要領が悪い人の特徴や原因とは?改善方法を知って要領の良い人になろう

真面目に仕事に取り組んでいるにも関わらず要領が悪いという人がいます。これは、自分自身や周囲の状況を判断することが苦手、という特徴が原因となっていることが多いです。要領が悪い人も長所や短所を理解することで改善し、要領の良い人になることができます。

目次

  1. 要領が悪いと悩むことはありませんか?
  2. 要領が悪い人にあてはまる行動
  3. 要領が悪い人の特徴とは?
  4. 要領が悪い人に当てはまる考え方
  5. 要領が悪い人の長所・短所って?
  6. 要領が悪いときの改善方法とは?
  7. 要領が良い人の行動を真似よう
  8. 要領が悪いのは改善することが出来る!

要領が悪いと悩むことはありませんか?

仕事やプライベートなどで、自分って要領悪いのかも・・・と感じることはありませんか?特に身近に要領良く物事を進められる人がいる場合、比較してしまって「何で自分はこんなにどんくさいんだろう」と辛い気持ちになり、落ち込んでしまうこともあると思います。

特に仕事においては要領良く物事をこなせる人が評価されるため、改善して成長した姿を見せたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

要領が悪い人にあてはまる行動

では、要領が悪い人というのは、具体的にはどのような行動をしている人のことなのか見ていきましょう。

①仕事を溜め込んでしまう

要領が悪い人は、いつも仕事に追われているように見えます。やらなければならないことがたくさんあり、何から手を付ければいいかわからない、と混乱していることもしばしばです。それを辛いと感じているにも関わらず、頼まれたことを断れず、簡単に引き受けてしまう傾向があります。

優先順位をつけることが苦手で目の前のことから手を付けてしまうため、中途半端にやって放置していることもしばしばです。職場などでは「あれはどうなっているのか」と上司などから聞かれて思い出して慌ててやる、ということも少なくないでしょう。

②無駄な作業をしてしまう

要領が悪い人は、周囲からそれは今やらなくてもいいのに、と思われるような無駄な作業をしていることがよくあります。優先順位が上手に付けられず、先にやるべき仕事を後回しにして、今すぐ必要ではない作業をしていたりするために、同僚や上司をイラつかせてしまいます。

また、細かなことにこだわって何度も意味のない手直しをしてしまうため、作業時間が長くなってしまうのも要領が悪い人の特徴です。気づけば残業ばかりになってしまっていることも少なくありません。

③鞄の中や机の上が整理されていない

要領が悪い人は、身の回りも散らかっていることが多いです。頭の中が整理されていないのと同様に身の回りも整理されていません。作業に必要なものを探すだけで時間がかかってしまいます。これはその時々に起きることに次々に注意が移ってしまうために、前にやっていたことを忘れてしまい、そのままにしてしまっていることが原因のことが多いです。

④なんでも自分でやろうとする

要領が悪い人は、人に頼らず自分一人でなんでもやろうとする傾向があります。自分の能力を把握できておらず、これくらい一人で出来なければいけない、と思っていることもあれば、プライドの高さから人に頼むことができず、一人で抱えこんでしまうこともあるでしょう。

一人でもやりきり、成長しているところを見せたいと真面目に頑張っているものの、結果やりきることが出来ず、さらに落ち込んでしまうという負のスパイラルに陥っていることもあります。

要領が悪い人の特徴とは?

