話が長い人の特徴&原因とは|とにかく疲れる!長話への対処法~改善させる方法も紹介

身近に話が長い人がいて、話を聞いているのが辛い、退屈だと感じたことはありませんか?話が長い人には、共通する特徴や心理があります。なぜ話が長くなってしまうのか、原因や対処法、改善策について解説します。

目次

  1. 話が長い人とは出来れば付き合いたくない…
  2. 話が長い人に当てはまる特徴とは
  3. 話が長い人の心理・考えていることとは
  4. 話が長くなってしまう原因を考える
  5. 話が長い人への上手な対処法を紹介
  6. 話が長い現状を変えるための改善策を紹介
  7. 話が長い人と関わるのは時間の無駄かも

話が長い人とは出来れば付き合いたくない…

家族や友達など、あなたの身近に話が長い人はいないでしょうか。

話している方は楽しいかもしれませんが、聞いている側にとってはストレスを感じたり、疲れてしまう原因になります。

話が長い人には共通する特徴や心理があるので、身近な人や自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

話が長い人に当てはまる特徴とは

話が長い人は、話好きである・会話が苦手などの特徴を持っています。

それぞれの特徴について解説するので、参考にしてみてください。

長話が好き

話が長い人には、おしゃべり好きという特徴があります。

話すことが好きなので、できるだけ長く会話を続けようと、仕事や世間話などあらゆる話を振ってくるのです。

友達同士であれば、長話も面白いと思う人もいるでしょう。

しかし、職場や近所の人など、あまり親しくない人に長話をされることを迷惑に感じる人もいます。

相手の気持ちを考えない

話が長い人には、相手の気持ちを考えられないという特徴もあります。

とにかく話好きで、聞き手の事情を考えずに話し続けてしまうのです。

また、相手と会話のキャッチボールができず、自分ばかり話し続けてしまうのも特徴です。

聞き手は一方的に話されるだけなので「この人と話してもつまらない」と感じてしまいます。

自慢話が多い

自慢話が多いことも、話が長い人の特徴です。

自分のことについて長く話すのは、「自分は優秀な人間だ」と周囲にアピールしたい心理があるからです。

周囲から認めてもらいたい気持ちが強いほど、長々と自慢をする傾向があります。

寂しがりやな性格

寂しがりやな性格であることも、話が長い人の特徴です。

構ってもらいたい心理から、会話の相手になってくれそうな人を常に探しています。

寂しがりやな性格のため、できるだけ会話を長引かせて自分の側にいてほしいと思っているのです。

長く話し続けるためにあれこれ色々な話をしすぎてまとまりがなくなり、聞き手をイライラさせてしまうこともあります。

神経質な性格

神経質な性格であることも、話が長い人の特徴です。

例えば、業務の説明をするときに最初から細かいことまで説明するなど、一気に全てのことを話そうとする傾向があります。

要点をまとめて話すことができず、思いつく限りのことを伝えようとするので、話が長くなりがちです。

膨大な情報を一気に伝えてしまうため、「説明が細かすぎてよく分からない」と聞き手を混乱させてしまうこともあるでしょう。

会話に集中していない

そもそも会話に集中していないことも、話が長い人の特徴です。

例えば人の反応を過剰に意識する人は、相手の顔色が悪いと「自分の話が面白くないのかも」と不安になり、会話に集中できなくなることがあります。

そして別の話を始めたり、緊張して意味のない話をしてしまうので、話が長くなってしまうのです。

また、相手に恋愛感情があって、会話に集中していない場合もあります。

会話の内容はどうでもよく、ただ好きな人と一緒に話していたいので、会話を長引かせようとするのです。

仕事ができない

仕事ができないと思われる傾向にあるのも、話が長い人の特徴です。

社会では、素早く効率的に終わらせる人の方が「この人は仕事ができる」と思われます。

そのため、プレゼンやスピーチなどで延々と話し続けていると、仕事ができない人という印象を持たれやすいです。

また、仕事に集中せず無駄話を続ける人も、周囲に「さぼり癖のある仕事ができない人」と思われやすいでしょう。

話が長い人の心理・考えていることとは

話が長い人を見て、なぜ自分だけ長く話し続けるのか疑問に思ったことはないでしょうか。

長く話す原因には本人の価値観やストレス、寂しいなどの感情が関係しています。

なぜ長く話し続けてしまうのか、話が長い人の心理について解説します。

長く話すことが優秀だと勘違いしている

長く話せることが優秀だと思い込んでいる心理がある人は、話が長い人になりやすいです。

一つの物事について色々と話すことで「自分はそれだけ知識がある」とアピールしようとします。

しかし、話が長過ぎると聞き手にストレスを与えてしまい「話にまとまりがない」と思われる原因になります。

聞き手が聞いていて疲れるような話し方は、「話すのが下手な人だ」「頭が悪い人だ」と思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

