ムカつく人への正しい対処法とは|感情に任せるのはNG!原因や心を落ち着ける方法も紹介

職場の上司がムカつく場合、仕事に支障をきたし、気持ちに余裕がなくなってしまうものです。旦那・妻が相手だと、日々ストレスを抱えることになるでしょう。そこで今回は、ムカつく人への対処法を解説していきます。「ムカつく人に悩まされている」という人は必見です。

目次

  1. ムカつく時はどうしていますか?
  2. ムカつく…と感じるタイミングはいつ?
  3. とにかくムカつく…その原因とは?
  4. ムカつくときでもNG!やってはいけないこと
  5. ムカつく人への正しい対処法とは【職場編】
  6. ムカつく人への正しい対処法とは【旦那・妻編】
  7. ムカつく時の正しい対処法とは【カップル編】
  8. ムカつく人への正しい対処法とは【友人関係編】
  9. ムカつく人への正しい対処法とは【学校編】
  10. ムカつく時に心を落ち着かせる方法とは
  11. ムカつく時でも冷静さを忘れてはダメ

ムカつく時はどうしていますか?

誰にでも、他人にムカついてしまうことはあるでしょう。

ムカつく時というものは、基本的に感情が荒ぶり、冷静さに欠けていることがほとんどです。

そのため、感情のままに行動すると、物事が余計複雑になってしまうこともあります。

それを防ぐためにも、できるだけムカついた時の対処法について知っておくことが大切でしょう。

今回は、すぐにでもできるムカついた時の対処法について解説していきます。

ムカつく…と感じるタイミングはいつ?

皆さんは、どんな時に「ムカつく」と感じますか?

