気を使い過ぎる人に当てはまる特徴|必要以上に気遣う原因や適切な対処法とは

他人に気を使えるのは長所ですが、気を使い過ぎるのは短所です。気を使い過ぎて疲れるのも問題ですし、周りから敬遠されることもあります。この記事では、気を使い過ぎる人の特徴や心理、原因、周りからどう思われているのか等を解説した上で、対処法についてもご紹介します。

目次

  1. 気を使い過ぎるのがもう疲れた…
  2. 気を使い過ぎる人に当てはまる特徴とは?
  3. どうして?気を使い過ぎる心理や原因とは?
  4. こんな行動は気を使い過ぎてるかも…
  5. 気を使い過ぎる性格は周りの人からどう思われているのか?
  6. 気を使い過ぎる性格への適切な対処法とは?
  7. 気を使い過ぎる性格は身を亡ぼすかもしれない

気を使い過ぎるのがもう疲れた…

他人に気を使えるのは、素晴らしいことです。

ただ気を使い過ぎるのは、自分にとっても周囲の人にとっても、あまり良いことではありません。

自分が気を使い過ぎて疲れるだけでなく、周りからめんどくさい人だと思われていることもあるのです。

気を使い過ぎてしまうタイプの人は、この記事を参考にして自分を変えていきましょう。

気を使い過ぎる性格を改善できれば、人生をもっと楽しめるようになるはずです。

気を使い過ぎる人に当てはまる特徴とは?

まずは気を使い過ぎる人の特徴について解説します。

気を使い過ぎる人は、以下の特徴のいくつかが当てはまる場合が多いはずです。

いつも周りの人の反応を気にしている

周りの人の反応を気にするのは、気を使い過ぎる人の特徴です。

反応が気になって、自分の気持ちに素直に行動するよりも、他人を不快にさせないことを第一に考えてしまいます。

自分よりも周りの人のことを先に考えるため、気を使い過ぎることになるのです。

他人に物事を任せることができない

気を使い過ぎる人は、他人に物事を任せることをためらう傾向にあります。

誰かに物事をゆだねて、その人の負担になることを心配するからです。

上司の立場で部下に指示したり、先輩の立場で後輩を指導したりする場合でも、相手のことを気遣い過ぎて、余計なお節介まで焼いてしまいがちです。

仕事の場面に限らず、プライベートでも友人などに頼み事するのを遠慮してしまう傾向があります。

ストレスを溜めやすい

気を使い過ぎる人は、普通の人以上に周りのことを気にかけているので、ストレスを溜めやすい傾向があります。

他人と衝突するのを避ける傾向があるので、自分が我慢することを選びやすく、特に人間関係のストレスを溜めてしまいがちです。

自分では明確に意識していなくても、気を使い過ぎて疲れる人は、ストレスが溜まっていると考えてよいでしょう。

自分が悪くなくても、すぐに謝る

気を使い過ぎる人は、相手を不愉快にさせることを極力避けようとする傾向があります。

そのため、すぐに謝ってしまいがちです。

例えば、ちょっとしたミスでも相手が恐縮するくらいに何度も誤ってしまいます。

それどころか、自分が悪い場合でなくても相手が不機嫌そうにしていると、とりあえず誤ってしまう場合さえあるのです。

自分が悪くもないのに謝っていると、めんどくさい人だと思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

普通の人よりも繊細

普通の人よりも繊細な人が多いのも特徴です。

もともと繊細な人だからこそ、他人の反応に敏感なのです。

相手が少しでも機嫌を悪くすると、それを敏感に察して、フォローしようと何かと気を使ってしまうことがあります。

どうして?気を使い過ぎる心理や原因とは?

