運がいい人に当てはまる5つの特徴|運を良くする行動や習慣を試してほしい

あなたの周りに、いいことばかりが起きる「運がいい人」はいませんか。自分と比べて運がいい人がいると、「自分ももっと運をよくしたい」と考えてしまうことでしょう。今回は、運がいい人の特徴や、運をよくするための行動や習慣をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 運がいい人はとことん運がいい
  2. 運がいい人に当てはまる5つの特徴とは
  3. 運がいい人と運が悪い人の大きな違いとは
  4. 運がいい人になるために試してほしい行動や考え方
  5. 運がいい人になるためにすべき習慣とは?
  6. 運がいい人には後からでもなれる

運がいい人はとことん運がいい

くじ運がよかったり、いつも引きが強いなど、なぜか運がいいという人が周りにいませんか。

運がいい人はとことん運がよく、「羨ましい人生だな」と思うこともあるでしょう。

「自分も運がいい人になりたい」と、運がよくなる方法を探している人も珍しくありません。

今回は、運がいい人に当てはまる特徴や、運をよくする行動や習慣を詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

運がいい人に当てはまる5つの特徴とは

ここでは、運がいい人に当てはまる特徴を5つご紹介します。

自分が運がいい人の特徴に当てはまっているかどうか、チェックしてみましょう。

付き合う相手を選んでいる

運がいい人は、付き合う相手をきちんと選んでいます。

いつも共に過ごす人は、自分の生活に与える影響がとても大きいものです。

そのため、一緒にいてテンションが下がったり、楽しくない人とは、意識的に距離をおこうとします。

自分が好きな人や、一緒にいて心地よいと思える人と過ごすことが、幸運を運んでくる鍵となるのです。

過去の出来事や未来への不安にとらわれない

運がいい人は、過去の出来事や未来への不安にとらわれません。

過去に失敗したことをいつまでも引きずったり、未来のことを考えすぎて心配になったりなど、余計なことは考えていないのです。

運がいい人は、今が大切だということを理解し、今やるべきことに集中しています。

そのため、やってきたチャンスを逃さず掴むことができます。

チャンスをものにできた時、人は「運がいい人だ」と思うのです。

自分は運がいいと思っている

運がいい人は、ネガティブ思考ではありません。

いつも「自分は運がいい」という心理状況にあります。

少しいいことがあるだけで、「やはり自分はついている」「人生は楽しいな」と明るい気分になれるのです。

何に対してもラッキーな面を見出すことができるため、ネガティブな人よりも「運がいい」と感じる回数も多くなります。

幸福を感じる機会が多くポジティブに過ごしているため、周りからみると「いつも楽しそうで運のいい人」に見えるのです。

自分の芯を持っている

運がいい人は、しっかりと自分の芯を持っているのが特徴です。

自分で信じている考えがあるため、周りに簡単に流されるようなことはありません。

もしもうまくいかないことがあっても、焦らずに自分の信念を貫き通し、幸運が巡ってくる機会を待ち続けることができるのです。

何事も本気で取り組む

運がいい人は、何事にも本気で取り組みます。

仕事においては、真剣の業務に打ち込む姿が周りから評価されることでしょう。

「あの人になら難しい仕事も任せられる」「リーダーにぴったりだ」などと信頼を得られます。

様々な人から好意的に思われるため、昇給や栄転などの幸運が舞い込む可能性がグッと高くなるのです。

運がいい人と運が悪い人の大きな違いとは

運がいい人と運が悪い人には、大きな違いがあります。

自分がどちらの要素に当てはまっているかを、チェックしてみてください。

もしも運が悪い人の要素に当てはまっているようであれば、改善するように生活を見直してみましょう。

人の幸せを自分ごとのように喜べるか、喜べないか

運がいい人は、人の幸せをまるで自分のことかのように心から喜ぶことができます。

人の幸せが自分にもプラスの影響を与えてくれたと思え、「自分ももっと頑張ろう」と前向きな気持ちになれるのです。

反対に運が悪い人は、人の幸運を素直に喜ぶことができません。

