忙しい人は優秀?忙しい人の特徴・理由~仕事ができる余裕のある人との違いも解説

仕事やプライベートに追われる日々に、口癖のように忙しいと呟いてしまった経験はありませんか?そんな忙しい人は、何故か仕事が出来るという優秀なイメージを抱かれがちです。はたして本当はどうなのでしょう?今回は、忙しい人の特徴やその心理についてご紹介します。

目次

  1. 忙しい人には2タイプに分かれる
  2. 仕事ができないのに忙しい人に当てはまる特徴
  3. 本当に優秀で忙しい人に当てはまる特徴とは?
  4. 忙しいのには理由がある?
  5. 忙しいが口癖の人は周りからどう思われている?
  6. 忙しい状態から抜け出すための方法を紹介
  7. 忙しい今を駆け抜けよう

忙しい人には2タイプに分かれる

私生活を生きる上で忙しさは必ず付いて回るもので、口癖のように口にしてしまう人もいるのではないでしょうか?

仕事やプライベートだけでなく、家事や育児など目の回るような日々を過ごしている人もいることでしょう。

そんな忙しい人の定義は様々ですが、実のところ大きく2つのタイプに分けられることをご存じですか?

それは『本当に仕事やプライベートが忙しい人』と『仕事が出来ないせいで忙しい人』の2つです。

そしてその2つのタイプには、意外と分かりやすい違いもあります。

今回はそのタイプの違いと特徴、原因まで忙しい人に視点を置いてご紹介します。

自分はどちらに当てはまるか気になる、という方もいるでしょう。

是非、参考にしてみてください。

仕事ができないのに忙しい人に当てはまる特徴

忙しい人が大まかに2つのタイプに分かれることについて、お話ししました。

まずは『仕事が出来ないのに忙しい人』に注目してみましょう。

仕事が出来ない人は、仕事に対して物事の整理が出来ていなかったり、計画性を持って仕事を進めるということが苦手な特徴があります。

計画性を持たないために業務を後回しにしてしまったり、時には何から片付けていいか分からなくなってしまう時もあるようです。

しかし自分ではそのことに気付けず、つい言い訳のように忙しいと口にしている場合も多く、それが口癖になっている人もいます。

では、仕事が出来ないのに忙しそうにしている人は何故そうなってしまうのでしょう?

職場の状況や、個人の性格など原因は様々ですが、まずはその特徴についてご説明します。

仕事の納期がいつもギリギリ

仕事が出来ないのに忙しそうにしている人は、基本的にいつも納期がギリギリになりやすい傾向があります。

その原因は、取りかかりが遅い性格にあると言えます。

そのうち始めようと思っていたら、もうすぐ納期の日だったなんてことはしょっちゅうです。

いつも納期ギリギリで仕事に取りかかるため、とても忙しくしているような感覚になってしまうのでしょう。

その忙しさが口癖のように『ああ忙しい』と口を突いて出ているのかもしれません。

しかし実際は、自分の中でスケジュール管理が出来ていないだけの場合がほとんどです。

仕事の予定が管理が出来ていないと、取りかかるタイミングが遅れてしまうだけでなく、他の業務との兼ね合いも上手くいかなくなってしまいます。

納期がギリギリになりやすい性格の人は、自分の仕事のスケジュールなどを見返してみましょう。

仕事に対して計画性がない

仕事が出来ない人は、物事に対して計画性が持てない特徴があります。

ある意味、ルーズな性格であるとも言えるでしょう。

基本的に、仕事は納期ギリギリでも間に合いさえすればいいと思っているため、残業や時間外の労働になりやすいのです。

時間外での労働は、一見忙しそうに感じてしまいますし少し大変そうにも見えます。

しかし実際は、計画を立てて行えば残業などせずに済むことが多いのです。

本人は、それに気付けないまま言い訳のように忙しいと口にしている時が多いため、注意が必要です。

NOと言えない性格

仕事が出来ない人は、ただ計画性がないというだけではありません。

日々頑張っていても忙しい人は、断るいうことが苦手な性格にあります。

基本的にNOと言うことができないため、どんどん仕事を抱え込んでしまいそれをこなすことに忙しくなってしまうことがほとんどです。

仕事には自分のペースと許容範囲があります。

まずは自分の状況を理解して仕事を選びましょう。

出来ない量の仕事を抱えても、あなたにとってのプラスにはなりません。

挑戦することは悪いことではありません。

しかし、人にはそれぞれ自分の力を最大限に発揮できるラインというものがあります。

それを超えた仕事量はあなたにとって重荷になるだけでなく、つい言い訳のようにマイナスな言葉を口にしたりと悪循環を生みかねません。

あなた自身の評価にも関わってくる問題です。

時にはNOと言える勇気を持ちましょう。

本当に優秀で忙しい人に当てはまる特徴とは?

