人生詰んだと感じる瞬間&立ち直る方法|仕事・恋愛で失敗してもやり直せる!

仕事や恋愛で失敗したことで、人生詰んだと感じた経験がある人は多いでしょう。そこで今回は人生詰んだと感じる瞬間や特徴、その状況を打破する立ち直る方法を徹底解説していきます。人生詰んだ状況をどうにかしたいという人は、ぜひ注目してみてください。

目次

  1. 「人生詰んだ…」と感じたことはありませんか?
  2. 人生詰んだと感じる瞬間とは?
  3. 人生詰んだと感じた時の対処法とは【20代編】
  4. 人生詰んだと感じた時の対処法とは【30代編】
  5. 人生詰んだと感じた時の対処法とは【40代編】
  6. 人生詰んだと感じた時の対処法とは【50代編】
  7. 人生詰んだ状況からやり直す為に必要なこと
  8. 人生詰んだと感じた時にしてはいけないNG行為
  9. 人生詰んだ状況から抜け出そう

「人生詰んだ…」と感じたことはありませんか?

「人生詰んだ」と感じた時は、何をしても八方塞がりな気がして、気分はどん底に落ちてしまうでしょう。

「死ななければなんとかなる」とは言うものの、実際に絶望が目の前に立ちふさがってしまえば、「人生詰んだ」と感じるのも無理はありません。

今回は「人生詰んだ」と感じる瞬間や、その状況から立ち直る対処法について解説していきます。

人生詰んだと感じる瞬間とは?