自信がない

話が長い人は、会話の内容に自信がないことがあります。

自分がよく知らないことについて質問されたときに「とにかく説明しないと」と思う心理から、長々と話してしまうのが原因です。

また、長く話すことによって、「自分はそのことについて詳しい」とアピールしたい心理が隠れている場合もあります。

緊張している

仕事の会議やプレゼンなどで、話が長い人は緊張している可能性があります。

人前で意見を話すと緊張してしまい、自分が何を話しているのか分からなくなってしまうタイプの人です。

順序立てて話す余裕がないので、話が長くなってしまう傾向があります。

ストレスを発散したい

悪口や愚痴を長々と話す人には、自分のストレスを発散したい心理があります。

自分のネガティブな感情を話し続けることで、すっきりするタイプの人です。

話している方はストレスが解消されるかもしれませんが、聞かされている方は疲れる、暗い気持ちになるなど良い気持ちはしません。

話している時間が長いほど、聞かされている側は気分が悪くなってしまいます。

しかし、話が長い人は自分の話をしたい気持ちが強いので、相手の気持ちを考えられません。

愚痴や悪口ばかり話していると、人が離れていく原因にもなります。

自分の話を聞いてほしい

話が長い人は、相手に自分の話を聞いてほしい心理があります。

長話が好きな人、寂しがりやな人などは話の内容はどうでもよく、とにかく自分と会話してくれればそれで良いと思っています。

また、自分ばかり話し続けてしまう傾向があるので、話が長いと思われやすいです。

一方的に話されると、聞き手はイライラしたり、疲れる原因になります。

話が長くなってしまう原因を考える

話が長くなってしまう原因には、順序を考えて話していない、無駄な言葉を使っているなど話し方に原因があります。

あるいはコミュニケーションが上手く取れていなかったり、精神的なストレスが関係していることもあるなど、原因は様々です。

話が長くなってしまう原因について、考えられるものを解説します。

話の中の「起承転結」を考えない

話が長い人は、起承転結を意識せず話す傾向があります。

起承転結を考えずに話すと、話が長引く原因になりやすいです。

順序を考えて話すことで、自分の伝えたいことが相手にも理解しやすくなります。

無駄な言葉が多い

会話の中に無駄な言葉が多いと、話が長いと思われる原因になります。

聞き手をイライラさせやすいのは、「ええと」「あの」「その」などの言葉です。

人前で言葉がスラスラ出てこないのは、何を話すのか考えていないのが原因です。

喋り方がくせになっていると無意識に言ってしまうので、直したいと思うときは意識する必要があります。

伝えたいことが分かっていない

話している最中に自分の伝えたいことを忘れてしまうと、話が長引く原因になります。

色々と話しているうちに話が脱線してしまい、聞き手に「それで何が言いたいの?」と質問されてしまったことはありませんか?

話が脱線しやすい人は、事前に要点をまとめるなど伝えたいことを整理しておくことで、聞き手が疲れるような話し方を避けることができます。

自分ばかり話し続ける

自分だけ話し続ける人は、話が長い人だと思われやすいです。

相手の言ったことに対して、二倍、三倍も長く話し続ける人は、会話のキャッチボールができていない状態と言えるでしょう。

聞き手は話を聞かされているだけなので、退屈を感じるようになります。

いつも自分だけ話し続けると「あの人と話してもつまらない」と思われてしまい、話し相手がいなくなる原因にもなります。

精神的なストレス

話が長い人は、精神的なストレスが関係していることもあるでしょう。

あがり症の人は人前で話すと緊張しやすく、伝えたいことが上手く話せず話が長くなってしまうことがあります。

うつのように精神的な病気の場合、考える気力が低下している可能性があり、注意が必要です。

順序立てて話ができず、説明が上手くできない、話が長くなってしまうなどの原因になることがあります。

話が長い人への上手な対処法を紹介

話が長い人がいると、話を聞いているだけで疲れたり、ストレスを感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで身近に話が長い人がいるときはどうすれば良いのか、話が長い人への対処法について解説します。

