めんどくさがり屋の性格や特徴は?原因と理由から改善方法を探る!対処法も紹介!

何事もめんどくさいと感じる…そんな方の意外な特徴や長所と短所を紹介します。めんどくさがり度の診断や対処法も合わせて解説します。めんどくさいと感じる自分を変えたい、めんどくさがり屋との上手な付き合い方を知りたい方は必見です。

専門家監修 |心理カウンセラー 塩﨑結菜
HP
現在は、心理カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得し、両方の知識・経験を活かしながら活動しています。
HP
現在は、心理カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得し、両方の知識・経験を活かしながら活動しています。

目次

  1. どうして人はめんどくさがるのか?
  2. めんどくさがりな人の特徴や性格
  3. 当てはまったらめんどくさがり屋かも?めんどくさがり度判定
  4. めんどくさがりになってしまった理由
  5. めんどくさがりになった原因
  6. めんどくさがりの長所を知ろう
  7. めんどくさがりの短所を知ろう
  8. めんどくさがりを改善する方法と手順を紹介!
  9. めんどくさがりな人との上手な付き合い方
  10. めんどくさがりは自分のペースで改善しよう

どうして人はめんどくさがるのか?

「宿題やらなきゃなあ、でもめんどくさいな」これこそが生まれてから始めて感じる「めんどくさい」ではないでしょうか。

小さい頃は何もかもが新鮮で楽しかったのに、成長していくにつれてめんどくさがり屋になったという方も多いです。

そこで今回は何事もめんどくさいと感じやすい人の特徴や心理、そして対処法について紹介します。

めんどくさがり度の診断や病気のリスクも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

めんどくさがりな人の特徴や性格

まずは何事もめんどくさいと感じる人の特徴や性格を見ていきましょう。

男女問わず納得できる部分や意外と驚く部分があるので、自分や家族などにめんどくさがりな人がいる場合はその人をイメージしながら読んでみてください。

なんとかなる精神の持ち主

めんどくさがりな人は楽観的な性格の場合があります。

めんどくさくいなと後回しにしたり、ミスしたりしても「まぁなんとかなるさ!」という開き直りができる人です。

ポジティブな人と言い換えることもできます。

細かいことが苦手

身だしなみやお金の計算といった生活に欠かせないことでも、めんどくさがりな人は「細かくて嫌だな、めんどくさいな」と感じやすい特徴があります。

実際にそれらを行うことが苦手な場合や、実行することを想像して疲れてしまう場合もあるでしょう。

物事を後回しにしがち

めんどくさがりな人と聞いて最もイメージしやすい特徴として、物事にすぐ取り掛からない点があります。

めんどくさがりではない人から見ると「すぐに取り掛かって終わらせたほうが楽なのに」と感じる特徴です。

特に学校や仕事において締め切りがある場合は、その性格が顕著に表れます。

夏休みの宿題を先に済ませてしまう子、終わる頃に慌てて取り組む子など、前者よりは後者の方がめんどくさがりな子が多いです。

また、病気があって通院している場合でも「病院行くのめんどくさいな」と足が遠のくこともしばしばあります。

1度遠のいた足が再び向くのは、病気の症状が悪化してからという場合も少なくありません。

例えば、歯医者に通っていた人がめんどくさいと行かなくなった後、ひどい痛みが出たことで泣く泣く再受診したということもあります。

身だしなみに気を配ることが少ない

「何事もめんどくさい人は細かいことが苦手」と紹介しましたが、それは身だしなみにおいても同じです。