まずは、どのような瞬間に「人生詰んだ」と感じるのか、いくつか例や特徴を見ていきましょう。

自分の考えと照らし合わせながらぜひ注目してみてください。

借金の返済に追われている

借金の返済に追われていることで、人生詰んだと感じるケースは珍しくないでしょう。

特に多額の借金に追われてしまうと、きちんと返済できるかわからない不安から、人生詰んだと感じてしまう人は少なくありません。

また、借金は世間一般的にあまり良いイメージを持たないという特徴があります。

返済できる目処が立っていたとしても、「恋愛が上手くいかないかも」「人から悪く思われるかも」といった不安を抱える人も多いでしょう。

仕事で大きな失敗をした

仕事で大きな失敗をしたことで、人生詰んだと感じる人は珍しくありません。

責任を追われるかもしれない、自分の評価が著しく下がるかもしれない、そんな不安が一気に襲いかかってくるのです。

また、仕事の内容によっては会社全体に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

たとえ周りが大丈夫だと励ましてくれても、失敗をして迷惑をかかえたという事実が、大きな重荷となって襲いかかっていきます。

親しい人間関係を崩壊させた

親しい人間関係を崩壊させたことで、人生詰んだと感じてしまうこともあります。

自分が原因で人間関係を崩壊させてしまえば、ほとんどの場合、親しい人たちからは距離を取られてしまうでしょう。

親しい人たちから距離を取られてしまえば、途端に孤独が襲いかかり、非常に心細くなるものです。

たとえ他に友達がいたとしても、親しい人たちを裏切ったという負い目から、コミュニケーション能力に自信が持てなくなります。

結果的に「自分は誰とも親しくなれない」と思い込み、孤独を前に人生詰んだと感じることになるのです。

貴重品を紛失した

財布や自宅の鍵、スマートフォンなどの貴重品を紛失すると、「人生詰んだかも」と感じてしまう人は多くいます。

貴重品を紛失したという事実は、「明日からどのように生きていけばいいのだろう」「犯罪に利用されたらどうしよう」といった大きな不安を生みます。

金銭がなくなると生きていくのは難しくなりますし、犯罪に利用されてしまうなどの大きなトラブルにも巻き込まれてしまいかねません。

さまざまな被害、そしてその規模の大きさから、貴重品の紛失はあっという間に人生詰んだと感じられる瞬間になるのです。

仕事を失った

仕事を失ってしまうと、さまざまな不安が襲いかかってくるものでしょう。

金銭的な不安が襲いかかってきたと思えば、「無職」という自分の状態に絶望する人も少なくないかもしれません。

また、仕事を失った原因が自分の過失の場合、「職探しが難しいかもしれない」と不安に思う人もいます。

転職活動では退職理由等を聞かれることも多いのが事実です。

パワハラやセクハラ、非常識な行動等でクビになったことを話せば、採用されない可能性が高くなります。

そう思うと自信が失われ、目の前が真っ暗になってしまうのでしょう。

人生詰んだと感じた時の対処法とは【20代編】

続いて解説していくのは、20代向けの人生詰んだと感じた時の対処法についてです。

いくら人生詰んだと感じても、生きていれば道はたくさん広がり、対処法はいくつも転がっているものです。

特に20代はまだ若く時間も体力もあるため、冷静に状況を見極めれば失敗を成功に導くことも可能でしょう。

家族や上司などに相談する

人生詰んだと感じる内容にもよりますが、家族や上司に相談することで突破口を見いだせる場合も多くあります。

20代になると大人になった気がして、何でも一人でやらなきゃいけない心理に襲われる人も珍しくありません。

しかし、20代はまだまだ経験も知識も未熟であり、自分が思っているよりも子供です。

困ったことがあったら、人生の先輩である家族や上司などに相談することで、自分の知らない対処法を知れる可能性があります。

とにかく行動に移してみる

若さは20代の強みのひとつです。

たとえ就職や転職活動が失敗したとしても、未経験でOKな職場は数多くあり、挑戦できる機会も少なくありません。

20代の間は人生の基盤を整える時間だとポジティブに捉え、さまざまなことにチャレンジしてみましょう。

スキルや知識を増やす

スキルや知識を増やすことも、人生詰んだ状況を打破する対処法に繋がります。

たとえば奨学金等の返済に追われている場合は、救済制度等を調べてみたり、窓口で相談してみたりすると良いでしょう。

制度を知れば現状を緩和し、希望を見いだせる可能性は十分にありえるのです。

