気が利く人になる5つの方法・考え方|特徴や心理を紹介!違いは視野の広さ?

友人や同僚の中に、驚くほど気が利く人や、いつも心配りができる人はいませんか。気が利く人は仕事をスムーズにこなせるだけでなく、恋愛において男女ともにモテる傾向にあります。今回は、そんな気が利く人の特徴やなる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 気が利く人になりたい!
  2. 気が利く人に当てはまる特徴とは
  3. 気が利く人の心理とは?
  4. 気が利く人になるための5つの方法とは
  5. 気が利く人になるための考え方
  6. 気が利く人はみんなから愛される

気が利く人になりたい!

気が利く性格の人は仕事でも恋愛でも、相手から尊重され、好かれる傾向にあります。

仕事など組織で動くときには、気が利く人が1人いるか否かでプロジェクトがスムーズに進むかどうかが変わってくるほどです。

中には怖いくらい気が利くため、テレパシー能力でもあるのかと思う程、先読みをして行動できる人もいます。

そこで今回は、気が利く人の特徴や考え方の習慣を踏まえ、気が利く人になるにはどうすればいいか解説していきます。

好きな人のタイプが「気が利く人」という女性や、気が利く性格になって仕事を成功させたいと願う男性は必見です。

気が利く人に当てはまる特徴とは

まずは、気が利く性格の人の特徴を見ていきましょう。

気が利く人というと「頭がいい」イメージがありますが、それ以前に周囲の情報を「感じ取る」力が鋭い傾向にあります。

このような細かいところまで見る力や感情面が豊かな点は、どちらかというと男性よりも女性の方が当てはまりやすいです。

常に全体を見ている

気が利く人は細かいところはもちろん、全体を把握する力にも長けています。

例えば、会議中に議論が停滞したとき、一度気持ちを切り替えるために休憩を提案したり、意見を言いたそうな人に発言を促したりすることができます。

仕事の進行においても目先のタスクばかりではなく、長期的な視野で進捗を予測したり、メンバーの得手不得手を踏まえた采配ができるのです。

常に全体を見て行動できるのは、気が利く人ならではの特徴といえます。

観察力に長けている

気が利く性格の人は、気が利いた行動をする前に必要な観察力も素晴らしいです。

「なにか問題はないか」と周囲の状況を常に観察・把握することで、気が利いた行動をすることができます。

人の動きや表情を事細かにキャッチするさまは、まるで全身にアンテナがあるかのようです。

キャッチした情報を自分の中で整理して行動に移す、という一連の流れは習慣化されているからこそ自然にできるものなのでしょう。

気が利く人の観察力は仕事だけでなく、プライベートにおいても友人や恋人との関係性に活きてくる力となります。

感受性が豊か

気が利く性格の人、特に女性は感受性が豊かな傾向にあります。人の喜びや悲しみを、自分の気持ちのように感じているのです。

そのため、人が喜ぶようなことをしたいと自然に気が利いた行動ができます。

また、人に負の感情を極力抱かせないよう、ミスや争いごとなどを未然に防ぐように行動することもできます。

気が利く人の感受性は、他人の感情を深く推測して思いやることができる貴重な能力ともいえるでしょう。

先読みして行動できる

気が利く人は感受性が豊かな上、自分の中にある知識と周囲から受け取った情報から物事を予測する力も秀でています。

例えば雨の日の出勤日、仕事場の廊下が濡れてしまうことがあるでしょう。

大抵の人は「廊下を濡らさないように気をつける」ようにしますが、気が利く人はそれだけにとどまりません。

「濡れたとしてもサッと拭けるように雑巾があればいいな」「結構な土砂降りだから、何枚か準備しておこう」と考えられるのです。

このように、気が利く人は先読みして行動できるため、周囲の人から好ましく見えることが多いのです。

時には手を出さないことも心得ている

気が利く性格と聞いて、何でも手を貸してくれる人とイメージする人もいるでしょう。

しかし、真に気が利く人は時と場合によって「手を貸さない」選択肢を選ぶことがあります。

それは相手の成長のためであったり、相手の成功を邪魔しないためであったりします。

逆におせっかいだと思われる人は、この相手を思う気持ちが不十分なため、なんでもかんでも手を出してしまいがちです。

「相手のため」と思って何かを行うときは、本当にそうなのか否かを熟考することが大切になります。

気が利く人の心理とは?