学校や仕事に行くとき、人前に出ることを考えて身だしなみを整える方が多いでしょう。

しかし、何事もめんどくさい人は「人にどう思われるか」をあまり重要視しません。

そのため、身だしなみを整えるという行動に意味を見出すことが少ないのです。

この心理は特に男性に多い印象があります。

部屋が乱雑になりがち

この特徴もめんどくさがりな人をイメージしたときに、男女問わずパッと思い浮かぶ光景ではないでしょうか。

後述するめんどくさがり度診断でも出てくる特徴です。

もちろん、めんどくさがりな人の中でも「掃除しなきゃ」と考える人もいます。

しかし、何事もめんどくさい人は何かを「しなければならない」というプレッシャーがあると、逆にやる気をそがれてしまうのです。

結果、「めんどくさいから後で」「明日やる」「来週やる」といったように掃除は先延ばしになり、乱雑な部屋が出来上がってしまいます。

他力本願

何事もめんどくさいと感じる人は、ミスをしたりトラブルに巻き込まれたりすることが大の苦手です。

そのため、それらが生じたときの責任を問われる立場には、あまりなりたがらない特徴もあります。

大成功や出世を望まず、平穏な状態を保ちたい保守的な心理とも言えるでしょう。

少し言い換えると、他力本願な部分があると言えなくはないです。

どちらかというと男性よりも女性に多い印象があります。

ネガティブな思考や言動が多い

ここまでに紹介した特徴や性格の話の中でも、ネガティブな思考や言動が散見されました。

「めんどくさい」という言葉はもちろん、「嫌だな」「大変そう」などの付随する言葉はどれもネガティブです。

そのため、周囲の人からもめんどくさい人というだけでなく「ネガティブな人」と見られている可能性もあります。

塩﨑結菜

心理カウンセラー

「めんどくさい」「嫌だ」など一言で終わらせる傾向がある方は、「何故?(何が)めんどくさいのか」などともう一歩深く考えてみましょう。するとネガティブな思考に対しての対処方法も浮かびやすくなりますよ。

疲れることには挑戦したくない

スポーツをやり切ったとき、難問を解くことができたときなど、ぶわっと襲ってくる達成感が大好きという方がいる一方、めんどくさがりな人はそれらに価値を見出すことが少ない特徴があります。

頑張った後の達成感よりも、その後の疲労感をイメージしてしまい、やってもいないうちから疲れてしまうのです。

そのため、めんどくさいと感じやすい人はどちらかというとインドア派が多い印象があります。

運動の機会が少ないため、生活習慣病やそれに付随する病気になりやすい可能性も出てきます。

実は完璧主義者

めんどくさがりな人は意外と完璧主義者という性格が多いです。

めんどくさがりな人は物事を始めるにあたっての手順や準備するものを考えたとき、正確かつ合理的にイメージできます。

その上、それをしっかりやり遂げたいという気持ちも強いです。

しかし、その過程を考えだけで疲れてしまい、あるいは実践して疲れるであろう自分をイメージできてしまい、「めんどくさいな」という結論に至るのです。

やるからにはしっかりやりたい、でもしっかりやるにはめんどくさいこともやらなければならないと、めんどくさがりな人はその矛盾に悩んでいる人と言い換えることもできます。

他人や社会への関心が薄い

「身だしなみに気を配らない」という特徴でも紹介しましたが、めんどくさいと感じやすい人は基本的に自分以外の目や言葉に関心が薄いです。

言ってしまえば「人間関係ですらめんどくさい」という心理の持ち主でもあります。

外出時の用事はなるべく1か所で済ませたい

基本的には外出すらめんどくさいのですが、生活必需品の購入などでどうしても行かなければならないとき、めんどくさがりな人はなるべく労力を必要としないように、1か所で済ませることができないか熟考します。