その理由は、「あんな人が幸せになるなんて」「悔しい」と、人の幸福を羨んだり、妬ましく思う心理が働くからです。

人の幸運を喜べない時は、自分の人生がうまくいっていない場合がほとんどです。

ネガティブで暗い気持ちが強く、運が巡ってきても、うまくいかせないことがよくあるのです。

健康的な生活習慣を心がけているか、心がけていないか

体と心は密接に関係しているため、生活習慣が心理状況に影響します。

そのため、運がいい人は毎日を楽しく、幸運が舞い込んできやすいようにするために、しっかりと体調管理をしています。

バランスを考えて3食しっかりと食べたり、早寝早起きをしたりと、健康的に日々を過ごしています。

また、運のいい人は適度な運動をしている人が多い傾向にあります。

体力作りはもちろん、体を動かすことでストレス発散ができるため、心理状況がよくなるのです。

反対に不規則な生活を送っていたり、運動が習慣化していないと、運が悪くなってしまう要素となります。

ダラダラと生活することで心理状況が悪くなり、行動力も落ちてしまい、チャンスを逃してしまうのです。

人の愚痴や悪口を言わないか、言うか

運がいい人は、人の悪口などに興味はありません。

「自分は自分」「他人は他人」と理解して、自分を高めることに目を向けています。

反対に運が悪い人は、人の愚痴や悪口を言ってしまう傾向にあります。

自分の力不足で失敗してしまったことでも、理由を人のせいにして愚痴を言ったりして、自分を高めようという意識が持てないのです。

他人ばかり見て、自分を成長させようという心理がはたらかない人には、幸運はなかなか巡ってきません。

また、愚痴ばかり言っている姿は周りにも見られているため、いざという時に助けてもらえなかったりなどの不運にみまわれてしまうこともあります。

身だしなみを整えているか、整えていないか

人間は中身が大事とは言いますが、人に不快感を与えないためにも、身だしなみを整えるのはとても大切な要素です。

運がいい人は、しっかりと身だしなみを整えています。

清潔感があり、好感度が高くなるため、人としての魅力もアップします。

人から好意的に見られることで、たくさんの人が集まり幸運が巡ってきやすくなるのです。

反対に運が悪い人は、身だしなみを整えようとしない傾向にあります。

清潔感がないと、いくら性格がよくても人が離れていってしまうことがあります。

結果的に人間関係がうまくいかなくなるため、いい刺激が受けられずに運が悪い人になってしまうのです。

運がいい人になるために試してほしい行動や考え方

今よりも運がいい人になって、人生を更に楽しいものにしていきたい人も多いでしょう。

ここでは、運がいい人になるために試してほしい行動や考え方を解説します。

簡単なことばかりですので、自分でできそうなことから試してみてください。

運をよくする書籍を読む

世の中には、運をよくする方法が書いている書籍が多く存在します。

「前向きに努力しているつもりなのに、運がよくならないな」と感じている人は、一度運をよくする書籍を読んでみるのも良いでしょう。

書籍を読むことで、頭の切り替えができて新たな発見があるかもしれません。

目標を達成するまでは諦めない

目標を達成するまで諦めないことも、運をよくするためにとても大切な要素です。

困難なことがあると、できない理由を探したりして、すぐに諦めてしまっていませんか。

途中で投げ出す癖がついてしまうと、「どうせ自分にはできない」とネガティブな思考になってしまいます。

運を引き寄せるためには、努力し続け、自分に自信をつけることが大切です。

目標が達成できれば、自分に自信がつきますし、周りからの評価もアップするでしょう。

しかし、本当に無理なことも世の中にはあります。

「もう無理だ」と思ったら、自分だけで頑張るのではなく、周囲の人たちの力を借りてみましょう。

1つのことに執着しない

1つのことに執着していると、周りが見えなくなってしまいます。

運をよくするために、集中して物事に取り組むのは大切なことなのですが、こだわり過ぎずに肩の力を抜きましょう。

例えば、食事制限でダイエットに挑戦しているとします。

食事制限でなかなか痩せなければ、筋トレを取り入れてみたりと柔軟に対応できれば良いのですが、食事制限に執着してダイエット方法を変えられないというケースがあるのです。

