困った時にはどうすればいいの?対処法を知って悩まない人生を過ごそう!

「困った時にはどうすればいいの?」と辛い気持ちや不安を抱えてしまうことはありませんか。また、困った時に誰に悩みを相談したら良いかわからない場合もあるでしょう。今回は、困った時に効果的な対処法やおすすめの過ごし方について、詳しくご紹介します。

目次

  1. 困った時にはどうしたらいいの?
  2. 困った時はまず考えや感情を整理する
  3. 困った時には人に相談する
  4. 困った時は何が正解か探してみる
  5. 困った時の人生の過ごし方とは
  6. 困った時は自分一人で悩まないで

困った時にはどうしたらいいの?

困った時にどうしたらいいかわからず、辛い思いをした経験はありませんか?

どんな性格の人でも仕事や人間関係のトラブルで悩むことがあるでしょう。

またコロナ禍での失業や予期せぬ出費など、お金のことで困っている人もいるかもしれません。

しかし、悩みや心配事を意識するほど、エネルギーを消費してより辛い心理状態になってしまいます。

そこで今回は、困った人に試してほしい効果的な対処法をご紹介します。

困った時はまず考えや感情を整理する

困った時は、まず考えや感情を整理することが大切です。

「何に困っていて、どのような心理状態なのか」という本質が曖昧なままだと、人はもやもやした心理を引きずってしまいやすくなります。

対処法を考える前に、自分の考えや感情を整理することの大切さについてご説明します。

①考えや感情を整理して冷静になる

困った時はまず、考えや感情を整理して、冷静な心理状態を取り戻すことを心掛けましょう。

冷静な心理状態を取り戻すためには、考えや感情を紙に書いてみるのがおすすめです。

何が起きて困っているのか、それに伴う辛い気持ちなどを、自由に書いてみてください。

困ったことや自分の感情を明確にすると、次第に冷静な心理状態を取り戻しやすくなります。

②冷静になればどうやって解決できるかを考えることが出来る

冷静になればどうやって解決できるかを考えることが出来るようになります。

辛い感情的な心理状態のままでは、良い対処法を考えて解決するのが難しくなってくるのです。

自分の性格に合った方法で、まず冷静になれるよう努めてみましょう。

困った時には人に相談する

何に困っているのかを明確にし、冷静な心理状態となったら対処法を考えていきましょう。

困ったことを解決するのに最も効果のある対処法は、「人に相談する」ことだと言われています。

しかし、誰にでも相談するのではなく、適切な相談相手を選ぶことが大切です。

相談する相手を間違うと、親身になった答えが得られずもっと辛い気持ちになってしまうこともあるでしょう。

そこで、困った時に相談すべき相手についてご紹介します。

①気の知れた友人に相談する

気の知れた友人に相談することは、とても効果的な対処法です。

あなたの性格をよく知っている友人であれば、辛い気持ちも受け止めてくれることでしょう。

それだけでなく、困ったことを「一緒に解決しよう」と力を貸してくれるかもしれません。

ただし、気の知れた友人の中でも、秘密を守ってくれる性格の友人を選ぶことがポイントとなります。

②家族に相談する

家族に相談するのも良い対処法です。

内向的な性格でなかなか友人を作れないという場合、両親や兄弟、従兄妹などに相談してみましょう。

家族との関係性にもよりますが、家族は友人以上に自分のことを愛してくれる存在です。

また、お互いに性格を熟知しており、信頼関係も強いと言えます。

「困っていて辛い状況を共に解決しよう」という気持ちで話を聞いてもらうことが出来るでしょう。

③相談機関を利用する

困った時に相談する友人も家族もいないという場合は、信頼できる相談機関を利用するのが良いでしょう。

頼ることができる相手は、性格を熟知した友人や家族以外にも多く存在します。

学生であれば学校の先生や、スクールカウンセラーに相談することができます。