ムカついた時の対処法を解説していく前に、まずはムカつくと感じるいくつかのタイミングを振り返っていきましょう。

ぜひ、自分がムカつくと感じる瞬間と照らし合わせながら、注目してみてください。

嫌味を言われた時

基本的に嫌味というものは、言わなくても良い言葉であり、言った後は高い確率でその場の空気が悪くなります。

しかし、そうだとわかっていても、世の中には嫌味を言って気持ちよくなる人もいるのが事実です。

相手を貶めたい、悔しがる姿を見たい、そんな心理から嫌味を言ってきているのも透けて見えるため、余計にムカつくのでしょう。

マウントを取られた時

マウントを取られたことで、ムカついた経験がある人も少なくないでしょう。

マウントを取る行為というものは、相手から突然優劣の差を見せつけられる行為になるため、気持ちがいいものではありません。

また、相手はマウントを取ることで承認欲求を満たしてもいるため、自分がそれに利用された感覚に陥り、気持ち悪く感じてしまうものです。

予定を狂わされた時

予定を狂わされてしまった時に、ムカつくといった感情がひしひしと芽生えてくる人は多くいます。

たとえば、予定が狂ってしまった原因が突然の事故や急用等ならば、「仕方がない」と割り切れるかもしれません。

しかし、寝坊等の身勝手な事情で狂わされた場合はそうは思えず、ムカついてしまうのでしょう。

嘘を吐かれた時

嘘をつかれた時も、ムカつくタイミングの一つです。

特に、嘘の内容が信用問題に関わるものであったり、嘘をつかれたことで大きなトラブルに見舞われた場合は、ムカつく感情が芽生えてきやすいでしょう。

また、些細なものだとしても繰り返し何度も嘘をつかれてしまうと、苛立つ心理が積み重なっていくのです。

相手が非を認めない時

明らかな非があるにもかかわらず、相手がなかなかその非を認めないとムカついてくるものです。

特に相手が自身のプライドを守るため、責任逃れのためなど、保身に走りたいがゆえに非を認めない姿勢だと、大半の人はムカつくと感じることでしょう。

非を認めない身勝手さ、周りに迷惑をかけているという状況に、大半の人はムカつく感情を募らせていきます。

わざと嫌がらせをしてきた時

明らかにわざと嫌がらせをされた時などは、どんなに温厚な人でも少なからずムカついてしまうでしょう。

わざと嫌がらせをするというのは、明確に悪意があるからこそできる行為です。

相手が自分に危害を加えようとしているということが見て取れるため、ムカつく人が多いのも無理はありません。

何をしても上手くいかない時

生きていると、何をしても上手くいかない時が訪れることがあります。

そんな時は、何が原因で上手くいかないかもわからず、自分自身にイライラとした気持ちが芽生えていくものでしょう。

たとえば仕事や趣味でスランプに陥ったり、立て続けに悪いことばかりが起きたりすると、不運な自分を呪いたくなる人は少なくないはずです。

会話を遮られて自分語りされた時

楽しく会話をしている時に、突然話を遮られて自分語りをされてしまうと、少なからずムカつくと思う人は多いでしょう。

隙あらば自分語りをするタイプの人は、他人の会話やその場の空気などお構いなしに、自分の話をする傾向にあります。

たとえ相手が嫌な顔をしていたとしても、本人は自分の話をすることに精一杯で気づきません。

そんな思いやりのなさや身勝手さに呆れ、ムカつく感情が芽生えていくのです。

相手から見下された時

無条件に相手から見下された時に、ムカつくと感じる人も少なくありません。

他人から見下される行為というものは、気持ちが良いものではありません。自分の存在を軽視された感覚に陥り、不快に思うものです。

しかし、世の中には他人を見下すことで優越感に浸る人も多くいるため、ターゲットにされると無条件に見下されてしまうことが多くあります。

「自分の何を知っているのだろう」「自分を見下せるほどの実力者なのか」という疑問も生まれ、よりムカつく気持ちが膨れ上がっていくのです。

優柔不断な様子を見せられた時

大きく身勝手な態度にムカつく人は多くいますが、逆に小心者すぎる人や、優柔不断でハッキリしない態度にムカつく人も多くいます。

いつまでもウジウジとしていてハッキリしない態度というものは、少なからず他人の時間を奪う行為になります。

相手の性格や事情を考慮すると仕方がないと思う反面で、「あまりにも優柔不断すぎる態度は目に余る」と思う人も多いのです。

とにかくムカつく…その原因とは?

