臨機応変に対応するための考え方|柔軟に行動できない自分を改善するための方法を伝授!

臨機応変に対応するためには、少しのコツが必要です。臨機応変に対応できない原因を考えたり、改善方法を知ることで、あなたにも臨機応変さが身に付くでしょう。仕事やプライベートで大切にされる臨機応変に対応ができる人を目指して、考え方を少しずつ変えていきましょう。

目次

  1. 臨機応変に対応できない自分に嫌気がさす
  2. 臨機応変に対応できない原因とは
  3. 臨機応変に対応するための3つの考え方
  4. 臨機応変に対応するための具体的な改善策
  5. 臨機応変に対応する人には誰でもなれる

臨機応変に対応できない自分に嫌気がさす

過去の経験で、臨機応変に対応できずに自分で自分が嫌になった経験などありませんか?

臨機応変になるためにはどうすれば良いのか、悩んでいる人も多いでしょう。

臨機応変さというものは、生まれつきやセンスではありません。

行動や考え方を変えることによって、誰でも臨機応変に対応できる人になれるでしょう。

この記事では、臨機応変に対応できない原因や特徴を解説し、できるようになるための考え方や改善策を紹介します。

臨機応変に対応できない原因とは

なぜ、人は臨機応変に対応できないのでしょうか。

この記事を読んでいるあなたは、臨機応変に対応できない自分を変えたいと考えていることでしょう。

原因や特徴を知ることで、改善できる部分が見えてくる可能性があります。

深く考え込んでしまう

臨機応変に対応できない原因のひとつは、深く考え込んでしまうことです。

臨機応変に対応ができる人は、頭で考えるよりも早く行動しています。

そのため、他の人が深く考えて迷っていたり悩んでいる隙に、気の利いた行動が取れるのです。

深く考えこんでしまうという特徴は、もちろん悪いことではありません。

時には深く考え込んでみることも大切ですが、状況に応じてスピーディーで柔軟な対応が必要なケースもあります。

柔軟に考えることができない

臨機応変に対応できない原因は、柔軟な考え方ができないという特徴があるからです。

例えば、コピーをしている最中にお客様が来られ「コーヒーを持ってきてほしい」と言われたとしましょう。

臨機応変に対応できる人は、コピーよりもお客様を優先して、コーヒーを持っていきます。

しかし臨機応変に対応ができない人は、柔軟な考えができないため、お客様よりも自分の仕事を優先してしまうでしょう。

視野が狭い

臨機応変に対応ができない原因のひとつとして、視野が狭いという特徴が挙げられます。

周りが見えていないため、気の利いたことや機転を聞かせるということができないのです。

後輩の様子を伺ったり先輩の機嫌を把握していると、どんな行動をすれば相手が喜んでくれるのかがなんとなく分かります。

それが分かれば、不測の自体にも対応しやすくなり、臨機応変さも身に付くでしょう。

経験値が少ない

臨機応変に対応できない原因のひとつは、経験値が少ないということです。

臨機応変な対応ができない人は、失敗や成功の経験が少ないため「こうなったらああなる」という予測が立てられません。

逆に臨機応変な対応ができる人は、これまでの経験値により、先を予測する能力が備わっています。

自分を鍛えるつもりで、経験値をたくさん積んでみてください。

自分の考えだけで動いている

臨機応変に対応できないのは、自分の考えだけで動いていることが原因のひとつです。

例えば、臨機応変に対応できない人は、分からないことを質問するということが苦手です。

普通は分からないことがあれば上司や先輩に質問し、自分の考え以外のことを吸収しようとします。

しかし、臨機応変な対応ができない人は「全部自分の力でやらないといけない」と思い込んでしまっているのです。

プライドが高い

臨機応変に対応できない原因として、プライドが高いことが挙げられます。

プライドが高い人は、自分の行動に自信を持っています。

自分の中でのルールがきっちり出来上がってしまっているので、やり方を変えるということが難しいのです。

臨機応変に対応するためには、修正点やマニュアル以外のことについても、柔軟に対応しなければいけません。

臨機応変に対応するための3つの考え方

臨機応変に対応するためには、考え方を少し変えてみましょう。

ポイントとなる3つの考え方について解説していきますので、参考にしてみてください。

1.頭で考えるより早く行動をする

臨機応変に対応するためには、頭で考えるより早く行動することです。

あれこれ考えるよりも、すぐに行動することを心がけていれば、あらゆるケースに体が瞬時に反応してくれます。

