困難を乗り越えるための5つの方法|人生での辛い状況は逆にチャンス!

長い人生の中では、思ってもいなかったような辛い出来事が起きることがあります。仕事などでは、何度も困難に遭遇することもあるでしょう。この記事では、困難を乗り越えるための方法を5つ紹介します。また、困難を乗り越えることは、チャンスである理由も解説します。

目次

  1. 困難を乗り越える状況になったらどうしますか?
  2. 困難を乗り越えるために必要な考え方・姿勢
  3. 困難を乗り越えるための5つの方法
  4. 困難は逆にチャンスって本当?
  5. 困難を乗り越えることで新たな自分と出会える

困難を乗り越える状況になったらどうしますか?

長い人生においては楽しいことがたくさんある一方で、どうやっても解決できそうもない難しい問題に遭遇することがあります。

時には、そのような困難から逃げ出したくなることもあるでしょう。

しかし、「逃げてばかりいるのは嫌だ」と思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、困難を乗り越える状況になったらどうすれば良いのかを詳しく解説していきます。

困難を乗り越えるために必要な考え方・姿勢

困難に立ち向かうことができず、困難から背を向けてしまうのが癖になってしまっている人もいるでしょう。

そんな困難から逃げてしまう自分を、どうにかして変えたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

「困難を乗り越えられるような強い人になりたい」と思うのは、とても素晴らしいことです。

しかし、無暗に行動しても上手くいかないことがあります。

「自分の力だけでは困難を乗り越えるのが難しい」と感じている人は、考え方を変える必要があるでしょう。

ここでは、困難を乗り越えるため必要な考え方や姿勢を紹介します。

自分が辛い局面に立った時にどのような考え方をしているのかを思い出しながら読んでみてください。

冷静に考える

困難な状況に陥った時、冷静に考える力がないと、独りよがりな視点からしか物事を見られなかったり、深く考えずに行動してしまうことがあります。

客観的に自分を見ることができないため、「どうしてこうなってしまったんだ」とパニックになってしまうのです。

すると、問題を解決できずに、ずっとストレスを抱えてしまうことになってしまいます。

冷静に考える力があれば、困難なことが起きても一呼吸置いて、パニックにならずに自分がするべきことを理解できます。

仕事などでは、予期せぬハプニングが起こることも多いでしょう。

冷静な判断で困難を乗り越えることができれば、周りからの評価アップも期待できるはずです。

自己肯定感を高める

自己肯定感が高ければ、ありのままの自分を好きでいられます。

自分が考えることや判断に、自信を持っていられるのです。

反対に自己肯定感が低いと、自分の判断に自信が持てません。

困難に遭遇した時に、「これで良いのだろうか」「これ以上悪くならないようにジッとしていよう」と、自ら行動する力が鈍くなってしまうのです。

自己肯定感を高めれば、辛いことがあっても「自分なら大丈夫」とポジティブな気持ちで困難を乗り越えることができます。

気持ちを切り替える

ストレスを感じた時、いつまでも気持ちを切り替えられずにいる人もいるでしょう。

仕事などで失敗してしまったことをずっと考えてしまい、他にやらなければいけないことがあるのに、なかなか集中できないこともあるのではないでしょうか。

このように気持ちの切り替えが上手くできない人は、困難に遭遇した時に、「何でこんなことになったんだろう」と悩み、前に進むのが遅くなってしまうことが多いです。

一方、気持ちの切り替えが上手な人は、失敗した時にはしっかり反省しますが、辛い気持ちをずっと引きずりにくい傾向にあります。

失敗した理由を分析し、サッと気持ちを切り替えて困難を乗り越えることができるのです。

1日1歩前進する

困難をはやく乗り越えようと焦ってしまうと、ミスを犯してしまう可能性があります。

焦らず、「1日1歩前進する」位の気持ちを持ちましょう。

そして、1日のうちに達成できたことを、書き出してみると良いでしょう。

そうすることで、できたことの積み重ねを自分の目で確かめられます。

1歩1歩、困難を乗り越えていることがわかれば、諦めずに進んでいけるはずです。

たとえ失敗してしまった日があっても、自分を責めずに、着実に前進している事実を大切にすれば良いのです。

困難を乗り越えるための5つの方法

困難に遭遇した時、どんなに辛い状況でも、仕事などであれば何としても乗り越えなければいけないこともあるでしょう。

ここでは、困難を乗り越えるための方法を5つ紹介します。

長い人生の中で、困難に遭遇することは、少なくありません。

想定外の出来事が起き、悩んでいる方は、ぜひ状況を打破するためのヒントにしてください。

辛い気持ちを受け入れる

どうやったら解決できるのかわからないことが起きた時、思考が停止して何も手につかなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、何も考えない状況が続くと、困難を乗り越えるのに長い時間がかかってしまいます。