ムカつく行為の中には、明確に原因がわかるものもあれば、具体的にはムカつく原因がわからないというものもあります。

ムカつく時の対処法を模索する上では、出来る限り原因を明確に知り、それに合った対処法を探すことが大切です。

日頃からムカつくことが多いという人は、なぜ自分がムカついてしまうのか、その原因を考えてみることが重要でしょう。

自分のペースが乱されるから

予定を狂わされるのも、メンタルを削られるのも、基本的に自分のペースを乱されることに繋がります。

順調にスケジュールをこなしていたのに、誰かの遅刻によって予定が狂ってしまったら、気持ちよく過ごしていた気分は台無しでしょう。

気分良く作業をしていた中で余計な茶々を入れられてしまえば、メンタルが乱れ、気持ちも後ろ向きになってしまうものです。

気分が悪くなるから

嫌がらせや見下し行為などは、ほとんどの場合、明確な悪意を持って行われるものです。

そのため、嫌がらせ等の悪意のある行為をされると、「故意に気分を害された」と思い、自然とムカついてしまいやすくなるのです。

相手の身勝手な理由や心理によって嫌な気分にさせられたとなれば、ムカついてしまうのも不思議ではないでしょう。

自分や周りの存在を蔑ろにされたと感じるから

ムカつく言動をする人の多くは、自分の都合や欲求、感情のことしか考えていません。

そして、気分良くなりたいという感情や、自身の都合や欲求を叶えるために、ムカつくことをする人は相手や周りのことを利用します。

そんな身勝手で、他人や周りの存在を蔑ろにする心理や姿勢に、苛立ちを覚えてしまうのでしょう。

自分勝手な言動にムカつく

たとえ直接的に自分に関係なくても、大半の人は自分勝手な言動をしている人に対して、無性に苛立ちを覚えるものです。

これは多くの人が、基本的に自分勝手な振る舞いは少なからず誰かに対して被害をもたらす可能性が高いと知っているからだと言えます。

当然、自分に被害が及びそうな範囲での自分勝手な言動は、よりムカつく気持ちを刺激していきます。

実際に被害があればなおのこと、相手の自分勝手な言動が許せなくなってしまうのでしょう。

意見一つを聞くのに時間を待たされるから

優柔不断な人やオドオドしている人に対してムカつくのは、意見一つ聞くのに時間を待たされるからだと言えます。

ただ一言言うだけでスケジュールが決まるのに、誰かがハッキリと答えを言わずにいれば、予定はそこで詰まってしまいます。

もちろん人によって性格や事情があるのも事実であり、それに対して寛容でいたいと思う人も少なくないでしょう。

それでも、そんな周りの寛容さに甘え、ハッキリしない態度を取り続けてしまうことを快く思う人は多くありません。

次第に寛容さが失われ、心理的に相手に対してムカつくといった気持ちが芽生えていくのです。

勝手に優劣を付けられたように感じるから

見下し行為やマウント行為は、特に相手から「自分は上で、あなたは下」と言われている感じがして気分は良くないものです。

たとえそれが立場上、上司という存在だったとしても、必要以上に見下されてしまえば嫌な気持ちになるのは当然のことでしょう。

特に見下したりマウントを取ってきたりする人は、相手は自分より全て格下で勝る部分がない、という雰囲気で接してきます。

そんな心理が透けて見えてしまうため、見下しやマウント等の行動にムカつく人は少なくないのです。

自分に思い当たる非がないから

ムカつく振る舞いをされた時、「なんで自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ」と思ったことはありませんか。

いつもどおり過ごしている中で、突然嫌な態度を取られてしまえば、急に日常や自分のペースを崩された気持ちになって不快に思うのは当然のことです。

また、嫌なことをされるような心当たりがない状態で、ムカつく行動を取られてしまえば「自分がした?」と考えてしまうものでしょう。

その結果、ただ不快な思いだけが胸にくすぶることになります。

ムカつくときでもNG!やってはいけないこと

ムカつくことがあると、頭に血が昇って自身も感情的になってしまうことは珍しくありません。

しかし、感情のままに振る舞ってしまえば、周りに迷惑をかけたり、相手と同じ土俵に立ったりしてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、ムカつくときでもやってはいけないことを知っておいたほうが良いでしょう。