例えば、食料品と医薬品を購入する場合を考えてみましょう。

めんどくさがりな人はスーパーとドラッグストアの2か所に行くよりは、その2つが併設されているデパートに行きたがるのです。

休日は家でゆっくりすることが一番の幸せ

休日に何も予定がなく、家でまったり過ごすことはめんどくさがりな人にとって至福の時間です。

アクティブな人から見ると「暇じゃないの?」と感じることでしょう。

しかし、何事もめんどくさいと感じやすい人はその暇な状態こそが、一番楽でありがたいのです。

当てはまったらめんどくさがり屋かも?めんどくさがり度判定

次にめんどくさがり屋かどうか、実際に診断してみましょう。

次の項目のうち、当てはまる項目が0~7個の場合は普通レベルです。

7~10個は予備軍、11個以上当てはまる人はめんどくさがり屋判定の目安となります。

これら全てに当てはまった場合は「極度のめんどくさがり屋」という診断になります。

果たして自分や家族などのめんどくさがり度はどのくらいか、該当箇所を数えながら読んでみてください。

①使ったものを元の場所に戻さない

一度持ってきたものを戻すのはめんどくさいと感じ、元の場所に戻さないということはありませんか。

後で場所が分からなくなって、更にめんどくさいことになる可能性もあります。

②物の定位置を決めない

テーブルや棚の上など、空いた場所にポイポイと物を置いてませんか。

物同士が重なって雪崩が起きたり、何がどこにあるか分からなくなったりします。

結局のところ、めんどくさい状況に自分で自分を追いやることになります。

③車の鍵やリモコンがなくなる

車の鍵やリモコンを探す時間が多いのではないでしょうか。

これらは足が生えて勝手に移動することはありません。

物の影に隠れている、テーブルの下に落ちている、という可能性があります。

④物を捨てることができない

「後で使うかもしれない」とドンドン物が溜まっていっていませんか。

整理整頓して残すならまだしも、その辺にポイッと投げ置いていては未来の自分がめんどくさい片づけをする必要が出てきます。

⑤バッグや財布の中が乱雑

仕事用のバックや普段持ち歩いている財布の中がぐちゃぐちゃになっていませんか。

「必要かもしれない」と不安になり、使用頻度が低いにも関わらずに持ち歩いているものもあるのではないでしょうか。

財布の中にレシートがたくさん溜まっているという方も、めんどくさがりな人という診断に1歩近づいてしまいます。

⑥トイレに行くのさえ億劫に感じる

排泄は生きていく上で欠かせない生理的な現象ですが、それすらもめんどくさいと感じていませんか。

億劫だからと我慢しすぎると、膀胱炎という排尿器官の病気にもなるリスクがあります。

⑦脱いだ服は裏返しになっている

洗濯物を干したときに衣類が裏返しになっていることに気づくことはありませんか。

それは衣類を脱いだ時点で裏返しになっているものです。

洗濯はしても衣類をたたんでしまうのはめんどくさい、という方は再度着るときになってようやく気づくこともあるでしょう。

⑧休日はパジャマから着替えない

特に外出の予定がない休日は、寝ても覚めてもパジャマのままということがありませんか。

着替えるのさえ億劫と感じるのは、めんどくさがり屋という診断にまた1歩近づきます。

⑨足で物を寄せたりスイッチを押したりする

手を使って扱うものでも、他人が見ていないときには足で操作するということはありませんか。

はしたないだけでなく、滑って転ぶといった怪我にもつながりかねません。

⑩茶渋がついたマグカップを使い続けている

マグカップを洗うことがめんどくさいと感じ、茶渋をつけたまま使っていませんか。

見た目ほど汚いものではないと考えているとしても、せめて水洗いはしましょう。

⑪棚やテレビの上にホコリが溜まっている

ふと気づいたときに棚やテレビの上を指でこすると、たくさんのホコリがついて驚いたことはありませんか。