仕事が出来ない人ほど、忙しくなりがちだとお話ししましたが、仕事が出来る人が忙しくないというわけではありません。

仕事が出来る優秀な人にも忙しくしている人は多くいます。

しかし優秀で忙しい人は、その実『忙しい』と自ら口にすることは少ない傾向にあります。

どれだけ仕事が忙しくても、その中できちんと計画を立てて物事を進めているためです。

常に周りとのバランスを考え、自分の出来る範囲で手早く仕事をこなしているのです。

そのため、忙しさを言い訳にするようなことはありません。

性格や言動にも無駄な慌ただしさはありません。

では『優秀でも忙しい人』には、どのような特徴があるのでしょうか?

仕事の優先順位がしっかりしている

仕事が出来る人は、常に全体に目を配り状況を把握しているため、自分の仕事の優先順位がしっかりついている場合がほとんどです。

そのため、一日の業務もある程度計画が立てやすく、バランス良く仕事を進めることが出来る特徴にあります。

仕事にある程度の順序を決めることで、他の業務に対しても余裕が生まれ、今自分が何をすべきかが明確化されます。

仕事が出来る人は、それを効率よく行っているため忙しい毎日の中でも、自分に余裕を持てるのです。

急なトラブルにも対応できる

仕事には、急なトラブルや緊急事態はつきものです。

そんな状況に慌ててしまう人もいますが、仕事が出来る人は常にトラブルなども想定して行動していることが多いため、落ち着いて対応できます。

急なトラブルにつられて、自分もミスを起こしてしまうなんてことは無く、常に落ち着いて状況判断できる冷静さがあるのです。

普段から仕事に対して計画性を持ち、広い視野で状況を見ているためです。

万が一ミスをしてしまったとしても、次に繋げようと前向きに考えられるのでずるずる引き摺ることはありません。

忙しさを言い訳することもないでしょう。

仕事とプライベートをしっかり分けている

仕事が出来る人は、その分プライベートを充実させている人が多い傾向にあります。

だらだら仕事をすることはありませんし、時間内に集中して仕事を終わらせるため、プライベートまで業務を引っ張ることはありません。

仕事中は集中していて、大変なことも多いと思いますが、その分プライベートを充実させることでストレスを溜めないようにしているのでしょう。

プライベートをより良く過ごすことが、仕事を頑張る活力に繋がっているのです。

忙しいのには理由がある?

基本的に忙しくなってしまう原因はそれぞれでしょう。

しかし、忙しくなる理由は意外と根が近いことが多いのです。

ここからは忙しくなる理由に視点を置いて、ご説明します。

宜しければ、参考にしてみてください。

人の仕事までやっている

決して自分がやらなくてはいけない仕事ではないにも関わらず、気付いたら自分がやっていたなんてことはありませんか?

それは職場だけに限りません。家事や育児も同じです。

例えば、仕事から帰ってきてからの家事や育児は女性だけの仕事でしょうか?

分担できることは分担し、個々の仕事量を減らしていけば少しは忙しさも軽減されるはずです。

誰でも忙しいことに変わりはありません。

『忙しい』を自分だけの言い訳にするのはやめましょう、大切なのは助け合いです。

助け合うことにより、周りも自分にも余裕ができるため、生活環境に良い循環が生まれるのです。

仕事に没頭しようとしている

人は何か嫌なことや逃げたいことがあったとき、別のことに没頭して忘れようとする性格にあります。

別世界へ逃げ込んでいるとも言えます。

その対象が、仕事である場合も少なくないでしょう。

仕事に没頭することで、他の考えたくないことから目をそらしている場合が多いのです。

基本的に逃げても物事は解決しません。

まずは逃げるのでは無く、問題に向き合うことから始めることをおすすめします。

連絡手段が発展したため

一昔前はネットやLINEなどは発展しておらず、その日の仕事さえ終えてしまえば、その後まで仕事のことを考える必要はありませんでした。

今はメッセージアプリが普及し、いつでもどこでも連絡が取れる状態です。

それにより、仕事とプライベートの境が曖昧になってしまっているとも言えるでしょう。

仕事の時間は終わったけど仕事に関する連絡がどんどん来るなど、気持ち的に休まらない時も多く酷い時は予定が狂う場合もあります。

得に仕事を断れない体質の人は、急な連絡事項にも対応してしまう性格にあるため、なかなか忙しい日から抜け出せないこともあるでしょう。

忙しいが口癖の人は周りからどう思われている?

忙しいことは決して悪いことではありません。

しかし常に忙しいと口癖のように口にしている人は、周りからどの様な印象を持たれているのでしょうか?