ここでは気が利く人の心理を紐解いていきます。主な心理は以下の4つです。

いずれも優しさや思いやりがにじみ出ており、気が利く人のあたたかい本質が感じられる心理特徴となっています。

人が喜ぶ姿が好き

気が利く人は総じて、人の笑顔が大好きです。人の喜びを自分の喜びと同様に感じることができます。

そのため、たとえ他の人が嫌がる作業でも「皆の苦労が軽くなるのなら」と率先して取り組みます。

少し危うげな自己犠牲の精神が垣間見え、時にはいたわってあげたい程に他人に尽くすことができるのが気が利く人の特徴といえます。

誰であろうと嫌な思いをしてほしくない

気が利く人は感受性が豊かなため、喜びといった明るい気持ちはもちろん、悲しい・苦しいといった負の感情にも敏感です。

「見ているこちらがこんなに辛いのだから、当人はもっとつらいだろう」と、相手の気持ちを推測し、思いやる優しさがあります。

そのため、少しでも嫌な気持ちをする人が減るように、問題やミスが未然に防ぎたいと行動するのです。

これらの行動の結果が、周囲からみたとき「気が利く人」という評価に繋がっているのでしょう。

争いごとや問題が起きることが嫌い

気が利く人は誰かが嫌な気持ちになるのが嫌ななため、その原因となる争いごとや問題が起きることを何よりも嫌います。

そのため、先読みをして争いごとや問題の種を未然に刈り取るように行動します。

順番や場所を譲るのも、相手への思いやりはもちろん、いざこざに巻き込まれないようにしているところから来ているのでしょう。

気が利く人は順番や場所を譲ることによる不利益よりも、譲らなかったときの不利益を回避したいのです。

困っている人を見るといてもたってもいられない

気が利く人は優しく思いやりがあり、自己犠牲の精神にあふれています。

そのため、困っている人がいると見てみぬふりができないのです。

友人や仕事の同僚や部下、あるいは上司など身近な人間に対しては、もちろん日々気の利いた行動や言動をしていることでしょう。

しかし、本当に気が利く人はそのような目に見えるところだけでなく、見ず知らずの他人にさえスッと手を差し伸べることができます。

道に迷ってキョロキョロしている人、重い荷物をたくさん持って汗を流している人など、困っている人を見かけたら迷わず手助けします。

そこには見返りを求める気持ちは全くなく、当たり前のように手を貸してくれる姿は困っている人にとって神さま仏さまのように見えるでしょう。

気が利く人になるための5つの方法とは

では実際に気が利く人になるには、どのような方法があるのでしょうか。

ここでは、5つの方法をピックアップして紹介します。男女問わず「気が利く人になりたい!」という方は必見です。

人や周囲の環境に興味を持つ

人間は何事も興味がなければ、見よう・聞こう・行動しようとはしません。

そのため、気が利く人になるには、まず人や周囲の環境に興味を持つようにしましょう。

全身からアンテナを出している気持ちで、人の動きや表情をキャッチするのです。

歩くときはただ前を見て歩くだけでなく、目を動かして「困っている人はいないか」「異変が起きている場所はないか」と意識してください。

たくさんの情報を一気にキャッチしようとすると疲れやすいため、慣れないうちは少しずつ実践していくようにしましょう。

気が利く人をよく観察する

身近に気が利く人がいる場合は、その人をよく観察して「どんなところを見て、どんな行動をしているのか」を学び取ります。

自分だけでは気づかなかった視点を得られ、改めて気が利く人の凄さに圧倒されることでしょう。

この方法は気が利く人のテクニックを見習うのはもちろん、気が利く人が持つ素晴らしい観察力を身に着けるためでもあります。

時には素直に「どうしてそんなに気が利くんですか」と聞いてみるのも、1つの方法です。