仕返しをする

ムカつくことがあると、同じことを相手にしてやろうという気持ちになる人は少なくないでしょう。

しかし、仕返しをすれば、相手も同じようにやり返してくるかもしれません。

特にムカつくことを頻繁にする相手の多くは、自己中心的で思いやりに欠けています。

上司が相手の場合は、仕事関係で何らかの嫌がらせをしてくる可能性もあります。

やられたことに腹を立てて逆ギレしてくる可能性は十分にあるため、やり返したい気持ちがあったとしてもぐっと我慢していきましょう。

暴力で解決する

最もやってはいけないNG行動と言っても過言ではないのが、暴力で解決するということです。

ムカつくことがあると、思わず手をあげて相手を黙らせたくなる気持ちを抱く人は、決して少なくないでしょう。

しかし、単純に暴力行為というものは犯罪に抵触する可能性が非常に高い行為になります。

また、暴力を振るう人に対して悪い印象を抱く人も少なくなく、暴力によって大きなトラブルに発展する恐れもありえます。

相手の非ばかりに注目すること

どうしても相手にムカつくことが度重なると、粗探しのように相手の非ばかりが気になってしまうものでしょう。

しかし、その状況はお世辞にも冷静な状態とは言えず、むしろ主観的になりすぎていて自分本位になってしまっていると言えます。

いくらムカつくことがあったとしても、非ばかりに注目すれば視野も狭くなるため、気をつけなくてはいけません。

複数人を味方に付けてやり返すこと

被害者が何人もいる場合、または同調する人が多い状況でやりがちなのが、複数人を味方につけてやり返すことです。

たとえば会社で嫌がらせをされて、周りと協力して人事部等に相談して、然るべき処分を下してもらうというものなら良いでしょう。

しかしそうではなく、複数人を味方につけて嫌がらせのようなものをしようと企むのはやめておくべきだと言えます。

それらの行為はイジメでしかなく、エスカレートすれば犯罪行為や相手の心身に必要以上に負担を与えてしまう可能性もあります。

自分の被害を大袈裟に語ること

意外と無意識にやりがちな人が多いのは、自分の被害を大袈裟に語ってしまう行為です。

愚痴や相談など、話していると感情的になってしまい、つい大袈裟に物を語ってしまうことは誰にでもあることでしょう。

しかし、あまりにも度が過ぎてしまったり、大勢に語ってしまえば、「悲劇のヒロインを演じている」と思われる可能性があります。

また、大袈裟に語っていたことが知られたら、あなたの言葉に対する信頼信用が失われてしまいます。

最悪、被害そのものが嘘だったのではないかと疑われる恐れもあるため、注意しましょう。

あからさまな態度を取ること

時と場合によりますが、ムカつくことがあったからといって、何も考えず相手にあからさまな態度を取るのはおすすめできません。

たとえば話しかけられても無視をしたり、イライラした態度を見せつけたりという行為はやめましょう。

中にはそういう対処法を取ったほうが良いケースもありますが、決して数は多くありません。

あからさまな態度は相手を不用意に傷つけるだけでなく、周りの空気を悪くする原因にもなります。

相手が上司の場合は、仕事に支障をきたす可能性もあるため注意が必要です。

ムカつく人への正しい対処法とは【職場編】

続いて解説していくのが、職場にいるムカつく人への正しい対処法です。

職場にムカつく人がいる場合、避けようと思っても毎日仕事をする以上、顔を合わせることはあるでしょう。

下手な態度を取れば上司に咎められたり、仕事に支障をきたしたりするため、途方に暮れてしまうのも無理はありません。

果たしてそんな時どうすることが正しい対処法になるのか、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

信頼できる上司や同僚に相談する

職場に信頼できる上司や同僚などがいる場合は、相談してみると良いでしょう。

ムカつく原因によっては上司や同僚の手を借りることで、適切に相手を処罰できる可能性もあります。

また、信頼できる上司や同僚に相談することで、ストレスが解消し、気持ちは楽になっていくでしょう。

できるだけ関わらない

同じ職場の場合限度はありますが、できるだけ関わらないように普段から心がけてみてください。

特にムカつく原因が、単純に自分と相手の性格が合わない等の場合、誰かに相談しても解決しないことがほとんどです。

その状態でいつまでも仕事をしていれば、仕事に集中できなかったり、上司から自分が咎められてしまうかもしれません。

上司が嫌がらせをしてくる場合は、仕事に支障が出る旨を伝え、正式に改善策を会社に求めていくことも必要です。

ムカつくことをしてくる人には、仕事以外では関わらない、プライベートな会話をしない等を意識してみると良いでしょう。

嫌味の捉え方を変えてみる

嫌味を言われた場合、捉え方を変えてみるのはいかがでしょうか。

そもそも嫌味というのは、基本的に嫉妬心や劣等感などの心理が芽生えて言ってしまうことが多い言葉です。