周りからのイメージをご紹介します。

『忙しい』が口癖の方は、是非確認してみてください。

いちいち言われて鬱陶しい

口癖のように忙しいと言われ続けると、周りは少し鬱陶しさを覚えることがあるようです。

忙しいのは、あなただけではありません。

少なからず、周りも忙しい環境に身を置いていることを忘れないようにしましょう。

自分のことばかりで、周りを考えずに口にする『忙しい』は自分勝手な発言に思われてしまう可能性があります。

忙しいという言葉も、口にしすぎると言い訳染みて聞えてしまうので注意が必要です。

助けてアピールに聞こえる

忙しいが口癖の人は、何かある度にその言葉を口にする特徴にあります。

そのため周りから『大丈夫?』『手伝おうか?』といった手助けの言葉を待っているのでは、と感じる人もいるようです。

先程も言いましたが、忙しいのはあなただけではありません。

周りが手助けを求めている場合もあるため、事あるごとに忙しいと口にしている人は見ていて不愉快に感じてしまうこともあるでしょう。

特に仕事の面で、いつも周りから手助けを受けている人は、仕事ができない言い訳で忙しいと口にしているのではと思われがちです。

いくら忙しいと感じていたとしても、言い過ぎには注意が必要と言えます。

声をかけたり誘ったりしずらくなる

口癖のように忙しいと口にしている人は、とても声がかけにくい存在と言えるでしょう。

いつも忙しくしているイメージを持たれているため、あまり気軽に声をかけてはいけないと思われているためです。

その結果、人間関係が浅く薄い関係ばかりになってしまう可能性があります。

人付き合いは生活していく上で、とても大切なことです。

時には鬱陶しく感じてしまうこともあるかもしれませんが、忙しいあなたを助けてくれるのも人付き合いから生まれるものなのです。

忙しい状態から抜け出すための方法を紹介

忙しいと口にしている人ほど、仕事に計画性や余裕がない特徴があるというお話しをしました。

それだけでなく仕事が出来ない印象を持たれたり、忙しいをその言い訳に使っていると思われてしまいがちです。

ここからは、マイナスイメージの多い忙しい状態から抜け出すための方法をご紹介します。

仕事に計画性を持たせよう

今一番やるべき業務はどれなのか、常に仕事に対して優先順位をつけることを癖づけてみてください。

仕事に優先順位を付けることで、今やらなくてもいい業務が見えてくる筈です。

また、一日の作業に計画性も生まれるので余裕を持った過ごし方が可能になるのです。

納期ギリギリになって慌ててしまうことも減るでしょう。

少しずつでも業務に対して余裕が出てくると、口癖のように口にしていた忙しいも少しずつ改善されます。

言い訳のように聞えていた周りからの印象も変わる筈です。

生活環境を整えよう

仕事を円滑に進めるためにも、適度な休息と休憩は必須条件でしょう。

忙しさにも余裕を持てる人は、しっかり休息を取っているのでプライベートも充実しています。

逆に忙しさに忙殺されている人は、生活リズムが崩れがちのため普段からいいポテンシャルを保てない傾向にあります。

物事に対する計画性が乏しい性格にあり、自分の私生活まで仕事の犠牲にしてしまっているためです。

しっかり食事と睡眠を取り、適度な休息を取ることは自分の身体や精神を安定させてくれることに繋がります。

良い仕事をするためには、まず自分の生活環境から見直す必要があるでしょう。

時間の上手な使い方を知ろう

つい口癖のように忙しいと言ってしまう人は、時間の使い方が下手な場合が多く、常に時間に追われていることがほとんどです。

中には、時間の使い方なんてわからないという人もいるでしょう。

手段としては、本やネットから情報を得ることも出来ますし、タイムマネジメントの情報など役立つ話も多く掲載されています。

まずは、簡単にできる時間の使い方から勉強してみませんか?

時間の使い方を知るだけで気持ちにも余裕が生まれるため、言い訳のように口にしていた『忙しい』も少しずつ改善される筈です。

忙しい今を駆け抜けよう

今回は忙しい人に視点を置いて、お話しさせて頂きました。

周りにいつも慌ただしくしてる人はいませんか?または、自分に当てはまったという人もいるかもしれません。

忙しいことは悪いことではありませんし、むしろ忙しくないという人はほとんどいない筈です。

皆さん、何かしらを抱えて仕事と私生活の中で忙しい思いをしています。

慌ただしい毎日に追われて周りが見えなくなってしまったり、つい言い訳のように忙しいと口にしてしまう時もあるでしょう。

まずは、忙しく感じてしまう根本の原因から探してみませんか?

職場の状況や自分の性格の問題など、色々ある原因を一つずつ改善することで、今までにはなかった余裕と過ごしやすさが見えてくる筈です。

自分の私生活や態度、性格などを見直して忙しさと上手く付き合えるようにしてみましょう。

あなたの行動次第で、これからの生活が変わってきます。

関連する記事