人間関係に疲れた時の対処法を伝授|めんどくさい人と付き合うのは人生のムダ!

人間関係に疲れた時はどうすればいいのだろうと悩む人は多いでしょう。そこで今回は人間関係に疲れた、めんどくさいと感じた時の対処法を解説していきます。友達や職場、仕事でつらい悩みを抱えたり、ストレスを感じている人はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 人間関係に疲れたことはありませんか?
  2. 人間関係に疲れた…と感じてしまう原因とは?
  3. 人間関係に疲れたと感じた時の対処法【職場編】
  4. 人間関係に疲れたと感じた時の対処法【学校編】
  5. 人間関係に疲れたと感じた時の対処法【友達・知り合い編】
  6. 人間関係に疲れたときのストレス解消法
  7. こんな人とは人間関係を断つべき
  8. 人間関係に疲れたときはしっかり休もう

人間関係に疲れたことはありませんか?

生きていれば人間関係に疲れたり、めんどくさいと思ったりすることはあるでしょう。

人間関係に疲れてしまえば、日常に支障をきたすことも珍しくなく、新たな悩みが生まれてしまうこともあります。

そんな時、どのように対処をしていけばいいのか悩んでしまう人は少なくありません。

今回は人間関係に悩みを抱えている人のために、シーン別の対処法や原因について詳しく解説していきます。

人間関係に疲れた…と感じてしまう原因とは?

まずは、人間関係に疲れた、めんどくさいと感じてしまう主な原因を解説していきましょう。

原因がわかれば、自分の悩みにあった対処法を見つけやすくなります。

自分の悩みやストレスと照らし合わせながら、悩みの原因を探ってみてください。

自分勝手な人が多い環境にいる

自分勝手な人が多い環境に身を置いていると、何もしていなくても疲れてしまうものです。

周りへの気遣いや常識、モラル等を無視した行動をする人がいると、めんどくさいトラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。

たとえ自分が周囲をまとめようとしても、自分勝手な人がいればなかなか上手くいきません。

結果的にストレスが溜まり、人間関係に関する悩みが増えてしまうのです。

周りを気にしすぎている

性格的に周りを気にしすぎているタイプの方は、人一倍人間関係に悩まされることが多いでしょう。

人の顔色を窺いすぎてしまうと、なかなか自分の意見が言えずにストレスが溜まっていくものです。

また、自分がなんとかしないといけないという使命感に駆られ、他人のために奮闘して疲れてしまう人も少なくありません。

他人を気にしすぎる日々はとても窮屈で、大きなストレスが溜まっていったり、つらいと感じたりすることも多いでしょう。

恋愛のいざこざに巻き込まれた

恋愛のいざこざに巻き込まれてしまうと、大半の人はめんどくさいと感じてしまうものでしょう。

恋愛が原因で、今まで築いてきた人間関係が壊れてしまうことも珍しくありません。

「今までの日常が壊されてしまう」「無駄に周りに気を遣わなければいけなくなった」という日々にストレスを感じることになるのです。

また、自分自身が当事者の場合は余計に疲れ、人間関係の悩みを抱えることになるでしょう。

自分が原因でその場の雰囲気を乱しているという罪悪感や、上手くいかないつらい恋愛に悩む日々は、確実にストレスが溜まる原因になります。

価値観が合わないコミュニティに属している

価値観が合わないコミュニティに属していることが原因で、人間関係に悩んだり、疲れたと感じたりしてしまうことも少なくありません。

多少なりとも気が合う人がいれば我慢はできるものの、合わない人ばかりの空間はストレスが溜まるものです。

そんな環境に日頃から身を置いていれば、自分が抑制されていることに悩みやストレスを感じてしまう人がほとんどでしょう。

他人と自分を比較しすぎている

他人と自分を比較しすぎている場合も、それが原因で人間関係に不満を抱いてしまうことが多いでしょう。

他人の実力や魅力と自分を比べ、その度に一喜一憂していれば疲れてしまうのも当然です。

どこかで他人と比較しても意味がないことを悟らないと、いつまでも他人に影響され続ける日々を送ることになります。

人間関係に疲れたと感じた時の対処法【職場編】

続いて、職場で人間関係に疲れた時の対処法を解説していきます。

職場で人間関係で疲れたり、悩んだりしてしまうと、思うように仕事ができなくなってしまうこともあるでしょう。

そうなると自分の評価に悪い影響を及ぼすことになり、最悪人生が狂わされてしまうこともあるかもしれません。

職場で人間関係に疲れたと感じている人は、早めに対処法を試して、つらい日々から脱却できるように心がけていきましょう。

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談できるのならば、思い切って悩みを打ち明けてみるのが良いでしょう。