結果的に臨機応変な対応を次々にすることができ、頭でいろいろ考えるよりも素早く行動できるのです。

「何も考えずにとりあえずやった方が、仕事が早く片付いた」という経験はありませんか。

まずは、行動することを大切にしてください。

2.相手が望むことに対して的確に対応する

臨機応変に対応するためには、相手が望むことに対して的確に対応することです。

例えば、あなたがレストランのウエイトレスだったとして、子供連れのお客様が来店されたとしましょう。

その際、子供用の食器を持っていってあげるというような行動が、臨機応変に対応するということです。

相手が望むことに対して、的確に先回りする考え方を癖にしておけば、臨機応変に対応することも可能となります。

3.状況に合わせて柔軟な対応を取る

臨機応変に対応するためには、状況に合わせて柔軟な対応を取ることが大切です。

マニュアル通りに動くことは大切ですが、臨機応変に対応するためにはマニュアル外の行動も必要となっています。

定型の行動だけをするのではなく、状況や相手の気持ちをよく汲み取って行動したり考えたりしてみましょう。

臨機応変に対応するための具体的な改善策

臨機応変に対応するためには、具体的にどのようにすれば良いでしょうか。

改善策を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

言われてから5秒以内に行動を起こす

臨機応変に対応するための具体的な改善策のひとつは、指示をされてから5秒以内に行動を起こすことです。

臨機応変な対応をするためには、余裕が必要となります。

余裕を生み出すためには、仕事に追われないことが大切です。

そのために、指示されたことに対しては5秒以内にアクションをして、すぐに手を付けるようにしましょう。

例えば、3人から同時に仕事の指示や依頼があった場合、すぐにメモを取ったり優先順位を考えたりすることが大切です。

頭の中で指示を覚えておくのでは「とにかく忙しい」という気持ちのせいで、焦りだけが募ります。

その結果、余裕を持つことができずに、臨機応変な対応ができなくなってしまうのです。

数歩先を読んで仕事をする

臨機応変に対応するための具体的な改善策は、数歩先を読んで仕事をすることです。

例えば、1週間後に会議が控えているなら、早めに資料を作っておくようにしましょう。

直前に資料を作るのでは準備に不足が出る可能性もありますし、急な仕事が入ったら対応できなくなってしまいます。

早めの行動を心がけるようにすることで、臨機応変に対応できるようになり、周りからの評判も上がっていくでしょう。

周囲に気を配るようにする

臨機応変に対応するためには、常に周囲に気を配るようにしましょう。

例えば、常日頃から同僚に気を配るようにすることで、同僚の気持ちや様子の変化に気付くことができます。

同僚の調子が悪い場合などはすかさずフォローできるので、結果的にチーム全体の仕事の質も向上していくでしょう。

前向きに行動する

臨機応変に対応できるようにするには、前向きな行動を心がけましょう。

前向きな行動や考え方をしていれば、自然と好奇心や探究心が生まれます。

そのおかげで色々な知識を吸収することがでて、経験値も増えていくでしょう。

経験値が増えるとできることも増え、結果的に臨機応変な対応もできるようになるのです。

代替え案を用意する癖を付ける

臨機応変に対応できるようになるためには、代替え案を用意する癖を付けるようにしましょう。

「できません」「ありません」で答えるのは、相手にとって不親切です。

「できませんが、こういうことならできます」という別プランを用意してあげることで、相手も納得してくれるでしょう。

臨機応変に対応することができれば、相手に不快な思いをさせることなく、むしろ満足してもらえるようになります。

経験を積む

臨機応変に対応するためには、経験を積むようにしましょう。

経験を重ねていけば、視野が広がり様々な見方ができるようになるでしょう。

結果的に細かいところまで目が行き届くようになり、臨機応変に対応できる力も身につくでしょう。

臨機応変に対応する人には誰でもなれる

臨機応変に対応する人は、仕事でもプライベートでも貴重で、みんなから頼りにされます。

仕事では信頼を集めることができ、プライベートでは気の利く人として活躍できるでしょう。

今回紹介した改善方法などを実践すれば、日頃の行動や考え方を変えることでき、誰でも臨機応変に対応する人になれるのです。

生活をする上で、臨機応変さを少し意識してみてください。

関連する記事