「自分が情けない」という考えが残り、物事に集中できない可能性があります。

集中できないことが原因となって、日々のパフォーマンスが落ちる事態に繋がってしまうのです。

挑戦できない人間になってしまう

「自分が情けない」と思い込みすぎてしまうと、「やっても意味がない」「次も失敗するのが怖い」と思ってしまいます。

そのような心理が働き、物事に挑戦できなくなってしまうのです。

物事に挑戦できなくなることにより、更に自分の殻に籠ってしまうようになるため、悪循環が発生してしまいます。

体調不良の原因となる可能性もある

「自分が情けない」という感情が頭を支配すると、夜眠れなくなり、翌日に影響してしまうことがあります。

他にも、ストレスとなって体調に悪影響を及ぼす可能性まであるのです。

自分自身を守るためにも、思い込む前に考え方を変えたり、自分なりの対処法を試してみると良いでしょう。

自分が情けないと感じた時に試してほしい対処法

「自分が情けない」と思いすぎたり、感情を放置すると様々な悪影響が発生してしまいます。

悪影響が発生する前に、自分合った対処法を行うようにしましょう。

ここでは「自分が情けなくて自己嫌悪に陥っている」「情けない自分を変えたい」と感じた時に試してほしい対処法を5つ紹介します。

自分の得意なこと、不得意なことを把握する

自分が情けないと感じてしまったの時のために「自分の得意なこと、不得意なことを把握する」ことは非常に大切です。

自分の得意不得意をしっかりと把握することによって「苦手な分野だったから多少は仕方ない」「次は得意な分野だから何も問題ない」と考えることができます。

その考えが心に余裕を生み、自分を追い込みすぎないようになるのです。

「自分はこうあるべき」という考えを捨てる

「自分はこうあるべき」のように自分を縛り付けてしまう考えを持っていると、それに反してしまった時に苦しい気持ちになってしまいます。

もし「自分はこうあるべきだ」という考えを持っているのならば、捨ててしまうことも対処法として有効です。

「今現在の自分が本当の自分」と考えることができると、心の余裕ができて大きく悲観することが減るでしょう。

他人と自分を比較するのをやめる

他人と自分を比較する癖がある人は、他人の良い所と自分の悪い所比較して、自己嫌悪に陥りがちです。

反対に自分の良い所もあるはずなのに、何故か自分の悪い所ばかりに目が行ってしまうのです。

そのため、他人と自分を比較する癖を捨てることも有効な対処法となります。

気分転換をする

「自分が情けない」と自分を嫌いになりそうになったら気分転換を行うことも重要です。

どんなに考え込んでも解決しないことがあります。

どうせ解決しないのであれば、自分を悲観的にする原因を捨て去ってしまうことが効果的です。

自分の心を軽くするためにも、時には趣味や旅行に打ち込んでみてはいかがですか。

思い切り泣く

暗い気持ちを自分の中に閉じ込めているのは精神衛生上良くありません。

自分が辛くなってどうしようもない時は、思い切り泣くことも大切です。

思い切り泣くことによって、自分の感情が表に出て気持ちがリセットされることもあります。

「泣く」という行動にネガティブなイメージを持っている人もいますが、自分の心を整理するためには大変有効な手段なのです。

自分が情けないなんて思いこまないで!

「自分が情けない」とネガティブな感情になってしまう人は多く、中には自分のことを嫌いになってしまう人もいます。

しかし、決してそのようなことはありません。

人間は誰もが、得意なことと不得意なことがあります。

しかし自分の良い点に気付かずに、悪い点や失敗ばかりに意識を取られてしまい、結果的に「自分はダメな人間だ」というネガティブな心理が働いてしまうのです。

「自分が情けない」と思った時に大切なことは、自分なりの対処法を持つことです。

自分の中にある負の感情を放置せずに、自身に合った対処法を用いて、前向きに人生を送れるようにしましょう。

関連する記事