酒癖が悪い人の特徴とは|酒癖の改善方法で泥酔を防ぐ&絡まれた時の対処法も紹介

「お酒の場で酔いつぶれて泥酔してしまった」「気になっている男性(女性)の酒癖が悪くて冷めた」という経験はありませんか。酒癖の悪さは早急に解決する必要があります。この記事では、酒癖が悪い人の性格や特徴をはじめ、酒癖の改善方法や絡まれた時の対処法を解説します。

目次

  1. 酒癖が悪いと色んな人に嫌われる…
  2. 「酒癖が悪い」とはどんな状態?
  3. 酒癖が悪い人に当てはまる特徴とは?
  4. 酒癖の悪さを改善するための考え方
  5. 酒癖が悪いなら…直すためにすべきこととは?
  6. 酒癖が悪い人に絡まれた時の対処法を伝授!
  7. 酒癖が悪いのはすぐに直さないと大変なことになる

酒癖が悪いと色んな人に嫌われる…

「酒癖の悪さがコンプレックス」という人はいませんか。

芸能人や著名人のような有名人が、酒癖の悪さで問題になったというニュースもよくあります。

皆さんの中にも、「友達と飲んでいたら楽しくなって泥酔をしてしまった」「気になる男性(女性)の酒癖が悪くて冷めた」というエピソードを持っている人もいるでしょう。

自分では悪い癖と分かっていても、アルコールを飲むとついつい出てしまうのが酒癖の悪さです。

酒癖が悪いと様々な人に嫌われる可能性があり、時には人間関係を壊してしまうことまであり得ます。

今後そのようなことを起こさないためにも、酒癖の悪い人の性格や特徴、改善方法を理解し、直す努力をすることが大切です。

「酒癖が悪い」とはどんな状態?

「自分では普通」と考えていても、世間一般的には「酒癖が悪い」と思われている場合もあります。

「酒癖が悪い」とはどのような状態かを確認していきましょう。

愚痴や悪口を他人に言いまくる

酔った勢いでその場にいない人の愚痴や悪口を言いまくる人は、酒癖が悪いと言えます。

一緒に飲んでいる人がその場では同意していても、心の中では不快に思ったり、ストレスを感じている場合が多いです。

仮にその悪口が場を盛り上げる冗談だったとしても、嫌な気持ちになる人がいることを理解しましょう。

ハラスメントのような行動や言動を取る

アルコールを飲むと、女性へセクハラをする男性や、部下に対してパワハラのような行動や言動をする上司がいます。

これは相手を不快にさせるのはもちろん、自分の社会的立場も失う可能性がある行動です。

また、アルコールを無理やり飲ませる「アルハラ」も最近では問題になっているため、心当たりがある人はすぐにやめましょう。

お酒の場で泥酔する

多量のお酒が入ると意識が朦朧とし、泥酔してしまう人がいます。

中には意識が朦朧としていてもタクシーで帰れる人がいますが、自力で帰れないという人も多数いるでしょう。

泥酔した人の扱いは、本人が思っているよりも面倒がられます。

男性なら男性、女性なら女性と、自宅まで連れて行ってくれる人がいれば良いですが、自宅の方向や時間によっては難しいことが多々あるでしょう。

人に迷惑をかける行為であり、更にはタクシー代や宿泊代が余計にかかってしまうことからも、直す必要がある特徴です。

言葉が荒くなり喧嘩腰になる

酒癖が悪い人の中には、お酒が入ると言葉が荒くなり、喧嘩腰になる人がいます。

お酒はその人の本性を暴くとよく言います。

本性は口が荒く乱暴な人という評価をされてしまうでしょう。

楽しい場の空気が悪くなるだけではなく、そこで発した暴言によって人間関係が壊れてしまうこともあります。

酒癖が悪い人に当てはまる特徴とは?

