職場での人間関係を気にしない方がいい理由|人付き合いに疲れた時に見て欲しい

仕事をする中で、職場の人間関係にストレスを感じている人もいるでしょう。完璧に業務を行いながら、人間関係まで気を遣う生活では身が持ちません。今回は職場の人付き合いに疲れた人に向けて、人間関係を気にしない方がいい理由と気にしないためのコツをご紹介します。

目次

  1. 職場の人間関係がつらい
  2. 職場のめんどくさい人間関係の例
  3. 職場の人間関係を気にしない方が良い3つの理由
  4. 職場の人間関係を気にしないためのコツを伝授!
  5. 職場の人間関係は気にしないのがベスト

職場の人間関係がつらい

仕事をしていると、少なからず職場の人とコミュニケーションを取る機会があります。

適度なコミュニケーションは、仕事を円滑に進めるために重要なものです。

しかし、業務が疎かになるほど「人付き合いに疲れた」と感じるのであれば、人間関係を気にしないことをおすすめします。

人間関係の悩みを抱える人は、孤立を恐れ「周囲の人と仲良くやらなければ」という気持ちの強い人が多い傾向にあります。

しかし、本来「職場」は人と仲良くするための場所ではなく、良い仕事をすることを最優先に考える場所でなくてはいけません。

そんな職場で人間関係を重視していると、傷つくことが多く「疲れた」と感じてしまうのです。

職場の人間関係を上手く生き抜くためには、「些細なことを気にしないで適度に割り切る心」を養う気持ちが大切です。

職場のめんどくさい人間関係の例

働く環境によって偏りはありますが、どこの職場でもめんどくさい人間関係が存在するのは事実でしょう。

ここからは職場で「あるある」な、めんどくさい人間関係の例をご紹介します。

共感する例が多い場合は、人間関係を気にしない工夫をしないと、仕事に集中しづらくなってしまうかもしれません。

親睦を深めるという理由で飲み会に誘われる

めんどくさい職場の人間関係として「飲み会への強制参加」が挙げられます。

あなたの会社に、歓迎会や慰労会などの全体行事以外にも「親睦を深める」という目的で飲み会を開催したがる人はいませんか。

頻度の高い飲み会の開催は、お金と時間を消耗するだけの不毛な内容になる傾向が高いです。

うんざりするほど毎回聞かされる上司の武勇伝や、社内の噂話を共有する飲み会に心当たりのある社会人もいるでしょう。

行きたくないと感じても「断ったら悪い」「孤立してしまう」という思いから、飲み会を断れない人は意外に多いのです。

コロナの影響で不毛な飲み会の機会が減り、内心嬉しく感じた人も多いかもしれません。


しかし最近では、新たな日常として「オンライン飲み会」が主流となってきました。

オンラインだと終電が無いため、抜けだす方法が無く「夜中まで飲み会に付き合わされる」という新たな悩みも生まれています。

目立つ行動をとると話のネタにされる

噂好きな人が多い職場の場合、目立つ行動をとると話のネタにされてしまう傾向があります。

服装や持ち物などは特に注目されやすく、社内での話のネタになりやすいでしょう。

服装自由な社風の環境でさえ、ブランドの目立つ品物を持っていると、よく思わない人が現れることがあります。

人付き合いを気にして、毎日の身だしなみに怯えながら生活していると「疲れた」と感じてしまうかもしれません。

仕事面においても、噂好きな人にとって「仕事の失敗談」は大好物で、誰かが仕事でミスをすると即座に広まります。

「失敗すると笑いものにされる」という雰囲気が広まると、失敗を恐れて挑戦する人が減ってしまうという悪い影響を与えます。

さらには「仕事で功績を出した」などの会社にとって有益な噂でさえも、嫉妬の原因となる場合もあるでしょう。