それを理解していれば、ムカつく嫌味でも「この人は嫉妬しているのかもしれない」と受け流すことができます。

また、上司が嫌味を言ってくる場合、自分以外の部下にも言っていることは珍しくありません。

限度をわきまえる必要はありますが、同僚等と愚痴を言い合ってストレス発散してみるのも良いでしょう。

真に受けないように意識する

大切なのは、ムカつく言動を言われた時は真に受けないように意識することです。

嫌味や揚げ足取り、暴言や嫌がらせなど、もちろんやってきた相手が悪いのは変わりありません。

しかし、いつまでも真に受けてメンタルを疲弊させていれば、相手の思う壺です。

他の対処法と並行しつつ、「また今日もこの人は飽きないな」と軽く受け流せるように心がけてください。

ただし相手が上司で仕事に支障をきたしたりする場合には、会社全体の問題とも言えるため、然るべき方法で対処をすることも考えておきましょう。

転職を考える

「こんな職場にいられない」「上司と付き合いきれない」そう思ったら、思い切って転職を考えてみてください。

いくら対処法を試したところで、職場の環境や上司との関係によっては、全く状況が改善されないケースもあります。

また、仕事自体が自分には合わず、その結果心理的に余裕がなくなっている可能性もありえます。

そんな場所に身を置いていては、ストレスが溜まり、メンタルが削られるだけでしかありません。

心機一転思い切って転職し、ムカつく人がいない仕事環境を探してみましょう。

ムカつく人への正しい対処法とは【旦那・妻編】

次に解説していくのは、旦那や妻がムカつく時の正しい対処法です。

旦那や妻という存在は、ムカつくといっても特別な存在には変わりありません。

基本的に毎日顔を合わせ、ひとつ屋根の下で一緒に暮らす相手になるため、上手な対処法で苛立ちと上手く付き合っていくことが大切です。

やめてほしいとストレートに伝える

旦那や妻がムカつくことをしてくる場合は、やめてほしいとストレートに伝えましょう。

我慢をすることも対処法のひとつではあるものの、単なるその場しのぎにしかなりません。

ストレスが溜まり、メンタルにダメージを受け続けることになります。

今後も夫婦関係を続けていきたいのならば、きちんと話をすることが必要です。

相手にしない

話し合いをしたところで、相手は無意識のようにムカつくことをやってくる場合もあるでしょう。

そういった状態の場合は、相手にしないようにできるだけ意識してみてください。

特に妻や旦那が、気を引きたい等の心理でムカつくことをしてくる場合、反応は逆効果になります。

毅然とした態度でやり過ごしましょう。

自分にも非がないか振り返ってみる

自分にも非がないか振り返ることも必要です。

ムカつくことがあると、相手のことばかりを責めたくなる心理が生まれがちです。

しかし、中には自分にも何らかの非があり、それによって相手がムカつく行動をしてくるケースもあります。

その場合は自分自身を顧みない限り現状は改善されないため、一度冷静に自分の行動を振り返ってみることも大切でしょう。

相手を甘やかさない

嘘を吐かれたりちょっとした悪ふざけをされたり、相手からすれば大したことがないかもしれないことでも、ムカつくことはあるでしょう。

その場合は簡単に許しはせず、怒っていることや不快だということを言葉や行動で表すことも対処法のひとつです。

妻や旦那、または上司にも言えますが、ムカつく言動をする人の多くは、この人ならば許してくれるだろうという心理を抱いていることがほとんどです。

見くびられた状態で現状を打破するのは難しいため、相手を甘やかさないことを徹底していきましょう。

別居や離婚を考える

さまざまな対処法を試しても、旦那や妻が改善してくれないケースもあります。

また、それ以前にムカつくことをされ続けた結果、もう一緒にいたくないと思ってしまうこともあるでしょう。

その際は別居や離婚を考えてみるのも対処法のひとつです。

気持ちを落ち着かせたい、とにかく気分転換したい場合には別居をして一度考えてみると良いでしょう。

一切考える余地すらない場合は、離婚を提案してみてください。

ムカつく時の正しい対処法とは【カップル編】

恋人がムカつくとき、どんな対処法を取ればいいのかと悩んでしまう人も多いでしょう。

好きな相手とギクシャクするのはメンタルが削れ、不安な気持ちを抱えて過ごすことになります。

かといってムカつく気持ちを我慢し続けていれば、それこそ自身のメンタルが崩壊する恐れが高くます。

そんな時どうすればいいのか、彼氏や彼女がムカつく時の正しい対処法について解説していきましょう。

嫌なことはハッキリと伝える

嫌なことはハッキリと伝えることも大切です。

不満を抱えたままの状態はメンタルを傷つけ続け、感情をかき乱すだけでしかありません。

ハッキリと伝え、その後相手がどのような態度を取るかによって、今後の対処法を考えていきましょう。

会う・連絡頻度を減らす

