口が悪い人に当てはまる特徴とは|口が悪い原因や改善策~正しい対処法まで紹介!

口が悪い人はなぜ嫌な言い方をするのだろうと疑問に感じたことはありませんか?今回はそんな口が悪い人の特徴や心理、原因を解説し、合わせて正しい関わり方や対処法に触れていきます。また、口が悪いという自覚がある人のために、性格を改善するポイントも紹介していきましょう。

目次

  1. 口が悪い人と関わると良いことがない…
  2. 口が悪い人は周りからどう思われている…?
  3. 口が悪い人に当てはまる特徴【性格編】
  4. 口が悪い人に当てはまる特徴【行動編】
  5. 口が悪いのはどうして?原因や心理を振り返る
  6. 口の悪さを直すためにすべきこととは
  7. 口が悪い人への正しい対処法・付き合い方
  8. 口が悪い人は今すぐに改めるべき

口が悪い人と関わると良いことがない…

身近に口が悪い女性や男性がいると、気分が悪くなったり、時には傷ついたりするものです。

口が悪い人に対して、「なぜ言い方や言葉の選び方を考えられないのか」と思ってしまう人も少なくないでしょう。

今回は、そんな口が悪い人の特徴や心理を徹底解説していきます。

口が悪い人の特徴を知れば、上手な対処法や付き合い方のヒントが見えてくるでしょう。

口が悪い人は周りからどう思われている…?

