不屈の精神とは|意味や不屈の精神を持つ人の特徴や手に入れる方法を紹介

不屈の精神と聞いてどのようなイメージが思い浮かびますか。正しい意味と不屈の精神を持つ人の特徴、手に入れる方法をご紹介いします。成功者の多くが持っている不屈の精神は、ちょっとした意識で手に入れることができます。不屈の精神を手に入れて成功者の仲間入りをしましょう。

目次

  1. 不屈の精神とは何か?
  2. 不屈の精神を持つ人の特徴
  3. 不屈の精神を手に入れるとどうなる?
  4. 不屈の精神を手に入れる3つの方法
  5. 不屈の精神で成功を掴もう

不屈の精神とは何か?

不屈の精神と耳にすることはありますが、どういった意味なのでしょうか。「不撓不屈」と意味は違うのでしょうか。不屈の精神を手に入れるためにまずは意味を知りましょう。

「不屈」とは

「くじける」「負けてしたがう」という意味を持つ「屈」に、打ち消しの「不」を付けることで、「くじけない」「諦めない」という意味になります。また、類語に「不撓(ふとう)」があります。「不撓不屈」という四字熟語を聞いたことはありませんか。似た意味の言葉を重ねて使うことで、諦めない様子をより強調して表しています。

「不屈の精神」の意味とは

「不屈の精神」とは、どのような困難や障害に直面しても決して諦めず、立ち向かう心意気のことを意味します。「不屈の精神」「不撓不屈」と日本語では少し硬い印象がありますが、英語では「tough mind」と表します。「タフな心=困難に負けない人」とするとイメージしやすいのではないでしょうか。

「不屈の精神」の使い方

「不屈の精神」は所信表明や激励の場でよく耳にする言葉です。「不屈の精神で目標達成に向けて取り組む所存です」「一丸となって不屈の精神で挑もう」など大きな目標に向かう際に使われます。

「不屈の精神」の名言

また、名言も多く残されています。成功者の多くは不屈の精神をもって取り組んだ結果、その成功を手にしています。そのため、成功者が語る経験談には多くの名言が含まれているのでしょう。偉人の名言を読むことで不屈の精神を知ることができるかもしれません。

不屈の精神といえば、インド独立に尽力したマハトマ・ガンディーではないでしょうか。

強さとは、身体能力ではなく、不屈の精神から生まれるものだ。

インド独立という大きな目標のために、数々の困難に打ち勝ってきた偉人です。彼が残した名言には不屈の精神を知る手掛かりがたくさんあります。

不屈の精神を持つ人の特徴

偉人や成功者には不屈の精神を持つ人が多い印象がありますが、共通点はあるのでしょうか。不屈の精神を持つ人の特徴を知ることで、成功する理由が見えてきます。

揺るがない信念を持っている

不屈の精神を持つ人は、「こうなりたい」「こうしたい」という明確なビジョンを持っています。そのビジョンは絶対であるという信念がすべての行動の原動力になっています。その先に目標達成があると信じているのです。

どんな困難にも立ち向かう

不屈の精神を持つ人は、目標達成のためにはどんな困難にも立ち向かう精神力の持ち主です。自分の方法が正しいと信じている、努力をすれば困難を乗り越えられると信じているという特徴があります。

他人の言葉に惑わされない

他人の言葉に惑わされないのも、不屈の精神を持つ人の特徴です。周りから見ると無謀だと思えるようなことでも、必ず成功すると信じています。そのため、たとえ助言であったとしても信じた道を突き進むという特徴があります。

不屈の精神を手に入れるとどうなる?

不屈の精神を手に入れるとどうなるのでしょうか。性格や行動がどう変わるかを知ると不屈の精神が成功に繋がる理由が見えてきます。

考える力がつく

不屈の精神を手に入れると、考える力がつくようになります。なぜなら、「目標達成のために目の前の困難にどう立ち向かうか」を考えないといけないからです。不屈の精神を手に入れた人には「諦める」という選択肢はありません。問題解決のために必要なものは何か、自分に足りないものは何かを考え、分析していくことで考える力がついていきます。

考えを巡らせる中で大切なのが冷静さと客観性です。冷静さと客観性を身に付けることで、問題解決のために検討した案が、本当に実現可能かどうかを判断し、具体的にどのようなプロセスを辿るのかまで考えることができます。

