つまらない人に当てはまる特徴と面白くない原因とは|役立つ改善・対処法も紹介

身近に話がつまらない人だと思う人はいないでしょうか。話がつまらないと思われる人には、共通する特徴があります。話がつまらない人の特徴を解説した上で、つまらない人への対処法を紹介します。また、会話を上達させる改善方法を紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. つまらない人はとにかくつまらない
  2. つまらない人に当てはまる特徴とは
  3. つまらない人として認識される原因とは
  4. つまらない人と扱われないためにできる改善策とは
  5. つまらない人との会話の上手な対処法とは
  6. つまらない人へやってはいけないNG行動
  7. つまらない人にはならないように

つまらない人はとにかくつまらない

あなたの身近に話が面白くない人はいないでしょうか。

話がつまらない人ほど、いつまでも話し続けるので疲れる、とストレスを感じたこともあるでしょう。

また、自分の話がつまらないと感じてしまう人や、話すことがないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

つまらないと思われる性格の特徴を解説した上で、つまらない人への対処法や改善法についても紹介します。

つまらない人に当てはまる特徴とは

まずは、つまらない人に当てはまる特徴を解説します。

つまらないと思う人や、自分の性格に当てはまるものがないか参考にしてみてください。

コミュニケーションが取れない

自分ばかり話し続けたり、人の話を聞くだけの人は、つまらない人と思われやすいです。

自分ばかり話していると、相手は「自分の話を聞いてくれない」と思うので、会話が成り立たないと感じます。

反対に黙って話をしてくれないと「距離を置きたいのかな」と相手に思われ、コミュニケーションが断たれてしまうでしょう。

相手の気持ちが分からない

相手の感情が分かる人であれば、相手の顔色を判断しつつ話題を選べるでしょう。

しかし、相手の感情が分からない人は自分の話したいことを話し続けてしまいます。

自己中心的な態度が、つまらないと思われる原因になります。

個性が感じられない

仕事ができる、特技があるなど目に見えて個性が感じられる人ほど、人を引きつけやすいでしょう。

人は個性があるからこそ、自分と違う他人に興味を持ちます。

しかし個性を感じられない人は中身がないように見えるので、一緒にいて面白くないと思われやすくなります。

自分の意見を言わない人は、何を考えているのか分からず、個性がないと思われやすいです。

喜怒哀楽が分かりにくい

話しているときに喜怒哀楽が分かりにくい人は、面白くない人と思われやすいでしょう。

リアクションが少ないと何を考えているのか分かりにくいので、話していてつまらないと思われやすくなります。

反応が薄いと、話を真剣に聞いてくれていないと思われて、相手を不快な気分にさせてしまう場合もあります。

単調な生活を送る

平日は仕事、休日は寝るだけなど、毎日同じような生活を送っていると、話題も単調になりがちです。

毎日同じような生活を送っている人は、同じような話題しか話さないので、面白くない人と思われやすくなります。

同じような生活を送っていると、視野も狭くなりがちです。

視野が狭いと、話に中身がない、話すネタがないなど、面白くない人だと思われやすい原因になります。

新しいことに興味を持てば、人と話す内容も毎回変わってきます。

話題のネタを知っていれば、話で人を引きつけやすくなるでしょう。

ネガティブな性格

つまらないと思われる人には、愚痴や悪口ばかり話す特徴があります。

ネガティブな話ばかりされていると、相手も暗い感情になってくるので「この人とは話したくない」と思われる原因になります。

暗い話ばかりしても何も生まれないので、くだらないことばかり話す人だと嫌われやすくなるでしょう。

仕事では、上司が部下に愚痴ばかり話していると、部下から好かれない、尊敬されない原因にもなります。

つまらない人として認識される原因とは

つまらない人に当てはまる特徴について解説しましたが、つまらない人と思われる原因についても解説します。

身内ネタばかり話す

特定の人しか知らない話をすると、事情がよく分からない人は返事に困ってしまうでしょう。

特定の人とは家族だけ、仕事関係だけなど限られた人間関係のことです。

共感できない話ばかりされてもつまらないので、話の内容がよく分からない人からは、話がつまらないと思われる原因になります。

鉄板ネタだと信じ込んでいる

つまらない話を鉄板ネタだと信じ込んでいると、繰り返し話してしまうことがあります。

鉄板ネタばかり話していると、ありきたりな話しかしない人だと思われる原因になるでしょう。

つまらない話を繰り返ししてしまう人は、相手の感情が分からない人です。

コミュニケーションが上手い人は、相手が面白くなさそうな顔をしていれば話題を変えようとします。

しかし、相手の感情を考えていないので面白くない人だと思われる原因になってしまいます。

自分の話だけ聞いてほしいと思う

自分の話を聞いてほしい気持ちが強いほど、自分ばかり話してしまいがちです。

人によっては、相手の話をさえぎってでも、自分の話をしようとすることがあります。

しかし一方的に話し続けられると、相手は自分の意見を言えないので、ストレスを感じやすくなるでしょう。

会話のキャッチボールが上手くできない人は、つまらない人だと思われやすいです。

人からどう見られるか気にする

人からどう見られるかばかり気にしていると、自分の意見を言えなくなってしまいます。

当たり障りのない意見ばかり言うと、話を聞いてもつまらない人だと思われやすいです。

仕事では、自分の意見を言わないと職務怠慢だと思われる可能性もあります。

自分の意見を言わないと、何を考えているのか分からないと思われる原因にもなります。

何を考えているのか分からない人には魅力を感じられないので、人が離れていく原因にもなるでしょう。

適当に返事する

人の話を聞いて、適当に返事するだけの人は、つまらない人だと思われやすいです。

真剣に自分の話を聞いてくれないので、会話したくないと思われるようになるからです。