それでは、どのような性格や特徴がある人が酒癖が悪いと言えるのでしょうか。

ここでは、酒癖が悪い人に当てはまる特徴を説明します。

極端にアルコールに弱い

極端にアルコールに弱い人は、飲み会の序盤で、そこまで多くのお酒を飲んでいない状況であっても周りと比べて強く酔っていることが多いです。

他にも、同席の人と同じペースで飲んでしまい、周りより強くアルコールが回っているという状況もあります。

このような人は、周りが比較的酔っていない状況であっても一人で酔っぱらってしまい、悪い酒癖が出てしまうことが多々あります。

普段からストレスが溜まっている

酒癖が悪くなる原因の一つとして、普段の生活でのストレスが溜まっていることが挙げられます。

お酒を飲むと、どうしても感情的になりやすいです。

そのせいで、お酒の場で普段抱えているストレスを爆発してしまう人がいます。

普段からストレスを溜めこんでいる自覚がある人は注意が必要です。

寂しがりやな性格をしている

お酒を飲むと感情が高ぶり突然泣いてしまう、泣き上戸の人がいます。

泣き上戸になってしまう人の中には、寂しがり屋な性格の人が多いです。

普段から持っている「寂しい」という感情が、お酒を飲むことにより爆発して泣いてしまうのです。

中には、泣き上戸の女性を可愛いと感じる男性もいますが、多くの人には扱いにくく迷惑な人と思われてしまうでしょう。

節制できない人

酒癖が悪い人には、自分の酒癖が悪いと自覚している人が多いです。

飲み会の前には、「今日の飲み会は抑えめで乗り切る」という心理が働いている人も多いでしょう。

それでも繰り返して酒癖の悪さを出してしまうほとんどの人は、お酒の量を自分で節制できていないのです。

普段から自分が人より上だと思っている

普段から自分が人より上だと考えている人は、人の愚痴や悪口を言いやすくなったり、喧嘩腰になってしまう場合があります。

自分が人より上だと考えている人は、自分が必ず正しいという心理や、他の人の立場を落とそうとする心理が働いて、人の愚痴や悪口を言ってしまいがちです。

また、冗談などでからかわれたりしたときなどに、それが許せなく激昂し、暴言を吐いてしまう場合もあります。

普段は決して怒らない人

普段は決して怒らない温厚な人が、お酒の場では急に豹変するということもあります。

普段は嫌いな人にも優しくしていたり、周りの失敗も受け入れる人は、内心もやもやが溜まっていることが多いです。

そのような人が、お酒を飲んだ時に気持ちを発散させてしまい、トラブルになってしまうことがあります。

目立ちたがり屋な性格をしている

目立ちたがり屋な性格の人も酒癖が悪い人に多い特徴です。

目立ちたいと普段から考えている人がアルコールを飲むと、より目立ちたいという心理が強くなります。

突然大きな声を出したり、誰かをいじるような言動するために、周りから不快に思われてしまうこともあります。

酒癖の悪さを改善するための考え方

他の人に不快感を与えないため、そして人間関係を守るためにも酒癖の悪さを直す必要があります。

ここでは、酒癖の悪さを改善するための考え方を紹介します。

自分の酒癖が悪いことを自覚する

悪い酒癖を直すためには、自分の酒癖の悪さを自覚することは必須です。

もし「自分の酒癖は良い方だ」と思っている人は、もう一度上記している酒癖が悪い人の特徴を確認してください。

「自分には悪い酒癖があり、多くの人に迷惑をかけるかもしれない」という考えを持つことによって、酒癖の悪さは改善されるでしょう。

酒癖が原因で人間関係が壊れる可能性があると考える

自分の酒癖が悪いという人は、「悪い酒癖が原因で人間関係が壊れる可能性がある」と考えてください。

当たり前ですが、ハラスメントや暴言を受けた人は、「この人とは二度と飲まない」「飲み会以外の場でも避けるようにしよう」と考えます。

また、愚痴や突然泣き出す行動であっても「面倒くさい人」という評価を受ける可能性は十分にあります。

そのような評価を受けてしまったら、信頼を取り戻すまで多大な時間がかかるでしょう。

自分の人間関係を壊さないためにも、酒癖の悪さは直す必要があります。

一緒に飲んでいる人の立場になって考える

もし皆さんが、自分の彼氏(彼女)や気になる男性(女性)、もしくは上司等と飲んでいる際に、愚痴や悪口ばかり聞かされたらどのような気分になりますか。

多くの人が「面倒だ」「楽しくない」という心理を抱くはずです。

さらには、喧嘩腰の態度や、ハラスメントなどをされたら、「二度と飲みたくない」「飲み会以外の場でも避けよう」と思うでしょう。

自分が相手に対して、そのようなか気持ちを抱かせないためにも酒癖が悪いと思っている人は、酒癖の悪さを改善する必要があります。

酒癖が悪いなら…直すためにすべきこととは?