職場の人間関係の悩みの多くは、仕事に関わるものも多いため、自分一人で解決できないことがほとんどです。

たとえば同僚から仕事を押し付けられているという悩みがある場合、仕事中は常に余裕がない状態に陥ります。

結果的に集中力が低下したり、プライベートな時間が削られたりして、仕事に大きな支障をきたすことになるでしょう。

しかし、それも信頼できる上司などに相談をすれば、注意をしてくれたり、上手く根回りをしてくれたりしてくれる可能性が期待できます。


合わない人とはできる限り接しない

職場に自分と合わない人がいる場合は、できる限り接しないようにしましょう。

同じ職場や部署の場合、完全に距離を置くのは不可能に近いでしょう。

しかし、極力顔を合わせないように意識したり、仕事以外の会話は避けたりすれば、多少のストレスは回避できるはずです。

可能ならば周りの人に相談して、協力してもらうことも考えてみましょう。

他人と自分を比較するのをやめる

他人と自分を比較する癖がある人は、少しずつでもその意識をなくしていくことを心がけてみてください。

比較することは、時に自身のモチベーションや自信を上げるきっかけになりますが、自信や冷静さを失うこともあります。

自信や冷静さを失うことが増えていけば自暴自棄になり、仕事だけでなく、日常にも支障をきたすことになるでしょう。

他人と比較をして劣等感に悩まされたとしたら、「でも自分はこれが出来ているから上出来」と自分を認めてあげてください。

そうすることで自己肯定感が増していき、次第に他人と比較することも減っていくでしょう。

プライベートの時間を大切にする

仕事を中心とした日々が続くと、職場の人間関係に対して必要以上に不満や悩みを抱えてしまう可能性が高くなります。

仕事に囚われた日々を過ごしている、気づけば職場の人間関係の悩みばかり考えているという人は、ぜひプライベートな時間を大切にしてみてください。

プライベートな時間を確保するのが難しいという人もいるかもしれません。

しかし、限られた中でいかに有意義に過ごせるのかを意識していけば、その時間はとっておきのものとなるでしょう。

結果的につらい職場の人間関係の悩みから疲れたと感じることも少なくなり、ストレスも解消されていくはずです。

完璧を目指さない

仕事の人間関係の悩みに疲れたり、抱えていたりする人は、何事も完璧を目指そうとはしていませんか?

