惨めな気持ちの原因&惨めさに押しつぶされない方法|辛い時こそ見て欲しい

あなたは惨めで情けないという気持ちになったことがありますか。今回は惨めな気持ちになる原因や、効果的な解消法についてご紹介します。惨めな気持ちでつらいときこそ試してほしい方法や、前向きになれる考え方まで詳しく学んでいきましょう。

目次

  1. 惨めな気持ちでいるのがつらい…
  2. 惨めな気持ちになってしまう原因とは
  3. 惨めな気持ちに押しつぶされない方法
  4. 惨めな自分は受け入れるべき
  5. 惨めさを感じたらどう立ち向かうか
  6. 惨めな気持ちからは目を背けない

惨めな気持ちでいるのがつらい…

これまでの人生で、惨めな気持ちでいるのがつらいと感じたことはありますか。

さまざまな人間関係の中で、自分が惨めで情けないと悩むことは珍しいことではありません。

惨めさから逃げたいと思い、スピリチュアルなことに走ってしまう人もいます。

今回は惨めな気持ちに立ち向かう方法についてご紹介します。

惨めな気持ちになる原因についても知ることで、つらい気持ちを乗り越えていきましょう。

惨めな気持ちになってしまう原因とは

惨めな気持ちになってしまう原因とは、一体なんでしょうか。

ここでは惨めな気持ちになる5つの原因について詳しくご説明します。

①経済的な問題

惨めな気持ちになってしまう原因に、経済的な問題が挙げられます。

例えばお金がなくて欲しいものが買えないとき、自分が惨めな気持ちになるのではないでしょうか。

特に食品や生活必需品など、必要なものまで買えないときは悲しく情けないと感じてしまいます。

お金がない状態は気持ちの余裕を奪い、ネガティブな感情が湧きやすくなります。

②仕事で認めてもらえない

惨めな気持ちになってしまう原因に、仕事で認めてもらえないことが挙げられます。

自分では仕事を頑張っているつもりでも、上司や会社からなかなか認めてもらえなかったりすると惨めな気持ちになるでしょう。

またライバルが自分より先に出世をしたり、成果を上げたりしている姿を見るともっと自分が情けないと感じてしまいます。

仕事に力を入れてる人ほど認められないことで、自分自身を否定された気持ちになる傾向があります。

③人と比較してしまう癖

惨めな気持ちになってしまう原因に、過度に自分と人を比較してしまう癖が挙げられます。

比較しやすいポイントとして主に年収、仕事、学歴、容姿そしてプライベートがあります。

「あの人の方が自分より年収が高くて、容姿にも恵まれている。」

「自分は独身なのに、あの子は結婚して子供もいる。」

などと比較し、惨めで情けないという感情を持ってしまうのです。

特にSNSではキラキラした人生や自分をアピールしたい人が集まっているため、それ見ることで余計に劣等感を抱いてしまいます。

④大きな失敗

惨めな気持ちになってしまう原因に、人生や仕事で大きな失敗をしてしまうことが挙げられます。

例えば仕事で大きなミスをした場合、原因となった行動を悔やんで惨めな気持ちになるでしょう。

また周りの人から同情の目を向けられれば、もっと惨めで情けないと落ち込んでしまうこともあります。

⑤自己肯定感が低い

惨めな気持ちになってしまう原因に、自己肯定感が低い性格も挙げられます。

自己肯定感とは「自分を価値のある存在」と感じられるメンタルの状態です。

自尊心と言い換えることもできるでしょう。

自己肯定感が何らかの原因で低いと劣等感が強く、自分が情けないと感じることが多い傾向があります。

惨めな気持ちに押しつぶされない方法

惨めな気持ちになってしまったときは、どのように解消すれば良いのでしょうか。

そんなつらい感情を乗り越えるための5つの方法をご紹介します。

自分にできることからチャレンジしてみましょう。

①人との比較をやめる

惨めな気持ちを解消する方法に、過剰に比較をする行動をやめることが挙げられます。

人は比較や競争ができる高度な知能を持っているため、完全に比較をやめることは難しいかもしれません。

例えばSNSをチェックする時間を減らしたり、きっぱりやめることも効果があります。

また「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、一般的に他人のものは良く見えるのです。

それを意識すると、たとえ比較をしてしまったとしてもメンタルの健康を保ちやすくなります。

②感謝の気持ちを持つ

惨めな気持ちを解消する方法に、感謝の気持ちを持つことが挙げられます。

人生や仕事で情けない感情を持っているときは、不満ばかり感じ、感謝の気持ちを忘れがちになってしまいます。