職場から孤立してしまい、それが悩みの種となって優秀な人が退職してしまうこともあります。

足を引っ張りあう人間関係は、会社にとっても重大な損失を招く恐れがあるのです。

休憩時間に休憩できない

「ランチタイムに行きたいお店があるのに、グループの輪を乱すことを恐れて言い出せない」ということはありませんか。

ときには「一人でゆっくり過ごしたい」と思っても、人付き合いを優先してしまう人は多い傾向にあります。

せっかくの休憩時間でも、孤立を恐れて他人に合わせてばかりいると気持ちが安らぎません。

雑談でリフレッシュできればいいのですが、特に女性が多い職場では、プライベートな話をするときも細心の注意が必要な場合があります。

誰の「地雷」を踏むか分からないため、プライベートで嬉しいことがあっても幸せな話はあまり大々的にしないほうが無難です。

噂話や悪口に付き合って大切な休憩時間が終わってしまうと、仕事で疲れた気持ちをさらに倍増させてしまうでしょう。

職場の人間関係を気にしない方が良い3つの理由

めんどくさい人間関係の例が当てはまる職場もあったのではないでしょうか。

「プライベート」の人間関係とは異なる「職場」の人間関係は、気にしすぎると不利益になる場合も多くあります。

人間関係を気にしないためには、プライベートと仕事を上手く割り切る気持ちが大切です。

続いては、職場の人間関係を気にしないほうが良い理由を3つご紹介しましょう。

①仕事がしづらくなる

職場の人間関係を気にしないほうがいい理由の一つは「仕事がしづらくなるから」です。

なぜならば、私情を挟むと公平な目線で物事を判断するのが難しくなるためです。

仲の良い人が職場にいるということは、裏を返せば仲の良くない人もいるということでしょう。

目に見えない派閥がある職場ではなおさら、仲の良いグループ内で業務が分担され、仕事の負担が偏る傾向があります。

人間関係を割り切ることが出来ないと、色眼鏡で他人を評価してしまい「仕事内容の良し悪し」は後回しになるときも多いです。

くだらない人間関係のせいで、仕事の効率が悪くなるのでは本末転倒でしょう。

②残業が増える

業務時間内に自分の業務が終われば、基本的には定時で帰れるのが普通の会社です。

しかし、人付き合いを気にする人の場合、他人と自分の仕事を上手く割り切ることが出来ず、残業が増える傾向にあります。

職場の人間関係を大切する人には頼みごとをしやすく、他人の業務を押し付けられてしまう人が多いでしょう。

交友関係が広いほど多くの人から頼みごとをされ、やりたくない仕事も引き受けることになるのです。

さらには「この人なら断らないだろう」という前提があるため、断ったときには文句を言われる可能性も高くなります。

「多くの仕事を任される」ということはスキルアップへとつながるため、出世を考える人には好都合かもしれません。

しかし、孤立を恐れて断れないだけの場合は、無駄に残業が多くなり「疲れた」と感じてしまうでしょう。

③心身共に疲れる

本来仕事とは、自分が働いた対価として給料が支払われるシステムです。

自分の時間と体力を犠牲にして悪い人間関係を優先すると、仕事の処理能力を落とす要因になりかねません。

仕事だけに集中できれば出せるであろう自分の最大限のスキルが、出し切れていない状態なのです。

仕事中だけならまだしも、無意味な飲み会でプライベートな時間を削られます。

連日の飲み会で睡眠不足になり、疲れた身体をしっかりと休息できないまま明日がやってくることもあるでしょう。

そのような生活を続けていると、心身共に疲れ果て、せっかくの休みの日にも悪い影響が出てきます。

職場の人間関係の悩みを割り切ることが出来ず、憂うつな気持ちから抜け出せない人もいるでしょう。

職場の人間関係を気にしないためのコツを伝授!

