人間関係がうまくいかない原因は3つ|改善方法・関係が悪化するNG対応も紹介

人間関係がうまくいかないと悩んでいませんか?どのように行動すれば改善できるのか分からないという人もいるでしょう。そこで今回は、人間関係がうまくいかないと悩んでいる人の特徴や原因を振り返りながら、改善方法などを紹介します。

目次

  1. 人間関係がうまくいかないのがつらい
  2. 人間関係がうまくいかない人に当てはまる特徴とは
  3. 人間関係がうまくくいかない3つの原因
  4. 人間関係がうまくいかないときの改善方法とは【職場編】
  5. 人間関係がうまくいかないときの改善方法とは【学校編】
  6. 人間関係がより悪化?うまくいかないときのNG対応法とは
  7. 人間関係がうまくいかないときに読むべき3冊の本
  8. 人間関係がうまくいかないときは対策を立てよう

人間関係がうまくいかないのがつらい

学校や職場など、人が集まる場所で人間関係がうまくいかないと、つらくなってしまうものです。

中には、「この世の終わりのような気分になってしまう」という人もいるでしょう。

しかし、対処法を理解しておけば「意外とそんなことはなかったかも」と思える日がくるかもしれません。

そこで今回は、人間関係がうまくいかない人の特徴や原因を踏まえながら、対処法を学校と職場に分けて紹介します。

人間関係がうまくいかない人に当てはまる特徴とは

人間関係がうまくいかない人には、共通する特徴があることをご存知でしょうか。

自分が人間関係がうまくいかない人の特徴に当てはまっているか確認することで、対処法が見えてくるはずです。

今の自分の状況を変えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

相手の意見が受け入れられない

人間関係がうまくいかない人には、相手の意見が受け入れられないという特徴があります。

他人の意見に同調したり、褒めたりするのを苦手に感じた経験はありませんか?

そのまま自分の意見ばかりを押し通してしまうと、周囲の人に「意見しても意味がない」などと思われてしまうことが多くなります。

例えば、友達から「このポーチ可愛いでしょ?」などと言われて自分は可愛くないと思ったとします。

そのような場合に、「別に可愛くないと思うけど」「全然可愛くない」などと素直に意見してしまうという人が当てはまります。

好きなものを否定されて、良い気分になる人はまずいないでしょう。

「人の好きなものをわざわざ否定するなんてひどい」「この人とは趣味が合わない」と思われ、人間関係がうまくいかなくなってしまうのです。

人によって態度を変える

人によって態度を変えることも、人間関係がうまくいかない人の特徴です。

誰でも、「仲が良い人とあまり親しくない人」「自分よりも立場が上の人と下の人」とでは、接し方に差が生まれてしまうものでしょう。

しかし、本人の前で露骨に嫌だとアピールをする人は少ないはずです。

ほとんどの人は、「とりあえず穏便にこの場をやり過ごそう」と思うのではないでしょうか?

そのような中、相手によって態度を変える人は、苦手な人や自分よりも下だと思っている人に対して当たりが強くなることがあるでしょう。

自分の中では当たり前だと思っている対応方法でも、態度の違いを見た周囲の人から「関わるのは最小限にしよう」などと思われてしまうことがあるため、注意しましょう。

自分にも他人にも厳しい

人間関係がうまくいかない人には、自分にも他人にも厳しいという特徴もあります。

完璧主義な性格で何事も一生懸命に取り組む人は、学校の友達や職場の同僚などにも自分と同じレベルを求めてしまうことが多くなるでしょう。

そのため、いつの間にか周囲との間に温度差が出来てしまい、孤立してしまうのです。

小さい頃から完璧主義だったという人の場合、自分の性格の特徴に気づきにくく、友達などから指摘されるまで悩み続けてしまうこともあります。

人間関係がうまくくいかない3つの原因

「この人とは合わないな」という想いは、多くの人が経験します。

しかし、人間関係に悩みを抱えている人は、上記のような考えから一歩進んだ状態にあると考えましょう。

今の状況を変えたいのであれば、まずは自分が人間関係を苦手とする原因を知る必要があります。

人間関係が苦手になるのには、大きく分けて3つの原因があるため、自分がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