そのときは掃除しても、定期的に行うのはめんどくさいという場合は要注意です。

⑫賞味期限が切れた食材に気づくまで時間がかかる

冷蔵庫を開けたとき、奥へ押し込まれていた食材の賞味期限がすでに切れていたということはありませんか。

冷蔵庫に食材を入れるときは、古いものを手前に置くようにする習慣をつけた方が良いでしょう。

⑬家計簿をつけない

毎日あるいは毎月の出入金をどんぶり勘定していませんか。

特に男性の1人暮らしで多くみられる特徴です。

今では銀行の出入金と家計簿アプリを連携させることができます。

家計簿をつけるのがめんどくさい場合は、このような便利な機能を活用するのも1つの方法です。

⑭天気が悪い日は家の中に引きこもる

雨風や雪が多いときは最高のおうち時間と感じていませんか。

「外出時に濡れるのが嫌」と思う場合はもちろん、天気が良い日でさえ外出したくないのであれば「極度のめんどくさがり屋」の診断になる可能性が高いです。

⑮楽する方法を考えるのが得意

学校の勉強や仕事の中で他人のやり方を見たとき「もっとこうすれば楽なのにな」と感じることはありませんか。

何事もめんどくさいと感じるからこそ、より効率的な方法を探し出すコツを身に着けている可能性が高いです。

めんどくさがりになってしまった理由

今度は「なぜめんどくさいと感じるようになったのか」その理由を解説していきます。

疲れが溜まっているから

学校や仕事が終わった後には疲れてしまう、ということは誰でも経験があります。

しかし、大抵の人はしっかり休養しリフレッシュすることで、次の日からまた頑張ることができます。

しかし、何事もめんどくさいと感じやすい人の多くは、その疲れが抜けきっていない状態です。

疲れが溜まっているときは、やる気を出そうにも出せないことは理解しやすいでしょう。

場合によっては不眠症やうつ病などの病気に繋がる可能性もあります。

興味を持つことが少ないから

何事もめんどくさいと感じやすい人は、そもそも何かに対して興味や関心を持つということが少ないです。

それは物に対してだけでなく、人や環境に対しても同じことが言えます。

自分の損得を第一に考えてしまうから

逆に自分に関わるメリットやデメリットは強い関心があります。

トラブルに巻き込まれたときの責任を問われたくないという他力本願な心理は、この理由が大きく影響しているのです。

やるなら徹底的にやりたいから

「本音としてはやりたくない、でもやる必要があるならミスのないようにしたい」と考えるのも、めんどくさがりな人の特徴的な心理です。

矛盾しているように感じますが、後述する原因を読むと納得できるでしょう。

めんどくさがりになった原因

次に何事もめんどくさいと感じやすくなった原因について見ていきましょう。

気力や体力の低下

めんどくさいと感じる原因として、加齢といった生理的な変化、あるいは学校や仕事を続ける中でのストレスが考えられます。

これらによって気力や体力が削られれば、そもそも何かを行おうとする心理は生まれにくいでしょう。

特にストレスは長期間かかり続けると、うつ病や適応障害といった病気に発展する可能性もあります。

しっかり休養できていない

たとえ気力や体力はまだまだ大丈夫という場合でも、適度な休養を挟まなければダウンしてしまうことは目に見えています。

心身の疲れが抜けきれないことは、次の仕事のパフォーマンスにも悪影響を及ぼすでしょう。

この原因は男女問わず働き盛りの方に多い印象があります。

仕事場ではシャキシャキと働いているように見えて、実は家では何をするにもめんどくさいという場合も少なくありません。

仕事場では笑顔で仕事を頑張っていたけど、実は仮面うつ病という病気だったという場合もあります。

頑張りすぎてしまった反動

燃え尽き症候群という言葉を聞いたことはありませんか。

必死に頑張って達成できた後、気が抜けたようにやる気をなくす状態のことです。周囲から見れば「あんなにできる人だったのに」と感じることでしょう。