まずは、「口が悪い女性や男性が周りからどのように思われているのか」について解説していきます。

口が悪くなることが多いかもしれないと自覚がある人は、他人からの意見や印象に目を向けておくべきだと言えます。

口が悪いことはどれだけデメリットや悪印象を持たれるのか、参考にしていきましょう。

絶対に一緒に居たくないと思われる

口が悪い人に対して「絶対に一緒に居たくない」と思う人は決して少なくありません。

たとえ自分自身に向けられた言葉ではなくとも、口が悪い人の言葉は聞いていて良いものではないでしょう。

不快に思い、ストレスに感じることも多く、一緒に居たくないと思うのも無理はないでしょう。

幼稚

口が悪い人を幼稚だと感じる人は多くいます。

ある程度常識がある大人ならば、適切に言葉を使い分け、思いやりや礼儀を持ってコミュニケーションを取れます。

口が悪い人はそのように言葉を使い分けることができないため、「まだまだ人として未熟で常識がない」「幼稚で子供のようだ」と思われてしまうのです。

口が悪い自分に酔っていそう

口が悪い人の中には、あえて口が悪い自分を演じている人も実は珍しくありません。

「乱暴な言葉遣いはかっこいい」「サバサバしている」という印象を持っているため、あえて口を悪くしてしまうのです。

そういった人が多いことから、口が悪い人を見て「自分に酔っているんだろうな」と感じる人も少なくありません。

自己中心的

口の悪さは他人や周りを不快にし、時にはトラブルを招くリスクがある行為になります。

他人を思いやる気持ちや常識があるならば、他人を不快にさせることは極力避ける人がほとんどでしょう。

そのため、口が悪い人に対しては思いやりがなく、自己中心的だと感じる人も少なくありません。

「自分のことしか考えていないから、乱暴な物言いができるのだろう」そんな印象を抱いてしまうのです。

口が悪い人に当てはまる特徴【性格編】

次に解説していくのは、口が悪い人に当てはまる性格にまつわる特徴です。

口が悪い人はどのような性格をしていることが多いのか、早速見ていきましょう。

非常識

非常識な性格をしていることが多いのも、口が悪い人によく当てはまる特徴です。

そもそも一定の常識があれば、他人を不快にさせない言葉遣いや思いやり等は身に付けているものでしょう。

口が悪い人への印象にもあったように、口が悪い人は自己中心的であることがほとんどです。

基本的に自分のことしか考えておらず、それゆえに常識が欠如してしまっているのだと考えられます。

思いやりがない

言動からもわかる通り、口が悪い人の多くは思いやりがありません。

大半の人は、乱暴な言葉に対して不快感を表します。

それを知っているからこそ、他人への思いやりを少なからず持てる人は、口が悪くならないように気をつけているのです。

しかし、口が悪い人は、乱暴な言葉が生む影響力をまるで考えていません。

思いやりがなく、自分のことしか考えていないと思われても仕方がないでしょう。

承認欲求が強い

承認欲求が強い傾向にあるのも、口が悪い人の性格によく見られる特徴です。

口が悪い人は良くも悪くも目立ちたいという心理が強く、それゆえに威圧感や口の悪さを演出していることも珍しくありません。

また、人によっては口が悪い人に怯えたり、面倒だと感じて下手に出る人もいるでしょう。

口が悪い人本人にとってみれば、そんな相手の態度は「上下関係が確立した」と思える要因の一つとなるのです。

そういった場面が繰り返されると承認欲求が刺激されていき、口の悪さで目立とうという心理が生まれてしまうのです。

天の邪鬼

口が悪い人の大半は天の邪鬼な性格の持ち主です。

素直になるべき場面でも素直になれず、ついひねくれた態度を取ってしまうことも珍しくありません。

口が悪い原因や心理はさまざまですが、その多くは「人より優位に立っていたい」という心理となっています。

他人に対して素直になる=謙るという考えを持っていることも少なくないため、なかなか素直になれないのです。

プライドが高い

プライドが高い人ことも、口が悪い人の性格の特徴です。

プライドが高く、自分は他人よりも上の存在であると考えているために、「強い言葉遣いを使っても良い」と思い込んでいます。

それと同時に、口が悪い人は丁寧な言葉や敬語は下の立場の者が使うという価値観も持っていることも珍しくありません。

自分のプライドや立場を守るため、あえて口が悪くなるような言葉遣いをしていることも多いのです。

口が悪い人に当てはまる特徴【行動編】

続いて解説していくのは、口が悪い人に当てはまる行動にまつわる特徴です。

口が悪い人の多くは、性格だけでなく、その行動や態度からも「口が悪そう」「非常識そう」といった印象を抱かれることが珍しくありません。

口が悪い人の行動にはどのような共通点や特徴が見られるのか、早速確かめていきましょう。

自分のことしかしない

口が悪い人は、思いやりがない性格からもわかる通り、基本的に自分のことしか考えてないような行動を取ります。

自分の欲求や都合を優先させてばかりで、他人の都合などはほとんど配慮していません。

心理的に自分は誰よりも偉いと思い込んでいる節があるため、自分の行動で周りが迷惑をしても特に気にならないのでしょう。

責任転嫁や保身に走る

多くの口が悪い人は素直になれず、たとえ非があったとしても、プライドの高さゆえ素直に認めることができません。

非を突きつけられたとしても、口の悪さによって威圧感を醸し出し、責任転嫁や保身に走ってその場をやり過ごそうとします。

これは明らかな非があったとしても、強い言葉で言えば、相手が怯えて何も言えなくなってしまうことを知っているからでしょう。

空気が読めない

空気が読めないことも、口が悪い人の行動でよく見かける特徴となります。

そもそも空気が読めるような人ならば、周りに配慮して言葉遣いを選ぶことができるでしょう。

口が悪く周りを不快にさせることが多い人は、自分の感情や都合を最優先して、好き勝手な言動をします。

高圧的な態度が多い

口が悪い人は高圧的な態度を取り、周りを萎縮させることが少なくありません。

これは口の悪さとともに威圧感を与えれば、周りを都合よく支配できることを知っているからだと言えるでしょう。

たとえ自分に非が生まれたり、立場が悪い状況に陥ったりしていても、普段から周りを支配していれば怖いものはないのです。

常に上から目線

常に上から目線だというのも、口が悪い人によく見られる特徴です。

口が悪い人は心理的に自分は誰よりも優位に立っていると思い込んでいます。

そのため、誰に対しても基本的に上から目線で発言し、その度に優越感に浸っているのでしょう。

口が悪いのはどうして?原因や心理を振り返る

続いて解説していくのは、口が悪くなってしまう原因や心理についてです。

なぜ口が悪い人は、言葉遣いが荒くなってしまうのでしょうか?