仕事をする上でも、職場の人間関係を築く上でも、完璧を目指しすぎるということは、自分にプレッシャーを与え続けることになります。

そういったプレッシャーは、人一倍他人からの評価を気にすることに繋がり、つらい悩みやストレスに繋がるものです。

自身が完璧主義者だという自覚がある人や、完璧を目指しすぎていると気づいた人は、自分をその呪縛から解き放っていきましょう。

人間関係に疲れたと感じた時の対処法【学校編】

学校生活を送る上でも、人間関係に疲れたと感じてしまうことはあるでしょう。

むしろ学生時代は、誰もが人として未熟で余裕がないため、人間関係の衝突は起こりがちであるのも事実です。

そんな衝突や悩みが起こってしまえば、楽しいはずの学校生活もつらいものへと変わってしまいます。

学校生活で悩みを抱えている人、または抱えそうな人は、ぜひこれから解説する対処法を参考にしてみると良いでしょう。

合わない人とは関わらない

学校生活は職場とは違い、ある程度は合わない人と関わらずに済む環境です。

はじめは合わない人と距離を置くのは勇気が必要ですが、少しずつでも距離を置いていけば、自然と距離は離れていくでしょう。

しかし、中には共通の友達がいるから離れづらいという人もいるかもしれません。

その場合は信頼できる友達に悩みを打ち明けて、協力してもらうのが良いでしょう。

注意点としては、不満があっても喧嘩腰や嫌な態度で距離を置くのはNGです。

それによってトラブルが起きてしまえば、さらに人間関係の悩みは大きくなるため、気をつけてください。

別の友達と遊んでみる

普段あまり遊ぶことのない、別の友達と遊んでみるのもいいでしょう。

人間関係の悩みを抱えながらその友達やコミュニティと過ごすのは、大きなストレスを作り続けることに繋がります。

一緒にいることがつらいと感じたり、悩みを抱いていたりする場合には、別の友達と遊ぶことで気持ちがリフレッシュするはずです。

いつもと違った環境に身を置くことは、気持ちや考えを一旦冷静にさせてくれてくれる効果も期待できるため、悩み解決のきっかけに繋がります。

また、別の友達と遊ぶことで「この子といるほうが合っているかも」と気付けることもあるでしょう。

学校を休んでリフレッシュする

学校生活で人間関係に悩み、つらいと感じるのならば、思い切って学校を休んでしまうのもいいでしょう。

つらいと感じている学校に無理に足を運んでも、状況が好転する可能性は高くありません。

むしろストレスや悩みから、余計に学校に対してつらい印象を抱いてしまう恐れがあります。

また、一度学校を休むと人間関係の悩みがいつの間にか解決しているという場合もあるため、それを期待してもいいでしょう。

一人で楽しめる趣味を作る

必ずしも学校生活を送る上で、友達を作らなくてはならないわけではありません。

どうしても人付き合いが上手くいかない、人間関係の悩みに襲われ続けるのが嫌だと感じるのならば、一人で楽しめる趣味を作ってみましょう。

日頃から没頭できる趣味があれば、人間関係に悩まされた時でもストレス解消になったり、気持ちが落ち着いたりします。

また、他人に対しての執着も緩和されるため、そもそも人間関係に悩まされること自体減っていくこともあるでしょう。

ネットで気の合う友達を作る

ネット上で気の合う友達を作るのも、人間関係に疲れた時の対処法になります。

学校生活は気軽に人間関係を構築できるのがメリットではあるものの、同時に狭い世界で人間関係を作らなくてはならないというデメリットがあります。

もちろんその中で良い友達や関係を築ける人もいますが、必ずも全員がそうとは限りません。

自分が学校生活の中で人間関係の悩みを抱えることが多い場合には、自分と気が合う人は別にいるのだと割り切って考えてみましょう。

特にSNSでは注意点は多いものの、マナーやモラルを守れば気の合う友達と多く出会うことができる存在です。

実際に顔を合わせる必要もないため、気楽に仲の良い人と関係を築きたい人にはぴったりだと言えるでしょう。

人間関係に疲れたと感じた時の対処法【友達・知り合い編】

より身近な存在である友達や知り合いとの関係に疲れたり、悩んだりした場合、どのような対処法が適切なのか悩んでしまうものでしょう。

距離が近い分、対処法を誤ればより事態は悪化し、めんどくさいトラブルや大きなストレスに繋がる可能性があります。

その場合にはどうすることが適切なのか、友達や知り合いに対して悩みを抱えている人は、ぜひこれから解説する対処法を参考にしてみてください。

不満を素直に伝える

素直に気持ちを伝えられる関係ならば、人間関係の悩みや相手に対する不満を直接伝えてみることも対処法のひとつです。

実際に悩みや不満を打ち明けるのは勇気がいるものですが、上手くいけば一気に解決に向かうため、可能ならば試して損はありません。

もちろん伝え方を誤れば、相手を不愉快にさせたり、傷つけたりするリスクがあります。

そのため、悩みや不満を伝える際には言葉やタイミングを選んで伝えるように心がけましょう。

共通の友達に相談する

共通の友達がいる場合には、その友達に相談してみてはいかがでしょうか。

共通の友達ならば、事情を理解するのが早く、客観的な意見を言ってくれることを期待できます。

また、機転が利く立場ならば悩み解決のために、協力をしてくれることもあるでしょう。

心強い助っ人は、自分自身のストレスを緩和させることにも繋がります。

少しずつ距離を置く

身近に潜む人間関係の悩みは、非常にめんどくさいもので、つらいと感じることも多いでしょう。

いっそのこと距離を置いてしまいたい、そう思うのならば少しずつ距離を置いてみるのも対処法のひとつです。

あからさまに距離を置いてしまば、距離が近い分、不自然なあなたの態度に周りは不審に思ってしまいます。