広い視野で物事を見るようにする

気が利く人になるには、視野を広げて多面的に考えられるようにする必要があります。

ある1点だけに注目して行動しても、他の部分で支障を来したり、単なるおせっかいになったりしてしまう場合があるからです。

時には相手の成長のために手を出さない、という選択肢も持っておくと良いでしょう。

相手の立場に立って考える

本当の意味で気が利く人になるには、相手の気持ちを考えられる人になる必要があります。

「○○されたら大変だよね」「○○って言われたら嫌だよな」と考えられるようになると、自然とそれらを解決する行動や言動を取れるようになります。

ただし、思い込みでの行動は「おせっかい」になりかねないので厳禁です。

相手の性格や相手との関係性によって「おせっかい」か否か変わってきます。

そのため、これまでの相手の言動を思い返し、現状をよく観察した上で、行動を起こすべきかどうか考えていきましょう。

ちょっとした挨拶や声かけを意識する

観察力や相手を思う気持ちがあっても、いざ行動を起こすことに勇気が出ないという方もいます。

このような場合は「大丈夫?」「なにか手伝おうか?」といった、少しの声かけだけでも十分です。

相手にとって助けが必要ない場合は「大丈夫だよ」で終わりますし、必要な場合は「実はね」と話してくれることでしょう。

いきなり「○○は私がやるよ!」と言うと、人によってはおせっかいにとられかねないため、あくまでも相手の意志を尊重するといいです。

気が利く人になるための考え方

気が利く行動をするためには、次のような考え方を習慣化する必要があります。

いずれも仕事やプライベートをスムーズに進める上で大切な考え方のため、男女問わず習慣にしたい考え方です。

思い立ったら即行動

「思い立ったが吉日」という言葉があるように、行動しようと思ったときは即実行するように習慣化しましょう。

何事も後回しにする人は、自分のことで精一杯になりがちです。

そんな人が他人のために時間を割いて、気の利いた行動をするということができるでしょうか。

答えは「NO」です。

特に、気が利いた行動はスピードが命のため「思い立ったら即行動」を普段の生活から意識してみてください。

情けは人のためならず

本当の意味で気が利く人になりたい場合は、見返りを求めない姿勢が大切になってきます。

「○○してあげた」という気持ちが強いと相手に伝わり、おせっかいと感じられかねません。

逆に、相手が心からありがたいと感じられる行動ができたのであれば、求めずとも見返りはあるものです。

「情けは人のためならず」という言葉のとおり、良い行いは巡り巡って自分に返ってくることを覚えておきましょう。

相手へのリスペクトを忘れずに

たとえ気が利いているような行動をしても、心の底に人を見下す気持ちがあるとただの「おせっかい」になり果てます。

気の利いた行動や言動をするときはもちろん、普段から人に対する尊敬の気持ちを大切にしておきたいものです。

相手をリスペクトする姿勢は、謙虚な気持ちを芽生えさせてくれます。

謙虚な気持ちに伴った行動は周囲から好ましく見られ、仕事やプライベートにおける成功に一歩前進できることでしょう。

気が利く人はみんなから愛される

今回は気が利く人の習慣を踏まえ、気が利く人になるにはどうすればいいか紹介してきました。

気が利く人になるには、人や周囲の環境に対する興味を持ち、物事を広い視野で観察する力が必要です。

また、相手を思いやる優しい気持ち、そして相手の立場で考える想像力や豊かな感受性も大切になります。

気が利く人になって仕事やプライベートを成功させたい男性女性は、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

関連する記事