また、勉強をしてスキルを身に付け、その上で就職活動をしてみるのもいいでしょう。

スキルがあれば選択肢は大きく広がり、人生が詰んだ状態が一転する可能性があります。

人生詰んだと感じた時の対処法とは【30代編】

続いて、30代向けの人生詰んだと感じた時の対処法について解説していきます。

30代は、今後の人生を送る上での責任が大きくのしかかり、心理的に不安になりやすい時期でもあります。

そんな状況をどのように打破していけばいいのか、ぜひ注目していきましょう。

転職する

30代で人生詰んだと感じる原因には、「昇給できない」「給料が安い」等の金銭的なものが多くあります。

金銭的な余裕がないと、40代50代になった時に暮らしていけるのか、結婚できるのか、大きな不安に襲われるものでしょう。

もし現在の職場で金銭的な不安を抱えることが多い場合には、思い切って転職してみるのも対処法のひとつです。

「30代での転職は遅いのでは?」と心配になるかもしれませんが、30代で転職する人は決して珍しくありません。

今からでも十分に間に合うため、自分の希望に合った職場を選んでみましょう。

魅力を身に付ける

人生詰んだと思う原因には、上手くいかない恋愛が挙げられます。

特になかなか恋人が出来ないと、このまま結婚もせずにずっと独り身なのかなと不安に思ってしまうでしょう。

そういった不安を抱えている場合には、まずは自分磨きをして魅力を身に付けてみてください。

30代で恋愛するのは決して簡単とは言えませんが、内面外見を磨いていけば、可能性は高くなります。

自分磨きを習慣化し、いつどこで素敵な人と出会っても勝負できるような自分に仕上げていきましょう。

ポジティブになれる趣味を見つける

30代はさまざまな悩みから、心理的に不安定になりやすいという特徴があります。

心理的に不安になればネガティブ思考に染まり、多くのことに悲観的になってしまうでしょう。

そうならないためにも、習慣になるようなポジティブになれる趣味を見つけてみることも大切です。

明るい気持ちは行動力や好奇心に火をつけられるため、結果的に状況打破に繋がる可能性が高くなるのです。

人生詰んだと感じた時の対処法とは【40代編】

40代というと、親の介護や転職活動などの悩みを抱えやすく、人生詰んだと感じることも珍しくありません。

そのような時にどうすればいいのか、40代向けの人生詰んだと感じた時の対処法について解説していきます。

介護サービスを利用する

40代で心理的に辛いと感じる状況になるのが、両親の介護問題でしょう。

仕事と両立して介護をするのは非常に大変なことで、結果的に心身ともに余裕がなくなってしまうケースは珍しくありません。

そうならないためにも、介護等は思い切って介護サービス等を利用してみましょう。

サービスによっては気軽に利用できるものは、思い切り頼れるようなものまであるため、特徴を確認して選んでみてください。

市町村によってはさまざまな制度もあるため、調べてみたり、相談してみたりすることも大切です。

転職活動はプロに相談する

40代で転職活動をするのは、一筋縄ではいきません。

そのため、自分一人で転職活動をするよりかは、転職活動を支援する会社を利用したほうが良いでしょう。

プロに相談したほうが、たとえ失敗したとしても一人で活動するよりかは精神的不安も軽減されます。

自分に合った職場選びやアプローチ方法など、客観的視点からの支援もしてもらえるため、効率よく転職活動ができます。

転職エージェントによって特徴はさまざまなので、自分に合ったサービスを選んでいきましょう。

恋愛は清潔感と謙虚さを意識する

40代で人生詰んだと思う原因のひとつが、恋愛が上手くいかないというものです。

もし40代で恋愛をしたいと思うのならば、清潔感と謙虚さは意識しておくことが大切です。

特に40代は体臭、肌や頭皮の皮脂等に悩まされる年代でもあるため、ケアを習慣化しておきましょう。

また、相手に求める条件も「若いほうが良い」「美男美女がいい」等の希望は控えたほうが吉だと言えます。

もちろん条件に見合う人もいるかもしれませんが、高望みすればそれだけ出会える可能性は低くなります。

客観的に自分のスペックや現状を分析し、無理のない出会いを求めていきましょう。

人生詰んだと感じた時の対処法とは【50代編】

老後生活を本格的に見据えていかなくてはならない50代で、人生詰んだ状況に陥ると、生きる希望を失ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そんな状況でも立ち直る方法は必ずあるはずです。