酒癖が悪い人は、酒癖の悪さで人に迷惑をかけないように改善をする必要があります。

ここでは酒癖の悪さの直し方を解説します。

飲酒した量をしっかり記録し、節制する

酒癖が悪い人はまず、「自分はどのくらいの量のお酒を飲んだら悪い酒癖が出るのか」を把握することが大切です。

あらかじめ「これ以上は飲まない」と決めておき、お酒を飲むときは都度「どのくらいの量を飲んだのか」を記録しましょう。

そして、自分が決めたお酒の量を飲んだらその後は水にするなど、自分で節制をするようにしましょう。

アルコールと並行して水を飲む

悪い酒癖を改善するために、お酒と並行して水を飲むようにしましょう。

よく「お酒と同量の水を飲む」と言いますが、並行して水を飲むことによってアルコールが緩和され、普段よりも酔いにくくなります。

アルコール度数が高いお酒を飲むときほど、水を飲む割合を増やすように心がけましょう。

最初に一緒に飲む人に対して飲む量を伝えておく

一緒に飲む人に対して「これ以上は絶対飲まないから、注文しようとしたら止めてくれ」と事前伝え、他者から無理やり止めてもらうという方法もあります。

自分自身では節制できない性格の人におすすめの対処法です。

飲み会を早めに切り上げる

酒癖が悪い人は、「二次会には行かない」「一次会でも2時間経ったら切り上げる」のように時間を決めて早めに切り上げるという改善方法もあります。

酔った状態のノリで「やっぱ二次会に行く」とならないように、事前に伝えておきましょう。

しかし、中には酒癖の悪さを理由にしたくないという人もいるでしょう。

そのような場合は、「明日の朝早いから二次会には行けない」「家族が待っているから行けない」などの理由を作っておくことをおすすめします。

お酒以外で感情を発散する

酒癖が悪い人の多くに共通していることは、「お酒に酔ったことが原因で内面にある感情を過剰に表に出してしまう」という点です。

ストレスや、普段出せていない感情はお酒の場で発散するのではなく、他のことで発散できると望ましいです。

趣味に打ち込んだり、音楽を聴いてリラックスするなどして、お酒の場で発散する必要がないくらいに自分の中で解消できると、酒癖の悪さの改善が期待できます。

酒癖が悪い人に絡まれた時の対処法を伝授!

これまで「酒癖が悪いのを直したい人」に向けた情報をご紹介しましたが、反対に「酒癖が悪い人に絡まれた時にどうしたら良いか分からない」という人もいるでしょう。

そこでここからは、酒癖が悪い人に絡まれた時の対処法を解説します。

それ以上アルコールを飲ませない

酒癖の悪い人に対して、それ以上にお酒を飲ませることはしてはいけません。

酒癖の悪さは酔えば酔うほど強く出る傾向にあります。

「追加の注文をさせない」「以降は水のみを飲ませる」等の対処法で、それ以上に酔わせないようにしましょう。

自分を守ってくれる人を呼ぶ

酒癖が悪い人に絡まれた場合には、周りにいる自分を守ってくれそうな人を呼ぶという選択肢も有効です。

特にハラスメントや暴言の予兆があったら、自分と相手の両方を守るためにも状況を変える必要があります。

男性の場合、相手より身分が高い人を連れてくると特に有効です。

女性の場合は、男性もしくは、相手より身分の高い人を呼ぶと良いでしょう。

席を外す

「酒癖が悪い人に絡まれた」「ハラスメントに繋がりそう」など感じたら、席を外すという対処法も有効です。

愚痴や悪口を言いたいという心理がある人は、「話す相手は誰でもいい」と考えている場合があります。

そのため、いったん席を外して数分後に戻ったら、別の人と話しているという状況が期待できます。

また、数分口を閉じたら冷静になって、愚痴や悪口をやめるという可能性もあるため、酒癖が悪い人に絡まれたら席を外すという選択肢を持ちましょう。

一緒になってヒートアップしない

相手の口調が荒くなって、イライラすることがあるかもしれませtんが、それに合わせて荒い口調にならないように気を付けましょう。

また、相手が言っている悪口を真っ向から否定してヒートアップすることにも注意が必要です。

酒癖が悪い人相手にピートアップすると、相手もより興奮してしまい、収拾がつかなくなってしまう時があります。

その時間は、相手を受け入れているようでストレスが溜まるかもしれませんが、翌日以降に相手との今後の付き合い方を考えるようにしましょう。

酒癖が悪いのはすぐに直さないと大変なことになる

「自分は酒癖が悪い」と感じている人は早急に直す必要があります。

酒癖の悪さによって、人から迷惑がられるだけではなく、時には人間関係が壊れてしまうことまであるのです。

酒癖の悪さには、自身の性格や、ストレスなどの日々の生活が原因となる事もあります。

自分の酒癖の悪さの傾向や原因を知り、改善のために自分なりの対処法や考え方を身に付けてください。

関連する記事