一度不満の感情をオフにして、周りの人のちょっとしたことにも感謝をしてみましょう。

今まで気づかなかった同僚の良さに気付いたり、不満だらけの状況の中にも感謝できることを見出せるかもしれません。

③身体を動かす

惨めな気持ちを解消する方法に、身体を動かすことが挙げられます。

人生において惨めで情けない感情を持っていると脳は苦痛を感じ、身体やメンタルは強いストレスに晒されます。

意識的に身体を動かすよう行動したり、自分が得意なスポーツをして気分転換を図ると良いでしょう。

人は運動することで幸せを感じる「エンドルフィン」というホルモンが脳内に放出されます。

すると体内のストレスホルモンが減少し、ポジティブな感情を取り戻しやすくなるのです。

④小さな幸せを見つける

惨めな気持ちを解消する方法に、小さな幸せを見つけることが挙げられます。

人生の理想が高すぎると、惨めで情けない感情になることが多くなり、幸せに気付きにくくなる傾向があります。

「道ばたの花がきれいで幸せだな」とか「ごはんが美味しくて幸せ」などと、小さなことに幸せを見つける習慣をつけてみましょう。

このような行動を日々積み重ねることで、幸せを感じやすいメンタルへ変わることができます。

⑤自分を大切にする

惨めな気持ちを解消する方法に、自分を大切にすることが挙げられます。

惨めで情けないと感じるメンタルのときは、自分なんてどうでもいいと自暴自棄な行動をしがちです。

そこで大切な人をもてなすときと同じように、自分にも接してみると良いでしょう。

お風呂にゆっくり浸かって自分を労わったり、好きな飲み物や食べ物を自分のために用意したり、自分を大切に扱う行動を選択します。

自分を大切にすることで、自己肯定感が高くなり人生も充実してきます。

惨めな自分は受け入れるべき

それでは人生において、惨めな自分を自分で受け入れるべきなのでしょうか。

惨めで情けない感情は心に苦痛をもたらすため、拒否したいと考えるのは当然の心理と言えます。

しかし自分のマイナスな感情を認めて受け入れると、素晴らしい人生を歩めるようになるのです。

以下にその2つの理由についてご説明します。

①より良い環境へ導かれる

惨めな気持ちを認めて受け入れることで、自分の周りがより良い環境へと変化していきます。

マイナスの感情も一度認めて受け入れると、「本当はどうしたいのか」という自分の本音にも気付くことができます。

開き直ると人の目があまり気にならなくなり、その目標に向かって何をすべきかも見えてくるでしょう。

ポジティブなメンタルに変わることで、言葉や行動もポジティブになり、少しずつ周りの環境も変わり始めます。

②自己肯定感が高まる

惨めな気持ちや自分を受け入れることは、自己肯定感を高めることにつながります。

ありのままの自分を認めると、潜在意識で「人から認められている」と認識され自然と自己評価が高まってくるのです。

自己肯定感が高まるとメンタルも安定し、さまざまなことが上手くいくようになるでしょう。

他人の評価に振り回されず、自分で自分の価値を見出すことができるようにもなります。

惨めさを感じたらどう立ち向かうか

それでは惨めな感情に立ち向かうためには、どのような考え方や姿勢が重要なのでしょうか。

思い通りにいかずに諦めそうになった時のために、2つの心構えについてご説明します。

①メンタルの成長チャンスと考える

惨めな気持ちを感じても、自分のメンタルが成長できるチャンスであるとポジティブに捉えましょう。

筋肉を鍛えるのと同じように、心も痛みや苦しみといったネガティブな感情を経験してだんだん強くなっていきます。

心が強くなると人の気持ちがわかるようになり、周りに人にもより優しくなれるでしょう。

ピンチは自分を成長させるチャンスと考えると気持ちも楽になります。

②明るい未来が待っていると信じる

惨めな気持ちを感じても、明るい未来が待っていると信じ前向きに行動することがおすすめです。

マイナスな感情を受け入れることで自己肯定感が高まることを知っていれば、そんな時も過度に悲観せず過ごすことができるでしょう。

またいつまでも悪い状況が続くわけではないと考えることで、気持ちを切り替えることもできます。

惨めな気持ちからは目を背けない

ネガティブな気持ちを認めて受け入れることの大切さがご理解いただけたでしょうか。

長い人生では、自分の予想もしなかったことがたくさん起こってきます。

そんな中で惨めな気持ちに直面したとしても、目を背けず向き合ってみませんか。

もっと素敵な自分に生まれ変わるためのヒントが隠されているでしょう。

関連する記事