気を使い過ぎる人の特徴についてご紹介しました。

これまでに挙げた特徴の裏にはどんな心理が隠れているのか、どんなことが原因になっているのか解説します。

対処法とも関係しますので、自分に当てはまるものがないか考えながらチェックしてみてください。

自分に自信がない

自分に自信がないことが、気を使い過ぎることの原因になっている場合があります。

自分に自信がない人は、自分の意見を強く主張することが苦手です。

自分の意見を主張することができないので、他人の意見に従った行動を取る機会が増えます。

他人の意見を推察して、それに従った行動をしようとするため、過剰に気を使うことになってしまうのです。

揉め事を避ける

他人と揉めることを避けたいという心理から、周りに気を使い過ぎることもあります。

これは、めんどくさいから揉め事を避けるのとは少し違います。

「めんどくさい」というのは自分の気持ちの問題ですが、気を使い過ぎる人の場合は、相手を不快にさせないために、揉め事を避けようとするのです。

相手のことを考えて「揉めるくらいなら、自分が我慢しよう」とか「揉め事になる前に、あらかじめ手を打っておこう」とかいうように考えます。

他人から嫌われることを恐れる

他人から嫌われることを恐れる心理から、気を使い過ぎるケースもあります。

自分を抑えて他人と違う意見を言わないようにしたり、相手の負担になることを恐れて他人に頼ることができない人は、このタイプである可能性が高いでしょう。

気を付けて欲しいのは、気を使い過ぎて嫌われる場合もあることです。

嫌われないための行動が、相手にはめんどくさい人と受け取られて、逆効果になっている可能性があります。

親に厳しくしつけられた

子供の頃の経験が、人に気を使い過ぎる性格の原因となっている場合もあります。

特に親の教育は、人生を大きく左右することも少なくありません。

例えば、親のしつけが厳しく、他人に迷惑をかけないようにしつけられた人です。

しつけが厳し過ぎると、過度に他人の迷惑を気にしてしまって、気を使い過ぎる性格の大人に成長してしまうことがあります。

特に「おしとやか」であることを期待して育てられた女性は、気を使い過ぎる人になりがちです。

もちろん男性の場合でも、親の教育方針によっては、気を使い過ぎる人に育つ可能性はあります。

こんな行動は気を使い過ぎてるかも…

気を使い過ぎていることにあまり自覚がない場合もあるでしょう。

以下に挙げているような行動は、気を使い過ぎていると考えられるものです。

自分に当てはまる行動が多い人は、気を使い過ぎているかもしれません。

人の意見を遮らないために意見をしない

気を使い過ぎて話せないのは、仕事上の会議の場などで見られる行動です。

他人と意見を交わす場面で、他人の意見を聞く一方で自分の意見を言わない人は、他人に気を使い過ぎているかもしれません。

例えば、自分の方が良いアイデアが浮かんでいても、他人のアイデアを否定することが嫌で発言を控えてしまう場合です。

特に発言者の意見が明らかに間違っているのに、意見を遮らないために発言をしないのは、気を使い過ぎた行動といえるでしょう。

自分よりも他人の希望を優先する

例えば、旅行の行き先を決めるときや、食事をするお店を決めるときなど、友人や会社の同僚と希望を出し合って決めることがあります。

このような場合に、自分の希望を主張せずに他人の希望に常に従ってしまう人は、気を使い過ぎているといえるでしょう。

もちろん、人間関係を円滑にするためには、お互いに譲り合うことは必要です。

ただ、一方的に自分が譲るのは、あまり良い状態とは言えません。

相手の負担になることはできるだけ避ける

仕事が忙しくて誰かに手伝って欲しいときや、何かトラブルがあって対処法を教えて欲しいときに、素直に助けを求めることは大事なことです。

無理をして自分の力だけでやろうとすると、締め切りに遅れたり問題を更に大きくしたりすることがあります。

このような場合にも、相手の負担になることを考えてしまって、助けを求めることができない人は、気を使い過ぎているといえます。

あまり他人に頼り過ぎるのも問題ですが、必要なときにも頼ることができないのも問題です。

仕事の場面では、早めに助けを求めなかったことで、後になって余計な仕事が増えたり、リカバリーが難しくなったりすることもあります。

気を使い過ぎる性格を改善できれば、仕事の効率が上がることも期待できます。

気を使い過ぎる性格は周りの人からどう思われているのか?

