気持ちが落ち込む時に試してほしい7つの対処法|ネガティブなままでいるのは危険!

「頻繁に気分が落ち込む」「落ち込んだ感情が戻らず人生が辛い」と言う方は自分に合った対処法で、ネガティブな感情を取り除く必要があります。当記事では、落ち込む気持ちを放置するとどうなるか、落ち込んだ気分の対処法や気持ちの切り替え方を紹介しています。

目次

  1. 気分が落ち込むと中々戻らない...
  2. 気分が落ち込むのはなぜ?原因を分析
  3. 気分が落ち込むときに試してほしい7つの対処法
  4. 気分が落ち込んだままでいるとどうなる?
  5. 落ち込んだ気分をパッと切り替える方法
  6. 気分が落ち込むときはしっかり休もう

気分が落ち込むと中々戻らない...

現代社会には沢山の情報が溢れていて、多くの人が忙しさの中で生きています。

そのような環境で生活をしている人の中には、「頻繁に気分が落ち込む」「一度落ち込むと中々元に戻らない」という状況の人も多いです。

しかし、落ち込んだ気分をそのまま放置することは大変危険です。

では、一度気分が落ち込むと中々戻らない人は、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。

気分が落ち込むのはなぜ?原因を分析

では、具体的に気分が落ち込む原因には何があるでしょうか。

ここでは4つ解説します。

仕事で失敗をしてしまった結果、気分が落ち込む

多くの人は仕事で失敗をしてしまうと落ち込んでしまいます。

周りの人への迷惑などを考える責任感の強さや、「自分なんて…」という失敗に対するネガティブな感情は謙虚な姿勢とも取れますが、落ち込んでしまう原因の一つとなります。

普段からネガティブ思考である

相手が何気なく発した言葉や、日常の出来事をネガティブな思考で考えすぎていませんか。

物事をマイナスな意味で捉える傾向にある人は、ネガティブな感情でいる時間が長く、結果として落ち込みやすいです。

ストレスを抱え込んでいる

「ストレス社会」と呼ばれている現代は、仕事や人間関係により多くのストレスが発生している環境です。

その中で、日々積み重なるストレスを発散できずに、自分の中に溜め込んでしまっている人が多いです。

ストレスが積み重なると、数多くのネガティブな思考が頭をよぎります。

その結果、気分が落ち込んでしまう人がいます。

十分な休息が取れていない

「仕事から離れた、自分のための時間が取れない」や「睡眠に満足してない」という人は落ち込んでしまうことが多いです。

十分な休息が取れていないと、心身が疲弊し、ネガティブな感情になりやすく、結果として落ち込んでしまいます。

気分が落ち込むときに試してほしい7つの対処法

落ち込んでいる時に、その気分を抱え込んではいけません。

それでは、気分が落ち込んでいる時はどのようにして対処したら良いでしょうか。

趣味に打ち込む


落ち込んだ気分を回復させるには、「楽しい」や「嬉しい」といった感情が非常に大切です。

自分が楽しいと感じる趣味に夢中になること、落ち込んでいるマイナス思考が、楽しいというプラス思考に変わります。

没頭できる趣味がある人は、落ち込んでいる原因が頭から消えるくらい趣味に打ち込んでみましょう。

好きなものを食べる

空腹の状態が続くと、ストレスを生み出すホルモンが分泌されます。

一方で、自分の好きな物を食べることによって、幸せな気分になるのはもちろん、ストレスの発散にも繋がります。

日々頑張っている自分へのご褒美としても、好きな食べ物、ちょっと良い食べ物を食べてみてはいかがでしょうか。

ただし、過度な偏食や暴飲暴食はかえってストレスに繋がってしまう場合がありますので注意しましょう。

SNSから距離を置く

空いた時間になんとなくSNSを眺める人は多いのではないでしょうか。

SNSには、友人などが楽しそうにしている文章や写真が数多くあります。

幸せそうな友人と落ち込んでいる自分を比較してしまい、更に落ち込んでしまう原因になりかねません。

「人は人」と割り切れる人ならともかく、そうでない人は落ち込んでいるときにSNSを見ないようにすることが、ネガティブな気分への対処法の一つです。

音楽を聴く

落ち込んでいる時に自分の好きな音楽を聴いて、気分を上げたり、心を落ち着かせるという対処法も有効です。

中には、ヒーリングミュージックという、安心感や、リラックスした気分になれる音楽もあるため、自分に合う音楽を探してみてはいかがでしょうか。

十分な睡眠を取る

夜は感傷的な気分になりやすく、また体が疲れていると普段よりネガティブな感情になりがちです。

心身の疲れを回復させるため、落ち込んでいる日はゆっくりとした睡眠を取ることが、気分の回復へ繋がります。

気分が落ち込む原因を信頼できる人に相談する

自分が落ち込んでいる原因を信頼している人に話すことも有効な対処法です。

自分のネガティブな感情を吐き出すだけでも大きな効果があります。

更に、自分とは違う視点で考えられた対処法もアドバイスしてもらえるかもしれません。

落ち込む原因となる事から離れる

 時には自分が落ち込んでいる原因となったものから離れることも必要です。

 仕事が原因で落ち込んでいるのに、仕事に行くことは非常に苦痛ですし、落ち込んだ気持ちが更に増してしまう場合もあります。

 時には嫌なことから逃げるという選択肢も自分を守るためには大切です。

気分が落ち込んだままでいるとどうなる?