しかし、その頑張りは未来の自分から気力と体力を前借していたようなものです。

学生時代に親や先生の求める良い子で居続けたという若い男女も要注意です。

周囲の目から離れることになる大学生や就職後から何事もめんどくさいと感じるようになった場合、この原因に当てはまる可能性があります。

完璧主義

これまで何度か触れてきましたが、完璧主義な場合も原因となり得ます。

特に日本では頑張った過程よりも結果を求める傾向にあるため、完璧主義者を生み出しやすい環境となっているのです。

完璧主義者はミスをしないように過程や結果、そしてその労力を熟考します。

しかし、それを想像できるからこそ「大変そう」と一歩踏み出すことが難しくなるのです。

それが周囲から見ると「何事もめんどくさいと感じる人」と見られてしまうのでしょう。

合理主義

何事もめんどくさい人は完璧主義な上、合理主義な面もあります。

ある種の聡さがあるために「大変な道」と「楽な道」が分かります。

楽な道があるなら、その道を歩きたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。

この心理は理論的な思考を司る部分が優位な男性に多いです。

しかし感情的な思考が優位な女性でも、熟考が得意あるいは熟考しなさいと育てられてきた方には合理主義を持ち合わせていることが少なくありません。

めんどくさがりの長所を知ろう

ここまで読むとめんどくさがり屋はデメリットが多いのでは?と感じやすいですが、実は長所もあります。

効率的に物事を進めることができる

何事もめんどくさい人でも、仕事をしなければ生活していけません。

そこで発揮されるのが、元来の完璧主義と合理主義です。

「いかに楽に、そして完璧に遂行するか」をよく考え、実行できる点は何事もめんどくさいと感じる人の隠れた長所と言えるでしょう。

周囲から見ても「そんな方法があったんだ」と驚かれるような斬新で効率的な方法を思いつくこともあります。

いざというときの集中力が凄まじい

めんどくさいと物事を後回しにしがちなため、締め切りのギリギリになってから行動することもあるめんどくさがり屋ですが、切羽詰まった状況だからこそ発揮される長所があります。

それは類まれなる「集中力」です。

火事場の馬鹿力ともいうべき集中力で、溜まった仕事やタスクをドンドンこなします。周囲から見れば「最初からそうすれば焦らないのに」と感じることでしょう。

しかし、何事もめんどくさい人はお尻に火がつかなければ動き出せないので「最後にちゃんとやってくれるならいいかな」と気楽に見守ってあげたいところです。

めんどくさがりの短所を知ろう

次にめんどくさがり屋の短所を紹介します。とはいえ、ここまでの内容である程度予想がつくことでしょう。

いつの間にか目の前に迫った締め切りに焦る

長所の項目でも触れましたが、何事もめんどくさい人は締め切りがあるものも後回しにしがちです。

締め切りを思い出したころには、すでに目の前まで迫っていたということも少なくありません。

もちろん、そのときに発揮される集中力は抜群なため、大体のタスクはクリアできるでしょう。

しかし、直前にバタバタしすぎると思わぬところでミスしたり、取りこぼしがあったりするものです。

特に複数人で進めるプロジェクトの場合は、他のメンバーのことも考えて早めの行動を心がけましょう。

他人との距離感が遠くなりがち

何事もめんどくさい人は、人間関係の築いたり保ったりすることでさえ「めんどくさい、どうでもいい」と思う人もいます。

もちろん、自分の心を守るために苦手な人から遠ざかることは、必要なことです。

しかし、自分と関わる全ての人と疎遠となっては、家族関係や仕事関係においてスムーズにいかないことも出てきます。

結局、自分1人で全部を背負い込み、余計に「めんどくさい」と感じる可能性も少なくありません。

めんどくさがりを改善する方法と手順を紹介!