場合によっては大きなトラブルの原因に繋がることもあるため、それはできるだけ避けたほうが無難でしょう。

少しずつ距離を置いていけば、不審に思われる可能性も低く、綺麗にフェードアウトできるはずです。

周りの様子を窺いながら、連絡や遊ぶ頻度などを落としてみてください。

一人の時間を楽しんでみる

日常的にずっと友達や知り合いと過ごしているという人は、一緒にいすぎることが原因で疲れている可能性が考えられます。

どんなに仲が良い関係でも、近すぎる距離は不満やめんどくさいと感じることが増え、悩みを抱くきっかけになってしまいます。

そんな心当たりがある場合には、一度友達や知り合いの時間はお休みして、一人の時間をぜひ楽しんでみてください。

誰のことも気にせずにいられて、好きなだけ趣味等に没頭できる時間というものは、自分を癒す最高の時間をもたらしてくれるはずです。

一人で過ごすのが寂しいと感じる人でも、一度やってみると「案外いいかもしれない」と思える場合もあるため、ぜひ試してみましょう。

縁を切る

幾度となく特定の友達や知り合いに関する悩みを抱えてしまう場合には、いっそのこと縁を切ることも考えてみてください。

縁を切ることは勇気がいることですが、合わない人間と過ごすことは、お互いストレスを感じたり、悩みを抱え続けたりする原因になります。

学校生活や仕事を一緒にする人の場合は、縁を切ることにはより勇気が必要かもしれません。

しかし、それでも大きなストレスを感じるくらいならばと思い切った決断をしてみることも、時には必要な選択になります。

特に何度も悩みの原因となっている不満を打ち明けていたにもかかわらず、改善されない場合は縁を切ることを本格的に考えてみたほうが良いでしょう。

指摘をしても改善されないということは、あなたに対しての誠意がない証拠になるため、無理して関係を続ける必要はありません。

人間関係に疲れたときのストレス解消法

どんなに気をつけていても、人間関係に疲れてしまうことは誰にでもあるものです。

そんな時、気軽にできるようなストレス解消法を知っていれば、ストレスや悩みとも上手く付き合っていけるでしょう。

では、具体的にどんなストレス解消法が人間関係の悩みへの対処法に繋がるのか、この項目では気軽にできるストレス解消法について解説していきます。

一人で過ごす時間を作る

たとえば、週に一日は一人で過ごす時間を作ろうと自分の中でスケジュールを予め決めておくことも、対処法のひとつです。

職場の人間関係や仕事がつらい、学校に行きたくないと感じても、一人で過ごす時間をご褒美に考えておけば気持ちも多少楽になる可能性があります。

特に普段一人で過ごす時間がなかなか取れない人は、一人になれないことが原因で余計に疲れていると考えられます。

多少強引にでも一人の時間を作れば、気持ちや考えが落ち着き、悩みに対して前向きに向き合えるようになっていくでしょう。

仕事中こまめにリラックスタイムを設ける

仕事中にこまめにリラックスタイムを設けてみることも、効果的なストレス解消法になります。


たとえばコーヒーや紅茶をじっくり楽しむ時間を設けてみたり、好きなアロマの香りを嗅いでみたりするのが良いでしょう。

そのくらいならば、職場で白い目で見られたり、仕事に支障をきたしたりする恐れはありません。

仕事場を離れずに1分、2分ほどでできるため、手軽にできるところも魅力的でしょう。

特にアロマは様々な効能や香りがあるため、自分の悩みや好みにあったものを選んでおくと、より効果が実感できます。

気軽にできるスマホアプリを楽しむ

気軽にできるスマホアプリを楽しむのも、ストレス解消法のひとつです。

今の時代、スマホアプリにも様々なものがあるため、自分に合ったストレス解消や癒やし効果があるものをぜひ探してみてください。

スマホアプリならば、いつでもどこでも基本的に楽しむことができますし、時間を取らないものがほとんどです。

ゲーム性重視のものから、癒やし効果重視のものまで幅広くあるため、職場や学校の休憩中にぜひ楽しんでみてください。

つらいと感じた時は散歩をする

人間関係に対してつらい、めんどくさいと感じたら、散歩をしてみるのもいいでしょう。

たかが散歩と思うかもしれませんが、自分のペースで散歩をしてみると、思った以上の気分転換に繋がることが多くあります。

また、散歩中に町並みや自然を楽しんでいれば、疲れた気持ちも癒やされていくはずです。

特に人間関係でつらいと感じている時は、一人になりたいと思っていることがほとんどです。

その場にいて我慢をするよりも、どこかにふらりと散歩に出かけたほうが精神衛生上確実に良いため、ぜひ散歩で気分転換していきましょう。

大自然が広がる場所に出かける

気軽とは言い難いかもしれませんが、時間や体力がある場合には、大自然が広がる場所に出かけてみることも良いでしょう。

自然を前にすれば、人間という存在の小ささを実感し、「自然に比べたら人付き合いの悩みなんて小さなものなのかもしれない」と思えることがあります。

もちろん、それだけでは人間関係の悩みの根本的な解決には繋がりません。

それでも気持ちが晴れやかになれば、悩みに対して前向きになれたり、ストレスが感じにくくなったりします。

近くに天然の自然がなり場合には、植物園や庭園などに出かけてみると良いでしょう。

睡眠時間を確保する

人間関係に疲れている時、体がだるいと感じることは珍しくありません。

むしろ何をするにもめんどくさい、だるいと感じてしまい、集中力等が低下してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、普段よりもしっかりと睡眠時間を確保してみてください。