落ち込んだ気分の対処をせずに放置してしまうと、心身に様々な悪影響が発生します。

具体的にどんな悪影響を及ぼしてしまうのか、詳しく見ていきましょう。

日々のパフォーマンスが落ちる

落ち込んだ気分が長く続くと、集中力が散漫になる、行動がネガティブになるなど、日々のパフォーマンスが落ちやすくなります。

落ちたパフォーマンスで行動をすることによって、また新しい気分の落ち込みや、ストレスの原因になるなどの悪循環に陥ってしまいます。

仕事以外の時間も楽しめなくなる

気分の落ち込みやストレスの対処法を持たずに、ネガティブな感情を持ち続けてしまうと、せっかくの自分の時間も楽しめなくなってしまいます。

休みのはずなのに全然休めてはいない状況が続き、それが更にストレスになってしまいます。

睡眠不足や体調不良に陥る可能性がある

気分の落ち込みやストレスは、自律神経の乱れに繋がることがあります。

自律神経が乱れると、胃痛やめまい、睡眠不足などの様々な身体的悪影響が発生する可能性に繋がります。

落ち込んだ気分をパッと切り替える方法

仕事をしていると、「失敗して落ち込んでしまっているけど、まだ仕事を続けなければいけない」という時があります。

そのような時にパッと気持ちを切り替える方法を紹介します。

散歩をする

気分が落ち込んだ際、気持ちを切り替えたいと思っているのに、いつまでも同じ部屋の中にいるのは息が詰まってしまいます。

そのような時は、気分転換として散歩をすることがおすすめです。

席を離れることは、落ち込んだ原因を頭から切り離すだけではなく、体のリフレッシュにもなります。

また、人間は行き詰っているときよりも、ボーっとしているときの方が良いアイデアが浮かんだりもします。

外出することができないという人は、部屋を出て建物内を徘徊するだけでも有効です。

落ち込んだ時は、一度席を離れて頭をリセットしてから仕事の続きをすることをおすすめします。

完璧でなくて良いと考える

完璧でなくても良いという考えをすることも、落ち込んだ頭を切り替える有効な手段です。

人間は誰しもが失敗をする生き物です。

ほとんど問題がない成果であっても、完璧を求めすぎた結果小さなミスも自分の責任であると考えてしまう人がいます。

ある程度の失敗は誰にでも起こりえると考えることによって、落ち込んだ思考を切り替え、次の行動も心に余裕をもって行うことができます。

気分が落ち込む原因となった出来事を肯定的に考える

例え、落ち込むような出来事が起こったとしても、その出来事を肯定的に考えることは落ち込んだ気持ちを切り替える上で大切です。

「今回失敗してしまった点を、今後改善できれば更に良い仕事になる」「失敗して上司に注意されたけれども、それは期待の表れだ」のように考えるようにしましょう。

そうすると、気分の落ち込みが楽になるだけではなく、これからの自分の成長にも繋がります。

深呼吸をする

大きく深呼吸することにより、副交感神経が活性化し交感神経より優位になりやすいです。

副交感神経が優位になるということは、自分の体がリラックスしている状況です。

気分が落ち込んだ気時は息が詰まるような状況かもしれませんが、気分を回復させるためにも、大きくかつゆっくり深呼吸すると良いでしょう。

コーヒーや紅茶を飲む

コーヒーや紅茶にはリラックス効果の他に、集中力を高める効果もあります。

気持ちを切り替えなければならない時、一度コーヒーや紅茶を飲みながら、リラックスする時間を挟むことによって、その後の仕事もリセットした気持ちで集中して臨むことができます。

気分が落ち込むときはしっかり休もう

「ストレス社会」とも呼ばれている現代社会では、「気分が頻繁に落ち込む」、「気分が落ち込むと中々戻らない」という人が存在します。

気分が落ち込んでいる状態で何も対処をしないでいると、心身ともに悪影響が発生します。

「気分が落ち込む」「落ち込んだ気分が治らない」という場合は、何よりも無理せずしっかり休みことが大切です。

今回紹介した対処法はもちろん、本人が心身ともに休めて気分が回復するような対処法を活用してしっかりと、心と体を休めてください。

関連する記事