職場の人間関係を気にしないことは、自分のためでもあり会社のためでもあります。

しかしそうはいっても、「職場で孤立するのは怖い」という人も多いでしょう。

ここからは人間関係を割り切る強い気持ちを鍛えるために、職場の人間関係を気にしないコツをご紹介します。

①挨拶をしっかり出来たら良しとする

「挨拶が他人に与える影響は絶大である」と言われています。

しっかりとした挨拶さえできていれば、周りに悪い印象を持たれることはありません。

人間関係を気にしないためには「気持ちよく挨拶さえ出来れば良い」という心持ちが大切です。

挨拶だけであれば、苦手な人にでも簡単に実践できておすすめです。

どんな人に対しても分け隔て無く挨拶をする行為は、仕事をするうえで有利に働くでしょう。

誰にでも公平な態度で接することのできる姿勢は好印象を抱かれる可能性が高く、仕事での信頼につながるのです。

自分の気持ち的にも公平な視点で周りを冷静に見ることができ、仕事がやりやすくなります。

②他人の業務を必要以上に手伝わない

仕事中の自分の時間を、他人のために使いすぎないようにしましょう。

他人の悩みを聞いたり、終わらない業務を必要以上に手伝ってしまうと、業務時間が削られてしまいます。

それだけではなく、いつも他人中心に動いていると「都合のいい人」のレッテルを貼られてしまうのです。

一度「都合のいい人」になると手伝うのが普通になり、手伝わなかったときに悪い印象を与えかねません。

業務時間は自分の仕事に集中すると、より精度の高い業務をこなすことが出来ます。

自分の業務に余裕が生まれたときに本当に困っている人だけを助けるようにすると、他人にも感謝されやすくなるのです。

③深い話に立ち入らない

人間関係を気にしないためには、程よい適当さを持つことが大切です。

長い間行動を共にすると、徐々に個人の深い話に立ち入る機会が増える傾向があります。

特に女性の多い職場では、嫌いな人の悪口も多くなるかもしれません。

職場内での悪口は、たとえ聞いているだけでも仕事での信用を失う結果につながります。

ネガティブな話が始まったら、適当に理由を付けてその場から離れるようにしましょう。

また「自己開示をすればするほど人は仲良くなりやすい」ということが知られています。

もしも適度な距離感を保ちたいのであれば、自分について積極的に話さないことをおすすめします。

聞き役に徹することで、ちょうどいい人間関係を築きやすくなるでしょう。

④期待しない

いつも他人にイライラしてしまう人は、周りの人に期待しすぎているかもしれません。

「ああしてほしい」という自分の期待と違う対応をされたときに、人はストレスを感じます。

口では都合の良いことを言っていたとしても、自分のことだけで精一杯な人は想像以上に多い傾向にあります。

他人の助けに過度な期待をせず「自分も他人も失敗して当たり前」という精神のもと、自分の仕事を全うしましょう。

良い意味で期待しないことで、仕事がスムーズに進んだときに喜びを感じやすくなります。

それどころか他の人が助けてくれた時には感謝の心も生まれるのです。

職場の人間関係を、煩わしいものではなく大切なものと感じることが出来るでしょう。

⑤客観的視点で接する

不機嫌な上司との人間関係を悩みに感じる人には「客観的視点」を意識することをおすすめします。

あなたの職場にも、気分によって周囲にイライラを当たり散らす上司がいるかもしれません。

自分の責任ではないのに、理不尽に怒られるときもあるでしょう。

内心イライラすると思いますが、そんなときに大切なのは「理不尽な感情に真っ向から反応しないこと」です。

客観的視点で相手を見ると「八つ当たりをしている子供と変わらないな」と、冷静に物事を判断できます。

上司がひどく幼稚に見えて、イライラを割り切ることが出来るでしょう。

理不尽な出来事にこそ大人な対応をすることで、あなたの周囲からの評価が上がる結果にも繋がります。

職場の人間関係は気にしないのがベスト

仕事の一番の目的は「売り上げを伸ばすこと」で、友達を作ることではありません。

職場内で無視されたり仲間外れになったとしても、仕事さえできていれば問題ないのです。

自分から進んで孤立する必要はありませんが、人間関係に悩みがあると仕事にも悪い影響を与えかねません。

今まさに職場の人間関係に悩みを感じる人は、気にしないことが大切です。

他人の行動を変えるのは難しいですが、あなたが変われば周囲にも良い影響を与えることが出来ます。

まずは仕事の効率アップを優先し、自分にとって理想的な職場を作っていきましょう。

関連する記事