そうすれば、改善方法も見えてくるはずです。

過去に人間関係でのトラウマがあった

人間関係に悩みを抱えてしまう原因として、過去に人間関係でのトラウマがあったことが挙げられます。

自分がトラブルに巻き込まれてしまった場合はもちろん、幼少期などに周囲の大人が人間関係をこじらせていたケースもこれに当てはまります。

例えば、過去にいじめられていた人は仲良くなれそうな子がいたとしても「自分の弱みを握ろうとしているんだ」などと考えてしまうこともあるでしょう。

過去の辛い経験が、人間関係を構築していくうえで、精神的なブレーキをかけてしまうのです。

自分自身の性格が周りと合わない

自分自身の性格が周りと合わないことも、人間関係に悩みを抱えてしまう原因です。

学校や職場にいるときはそこでの世界が全てで、人間関係に躓くと何事もうまくいかないなどと考えてしまいがちです。

例えば、自分が完璧主義な性格の場合、大雑把な性格の人ばかりがいるグループで人間関係がうまくいく可能性は低くなります。

自分とは正反対の性格を持つ友達を作ろうとしても、お互いに受け入れる準備が整っていなければ、少し違うだけで拒否されてしまうこともあるのです。

周りから嫉妬されている

周りからの嫉妬されていることも、人間関係に悩みを抱えてしまう原因のひとつです。

例えば、他人が何かで優秀な成績を残したときに、嫉妬心から「仲間外れにしよう」などと考えてしまう人もいます。

特に、噂話が好きで仲間意識の強い女性のグループで起こりやすい原因だと言えるでしょう。

「〇〇ちゃんの彼氏と笑顔で話してた」「後輩のくせに自分よりも先に出世しそう」などのような理由で人間関係が壊れた経験を持つ人も多いです。

周囲の人からすればどうでもいいようなことで嫌われてしまった場合、本人も原因に気づきにくく、どんどん悩んでしまうことになるでしょう。

人間関係がうまくいかないときの改善方法とは【職場編】

これから先も働きたいと思っている職場であるにも関わらず、1度人間関係に躓いたために、転職を考えているという人もいるでしょう。

良くする方法を理解して実践してみれば「意外とうまくいった」なんてことがあるかもしれません。

そのため、まずは対処法を実践してみてから本当に転職をするのかなどを考えてみてください。

人の話は最後まで聞く

人の話を最後まで聞くことは、相手にも完璧を求めて結果を急いでしまう傾向にある人におすすめの対処法です。

自分の意見を伝えたくなってもグッとこらえて、最後まで相手の意見を聞くようにしましょう。

上下関係ができる職場で周囲の人の意見を押しつぶすような態度を取り続けている人と、話をよく聞いてくれる人では印象が変わる場合が多いです。

前者は「怖い人」「自分勝手」などとマイナスなイメージが付きやすく、後者は「聞き上手」「アドバイス上手」などのイメージがつきやすくなります。

どのような関係にある相手に対しても話を最後まで聞くようにすれば、相手の印象が変わり人間関係もうまくいく可能性があるでしょう。

笑顔を心がける

笑顔を心がけることも、人間関係がうまくいかないときの対処法の一つです。

職場に怖い人や苦手意識を持っている人がいる場合、毎朝出勤するのが嫌になり表情が強張ってしまいがちです。

しかし、「何を話しても無表情で答える人」と「笑顔で答えてくれる人」とでは、後者の方が親しみやすい傾向にあります。

例えば「わかりました」という一言でも笑顔があれば、相手に敵意がなく「好感を持っています」などのアピールになることもあるのです。

まずは、毎日の挨拶や返事の際に笑顔でいることを心がけてみましょう。

そうすることで、最終的には職場で誰かと関わるときに笑顔を保てるようになるでしょう。

とにかく褒めてみる

人間関係がうまくいかないときには、とにかく相手を褒めてみるという改善方法もあります。

職場の上司や先輩は、少しオーバーに褒められたとしても嬉しく感じ、褒めてくれた後輩を可愛がってくれることが多いです。

例えば、プレゼンがうまい先輩が職場にいるとします。

そのような場合に「〇〇さんのプレゼンって本当に凄いです。自分も〇〇さんみたいになりたいんです」などと言われて気を悪くする人は少ないでしょう。

上下関係ができる職場でうまく立ち回るためには、相手を褒めることも必要だと理解しましょう。

しかし、複数の先輩を同じような内容で褒めたり過剰におだてたりすると「バカにされてる」などと思われる場合もあるため、注意してください。

人間関係がうまくいかないときの改善方法とは【学校編】

続いて学校で人間関係に悩んでいる人のための改善方法を紹介します。

1日のほとんどを学校で過ごす学生からすれば、友達とうまくいかないという状態は生きにくいなどと感じるかもしれません。

しかし、対処法を知っておけば、少し気を付けるだけで改善することもあるのです。

自分に自信を持つ

学校で人間関係に悩みを持っている人は、まず自分に自信が持てるようになるための努力をしていきましょう。

自信が持てるようになれば、積極的に行動を起こすようになったり「やってみよう」というやる気がでたりするはずです。

対処法として、学校というコミュニティの中で自分の得意なことを1つでも見つけてみることをおすすめします。

例えば、部活や勉強などの基本的なことから、本やアニメの知識など趣味に当てはまることまで、何でも大丈夫です。

1つでも自分の得意なことを見つけられれば、「これだけは負けない」などと自分に自信を持つことができるでしょう。

友達にも感謝や謝罪の言葉を忘れない

友達に対する感謝や謝罪の気持ちを持ち、言葉にして伝えるということも、学校での人間関係の悩みを改善する方法の一つです。

一緒にいる時間が長くなればなるほど「仲が良くて当たり前」「何をしても許されるだろう」などと思ってしまいがちです。

しかし、親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、自分に対して何かやってくれた場合は感謝を忘れないようにしましょう。