そんな疑問に触れていきましょう。

自信がない

実は、口が悪い人の大半は自分に自信がありません。

しかし、人一倍プライドが高いゆえに、その自信のなさを認めることができません。

そして他人に自信のなさを悟られることも嫌うため、自分を強く見せるために口の悪さや態度で周りを牽制してしまうのです。

かっこいいと思っている

口が悪いことをかっこいいと思い込んでいる人も少なくありません。

特に子供っぽい性格や言動をする人の多くは、かっこいいと思いこんでいる結果、口が悪くなっていることがほとんどです。

乱暴な言葉遣いはかっこいい、堂々としている、そんな印象に憧れ、口の悪さを意識してしまうのでしょう。

支配欲が強い

言動からもわかるように、口が悪い人は支配欲が強い傾向にあります。

心理的に誰よりも優位に立ちたい、周りを従わせたいと強く思っていることが、荒い言動に表れてしまっているのでしょう。

口が悪い人がいる環境で過ごしている

上司や両親、学校など、口が悪い人が身近にいる環境に身を置いていると、自分自身にも口の悪さが移ってしまうことがあります。

特に子供のうちから口が悪い人がいる環境にいれば、本人にとって「口が悪い環境が当たり前で常識」となってしまうのです。

両親の口が悪ければなおのこと、なにかきっかけがない限りは、子供は親の真似をして育ってしまうでしょう。

感情のコントロールが苦手

口が悪い人は感情のコントロールが苦手であり、子供のように思ったことをすぐに口に出してしまう傾向にあります。

特に怒りに対してのコントロールが苦手で、ムカつくことがあればすぐに声を荒らげてしまうでしょう。

怒りで声を上げれば、大半の人は怯え、非なき人も思わず謝ってしまうことがあります。

そんな瞬間を心地よく感じてしまうのも事実で、感情のコントロールの必要性を感じなくなるのです。

あえて空気を読まないことを良しとしている

「人が言えないことをあえて口に出来る自分」に酔いしれている人も少なくありません。

口が悪い人の多くは空気が読めず、無神経な言動をしますが、これも良かれと思っての行動であることがほとんどです。

むしろ周りが言えない発言ができる自分に感謝してほしい、と思っていることも珍しくありません。

自分を正当化したい

人付き合いにおいて、声が大きい人が主導権を握ることは珍しくありません。

たとえ本人に間違いや非があったとしても、周りに自分に指摘する人がいなければ、自分の正当性を誤魔化すことができます。

もともと口が悪い人は天の邪鬼でプライドも高いため、とにかくその場の主導権を握りたがる傾向にあります。

なんとかして自分を正当化したい、正しいと認められたい、そんな心理が口の悪さへと影響しているのでしょう。

口の悪さを直すためにすべきこととは

自分は口が悪いかもしれない、と自覚がある人は少なくないでしょう。

それを直したいと思っていても、口調というのは癖であるため、簡単に直すことはできません。

しかし、直すことは不可能ではなく、日々の積み重ねや意識によって、改善はしていけます。

この項目では口の悪さを直したい人のために、改善に繋がるポイントを解説していきます。

イライラしたら一旦落ち着く

男性や女性に限らず、口が悪い人は基本的に感情のコントロールが苦手です。

思ったことがあればすぐに口に出してしまう癖があり、それが口の悪さの原因に繋がっています。

そんな癖を直すためには、特にイライラした時には一旦深呼吸をして、気持ちを落ち着かせましょう。

可能であればその場から立ち去って一人になり、冷静さを取り戻しましょう。

非はきちんと認める

非をきちんと認めることも、口の悪さの改善に繋がります。

口が悪い原因には、非を認めたくないという心理から強い言葉が出てしまうというものがあります。

しかし、非がある時はどんな立場の人間でも認めなくてはなりません。

認めることで素直さや常識を取り戻し、口の悪さが緩和されていることに繋がります。