要領が悪い人は、何故このような行動をとってしまうのでしょうか。要領が悪い人の特徴を見ていきましょう。

①物事を覚えるのに時間がかかる

要領が悪い人は要領が良い人に比べて覚えるのに時間がかかるという特徴があります。それに加え何が必要で何が必要でないか、物事のポイントを掴むのにも時間がかかってしまい、上手に取捨選択ができません。他の人が一回で理解して出来ることを何回も繰り返してやっと身に着けることができる、というようなところがあります。

②集中力が乏しい

要領が悪い原因の一つには集中力のなさがあります。作業途中で集中力が切れてしまうために、様々な作業が中途半端になってしまいがちです。

集中力が乏しいことには作業への関心のなさがある場合もありますが、やる気があっても作業環境があっていないために注意がとぎれてしまうことが多々あります。このために周囲からは落ち着きのない人だと見られていることも少なくありません。

③全体像を見ることが苦手

要領が悪い人は全体をみて計画を立てるということが苦手です。物事を部分部分でしか見ることができないために、作業時間の見通しをたてたり、作業の順番を組み立てたりといった段取りを上手に組むことができません。また自分のことで手一杯になるために、他人の様子にまで気が回らず、協力して物事を進めるということも不得手です。

こうした特徴から、要領が悪い人は他人から問題点を指摘されても、何を言っているか理解できないことがあります。他人の見ている視点と自分が見ている視点がかみ合わないために、課題を共有することが難しいのです。要領の悪さを改善するにはまず課題の共有から始める必要があります。

④自分の能力を把握できていない

要領が悪い人は、計画倒れをしてしまうことが多いのですが、これは自分自身の能力が適切に把握できていないところからきています。自分が出来る以上の仕事を引き受けてしまうために、結果的に要領が悪くなってしまうのです。

要領が良い人は自分の得意なことを行い、苦手なことは上手に避けています。要領が悪い人はそのことに気づけず、仕事を引き受けすぎてしまうのです。

要領が悪い人に当てはまる考え方

要領が悪い人というのは基礎能力だけではなく、その考え方にも原因があることがあります。

①人の頼みが断れない

要領が悪い人には、人の頼みを断ることが苦手な人が多いです。人から頼まれると自分のキャパシティを超えていても「なんとかなるだろう」と考えて引き受けてしまいがちです。

その裏には「他の人ならばこれくらいのことできるはず」という考えがあることがあります。自分の能力ではなく他人の能力を基準に物事を決めてしまうために、オーバーワークになってしまうのです。

頼みを断ること自体が苦手、という人もいます。しかし、このタイプの人は目の前の作業にばかり追われ、自分で考える機会をなくし、気が付いたら言われたことしかできなくなっていることも少なくありません。一見他人から頼りにされているように見えて、実は成長の機会を失っているのです。

②人に頼ることはよくないことだと考えている

要領が悪い人は、不器用なのにも関わらず、すべて自分一人でやろうとしてしまいがちです。その原因としては、プライドが高くて人に頼めないこともあれば、頼むことが下手な場合もあります。どんなに辛い状況下でも、要領が良い人のように人に頼むことをよしとしないために、作業が積み重なっていき、要領の悪さを改善することが難しくなっていくのです。

③完璧主義

要領が悪い人の中には、神経質で真面目すぎる人もいます。一つ一つの作業を細かく確認しながら行うために要領が悪くなっているのです。他にやらなくてはいけない仕事があっても、ちょっとしたことでも気になってしまうために、一つの作業にこだわり続けてしまいます。他の人が手を抜いているような作業にも意味なく力を入れすぎてしまうのです。

④気持ちの切り替えが遅い

仕事で失敗をしたり、思うように進まないときに、なかなか気持ちが切り替えられず、作業を進められないタイプの要領の悪い人もいます。集中力が落ちているときは作業効率が悪いため、休んで次の日に集中してやった方がいいと考えられる時にも、要領が悪い人はその辛い気持ちを引きずったまま、ダラダラと作業していることが少なくありません。

こうした切り替えのできなさの裏には、自己肯定感の低さがあります。自己肯定感が低いとすぐにネガティブになってしまい、前向きに気持ちが切り替えられません。さらに切り替えが早い人と自分自身を比較して、気持ちが切り替えられない自分がダメな人間なのだから、辛い状態でも仕事はし続けなければならない、と考えて作業能率をどんどん落としてしまうのです。

⑤目標を決めない

要領が悪い人は、「いつまでにこれをやる」という目標を決めずに作業をしていることがよくあります。ゴールがない状態で場当たり的に目の前の作業をしていると、モチベーションはどんどん下がり、作業ペースは低下してしまうものです。

小さなことでも「〇時までにこれをやる」と決めて取り組めば、モチベーションにつながるだけではなく、自分の能力や作業ペースについて自覚するきっかけにもなるでしょう。要領が悪い人は、そうした取り組みをすることなく、ダラダラと仕事を続けてしまうのです。

要領が悪い人の長所・短所って?