そして、悪いと思ったときに謝罪ができれば、友達との関係も良好に保つことができます。

単純な感謝と謝罪だけでも、相手は自分を認めてくれる可能性があるのです。

加えて自分の悪い部分を改善するように努めれば、さらに関係が良くなるでしょう。

人間関係がより悪化?うまくいかないときのNG対応法とは

人間関係を良くしようと思って行動をしていても、実は悪化させてしまう行動もあることをご存知でしょうか。

自分の行動が悪化させている原因になっていないか今一度確認してください。

ここで紹介するような行動を自然に取ってしまっている場合は、改善するだけでも良い方向に向かうかもしれません。

薄いリアクションをしてしまう

他人から話しかけられた時に、「うん」「そうなんだ」などの薄いリアクションをしてしまったことはありませんか?

そのように薄いリアクションをしてしまうことは、うまくいかないときの対処法としてはNGです。

人間関係に関する悩みを1度抱えてしまうと、他人と会話をすること自体が怖くなり、リアクションが薄くなってしまうことがあります。

しかし、薄いリアクションが原因ですぐに会話が終了してしまうと「話しても面白くない」などと思われることが増えてしまいます。

「うん。そうなんだよね。だって○○だもんね。」などのように会話を続ける努力をすれば、話が弾み仲良くなる可能性が増えるでしょう。

悪口を言う

悪口を言うことも、うまくいかないときの対処法としてはNGです。

どれだけ相手が悪くとも、1度口にしてしまった言葉を取り消すのには、時間や労力が必要です。

さらに、他人の悪口を聞いた相手は「自分も陰口を言われているかもしれない」などと考えてしまいやすいです。

仲の良い人ほど悪い部分が見える確率が高まりますが、それを口に出してしまうと周囲の人はどんどん離れていくと理解しておきましょう。

どうしてもストレス発散のために誰かに話を聞いて貰いたい場合は、家族や全く関係のない人に話すのがいいでしょう。

後先を考えずに行動する

後先を考えずに行動することも、うまくいかないときの対処法としてはNGです。

例えば、今の職場で人間関係に悩み、転職先も決めずに退職をしてしまう人などが当てはまります。

転職が悪いというわけではなく、何も考えずにとりあえず退職してしまうという行動を避けるべきなのです。

人間関係が原因で悩みを抱えている場合は、しっかりと自分と向き合い今後どのような行動を取るべきなのかを考えるようにしましょう。

人間関係がうまくいかないときに読むべき3冊の本

最後に、人間関係がうまくいかずに悩んでいるという人におすすめの本を紹介します。

同じように悩みを抱えていた人の体験談を読むことで、前向きな気持ちになり行動を起こそうという意欲に繋がることもあるでしょう。

気分が晴れないときや落ち込んでいるときに読んでみると「意外とたいしたことない」などと思えるかもしれません。

1.人間関係が「うまくいかない!」とき読む本:著 樺 旦純

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81oCt8-ttaL.jpg

1つ目に紹介するのは、人間関係が「うまくいかない!」とき読む本という書籍です。

心理学を用いて解説をしてくれるため、悩みを抱えて落ち込んでいる人でも納得できるような内容になっています。

文章だらけの書籍ではなく、可愛いイラストも入っているため、内容がスッと入ってくるはずです。

社交的な性格でなくとも、人間関係の達人になれる方法を解説してくれます。

人間関係が「うまくいかない!」とき読む本
人間関係が「うまくいかない!」とき読む本

2.仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本:著 石原 加受子

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TgXxVhksL.jpg

2つ目に紹介するのは、仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本という書籍です。

悩み続けた結果、何もかも面倒くさいと思ってしまった人に、心理カウンセラーの著者が的確なアドバイスをしてくれます。

なぜやる気がでない状態になってしまったのか、どうすればやる気がでるのかなどを知りたいという人におすすめです。

「自分を愛し、自分を解放し、もっと楽に生きる」をモットーにしている著者が、分かりやすく解説してくれます。

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本
仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

3.大人になってからの人間関係:著 キーラ・アサトリアン

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/818XOqytQoL.jpg

3つ目に紹介するのは、大人になってからの人間関係という書籍です。

大人になればなるほど相手の立場になって考え、行動をしなければならないことが増えてストレスに感じている人もいるでしょう。

そのような人に向けて孤立問題や対人関係の問題に立ち向かう方法を記した本です。

何から始めていいのか分からないという人におすすめです。

SNSなど現代的な問題を絡めながら解説しているため、本をあまり読んだことがないという人でも読み続けやすい内容になっています。

大人になってからの人間関係【電子書籍】
大人になってからの人間関係

人間関係がうまくいかないときは対策を立てよう

人間関係を良くしていくのも悪化させてしまうのも、自分の行動次第です。

まずは、何が原因でどう対応すれば改善するのかを考えてみましょう。

対策を考えて行動に移すことができれば、いつの間にか友達も増えているはずです。

今の自分を変えたいと思った今こそ、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

関連する記事