自己愛が強く、他人に興味がない人は人の話を聞かない傾向があります。

人の話をきちんと聞かない人は、自分が話したときに相手からも同じような対応をされやすくなります。

つまらない人と扱われないためにできる改善策とは

つまらない人と思われると、人が寄りつかない、話をしてくれる人がいなくなるなどデメリットの方が多いでしょう。

つまらない人と思われないためには、自分の性格を改善することがまず大切です。

そこで、つまらない人と思われないための改善策を紹介します。

相手の話を聞く

自分の話ばかりしてしまう人は、相手の話にも耳を傾けることが大切です。

自分が話したら相手の話を聞く、という会話のキャッチボールを意識してみてください。

自分が話しているときに、相手が面白くなさそうな顔をしていたら、話題を変えてみましょう。

自分も相手も楽しく会話できるコミュニケーションが大切です。

結論から話す

「何を話しているのかよく分からない」と言われる人は、結論から話すようにしてみてください。

結論を話して、後から説明や理由を話す方が相手に伝わりやすくなります。

結論を先延ばしにして聴衆を引きつける会話術もありますが、それは話し上手な人が使えるテクニックです。

話すのが得意ではない人は、結論から話すようにしてみてください。

ポジティブに対応する

暗い話ばかりしていると、面白くない人と思われやすくなります。

自分が話すときは、なるべく明るい話、面白い話をするようにしてみてください。

たとえネガティブな話だったとしても、ポジティブな意見を話すことで前向きな人だと思われやすくなります。

また、何を考えているのか分からないと言われる人は、リアクションを大きくすることを意識してみてください。

喜怒哀楽を表情や仕草で、相手に伝わるよう表現すると相手に感情が伝わりやすくなります。

色々なことに興味を持つ

毎日同じような生活を送っていると、話題も同じようなものになりやすいです。

話題を増やすためには、普段から色々なことに興味を持つことが大切です。

色々なことを知るうちに話の引き出しが増えていきます。

興味を持ったことを始めてみると生活にも変化が起こり、退屈さなどネガティブな感情も起こりにくくなるでしょう。

失敗談を話す

人を引きつけるために成功談を話す人がいますが、成功談よりも失敗談を話す方が興味を持たれやすくなります。

人の失敗談を聞くのは参考になるだけでなく、誰にでも失敗はあるという共感性を持たせるからです。

自分の弱みや苦手なことをさらけ出せる人も、人を引き付けます。

つまらない人との会話の上手な対処法とは

つまらない人と思われないための改善法について紹介しましたが、身近に話が詰まらない人がいて困っている人もいるでしょう。

そこで、つまらない人への対処法について紹介します。

相槌を打つ

つまらない話だからと無視すると、相手を怒らせてしまう原因になります。

たとえ話の内容が面白くなくても「そうなんですか」「すごいですね」のように、相槌だけは打つようにしてみてください。

返事をすることで「あなたの話を聞いています」と伝えられます。

自分が話すことが好きな人は、話を聞いてくれるだけで満足するので、相槌を打つだけでも会話が成立しやすくなります。

話題を変える

相手の話がつまらないと感じたら、別の話題を自分から話してみましょう。

話題を変えることで会話のマンネリ化を防げます。

会話を続けたくないときは、相手の知らないような話をするのも対処法です。

相手が興味のないことを話すことで「あなたと私は嗜好や価値観が違う」と遠回しに伝えて、相手を遠ざけることができます。

質問する

相手が結論を言わず、何を言いたいのか分からないときは質問してみましょう。

結論を尋ねることで、相手も自分の話が分かりにくいと思われていることに気付く可能性があります。

同じ話ばかりする人には、話の中で疑問に思ったことを質問してみてください。

質問することで話題を別の内容に切り替えやすくなります。

身内ネタなど、自分によく分からない話をされたときは「事情がよく分からないので、何について話されているのか分からない」のように言ってみましょう。

質問することで、相手も自己中心的に話していたことに気付き、説明してくれる可能性があります。

その場を去る

つまらない話が長引きそうなときは「仕事があるので失礼します」のように、適当な理由を話してその場を去りましょう。

その場を去ることで、会話を切り上げることができます。

また、話好きな人の側にいると話しかけられやすくなります。

話しかけられたくないときは、普段から相手に近寄らないようにするのも対処法です。

つまらない人へやってはいけないNG行動

つまらない人への対処法について解説しましたが、つまらない人へやってはいけない対応についても解説します。

愛想笑いしたり、質問をして話を長引かせる

つまらない話を聞いているときに愛想笑いすると、相手は話が楽しいと思われていると勘違いする可能性があります。

また、話題を変えようとして相手に質問すると、更につまらない話が長引いてしまうこともあるでしょう。

自分から話題を変えるなどして、つまらない話を続けさせないように会話してみてください。

つまらないと指摘する

「あなたの話はつまらない」と指摘すると、相手を傷つけたり、喧嘩などのトラブルになる可能性があります。

いくら話がつまらなくても、あからさまにつまらなさそうな表情をするのも失礼です。

あなたにとってはつまらない話でも、他の人にとっては面白い話の場合もあります。

率直につまらないと言うよりも、話題を変えたり、忙しいと言ってその場を去るなど、話を長引かせないようにすることが大切です。

悪口を言う

「あの人は話が下手だね」のように悪口を言っても、何の解決にもなりません。

悪口を言うのでなく、つまらない人への対処法で紹介したような方法で接するようにしてみてください。

悪口を言うと、自分の性格が悪いと思われる原因にもなります。

つまらない人にはならないように

自己中心的な態度で接すると、つまらない人と思われやすくなります。

つまらない人にならないための改善法で紹介した方法を参考に振り返り、楽しい毎日を過ごしましょう。

関連する記事