行動力がつく

不屈の精神を手に入れると行動力もついてきます。どれだけ解決策を考えていても行動に移さないと問題は解決しません。状況が分析出来たら次はそれを行動に移す力が必要です。多少の不安があっても、信念を貫き、目標を達成するために「やるしかない」と動くことができます。

しかし、行き当たりばったりでは危険です。最短ルートで目標を達成するために、計画的に行動する必要があります。想定外の出来事が起こった場合も冷静に状況を把握し、計画を修正しすぐに行動に移すことができます。

自信がつく

不屈の精神を手に入れると、自信がつきます。自分で考え、行動したことで小さいながらも成功を経験できると大きな自信になるでしょう。目標達成は小さな成功の積み重ねです。得た自信は次の行動を起こす原動力になり、更なる成功に繋がります。もし失敗したとしても、行動したことや努力したという事実は経験になり、成功するための学びになるでしょう。

なかなか行動できない人の中には自分に自信が無い人もいます。小さなことでも何か成功することで「できる自分」というイメージが持てます。不屈の精神をもって行動すると少しずつ目標を達成することができるため、次の行動に移す自信に繋がります。自信を持つ、行動する、成功するという良いサイクルが生まれます。

不屈の精神を手に入れる3つの方法

生まれながらにして不屈の精神の持ち主だった人ばかりではありません。中には成功するために努力して、不屈の精神を手に入れた人もいます。手に入れる方法を3つご紹介いたします。意識すれば簡単に取り入れられる方法ばかりですので、ぜひ試してみてください。

①ネガティブにならない

「失敗したらどうしよう」と悪い方にばかり考えたり「どうせ自分なんて」と自分を否定したりしがちな人はいませんか。不屈の精神を持っている人はそういったネガティブな性格とは正反対です。急に性格を変えることは難しいかもしれませんが、ネガティブ思考に気付いたら「でも」とすぐにポジティブなことを考えるように意識してみましょう。

失敗した時に自分を責めたり、他人と比べたりするとネガティブな考えになりがちです。失敗したら原因を追究し、同じ失敗を繰り返さないようにするとポジティブな考えに変わります。また、他人との違いが気になる時は相手を褒め、自分に取り入れるにはどうすれば良いかを考えましょう。

②自分と向き合う時間を作る

不屈の精神を手に入れるために、自己認識は必要不可欠です。自分にとって大切なことは何か、どんな人間になりたいかなど、自分と向き合い自問自答する時間を作りましょう。1日10分で構いませんので、静かな場所で深呼吸しながら過ごすと、落ち着いて考えることができます。目標と現状が明確になり、達成までのプロセスが見えてくるはずです。

目標を設定した後もこの時間は大切です。これで良いのか、自分の中に違和感は無いか、現状を毎日確認することで信念はより強くなり、行動する原動力になります。また、自分の心地良い時間や空間は何かを考え知っておくとモチベーションの維持にも役立つでしょう。

③常に目標を持つ

不屈の精神を手に入れるために成功体験は大切です。そのため日常的に目標を持つことを意識しましょう。「5分早く家を出よう」「いつもより早く帰ろう」など、最初はとても簡単なことで構いません。慣れてきたら少しずつ目標の難易度を上げていきましょう。最初は無理そうだと思っていたことにも挑戦でき、意外と簡単に成功しているかもしれません。

1つ目標が達成できると前向きになれます。毎日無意識に行っていたことも目標にすることで成功体験に繋がるでしょう。目標を考えると計画的に行動するようになります。成功すると行動と考えに余裕が生まれ次の成功に繋がります。目標を立てる習慣を身に付け成功のサイクルを手に入れましょう。

不屈の精神で成功を掴もう

明日から急にポジティブな性格になり、不屈の精神を手に入れるということは難しいかもしれません。しかし、「ネガティブ思考をやめよう」「目標を持って行動しよう」と意識することは可能です。

意識することで、考える力・行動力・自信という不屈の精神の3つの特徴が身に付いてきます。「失敗は成功のもと」と自然と思えるようになってくれば不屈の精神の持ち主です。「座右の銘は不撓不屈です」と自信をもって言いましょう。

不屈の精神の持ち主は、目標達成までどれだけ時間がかかるかは気にしません。小さな成功を重ねて大きな成功を掴み取りましょう。

関連する記事