ここからは、50代向けの人生詰んだと感じた時の対処法について解説していきます。

未来を楽しむ方法を見つける

50代で多いのが、熟年離婚の悩みです。

熟年離婚は年々増えていると言われており、ある日突然配偶者から離婚を言い渡されてしまうこともあるでしょう。

そんな時には「一人で人生を謳歌するのも楽しいかもしれない」と、ぜひポジティブに考えてみてください。

起こってしまった現実を変えることは難しいですが、未来を楽しむ方法はたくさんあります。

現状や過去に固執せず、「どうすれば楽しめるか」とポジティブに考えることが大切です。

働くことに固執しすぎない

50代になって突然仕事を失ってしまったというケースも実は少なくありません。

今まで正社員として働いてきた中ではプライドもあるため、転職活動をする際には正社員や給料にこだわってしまうこともあるでしょう。

それは悪いことではありませんが、50代での転職活動の成功率はあまり芳しくないのも事実です。

そのため、上手くいかない時には働くこと自体に固執しすぎないようにしてみてください。

「楽しく生きていきたい」という目標に変えてみて、正社員や高額な給料に固執しなければ働き口はたくさんあります。

今まで頑張ってきた分、仕事以外のものへと目を向ける意識をしてみましょう。

悩み事はプロに相談する

50代が抱える悩みは、一人で解決できるようなものは残念ながら多くありません。

転職や病気、介護の問題などを抱えている場合は、一人で解決するのではなくプロに相談していきましょう。

プロに相談すれば一人で悩みよりも対処法を見つけやすく、解決しやすいのが事実です。

人生詰んだ状況からやり直す為に必要なこと

人生詰んだ状況に陥ったとしても、やり直すために必要なことがわかっていれば、状況を打破できる可能性は十分にあります。

状況を打破するためには何が必要なのか、特に重要なポイントを解説していきましょう。

とにかく行動してみる

人生詰んだ状態をやり直すためには、とにかく何かしらの行動をすることが大切です。

時間が解決してくれるものもありますが、多くの場合、なにか行動しなければ状況は変わりません。

仕事関係ならば勉強してスキルを身に付けたり、転職エージェントを利用したりするのが良いでしょう。

恋愛ならば自分磨きを習慣化したり、出会いの場などに出かけてみてください。

悩みや問題はプロに相談する

悩みや問題についてプロに相談する意識を持っておくことも大切です。

仕事や病気、介護、恋愛など、それぞれの分野にはプロがいます。

プロに頼らなくても解決できる可能性はありますが、人生詰んだと感じるレベルならば相談したほうが良いでしょう。

また、人生が詰んだ状態になったことが原因で、うつになってしまう人も少なくありません。

うつ状態で頑張ろうとしても上手くいかないことは多いため、自力で頑張るのではなく、適切な医療機関を頼っていきましょう。

ポジティブになれる何かを見つけておく

人生詰んだ状態をやり直すためには、とにかくポジティブ思考を心掛けなくてはなりません。

ネガティブ思考は冷静さを鈍らせ、行動力を抑制させます。

そうなると状況を打破できる可能性があっても難しくなります。

趣味や友人、恋人など、自分がポジティブでいられる何かを見つけてみてください。

一人で楽しめるような趣味を習慣化しておけば、ポジティブ思考をキープしやすいため、心掛けておくと良いでしょう。

人生詰んだと感じた時にしてはいけないNG行為

人生詰んだと感じた時、してはいけないNG行為というものがあります。

NG行為によっては状況をさらに悪化させる恐れもあるため、気をつけなくてはなりません。

人生をやり直したいと思う人は、NG行為に気をつけながら前を向いていきましょう。

一人で抱え込む

人生詰んだと感じた時に、一人で抱え込んでしまっていませんか?

基本的に人生詰んだと感じる時というのは、自分が大きな失敗を犯した、人生の汚点だと思いこんでいることがほとんどです。

そのため、羞恥心やプライドから、他人に打ち明けられないことが多いのです。

しかし、人生詰んだレベルの問題は自力で解決できるほど甘いものではないのも事実でしょう。

手遅れになる前に誰かに相談したり、協力を仰ぐことが大切です。

人や物に八つ当たりする

人生詰んだことにストレスを感じ、人や物に八つ当たりしてしまう人もいます。

しかし、八つ当たりをしたところで状況が変わるわけがありません。

それどころか相手から距離を取られたり、自身が怪我をしたりする恐れがあります。

基本的に八つ当たり行為はデメリット部分が大きいため、どんな状況でも八つ当たりは控えましょう。

その状況に居続ける

人生詰んだと感じた時は、その状況に居続けないように気をつけましょう。

人生詰んだ原因や内容にもよりますが、悪い状況に陥っている時に何もせずにいることは、物事が複雑化する恐れがあります。

小さなことでも自分が今できることを見つけ出し、常に現状を変えていくことを心掛けてみてください。

人生詰んだ状況から抜け出そう

人生詰んだ状況に陥ると、ほとんどの人は心理的に不安になり、冷静さを失ってしまうものです。

しかし、落ち着いて周りを見渡せば、状況を変える選択肢がいくつもあることに気づけるはずです。

今回解説したことを参考にして、人生詰んだ状況を一転させる一手で、明るい未来を取り戻していきましょう。

また、勉強や趣味等を習慣化しておけば、いざという時の強みになります。

日頃から自分の知識やポジティブ思考の糧となるものを見つけておくことも、重要でしょう。

関連する記事