困難を解決するための初めの一歩は、辛い気持ちを受け入れることです。

大きなストレスを受けている状態でも、今、自分の身に起きていることを事実として認める必要があります。

辛い気持ちをしっかりと受け止めることで、次のステップへ進めるのです。

頭の中で思っていることを書き出す

辛い気持ちを受け止められたら、頭の中で思っていることを書き出していきましょう。

頭の中だけで悩んでいると、考えが整理できずパニックに陥ってしまうことがあります。

箇条書きでも、長い文章でも構いません。自由な形式で思っていることをどんどん書いていってください。

そうすることで、困難に遭遇している自分を客観的に見られます。

視点を変えられれば、新しい気づきがあったり、解決方法が見つかる可能性が高まります。

他人の支援を受ける

大きなストレスを受けると、自分の殻に閉じこもり、自分だけで解決しようとしてしまう場合があります。

困難なことがあれば、1人で解決するのではなく、他人の支援を受けましょう。

プライドが邪魔をして、他人に助けを求められない人もいるかもしれません。

しかし、仕事などでは特に、円滑にトラブルを解決するために、積極的に他人の支援を受けると良いでしょう。

普段から自分も、誰かが辛い目にあっている時は、積極的に助けてあげてください。

そうすることで、他人と支援し合う習慣がつき、いつトラブルが起きても、困難を乗り越えることができるのです。

困難を乗り越えた自分をイメージする

辛いことがあると、「どうすれば良いのだろう」「自分には乗り越えることができないかもしれない」とネガティブな考えが浮かんでしまうこともあるでしょう。

失敗してしまう自分の姿を想像すると、なかなか良い考えも浮かびません。

ネガティブな思考はストップして、困難を乗り越えることができた自分をイメージするようにしましょう。

「自分には乗り越えることができる」とポジティブ思考になることで、困難を乗り越えるための原動力にもなります。

できるだけ具体的に、自分がどんな良い状況になっているかを想像してみてください。

ゆっくり眠る

夜に考え事をしていると、様々な悩みがグルグルと頭の中を巡り、目が冴えてしまった経験はないでしょうか。

結局寝られずに、朝になってしまうようなことがあれば、困難に立ち向かうための活力も失われてしまうかもしれません。

眠りには、心身の疲労を回復させる効果があります。

そのため、強いストレスを感じている時は、意識的にゆっくり眠るようにしましょう。

無理に「眠ろう」と頑張っても、なかなか眠れないこともあります。

ゆっくり腹式呼吸をしたり、アロマを焚いたりなど、自分なりの心地よい入眠方法を見つけましょう。

困難は逆にチャンスって本当?

「困難になんて遭遇しない人生を送りたい」と思う人も多いでしょう。

しかし、困難を乗り越えた経験があると、それ以降の人生において、逆境も乗り越えやすくなります。

それは、困難なことにしっかりと向き合い、思考することで、人として大きく成長できるからです。

失敗を繰り返し、どうすれば解決できるのかを何度も考えることで、深く物事を考えられるようになるのです。

辛いこともなく、楽な状況というのは、実は成長が止まっているとも言えます。

何度も困難に遭遇し、その度に困難を乗り越えることで、スキルアップし、様々なチャンスを掴めるのです。

困難を乗り越えることで新たな自分と出会える

困難を乗り越えるためには、他人と協力し合ったり、様々な視点から思考する必要があります。

そうする中で、新たな自分と出会えることでしょう。

全力で困難を解決するために行動することで、たとえば「意外と自分は積極的だったんだな」など、知らなかった自分の一面を知ることができるはずです。

困難を乗り越え、自分の強みも発見できれば、大きな達成感が得られることでしょう。

仕事の幅が広がるのはもちろん、人生においても大きな財産となるはずです。

関連する記事