明るくなりたい人がすべき8個の行動|暗い人との違い&ポジティブになる方法を紹介

暗い人と明るい人の違いは主に考え方にあります。明るい人は常にポジティブ思考のため、明るい気持ちで過ごしていることが多いです。明るくなりたい人は明るい人との違いを理解して自分を見直してみましょう。今回は、明るくなれない原因や明るくなるためのコツをご紹介します。

目次

  1. 明るくなりたい…
  2. 明るくなりたいけどなれない原因とは
  3. 明るい人と暗い人の違いや特徴とは
  4. 明るくなりたい人がすべき8個の行動
  5. 明るくなるのはメリットしかない!
  6. 明るくなりたいなら今すぐ行動すべし!

明るくなりたい…

明るい人は常に元気いっぱいで、ポジティブ思考です。

周囲の人の心も明るい気持ちにしてくれて、仕事も上手くいっている人が多いです。

暗い性格から抜け出して、明るくなりたいと感じている人は少なくないでしょう。

「明るくなるにはどうすればいいの?」と考えている人は、まず明るくなれない原因を探ってみるのがコツです。

仕事での信頼関係に悩んでいる人も、ぜひ最後までご覧ください。

明るくなりたいけどなれない原因とは

明るくなりたいと思って明るい人の真似をしても、原因が分かっていなければあまり意味がありません。

明るくなれない原因を知って、どこを改善すれば元気で明るい自分になれるのかを考えてみましょう。

表情が少ない

明るくなりたいのに思うように明るくなれない人には、笑顔が足りないという特徴があります。

笑顔は明るさの象徴でもあるので、無表情の人に明るい印象を抱くことは少ないです。

また、人が考えていることは多くの場合は表情から読み取ります。

しかし、暗い人は表情が少ないので何を考えているのか分かりづらいです。

特に接客系の仕事をしていると、元気がなさそうに見えたり態度が悪いと言われたりするでしょう。

クレームなどが入ると自分に自信をなくしてしまい、さらに暗い性格になってしまいます。

コンプレックスがある

自信がなかったり劣等感を感じていたりすると、暗い性格になりがちです。

自分を過小評価してしまうのが特徴で、自分自身を信頼できない人が多いです。

明るくなりたいという願いもコンプレックスが邪魔をするため、「どうせなれない」と諦めてしまいます。

コンプレックスは克服するのが難しいです。

子どもの頃から抱えている場合は、なおさら時間がかかります。

コンプレックスを克服しようとしても挫折してしまうことが多いでしょう。

その結果、さらに自信がなくなってしまうのです。

明るくなりたいと強く思うほど、明るくなれない自分が嫌になってしまいます。

人間関係を築くのが苦手

協調性がないのも暗い人の特徴です。

協調性がない人は友人を選ぶ時に、一緒にいて楽かどうかを重要視します。

しかし、そのような人はなかなか見つかりません。

仕事場でも浮いてしまうことが多いでしょう。

そのような人たちが集まった小さなコミュニティの中で過ごしているため、考え方や言動に柔軟性がないことも少なくありません。

もちろん狭く深い人間関係が理想的ですが、似たような性格の人と行動していると視野が狭くなってしまう可能性もあります。

その結果、暗い性格に拍車がかかってどんどん新しい出会いが掴めなくなってしまうのです。

新しく出会った相手が好意を持ってくれた場合、自分に自信がつくため、明るくなれるチャンスにもなります。

そのようなきっかけを逃し続けると、明るくなりたいという気持ちも薄れていってしまうでしょう。

凝り性

凝り性であることも暗い人の特徴です。

いわゆるオタク気質な人が多く、特定の趣味などへのこだわりが強いです。

もちろん好きなものがあるのは素敵なことだと言えます。

好きなことを考えている時間は、気持ちも明るくなるでしょう。

しかし、好きなもの以外を否定し始めると危険かもしれません。

偏見で物事を考え、世の中のほとんどを否定的に捉えてしまうようになってしまうのです。

好きなもの以外を信じられなくなり、視野も狭まってしまいます。

結果的に、明るい気持ちや元気になれる時間が減ってしまい、暗い性格から抜け出せなくなってしまうのです。

明るくなりたいのであれば、好きなもの以外も受け入れられるように改善していくと良いでしょう。

人を妬んでしまう

他人への悪口が多くなってしまうのも、暗い人の特徴です。

そのようなネガティブな言葉は、自分自身の心も暗い方向へ導いてしまいます。

明るくなりたい場合でも悪口を言ってしまう自分が嫌になって、悩んでしまうことも少なくありません。