要領が悪いということは短所しかないように思えてしまいますが、よくよく観察してみると、その中にも長所が見えてきます。長所と短所は裏表なのです。

①要領が悪い人の短所は?

要領が悪い人は自分の力量やキャパシティを見誤ってしまうため、仕事の能率が悪くなっていることが多いです。そのために同じようなミスを繰り返してしまったり、できない理由が周囲に理解されなかったりして、コミュニケーション面でのトラブルもでてきてしまい、信頼を失ってしまいます。

全体を見て計画を立てることが苦手なために、臨機応変に行動を変えることも難しいところがあります。生真面目に言われたことをこなすことは得意でも、トラブルがあった場合の対応は苦手な人が多いです。何が失敗の原因になっているか把握することも苦手なので、改善策を見つけることが難しく、成長も遅くなってしまいます。

こうしたことを繰り返してしまうことで、周囲に迷惑をかけるだけではなく、本当はできることがたくさんあるはずなのに、周囲から評価されなくなり、自分自身も辛い思いをするようになっていきます。

②要領が悪い人の長所は?

それでは要領が悪い人の長所はどこでしょうか。一つは生真面目に仕事に取り組むところです。細かいところが気になるというのは、逆に言えば、とても丁寧に仕事をしていることの現れです。時間をかけてでも丁寧に仕事をしたい人とは相性がよいです。また懸命に仕事に取り組む姿勢は周囲に好印象を与えるでしょう。

要領の悪い人はマルチタスクが苦手なことが多いのですが、これは逆にいえば一点集中して取り組むことが得意ということでもあります。様々な作業をする必要がある職場よりも、一つの作業に集中して取り組むような職場の方が向いていると言えるでしょう。職人気質であるとも言えます。

仕事に厳しく周囲にも厳しい人と比べ、優しくて頼みを断らず真面目に仕事に取り組む人は、周囲に安心感を与えていることも多いです。

特に人柄がいい人の場合には職場の雰囲気を良くすることに長けていて、人の嫌がる仕事を引き受けてくれたりと、たとえ能力が低かったとしても、場に必要とされていることも少なくありません。集団の中ではそうした役割を受け持つ人も必要なのです。

要領が悪いときの改善方法とは?

長所があるとしても、自分なりに成長するために、要領が悪いことは改善できるにこしたことがありません。ここでは要領の悪さを改善する方法をご紹介したいと思います。

①まず自分の能力を把握する

要領が悪いことを改善したい場合、まずは自分の能力をきちんと把握することが必要です。自分の出来なさを直視するようで辛いと思う方もいるかもしれませんが、ここから始めないと改善して成長していくことは難しいでしょう。「頑張ればできる」というのは無理をしている証拠なので、楽にできる範囲はどのくらいかを確認してください。

自分のキャパシティを知るために、ひとつの作業がどのくらいの時間で片づけられるかをざっくりとでよいので計測してみましょう。ひとつの作業にかかる時間と精神的負担を知っていれば、その仕事が引き受けられるかどうかわかるようになります。負担も漠然と考えるのではなく、1=楽、2=頑張ればできる、3=大変、などと数値化してみるのも効果的です。

②無理のないスケジュールを組む

自分の能力を把握したら、次に無理のないスケジュールを組みましょう。相手の依頼を断ることはいけないと思っている方は多いと思いますが、引き受けすぎて結果的に納期に間に合わなければ何の意味もありません。無理ない作業量で早く終わらせ、次の仕事を割り振ってもらった方が「仕事の早い人」という印象になり、結果的に評価が高くなる場合もあります。