きれいな言葉を学ぶ

そもそも正しく常識的な言葉遣いがわからない、という人もいるでしょう。

そんな人は、本を読んだり言葉遣いがきれいな人を観察したりして、正しい言葉遣いを学んでみてください。

お手本となる存在がいれば、言葉遣いは少しずつでもきれいなものへとなっていくはずです。

口が悪い=短所だと認める

短所を直すためには、本心から「自分のここが悪い」という点を認める必要があります。

心のどこかで「口が悪いのは仕方がない」という甘えが出ていれば、直るものも直りません。

口が悪いことはどれだけデメリットやリスクがあるのか、改めて振り返り、改善に向けたモチベーションを作りましょう。

発言前に一呼吸置く

何かを発言する際には、一呼吸置いてから口を開くようにしましょう。

この言葉は相手にどう思われるのか、適したタイミングなのか、それを少しでも考えられれば、嫌な物言いは確実に減るはずです。

また、「人が言いづらいことを言う」という行為の多くは、リスクを伴います。

思いやりを持ち、きちんと空気が読めるようになってから出来る術であるため、むやみにチャレンジするのはやめましょう。

相手を見下さない

仕事などの立場上、明確に上下関係が出来ていることもあるでしょう。

しかし、だからといって相手を不用意に見下し、強い口調で支配できる権利は誰にもありません。

相手との関係をきちんと見極め、不用意に見下さないことが、口の悪さの改善へと繋がります。

口が悪い人への正しい対処法・付き合い方

最後に解説していくのが、口が悪い人への正しい対処法や付き合い方です。

身近に口が悪い女性や男性がいる場合、どのように接していけば良いのか悩む人は少なくないでしょう。

対処法を見誤れば必要以上に不快に思ったり、トラブルに発展したりすることもあります。

そうならないためにも、正しい対処法や付き合い方を知っていきましょう。

極力関わらない

極力関わらないことができるならば、最善の対処法・付き合い方になります。

たとえ口が悪い人が直接自分に攻撃してこなくても、一緒にいれば不快に感じたり、トラブルに巻き込まれたりするのが事実です。

距離を置いていればそういった事態は少なからず避けられるため、極力関わらないようにしましょう。

ストレートに指摘する

今後も口が悪い女性や男性と付き合っていきたいと思うのならば、ストレートに指摘することも大切です。

心理や特徴からもわかるとおり、口が悪い人は自分の非や自信のなさを隠すために、荒い口調をしていることがほとんどです。

そのため、ストレートに指摘されることに慣れておらず、指摘されてしまえば狼狽えて、言動を改めるきっかけに繋がる可能性があります。

また、相手の言い分が正論でも、言い方や言葉の選び方が悪ければ、説得力は失われていきます。

不快だということの他に、適切な言葉を使わないと意味がないのだと指摘していきましょう。

あえて口悪く返してみる

口悪く何かを言われたら、同じように口悪く返してみるのも対処法のひとつです。

口が悪い人の多くは、周りが下手に出るから調子に乗ってしまっているという人も少なくありません。

それゆえに、強い言葉で何かを言われることに慣れておらず、それらの言葉が与える不快感や影響力を知らないのです。

相手の思い通りにならないという意思表示とともに、口の悪さが及ぼす影響力を相手に知らしめていきましょう。

口が悪い人は今すぐに改めるべき

自分自身、口が悪いかもしれないと思っている女性や男性は、今すぐにでも改めるべきだと言えるでしょう。

たしかに口が悪いことを「かっこいい」「タイプ」だと思う人も一定数いますが、多くはありません。

むしろ悪い印象を持たれることも多く、どちらかというと正しい言葉遣いができる人のほうが老若男女問わずから好かれます。

子供のようだと逆に見下される原因にもなるため、自覚がある人は早めに改善していきましょう。

関連する記事