イライラの解消法でノンストレスな日々を過ごす|原因・対処法まで全てわかる

あなたはイライラの解消法を知りたい、ノンストレスな日々を過ごしたいと思ったことはあるでしょうか。今回はイライラやストレスの効果的な解消法についてご紹介していきます。またイライラの原因やその対処法についても、わかりやすくご説明します。

目次

  1. イライラすることは身の回りに潜んでいる
  2. イライラしてしまう原因とは
  3. 職場でできるイライラ解消法を紹介!
  4. 溜まったイライラを一気に吹き飛ばす解消法を紹介!
  5. イライラのストレスを溜めるとどうなる?
  6. イライラの解消法を知って実践しよう!

イライラすることは身の回りに潜んでいる

「すぐにイライラしていまう」

「イライラした気持ちを抑えることができない」

社会生活をしていると、このようにイライラすることはあなたの身の回りに多く潜んでいます。

今回はそんなイライラを解消して、ノンストレスな日々を過ごすための対処法をご紹介します。

またイライラの原因についても学んでいきましょう。

イライラしてしまう原因とは

まずイライラしてしまう原因とは一体何でしょうか。

以下に5つのイライラしてしまう原因をご紹介します。

すぐにイライラする原因について考えていきましょう。

①現状に不満がある

人は現状に不満があると、強くストレスを感じる傾向があります。

人間関係において自分の意見が通らなかったり、自分と相手の間に常識の違いを感じたりすることもストレスの原因となる場合があります。

また仕事が自分に合わないときや、仕事がなかなか認められないこともイライラする原因と言えるでしょう。

②ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れもイライラの原因と言えるでしょう。

特に女性はストレスによって、ホルモンバランスが乱れやすい特徴があります。

ホルモンバランスの乱れにより気持ちを落ち着かせるセロトニンが減少すると、感情コントロールが難しくなりイライラし易いでしょう。

また男性はストレスによって自律神経が乱れ、イライラする傾向があります。

③偏った食生活

偏った食生活もイライラの原因と言えるでしょう。

インスタント食品やファーストフードを多く摂取すると、ビタミンやミネラル、タンパク質が不足しイライラしやすい傾向があります。

イライラしやすい小中学生は、カップラーメンを頻繁に食べる傾向があることも研究で明らかになっています。

また糖分の摂りすぎも体にとってストレスとなるため、イライラの原因となりやすいです。

④感情の抑圧

感情を抑圧することもストレスとなり、イライラする原因となります。

子供は喜怒哀楽を感じたままに表現できますが、大人になるにつれてそれが難しくなってきます。

例えば仕事で怒りを感じても、すぐに感情をあらわにすることは常識的ではないでしょう。

特に男性は怒りの感情を溜めこみやすい傾向があるのです。

⑤短気な性格

短気な性格も、すぐにイライラする原因と言えます。

ストレスの原因がなくてもすぐにイライラしてしまう場合は、性格によるものと考えられます。

もともとプライドが高かったり完璧主義の気質な人は、人と接するときに思い通りにいかずイライラすることが特に多いでしょう。

職場でできるイライラ解消法を紹介!