社会人であれば困ったことの内容に応じて、各自治体の無料相談窓口などを利用することも可能です。

心の問題を抱えている場合には、臨床心理士のカウンセリングを受けるという対処法もあります。

困った時は何が正解か探してみる

困った時に人に相談をすることで、様々なアドバイスや解決法を得ることができるでしょう。

その中でどの方法が自分の性格に合っているか、何が正解なのかを自分で模索していくことも重要です。

そこで「自分にとっての正解は何か」を考えるための良い方法をお伝えします。

①本を読む

本を読むことは、困った時に正解を探すための良い方法の一つです。

現在は悩みのカテゴリー別に様々な本が出版されており、私たちは気軽に専門書を読むことができます。

本を書いた著者の情報も調べることができるため、より信憑性の高い内容の本を自分でチョイスすることが可能です。

困ったことの内容や自分の性格に合わせて、良いと思う本をどんどん読んでみましょう。

②ネットから信頼できる情報を得る

インターネットで自分が信頼できる情報を収集するのも良い方法です。

ネット上には膨大な数の情報が存在しており、パソコンとネット環境さえあればいつでも情報を得ることができます。

活字を読むのが苦手な性格の人は、無料動画サービスを利用するのもおすすめです。

しかしその中には、ネガティブで根拠のない情報も、残念ながら多く存在しています。

正解を探すためには、自分で考えて情報を取捨選択していくことが必要でしょう。

困った時の人生の過ごし方とは

困ったことがすぐに解決しない場合、どのように過ごすのが良いでしょうか。

毎日くよくよ悩んで過ごしても、時間はいつもと同じように過ぎていきます。

困った時でも有意義に人生を過ごすために、おすすめの方法を3つご紹介します。

①孤立しない

困って辛い時こそ、一人で抱え込まずに信頼できる人たちと交流しましょう。

悩みを抱えている時は人と話すことに意味を感じなかったり、誰にも会いたくない気分になることもあるかもしれません。

しかし、孤立するとさらに気持ちが落ち込んでしまい、問題解決からも遠ざかってしまいます。

気の知れた友人や家族と一緒に過ごすだけでも、気持ちがリラックスして幸せを感じられるでしょう。

②今に感謝をする

困った時こそ、感謝の気持ちを忘れず過ごすことが大切です。

困った時や辛い気持ちになった時は、心に余裕がなくなってしまいがちです。

「自分のことしか考えられなくなってしまう」という人も多いでしょう。

周りが見えず「なぜ自分ばかり」と悲観的になってしまうこともあります。

しかし、どんな状況のときでも、少し視点を変えれば周りに感謝できるポイントはいくつもあるのです。

安全な環境のなか暖かいベッドで眠れる、友人や家族がいるというだけでもありがたいと言えます。

感謝ができるようになれば、困った時でも、前向きに悩みと向き合うことができるようになるでしょう。

③考えすぎない

たとえ困ったことがすぐに解決しなくても、考えすぎないで過ごすことが大切です。

考えすぎてしまうと、ネガティブな思考にとらわれて日常生活が困難になってしまうケースもあります。

しかし「考えないようにしよう」と意識すればするほど、頭から離れなくなる場合が多いのではないでしょうか。

そういった場合は、頭の片隅に別の物事を置くようにする方法がおすすめです。

同時に違う物事を考えることは難しいと感じるかもしれませんが、訓練することでうまく思考をコントロールできるようになります。

困った時は自分一人で悩まないで

困った時は自分一人で悩まないようすることの大切さがお分かり頂けたでしょうか。

どんな人でも一生懸命生きていれば、困って悩む経験をするものです。

ネガティブに捉えるのではなく「困った時は自分を見つめなおし、改めて周りの人のありがたみに気付くチャンス」とも考えることができます。

困った時も効果的なプロセスや対処法をあわせて実践すれば、楽しい人生を歩んでいけるでしょう。

関連する記事