気持ちを落ち着かせる、気分転換してメンタルを回復させるために、会う・連絡頻度を減らしていきましょう。

どんなに相性が良い相手でも、嫌だなと思う部分は必ずあるものです。

特に二人の距離が近ければ近いほど、そういった不満は生まれやすいため、一旦気持ちを落ち着かせる必要があります。

自分の言動を振り返る

ムカつく言動をされた際は、相手にだけ非があるように感じるものでしょう。

しかし、実は自分自身も相手に対してムカつく言動をしていたという可能性もゼロではありません。

そもそも自身の言動には問題がなかったのか、行動を省みることも必要です。

共通の友人がいる場合は相談してみる

共通の友人がいる場合には、客観的な意見を知るために相談してみてはいかがでしょうか。

第三者に話をすれば、気持ちが落ち着くだけでなく、ストレスが解消され、メンタルも回復していきます。

また、客観的な意見から恋人と自分の非が見えてくることもあるでしょう。

それを踏まえた上で、自分たちには何が必要なのか、冷静に考えてみてください。

別れを検討する

別れを検討するのも対処法のひとつになります。

もう相手とは合わないのだと感じたら、別れたほうが必要以上に悩まずに済みます。

特にムカつくことばかりが増えてしまい、感情が高ぶることが多い場合は、今が自分にとって限界なのだと割り切ってしまうのが良いでしょう。

ムカつく人への正しい対処法とは【友人関係編】

相手とどの程度交流があるかにもよりますが、友人がムカつく場合、悩んでしまうこと決して少なくないでしょう。

特に友人関係というものは、一対一ではなく、複数人で関わっていることも多いのが事実です。

自分一人の行動によって周りに迷惑をかけたらと思うと、ムカつく気持ちを我慢してしまう人も多くいます。

そんな時、どのようにして解決していけばいいのか、上手な対処法についても解説していきましょう。

遠回しに嫌なことを伝えてみる

友人に伝える上で躊躇する大きな理由になるのが、人間関係の崩壊でしょう。

そんな事態を防ぐために、まずは遠回しに相手の言動に対して苦言を呈してみてください。

もし相手が真摯に向き合うつもりがあるのならば、遠回しの指摘にも真剣に受け止めてくれる可能性があります。

しかし指摘すらも冗談に捉えられた場合は、様子を見ながらストレートに伝えていくと良いでしょう。

ストレートな指摘により友情崩壊したならば、それは相手が友情よりも自身の都合や欲求を優先したことになります。

我慢をして関係を続けていても、相手の身勝手さからいずれ崩壊していた可能性が高いでしょう。

付き合いが長い友人ならばストレートに指摘する

付き合いが長い友人ならば、単刀直入にストレートに指摘してみてはいかがでしょうか。

良くも悪くもお互いを知っている関係ならば、下手に我慢するよりも吐き出してしまったほうが気持ちも楽になるはずです。

もちろん旧知の仲とは言え、言い方やタイミングに気をつける必要があるのも事実です。

最低限の配慮をした上で、今後も関係を続けていくためにきちんと話し合いをしていきましょう。

距離を置く

距離を置いて、様子を伺うことも大切です。

心理的に余裕がない状態で接してしまえば、相手の些細な言動もムカついてしまい、友人関係が悪化する恐れがあります。

それを避けるためにも一度距離を起き、気分転換をしてから、今後のことについて考えていきましょう。

共通の友人に相談してみる

共通の友人がいる場合にはぜひ相談してみましょう。

第三者の意見は、自分が気づけないことや、時には自身の非と向き合える機会を与えてくれるものです。

また、状況によっては友人が何らかの協力をしてくれる可能性もあります。

程よい距離感で付き合いを続ける

今の距離感を見直して、友人付き合いを考えていくのも対処法になります。

どんなに良い人だと評価していても、自分にとっての適切な距離感を見誤れば、相手の嫌な部分は見えやすくなるものです。

自分と友人の今の距離は適切なのかを一度冷静に考え、心理的に無理のない距離で付き合っていきましょう。

ムカつく人への正しい対処法とは【学校編】

職場同様、学校にムカつく人がいる場合、完全に関わりを断とうと思っても思うようにはいきません。

避けたいと思っていても同じ空間で学ぶのならば、嫌でも相手と関わることになります。

共通の友人が多ければ、自分の行動ひとつで周りとの人間関係にヒビが入る恐れもあるでしょう。

そんな学校生活で、ムカつく人にはどのような対処法が効果的なのか、いくつかの方法を解説していきます。

極力関わらない

可能ならば極力関わらないようにしましょう。

学校は職場とは違うため、ある程度付き合う人を選ぶことができます。

この子は色々とムカつくかもしれないと感じたら、極力関わらないことでぜひ対処をしてみてください。

多少ムカつく程度なら割り切る

学校で何を学ぶかについては、人それぞれ定義や考えがあるでしょう。

その考えの中には、人間関係の付き合い方を学ぶというものがあります。