気を使い過ぎることは、本人にとってもストレスが溜まるなどのマイナス面がありますが、実は周りの人にも不快感を与えている場合があります。

気を使い過ぎて嫌われる場合や、うざいと思われている場合があり得るのです。

以下では、気を使い過ぎることが周りの人のどのように受け止められているのか解説します。

本音で付き合ってくれていないと思われている

ここまでにも書いてきたように、気を使い過ぎる人は、自分の意見を言わなかったり、自分の希望を伝えなかったりすることが多くあります。

そのため、周りの人から「本音を言わない人」と思われてしまうことが多くなります。

本音で付き合ってくれていないと受け取られてしまうので、相手の側からも心を開きにくい人になってしまっている可能性が高いです。

更に「裏では違ったことを考えているのかもしれない」と悪く受け取られることもあります。

本当の友達や仲間にはなれないと思われている

気を使い過ぎる人は、表面上は周りの人と上手くやれている場合も多いです。

無遠慮で気を使えない人よりも、一緒にいても不快感を覚えることが少ないからでしょう。

ただ本当に深い仲になるためには、本音の付き合いが不可欠です。

気を使い過ぎる人は素直に自分を出すことができないので、本音で付き合える本当の友達や仲間にはなれないと思われている可能性があります。

人生の苦楽を共にする友人や仲間を得るためには、気を使い過ぎる性格を改善することが必要になる場合があるのです。

一緒にいて疲れる相手だと思われている

経験がある人も多いと思いますが、相手に「気を使われている」と感じると、リラックスすることができません。

どうしても身構えてしまうので、一緒にいると疲れるのです。

また気を使い過ぎる人は、他人に相手のことを気遣って、頼み事を控える場合が多いです。

しかし人は一方的に相手にお願いするよりも、お互いに助け合える関係の方が、気持ちが楽になります。

あなたが相手に頼みごとをしないでいると、相手からもあなたに頼みごとができなくなります。

お互いに気を使って、一緒にいても気が休まらない相手とみなされてしまうのです。

気を使い過ぎる性格への適切な対処法とは?

ここまでの内容で、気を使い過ぎることには問題が多いことはお分かりいただけたでしょう。

ただ他人に気を使えることが、長所であることは間違いありません。

長所を残しつつ、気を使い過ぎる短所を減らしていくためには、どんな対処法が効果的なのか紹介します。

以下の対処法を実践して、気を使い過ぎる性格の改善に役立ててください。

自分の意見を主張する機会を増やす

気を使い過ぎないための第一歩は、自分の意見を主張できるようになることです。

これは、相手のことを考えずに一方的に自分の意見を押し通すことではありません。

自分の意見はしっかり主張して、他人の意見もよく聞いて、周りの人と協力して妥当な結論を導き出す努力をすることです。

自分の意見を主張することに慣れなくて、難しいと感じる人は、最初は「私も賛成です」というような発言だけでもしてみましょう。

ちょっとしたことから発言の機会を増やしていくことで、徐々に自分の意見を言えるようになっていくはずです。

自分の感情のままに行動してみる

気を使い過ぎている人は、自分の気持ちを押し殺すことが多い人生を送ってきている場合が多いはずです。

自分の感情に素直に行動することを心がけてください。

法律に触れたり、他人に迷惑をかけたりすることは慎むべきですが、そうでない限りは自分の気持ちに素直に行動するようにしましょう。

ありのままの自分を受け入れる

他人に嫌われることが怖くて気を使い過ぎるタイプの人は「どうせ自分なんて」と自分を低く評価するクセがついている可能性が高いです。

自分のダメな部分も含めて、ありのままの自分を受け入れることができれば、必要以上に卑屈になりません。

卑屈な気持ちがなくなれば、他人の評価を気にしすぎることもなくなり、他人に嫌われるかもしれないという恐怖心も薄れます。

気を使い過ぎることも減っていくはずです。

他人に頼ることを覚える

他人に甘えすぎるのもよくありませんが、必要なときには他人に頼ることができるようになりましょう。

自分が困ったときは助けてもらい、相手が困っているときは助けてあげるというギブアンドテイクの関係が理想です。

必要以上に気を使って他人を頼らずにいると、相手の方からも頼み事をしづらくなります。

他人に頼ることを覚えて、お互いに助け合える関係を目指しましょう。

疲れているときは意識的に休む

気を使い過ぎる性格は、短時間で変えることは難しい場合もあります。

これまでの人生で形成されてきた性格ですから、簡単に改善できなくても当然です。

上に挙げたような対処法を実践することで、少しずつ性格を変えていってください。

性格を変えることができるまでの間に、気を使い過ぎて「しんどい」「疲れた」と感じているなら、休息を取りましょう。

ストレスが溜まっているときに無理をして頑張るのは、心身に悪影響を及ぼす危険性があります。

気を使い過ぎる人は、他の人の迷惑になることを恐れて休むことも遠慮してしまう傾向がありますが、思い切って休むことも覚えてください。

気を使い過ぎる性格は身を亡ぼすかもしれない

ここまで解説してきた通り、気を使い過ぎた行動は、相手に「うざい」「めんどくさい」と受け取られる可能性があります。

「身を亡ぼす」は少し言い過ぎかもしれませんが、気を使った結果として相手から嫌われたのでは報われません。

この記事を参考に、気を使い過ぎるのではなく、適度に気を使える人になれるように性格を改善していってください。

気を使い過ぎることがなくなれば、人生をもっと楽に生きられるはずです。

関連する記事