話が長い人に近寄らない

話が長い人は、常に自分の話を聞いてくれる人を探しているのが特徴です。

そのため話が長い人の側にいると、話しかけられやすくなります。

話が長い人だと分かっているときは、なるべく近寄らないようにしましょう。

また、話を聞いてしまうとその後も話しかけられやすくなります。

長話に付き合いたくないときは、話しかけられても会話に乗らないようにすることが大切です。

理由を話して会話を切り上げる

話が長い人には、何らかの理由を話して会話を切り上げるのが対処法です。

「○時から用事があるので」「トイレに行ってきます」のように理由を話すと、会話を中断できます。

聞き手が席を外すと、話に夢中になっていた人も我に返って落ち着いていきます。

席に戻るときに「もうこんな時間ですね。そろそろ帰りましょうか」のように伝えて、その場を離れるようにしましょう。

忙しそうにする

職場で上司や同僚に話が長い人がいる場合は、普段から忙しそうに仕事するのが対処法です。

忙しそうに仕事していれば、話しかけにくい雰囲気を出すことができます。

雑談など無駄な話をされたくないときは、「自分は仕事に集中したい、忙しい」と行動でアピールしてみてください。

それでも相手が話しかけてくる場合は、仕事に支障が出るとして相手の上司に相談するのも対処法です。

アラームをセットしておく

話が長い人と話さなければいけないときの対処法として、事前にアラームをセットしておくのが対処法です。

相手と話す制限時間を決めておき、時間になったらアラームが鳴るようにセットしておきます。

会話中にアラームが鳴ったときに「すみませんが、この後用事がありまして…」と言うことで、会話を切り上げられます。

携帯のアラームを使えば、着信が来たように装うこともできるので、席を外しやすくなるでしょう。

話題を変える

自分の話ばかりする人には、話題を変えるのが対処法です。

相手が話し終わったときに「ところで」と話題を変える言葉を挟んで、会話の流れを変えましょう。

例えば職場に雑談が多い人がいれば、「ところで○○の仕事は終わったの?」のように言ってみます。

すると、遠回しに「仕事に集中して」と伝えることができ、会話を切り上げやすくなります。

何が言いたいのか質問する

色々な方向に話が飛んだり、話が脱線しやすい人は話が長引きやすいです。

そうした人には「結局何が言いたいの?」と質問してみましょう。

質問することで、相手は自分が言いたかったことを思い出しやすくなります。

話が脱線し始めたなと思ったら、適度に質問を投げかけて話の流れを元に戻すようにしてみてください。

話が長いと言う

話が長い人が家族や友達などの場合は、正直に話が長いと言うのも対処法です。

相手は長話をすることが、お互いに楽しいことだと思い込んでいる場合があります。

身近な人には「自分は長話は好きではない」と伝えることも大切です。

自分の気持ちを伝えれば、相手も長話をすることを控えてくれる可能性があります。

話が長い現状を変えるための改善策を紹介

話が長い人への対処法について解説しました。

しかし自分の話が長い、分かりにくいと言われて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで、話が長いと思われないための改善策についても紹介します。

制限時間を決める

話が長引きやすい人は、事前に制限時間を決めておきましょう。

プレゼンのように「伝えたいことを5分以内で話す」のように決めるのが改善策です。

話す時間を決めると、回りくどい言葉遣いや、余計な内容を省きやすくなります。

結論から話す

「話が長くて、何を言いたいのか分からない」と言われる人は、結論を先延ばしにして話す傾向があります。

相手に分かりやすく伝えるためには、結論から先に話しましょう。

結論を言ってから、なぜそうなったのか理由を説明することで相手に伝わりやすくなります。

伝えたい要点をまとめる

順序立てて話すのが苦手な人は、事前に伝えたい要点だけはまとめるようにしてみてください。

要点をまとめると、どんな構成で話すか、話の流れを決めやすくなります。

「これだけは伝えたい」と思う内容を決めておくことで、話下手でも、相手に自分の言いたいことを伝えやすくなります。

聞かれたことにだけ答える

会話をしているときに、つい相手より多く話してしまう人は話が長いと思われやすいです。

相手が一つのことについて話したら、自分は一つの返事を返す程度を意識してみてください。

相手の言ったことに対して、二つも三つも話題を盛り込むと、話が長い、くどいと思われてしまいます。

自分だけ話さないように、会話のキャッチボールを意識することが大切です。

自分の話を録音して聞く

人から「あなたは話が長い」と言われても自覚が難しいときは、自分の話を録音する改善策があります。

スマホの録音アプリなどを使い、会議の報告やプレゼンなどで話す内容を録音してみましょう。

普段の自分がどのように話しているのか、客観的に分かりやすくなる方法です。

自分の声を録音することで、言葉遣いだけでなく声のトーンや大きさなどを見直す改善策にもなります。

話が長い人と関わるのは時間の無駄かも

話が長い人と関わると、聞いている方は疲れるだけでなく時間も無駄にしてしまいます。

対処法で紹介したように、その場を離れる理由などを作り、会話を切り上げるようにしましょう。

自分の話が長いと言われる人は、自分が話したら相手の話も聞くなど、自分だけ話さないよう意識することが大切です。

関連する記事