このような場合は1つのことに執着せず、リラックスして物事に取り組むことで、運が舞い込みやすくなるでしょう。

運が良い人の真似をする

周りに「運がいい人だな」「いいことばかり起こる人だな」と感じる人がいるのではないでしょうか。

自分の運もよくしたいと思ったら、周りの運がいい人の行動をよく見てみましょう。

失敗してしまった時にどんな風に考えてどう行動しているのか、周りの人たちとどう関わっているのかなど、よく観察してみてください。

観察しているうちに「こんな前向きな考え方があるのか」「だからこんなに運がいいのか」と、運がいい理由がわかるはずです。

運がいい人の行動や考え方を理解し、真似することで、自分自身も運を引き寄せやすくなるでしょう。

自分なりのラッキーアイテムを作る

神社で買ったお守りや、友人からもらったハンカチなど、何でも構いませんので、自分なりのラッキーアイテムを作りましょう。

「これを持っていれば大丈夫」と自分に自信を持つことで、様々なことに挑戦していくきっかけとなります。

何かにチャレンジすればするほど、幸運に巡り合う機会は増えます。

ラッキーアイテムを持つことで、前向きな気持ちにもなれるでしょう。

運がいい人になるためにすべき習慣とは?

ここでは、運がいい人になるために、習慣づけるべきことをご紹介します。

一気に運がいい人になろうとするのではなく、毎日コツコツと努力することが大切です。

思ったことをすぐ行動に移す

「〇〇をやってみたら楽しいかもしれない」「資格をとってみようかな」など、やってみたいことや、やった方がいいことが思い浮かぶことがあるでしょう。

そんな時、「でも、面倒だから今度でいいや」「資格をとってもいかせないかもしれないしな」などと理由をつけて、結局やらずじまいになってしまった経験があるのではないでしょうか。

運がいい人になるためには、とにかく思ったことはすぐ行動に移しましょう。

そうすれば、どんどんと経験をつめ、運を引き寄せられるでしょう。

行動しようかどうか迷っていると、マイナスイメージが沸いたり、できない理由を挙げ始めてしまうため、即行動がポイントです。

人のためを思って行動する

いつも自分のことばかり考えて行動してしまってはいませんか。

自分の利益だけを追求していると、視野が狭くなったり、悪い考えが浮かんできてしまったりします。

自分のことだけでなく、人のためを思って行動するようになると、周りの人たちを笑顔にすることができます。

人のために行動できるあなたを見て、周りの人たちは「いい人だ」「困ったことがあったら助けてあげよう」と、好意的になります。

豊かな人間関係を築くことで、運が巡ってくることでしょう。

笑顔でいることを意識する

人生の中で、嫌なことや辛い出来事が起きることもあるでしょう。

落ち込んでしまうのは仕方ありませんが、必要以上に落ち込んでいると、やってきた運を逃してしまいます。

運を呼び寄せるには、笑顔でいることを意識してください。

笑顔を作ることで、自然にポジティブで前向きな気持ちになれるでしょう。

いつもニコニコ笑っていれば、周りの人たちも声をかけやすいため、運を呼び寄せやすくなります。

運がいい人には後からでもなれる

「運」というと、スピリチュアルな要素が思い浮かび、「もとから運がないとダメなんじゃないだろうか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、運とは自分の行動次第で呼び寄せることができるのです。

今、「自分には運がない」と悩んでいる人も、自分を変えていけば、後からでも運のいい人になれるのです。

運のいい人になって、この先の人生をもっと豊かなものにしていきましょう。

関連する記事