相手が多少ムカつく程度の相手ならば、「割り切り、上手く受け流すことを学ぼう」という意識を持ってみてはいかがでしょうか。

割り切ってしまえれば必要以上に感情が高ぶることもなく、人付き合いをする上では支障も生まれにくくなります。

信頼できる教師に相談する

信頼できる教師がいる場合は、ぜひ相談してみてください。

自分よりも長く生きている教師の知見には、おそらく人間関係の付き合い方で学んだものも多くあるでしょう。

ムカつく相手がいる場合はどのように対処をすればいいのか、あなたの性格に応じた対処法も提案してくれる可能性もあります。

状況によっては教師が何らかの対処をしてくれる場合もあります。

仲の良い友人に相談する

仲の良い友人に相談してみることも大切です。

第三者の意見を聞けるというメリットもあるため、その上で対処法を考えることができます。

また、きついメンタル状態で仲の良い友人に悩み事を吐露するということにも意味があります。

たとえ相談をしてアドバイスがもらえなくても、悩みを吐露したことで気分は少なからず晴れていくはずです。

気分が晴れたらメンタルも回復していけるため、今まで思いつかなかった対処法に気づけることもあるでしょう。

学校に行かない選択肢もアリ

学校に行かないという選択肢を選ぶことも、時には必要でしょう。

職場ほどの強制力がないとは言え、まだ子供の自分にとっての学校は大きな影響を及ぼす世界と言っても過言ではありません。

その世界で嫌な思いをしてメンタルが傷つき、心理的に余裕がなくなってしまうと、自分の人生を悲観してしまうこともあるでしょう。

そんな場合は無理をせず、一度学校という世界から離れてみてください。

離れたことでメンタルが回復して気分転換もできれば、落ち着いて今後のことを考えていけるようになるでしょう。

ムカつく時に心を落ち着かせる方法とは

どんなに普段心を落ち着かせようと意識していても、ムカつく瞬間が訪れてしまうことは誰にでもあることです。

そんな時どのように対処をしていけばいいのか、最後にムカつく時に心を落ち着かせる方法について解説していきます。

深呼吸する

ムカつくことがあった時は、深呼吸をしましょう。

たかが深呼吸を思うかもしれませんが、思ったよりも気分が安らぎ、メンタルへのダメージを緩和することができます。

冷静さを取り戻すきっかけにもなり、NG行動に繋がりやすい衝動性を緩和することにも繋がります。

好きな音楽を聴く

好きな音楽がある場合には、音楽を聞いて気分転換していきましょう。

仕事中などの場合はすぐに音楽を楽しめないかもしれませんが、休憩時間や合間に音楽を聞いて、メンタルを回復してみてください。

また、音楽の中にはリラックス効果を謳うものも多くあります。

そういった音楽を利用して、心理状態を落ち着かせるのも対処法のひとつです。

一人の時間を堪能する

一人の時間を確保できたら、思い切りその時間を堪能していきましょう。

仕事がない休日や帰宅後などの隙間時間でも、好きなことを思い切りできる時間を確保することで、ストレス解消効果が期待できます。

予め「仕事が終わったら○○をしよう」と決めておくと、ご褒美感覚で一人の時間を楽しめるでしょう。

ムカつくことがあったとしても、ご褒美があるから頑張れると思えるようになるため、ぜひ試してみてください。

信頼できる人やSNS等に愚痴を吐く

信頼できる人やSNS等を利用している場合は、愚痴を吐いてみると気分転換に繋がります。

ムカつく気持ちを溜め込んでおくことは、マイナス思考の心理を生み出し、衝動的な行動を生む原因に繋がりやすいと言われています。

そのままのメンタル状態を放置すれば、次は自分が他人に対してムカつく言動をしてしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、愚痴を吐いて気分転換をしていきましょう。

気持ちを落ち着かせる飲み物を飲む

仕事中等に試しやすい対処法になるのが、飲み物を飲むというものです。

たとえばコーヒーや紅茶など、飲むことで気持ちを安らがせてくれるものをぜひ飲んでみてください。

たかが飲み物と思うかもしれませんが、感情的な時ほど、それらの飲み物を飲むことで心がホッと落ち着くことがあります。

リラックス効果があるハーブティーなどを職場に用意しておくと、より効果が期待できるでしょう。

ムカつく時でも冷静さを忘れてはダメ

ムカつく時に最もやってはいけないのが、冷静さを失うことです。

冷静さを失ってしまえば、衝動的な言動によって、相手や周りに迷惑をかけてしまう恐れがあります。

たとえ怒りの原因が相手にあったとしても、冷静さに欠けた言動を理由にあなた自身が責められてしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、ムカついた時のために予めいくつか対処法を用意しておくことが大切です。

今回解説したことを参考にして、ムカついた時には上手く対処をしていきましょう。

関連する記事