どんどん自信をなくし、暗い性格を改善できずに悩んでしまうのです。

対人関係におけるトラウマがある

親しい人からの裏切りやいじめなどのトラウマがあると、人との距離を取りがちになります。

特にトラウマの原因となった人が明るい性格だった場合は、明るい人に嫌悪感を抱きやすくなります。

無意識に明るい人との接触を避けるため、どんどん暗い性格になってしまうのです。

トラウマを克服して明るくなりたいと思っている人は、病院を受診してみるのも1つの方法でしょう。

暗い性格だと勘違いしている

明るくなりたいと考えている人の中には、自分が暗い性格だと思い込んでいる人もいます。

思い込みが引き起こす効果は絶大で、本来は元気で明るい性格でも簡単に暗い性格になってしまうのです。

そのようなネガティブな思考を続けていると、自信を失ってしまう可能性もあります。

その結果、「明るくなりたいのになれない」と悩んでしまうことが多いです。

明るい人と暗い人の違いや特徴とは

明るくなるには、明るい人との違いを知っておくのも大切です。

どんな特徴があるのかも把握し、暗い性格の改善に役立ててみてください。

口数の多さ

明るい人と暗い人の違いは、口数の多さに表れることが多いです。

暗い人の特徴として、口数が少ないことが挙げられるでしょう。

口数が少ないと「つまらないのかな?」と思われてしまい、話しかけられる回数自体が減ってしまいます。

その反面、明るい人は口数が多く、楽しい気持ちで会話をしているのが伝わってきます。

明るい人は口数が多いだけでなく、会話中の相槌も元気であることが特徴です。

相槌にも心がこもっているので、どんどん会話が広がっていきます。

この違いは、仕事での人間関係に影響することもあります。

口数が少ない相手には仕事を頼みづらかったり、連携が取りづらくなってしまうからです。

他人への興味

暗い性格の人は、自分と似たタイプの人と小さなコミュニティを作って過ごしています。

そのため、他人への興味も希薄になりやすいのが特徴です。

明るい性格の人はどんなことにも興味があるため、他人とのコミュニケーションを積極的に取っていきます。

また、偏見抜きで相手と向き合い、より良い関係を築こうとするのも特徴です。

明るくなるには、興味のないものにも触れあっていく必要があります。

思考回路

暗い性格は、ネガティブ思考が原因である場合があります。

失敗を過剰に恐れているのが特徴で、「できない」「無理だ」「嫌われている」などの考え方が基本になっています。

答えが出ないことも考え続けてしまうので、仕事や出会いなどのチャンスを失ってしまうことも少なくないでしょう。

元気で明るい性格の人は失敗さえもポジティブに捉え、成功のもとだと考える人が多いです。

失敗を恐れて何もしないより、様々なことに一生懸命挑戦している人の方が魅力的に見えるでしょう。

明るくなるには、何事もポジティブに考えるのが1番の近道かもしれません。

コミュニケーションの取り方

暗い人と明るい人は、コミュニケーションの取り方にも違いがあります。

明るい性格の人は周囲からの評価を気にしないため、ありのままの自分で他人と接することが多いです。

暗い性格の人は「嫌われるかもしれない」と考え、他人の前では自分を取り繕ってしまいます。

これらの違いは、信頼関係の築きやすさに関わってきます。

素の自分で他人と向き合わなければ、本当の信頼を得るのは難しいです。

多くの信頼を得ると自信や元気につながり、人間関係も上手くいきやすくなるでしょう。

明るくなりたい人は、まずコミュニケーションを積極的に取ってみてください。

大切な人の有無

明るい性格の人には、大切に思っている人が多くいます。

大切な人へ惜しみなく愛情を注ぎ、相手からも多くの愛情をもらっているのです。

お互い大切に思い合っている場合、相手を思って本気で叱る時もあります。

それが自信や成長につながり、考え方にも良い影響を与えるでしょう。

暗い性格の人は狭いコミュニティで活動しているので、大切な人も少なくなりがちです。

同じような性格の人に囲まれている場合は、愛情の受け渡しが行われることもあまりありません。

明るくなりたい人がすべき8個の行動

「明るくなりたいけど、明るくなるにはどうすればいいの?」と疑問を抱いている人も多いでしょう。

ここでは明るくなるためのコツや行動を8個ご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に自信をつける