気持ちが落ち込んだり、何に対しても悩みやすい時は、睡眠不足が原因で余計に疲れやすくなっている恐れがあります。

しっかりと休むことで心身の調子が落ち着く可能性があるため、疲れていると感じたらまずは睡眠から見直していきましょう。

美味しいものを食べに行く

人間関係に疲れた時には、美味しいものを食べに行くことで気持ちがリフレッシュすることもあります。

普段よりも少し贅沢な食事をすることは、幸福感を与えてくれるだけでなく、今まで頑張った自分を労ることにも繋がります。

また、気の合う友達がいる場合には一緒に出かけてみるのもいいでしょう。

一緒に美味しい食事をしながら、人間関係の悩みや愚痴を聞いてもらえば、ストレスを解消できるはずです。

こんな人とは人間関係を断つべき

日々過ごしていく中で、悲しくも「人間関係の悩みの原因になりやすい人」と出会ってしまうことがあります。

そういっためんどくさいタイプの人と出会ってしまえば、日常的に悩みやストレスにさらされてしまう可能性が高くなります。

人間関係を円滑に進めていき、余計な悩みを抱えないためにも、できるだけそんなめんどくさい人と関わらないほうが無難でしょう。

そこで最後に解説していくのが、人間関係を断つべきめんどくさい人の特徴です。

人間関係に悩んでいる人の中で、身近に特徴に当てはまるめんどくさい人がいる場合には、一度付き合いについて考え直してみると良いでしょう。

約束を簡単に破ってくる人間

約束を簡単に破ってくる人とは、距離を置いたほうが良いでしょう。

約束を破るという行為は、単純に相手の時間や気持ちを踏みにじる行為になります。

相手を軽んじているという気持ちの現れでもあるため、こちらが誠意を持って接したところで、振り回されてしまうことのほうが多いでしょう。

完全に距離を置く必要はありませんが、重要な約束は取り付けないこと、信頼しないことを念頭に置いておくようにしてください。

常識やモラルを軽んじている人間

基本的に常識やモラルを軽んじている人は、周りを振り回してしまうことがほとんどです。

非常識な振る舞いはトラブルの原因になることが多く、一緒にいればそれだけ巻き込まれてしまうことにも繋がります。

きちんと周りと誠実に向き合う意思がある人ならば、常識やモラルを学ぼうという意識を持ってくれるでしょう。

しかし、その素振りが見られない場合には、ただただ振り回され続ける恐れがあるため、距離を置いたほうが良いと言えます。

支配欲が強い人間

普段から言動が威圧的だったり、支配欲が垣間見えたりしている人とは、できるだけ距離を置きましょう。

こういったタイプの人は、自分の思い通りに周りが動かないと気が済まない人です。

強い言動によって相手を従わせようとしてくるため、身近にいるだけでストレスを感じ、つらい気持ちになってしまいます。

一度身近な関係になってしまうと距離を置くのは難しいかもしれませんが、そんな時には周りに協力してもらってください。

関係が長く続けばそれだけ支配され続けることになるため、注意しましょう。

人を傷つけることが多い人間

たとえ本心じゃなくとも、人を傷つけることが多いと感じる人とは距離を置きましょう。

「わざとじゃないなら」と思うかもしれませんが、時に無自覚というものは自覚があるものよりも厄介なものです。

無自覚で人を傷つけているということは、何が問題なのかがわからないため、自分の振る舞いを改めることができません。

一緒にいても傷つけられたり、人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるため、距離を置くのが無難だと言えます。

偏見や差別が強い人間

偏見や差別意識が強い人とは、できるだけ距離を置いたほうが良いでしょう。

自分がその人と同じ価値観でいられるのならば問題ないでしょうが、違和感を覚えたり、不快に感じる場合には距離を置いたほうがお互いの為になります。

たとえ偏見や差別が無自覚だとしても、その無自覚さは突然あなたやあなたの大切な人に牙をむく恐れがあります。

そうなると人間関係のトラブルはより複雑なものになってしまう可能性があるため、距離を置いたほうが良いと言えるでしょう。

人間関係に疲れたときはしっかり休もう

人間関係に疲れてしまった時は、一先ずしっかり休むことが大切です。

人間関係に疲れて、めんどくさい、つらいと感じた時の大半は冷静な判断力がなくなっている状態です。

その状態で物事を解決しようと思っても、上手くいきません。

また、人間関係の悩みはいくら自分が解決しようと思っても、上手くいかないときは全く上手くいかないものです。

ある程度割り切る気持ちも持って、人間関係を築いていく意識も普段から心がけていきましょう。

関連する記事