ここではめんどくさいと思わなくするための方法を順番に紹介します。

何事もめんどくさいと感じてしまう自分を変えたいと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

塩﨑結菜

心理カウンセラー

インプットの次はアウトプットが大事です! 是非、上記の改善方法を試してみてください。 そして、「めんどくさい」と思う自分の感情を上手くコントロールする為に自分に合った対処方法を幾つか用意しておきましょう。

①しっかり休養する

まずはやる気の源である気力と体力の回復を図りましょう。

普通の人もここがしっかりしてないと辛いので、めんどくさいと感じやすい方は特に意識した方がいいです。

②優先順位をつけながらTo Doリストをこなす

次に物事に優先順位をつけるように習慣づけましょう。

締め切りが近いものや、早めに完了しておきたいタスクをピックアップします。

チェックリストに書いてもいいし、ふせんに書いて完了したものから剥がして捨てる方法もあります。

③まずは短時間から取り組んでみる

タスクを一気に片づけようとせず、まずは5分といった短い時間から挑戦しましょう。

スマホのアラーム機能を活用しても効果的です。

やり始めてしまえば、めんどくさがり屋の秘められた集中力が発揮され、あっという間に終わります。

④完璧を目指さず全力の80%ほどをイメージする

何事もめんどくさい人は完璧主義者でもあります。

しかし、完璧を目指すからこそ「やる前から疲れてしまってめんどくさいと感じる」要因にもなるのです。

そのため、80%ほどを目安に一度切り上げてみてはいかがでしょうか。

⑤頑張ったあとのご褒美を用意しておく

頑張った後は自分で自分を褒めてあげましょう。

ちょっとしたスイーツや見たかった映画のDVDなどを用意しておくと、俄然やる気が出てくるでしょう。

「次はどんなご褒美を用意して頑張ろうかな」と新しい楽しみの1つにもなります。

以上のような方法は「少しずつ、ゆっくり」を心がけてください。

途中でめんどくさいと感じたときは、一度だけグッと我慢して続けてみるのです。

きっと後になってから「なぜ自分はめんどくさいと感じていたんだろう」と疑問に思うほど、すんなりタスクを完了できていることでしょう。

めんどくさがりな人との上手な付き合い方

家族や友人、恋人、仕事仲間などでめんどくさがりな人がいる場合の付き合い方は次のような方法があります。

自分がリードして上手くやる気を引き出す

めんどくさいと感じる人は、考えることはできても一歩踏み出せずにいることが多いです。

そのため、周囲はその一歩を手助けするようにリードすると良いでしょう。

このとき、実際にできたら褒めるというのも大切です。

「喜んでもらえた」という経験は誰しも嬉しく、もっとやる気が出るものです。

めんどくさがりな人も「褒めて伸ばす」を意識すれば、スムーズな関係を築くことができます。

一緒に取り組めるものを見つける

この方法は特に恋人や夫婦の間で有効です。

例えば彼氏がめんどくさがりな人の場合、皿洗いを頼んでみるとしても「どうしたらいいか分からない」「難しい」と感じてしまうとすぐに「めんどくさい」と投げ出してしまいます。

この場合、自分が最初に皿洗いをして拭くのだけ手伝ってもらう、あるいは食器の泡を洗い流しもらうといった分担をしてみると良いでしょう。

洗濯は私、皿洗いはあなた、ではなく「一緒に同じことに取り組む」ところが大切です。

そして最後には感謝の言葉を伝えると、相手の心も少しずつ変わってくることでしょう。

めんどくさがり屋さんだと認める

他のどの方法を試すにしても、最も根本的に意識しておくと良いのは「相手を認める」ことです。

自分の立場に置き換えて考えてみてください。

ありのままの自分を否定されて変えようとされたとき、どう思いますか。

きっとポジティブに受け止めることは少ないでしょう。

人と人が上手に付き合うためには、めんどくさいと感じる人か否かに関わらず、まずは相手を受け入れて寄り添うことが大切です。

めんどくさがりは自分のペースで改善しよう

今回はめんどくさがりな人の特徴や診断の目安、改善方法などについて紹介してきました。

大切なのは「めんどくさがりになった原因」をしっかり突き止め、それに合わせてゆっくりと改善することです。

周囲もめんどくさがりな人を否定せず、相手を受け入れながら一緒に歩んでいく気持ちでいきましょう。

関連する記事