仕事でイライラしたときは、どうすれば良いのでしょうか。

仕事の効率が悪くなったり、職場の人間関係に支障をきたすこともあるでしょう。

そこでちょっとした時間にできる、効果抜群のイライラ解消法を8つご紹介します。

①楽しみを用意する

好きなお菓子や飲み物を仕事へ持っていき、休憩中の楽しみにすることはイライラを抑える対処法です。

少量の糖分や脂肪分は脳のエネルギー源となり、気持ちを落ち着かせるエンドルフィンというホルモンが放出されるためです。

また好きな音楽を聴くこともイライラを抑える対策となるでしょう。

仕事の合間にすぐに聴けるように、準備をすることがおすすめです。

②紙に書く

ストレスを感じたらすぐに紙に書き出してみることも、イライラを抑える対処法になります。

専用の日記や手帳を用意して、仕事に持って行くのも良いでしょう。

書き出すことで、気持ちを落ち着かせる効果があるのです。

またメモに書いて破って捨てることも、イライラを抑える対策となります。

③深呼吸をする

深呼吸もイライラを抑える対処法です。

イライラするときは呼吸が浅くなり、体内に酸素が供給されにくくなる傾向があります。

意識的に呼吸をゆっくりと深くすることで、脳に酸素が行き渡りイライラを抑える対策となるでしょう。

繰り返すと自律神経のバランスが整い、心身ともにリフレッシュすることができます。

窓を開けて新鮮な空気を吸い込んでみましょう。

④体を動かす

体を動かすこともイライラを抑える対処法です。

デスクワークで長時間座っている場合も、意識的に体を動かすことを心掛けると良いでしょう。

オフィスでできる範囲でストレッチをしたり、可能であれば散歩をするのがイライラを抑える対策になります。

血行が促進され筋肉がほぐれやすくなるため、心身をリフレッシュさせることができるでしょう。

仕事中のモヤモヤやイライラを、すぐに落ち着かせる対処法とも言えます。

⑤整理整頓をする

掃除や整理整頓をすることも、イライラした気持ちを落ち着かせる対策となります。

イライラやストレスを感じたら、すぐにデスクまわりの整理整頓をしてみましょう。

引き出しの中を少し片づけるだけでも、気分転換できるでしょう。

⑥アロマテラピーを活用する

アロマテラピーを活用することも、イライラを落ち着かせる対策として効果があります。

甘い香りのイランイラン、柑橘系のグレープフルーツやオレンジなどが、ストレス対策におすすめです。

男性に人気が高いラベンダーもリラックスを促す効果があります。

好みの精油をハンカチに数滴垂らし香りを楽しむ方法が、手軽で実践しやすいでしょう。

⑦イライラ解消に効果的なものを食べる

イライラ解消に効果的な食べ物を摂ることも、気持ちを落ち着かせる方法と言えるでしょう。

例えばアーモンドやバナナ、チーズなどが挙げられます。

コンビニでも手軽に買え、イライラを抑えるビタミンB群やトリプトファンという栄養素が豊富に含まれているためです。

⑧ツボを押す

ツボを押すこともイライラした気持ちを落ち着かせる対策となります。

手のひらの中心にある老宮(ろうきゅう)と呼ばれるイライラを抑えるとされるツボを、親指で1分間ほど押してみましょう。

ツボ押しグッズを携帯するのも良いでしょう。

溜まったイライラを一気に吹き飛ばす解消法を紹介!

たくさんのイライラやストレスを抱えているときは、一体どうすれば良いのでしょうか。

気軽に行える溜まったイライラを一気に吹き飛ばす解消法を5つご紹介します。

休日を利用して自分に合った解消法を試してみましょう。

①自然と触れ合う

自然と触れ合うことは、イライラやストレス解消に大きな効果があります。

森林、山、川や海のあるところへ出掛けてみましょう。

樹木からはリラックス効果のあるフィトンチッドという物質が放出されるため、歩いたりハイキングをすると良いでしょう。

波や水が流れる音を聞くことも同じような効果があります。

②思い切り泣く

思い切り泣くことも、イライラやストレスの効果的な解消法と言えるでしょう。

涙を流すことで脳内にリラックス効果のあるエンドルフィンというホルモンが出るためです。

感動する映画や悲しいドラマを観て、男性も女性も思い切り泣いてみましょう。

③カラオケをする

歌うこともイライラやストレスの効果的な解消法です。

大声で歌うことで顔の筋肉がほぐれ、副交感神経が優位になるのでリラックスできます。

カラオケで好きな歌を思い切り歌ってみましょう。

また人目を気にせず熱唱できるため、ひとりでカラオケに行くことがカラオケ好きな男性や女性の間で人気となっています。

④美味しいものを食べる

美味しいものを食べることも、イライラやストレスの解消法と言えるでしょう。

男性も女性も美味しいものを食べると、脳が楽しいと感じてストレスホルモンを減少させるためです。

特に素敵なレストランでの食事は、味覚だけでなく五感を満たしてくれます。

⑤ゆっくり寝る

ゆっくりと寝ることも、イライラやストレスの解消法です。

男性も女性も深く眠ることで脳の疲労がとれ、身体の疲れも回復します。

睡眠の質を高めるために、自分に合った寝具をそろえるのも良いでしょう。

イライラのストレスを溜めるとどうなる?

それではイライラのストレスを解消せず、溜めてしまうと一体どうなるでしょうか。

私たちの身体や心に起こる4つの異変についてくわしくご説明します。

①心に異変が起きる

イライラやストレスを放置することで、心に異変が起きることがあります。

男性も女性も落ち込みやすくなり、仕事でもミスが増えたりやる気がなくなったりするでしょう。

気分の波が激しくなり、場合によってはうつを発症することもあります。

②身体に異変が起きる

イライラやストレスを溜めると、身体に異変が起こることもあります。

頭痛やめまい、肩や首の凝りなど辛い不調が現れるでしょう。

場合によっては動悸や発汗を伴うこともあります。

また日本人に多い不眠も、その症状の一つと考えられています。

③暴飲暴食

イライラやストレスを溜めると、人によっては暴飲暴食を引き起こすこともあります。

空腹でなくても大量の食べ物を一気に食べてしまい、悩む人も多いでしょう。

食べることで副交感神経が優位になりリラックスできたり、噛むことでストレスが解消されるため過食になる傾向があります。

しかし体重が増加することで自己嫌悪になりやすく、健康も害してしまうためよりストレスが溜まるでしょう。

④怒りっぽくなる

イライラやストレスを溜めると、日常的に怒りっぽくなる傾向があります。

口調がきつくなったり、ちょっとしたことで怒ったりするでしょう。

この変化に本人は気付かず、周りの人が気付くことが多いようです。

人間関係にも影響を及ぼすため、早めに気付いて改善することが必要です。

イライラの解消法を知って実践しよう!

イライラやストレスを解消することは、楽しく生活するためにもとても大切なことです。

できることから早速実践して、自分にぴったりなイライラの解消法を探してみましょう。

ノンストレスな毎日も近いかもしれません。

関連する記事