明るくなるには、自信を持つことが重要です。

自信をつければ、周囲の人たちの評価に囚われることも少なくなります。

ありのままの自分で人と接することがでるため、信頼関係もスムーズに築けるようになります。

自分に自信をつけるためのコツは、失敗を恐れずに新しいことに挑戦することです。

努力して掴んだ成功は、必ず自信につながります。

成功が増えていくたびにポジティブに考えられるようになり、今まで悩んでいた時間も有意義に過ごせるかもしれません。

ただし、大きすぎる目標を立てると達成が難しくなります。

失敗が続くと自信を失ってしまう場合もあるので、達成できそうな目標を立てるのも自信を付けるコツです。

表情を作る

明るくなるには、表情を作るようにするのも大切です。

無表情が理由で暗い人だと思われてしまう人は、表情を作る練習をしてみてください。

最初は笑顔を作るのも難しいと感じるでしょう。

しかし、表情の種類は笑顔だけではありません。

例えば人の話を聞いている時に、目を見開いたりまゆ毛を上げたりすると、表情が豊かに見えます。

耳だけでなく顔や体全体で話を聞くように意識するのがコツです。

いつもより大きめなリアクションを取ることで、「話を聞こうとしてくれている」という印象になります。

人間は自分の話を一生懸命聞いてくれる人に、好印象を持つ傾向があります。

その傾向を利用して色々な人から好意を持ってもらえれば、他人と会話する機会も増えるはずです。

その結果、多くの人と信頼関係を築くことができ、明るくなりたいという願いも叶うでしょう。

ポジティブな言葉以外は口に出さない

他人の悪口や「自分には無理」などのネガティブな言葉は言わないようにしましょう。

ネガティブな言葉は、周囲の人たちだけでなく自分のことも暗い気分にさせてしまいます。

ネガティブ思考は癖になっていると改善に時間が掛かります。

慣れるまではネガティブな言葉を「口に出さない」ことを意識するのがコツです。

できるだけ前向きでポジティブな言葉を選びながら会話をしてみてください。

興味のないものを知ろうとする

明るくなるには、興味のないことにも積極的に取り組むようにすると良いでしょう。

「興味がないから」と知ることすら拒んでしまうと、素敵なものを見逃してしまうかもしれません。

好きなものを増やすきっかけを失わないように、常にアンテナを張っておくのがコツです。

さらに明るくなりたい場合は、物事に関することだけでなく、興味のない人とも積極的に関わってみてください。

色々なタイプの人と関わることによって、物事を柔軟に考えられるようになります。

柔軟な対応ができるようになれば、恐れていた失敗も糧にできるでしょう。

元気な人と関わる

人の性格や考え方は、周囲の環境に影響されやすいです。

そのため、暗い人と過ごしていると自分も暗い性格になってしまいます。

逆に元気で明るい人と関わるようにすれば、明るい性格が手に入るのです。

しかし、長年暗い性格で過ごしてきた人は、元気な人といると疲れることもあります。

慣れないことをすると疲れるのは当たり前です。

明るくなるには、ストレスを溜めないようにするのも重要になってきます。

そのような時にストレスを溜めないようにするコツは、一緒にいる時間を少しずつ伸ばしていくことです。

仕事仲間が相手だと難しいかもしれませんが、思い切って理由を話してみるのも1つの方法です。

ポジティブな言動や考え方を知る

明るくなるには、ポジティブなことをたくさん知る必要があります。

暗い人は、無意識にネガティブになることを探してしまうことが多いです。

ネガティブな思考や言動が癖になっているため、ネガティブなことに対して無意識に安心感を抱いてしまうのです。

しかし、それではいつまでも明るい性格にはなれません。

「そもそもポジティブとはどういうものなのか」を知るのが、ネガティブを抜け出すコツです。

ポジティブな言葉や行動、考え方は数えきれないほど存在します。

もちろん学ぶだけでなく、役立てられるように努力する必要もあります。

少しずつでも良いので、ポジティブな言動や考え方を取り入れていきましょう。

人と比べない

暗い性格の人は他人と比べてしまうことが多いです。

明るくなるには、人と比べない強さが必要になってきます。

そのような強さを得るコツは、他人を素直に褒めることです。

自分が劣っているのではなく「あの人は素晴らしい人だ」と考えるようにすれば、他人と比較することはなくなるでしょう。

また、苦手なことがある自分を許してあげることも大切です。

人にはそれぞれ得意なことと苦手なことがあるため、全てを完璧にこなせる人はほとんどいません。

ありのままの自分を自分自身が受け入れてあげることで、心にも余裕が生まれます。

心の余裕があると、毎日元気に過ごせるので明るい気持ちも維持できるでしょう。

明るくなるのはメリットしかない!

明るくなるには多くの努力が必要ですが、コツを掴めばすぐに明るい性格が手に入ります。

明るくなることによって友人関係や仕事関係、恋人関係も良好になるはずです。

ここでは、明るい性格が生み出すメリットの1部をご紹介します。

信頼できる人が増える

明るい性格が手に入ると、人と話す機会も増えるでしょう。

どんどん輪が広がって、色々なジャンルの友人ができるはずです。

また、友人関係だけでなく、仕事でも多くの人と信頼関係を築けるようになります。

仕事が円滑に進むようになり、昇給などのチャンスも掴めるかもしれません。

色んな世界を知ることができる

今まで以上に他人と関わっていくことで、知らない世界も見られるようになります。

異なる趣味や好きなことを持っている人と仲良くなると、いい意味で刺激になることもあるでしょう。

思わぬところで熱意を注げるものに出会う可能性もあります。

視野がどんどん広がり、物事もポジティブに考えられるようになれるはずです。

失敗も人柄でカバーできる

明るい人は、失敗を人柄でカバーする時もあります。

例えば仕事で失敗してしまった時、明るい人は落ち込んだとしてもすぐに切り替えられる人が多いです。

再発防止に向けて考えたり一生懸命やり直そうとしたりする姿は、周囲の人にやる気すら与えます。

失敗を糧にする力は、ポジティブ思考の特権と言えるでしょう。

明るくなりたいなら今すぐ行動すべし!

今回は、明るくなりたい人がするべき8個の行動をご紹介してきました。

明るい性格になるコツは「ポジティブをたくさん知る」ことです。

友人関係だけでなく、仕事で悩んでいる人もぜひ参考にしてみてください。

関連する記事