慣れないうちは頭の中でスケジュールを組み立てることは難しいので、予定表に落とし込んで目に見えて確認できるようにしましょう。

その際に作業にかかる時間や負担レベルもあわせて書き込んでいくと、作業量が自分のキャパシティを超えているかどうかわかるようになります。場合によっては、「休み」というのをスケジュールに組み込む必要がある人もいるかもしれません。

スケジュールを立てたらその通りにこなさなければならない、と考えている人が多いと思いますが、ここでは自分のキャパシティを把握することが目的なので、スケジュール通りに出来なくても構いません。出来なかった場合に数値を修正したり、なぜ出来なかったか原因を把握することの方が大切です。

スケジュールの優先順位をつけられるようになるだけでも要領の悪さは改善されます。重要度や緊急度を把握し、優先度の高いものから順に片づけていくとよいでしょう。

仕事が積み重ねっていることに焦ってしまう場合には、小さくてすぐ終わる仕事を先に片づけて量を減らしてから、重要な仕事にじっくり取り掛かるやり方があっている人もいます。自分にあったやり方を探していきましょう。

③作業内の改善点を探す

適切にスケジュールが立てられるようになったら、次に作業時間や負担を減らすために、個々の作業の改善点を探していきましょう。ここでもどこがやりにくいのか、自分にとってやりやすい方法を探していくことが必要です。他の人に話を聞きやり方を真似することも大切ですが、そのやり方が自分には合わないこともあります。

慣れない作業を行う場合には、見通しよりも長めにスケジュールを取っておくことも効果的です。時間にゆとりがあれば、何かしらトラブルがあった場合にも、対応しやすくなります。慣れてきたら、作業の中で省略できる場所や、効率をあげられそうな工夫を取り入れていきます。

④相談できる人をつくる

自分自身のことを客観的に振り返ることは、どんな人であったとしても難しいものです。ましてやそういうことを元々苦手としているのが要領が悪いと言われる人なので、上記のような作業を一人で行うことは難しいかもしれません。強く改善をしたいと願う場合には、理解してくれる協力者を作ることも大切になってきます。

職場であれば上司や先輩、同僚など、自分の能力を理解してくれる相談相手がいれば、客観的な視点で意見をもらうことができます。仕事量の調整においても協力してもらえるかもしれません。なかなか理解してもらえる相手が身近にいない場合には相談機関などを利用してみるのも一つでしょう。

要領が良い人の行動を真似よう

さらに成長したいと考えるのであれば、要領が良い人の行動のうち、出来そうなものを取り入れてみるのも効果的です。要領の良い人はどのように行動しているのか見ていきましょう。

①物事に優先順位をつけて行動する

要領が良い人というのは何事にも優先順位をつけて行動しています。急ぎでない用事や重要ではない用事は後回しにして自分にとって重要な課題から手をつけています。要領が悪い人から見たら、嫌なことは避け、都合のいいことばかりやっているようにすら見えるかもしれません。何が自分にとって利益となるのか瞬時に判断できるのも要領が良い人の特徴です。

②目標を明確にする

要領が良い人は目標を明確に定めていることが多いです。例えば「仕事を早く終わらせたい」という目標がある場合、「何時までに○○をする」「〇〇をするために△△を〇時までに行っておく」「まずは△△を頼める人を探す」など、誰が何をいつまでにするか、目標から逆算して予定を立てています。「△△ができた段階で○○をする」といったように漠然と仕事を進めてはいません。

③他人に頼む

要領が良い人は他人に頼むことも上手です。自分一人で難しいことは周囲の協力を得て取り組むことができます。自分に出来ることは何か、相手が出来ることは何かを見極める力があり、役割分担をして作業に取り組むことができます。得意なことを自分に、苦手なことを他人に割り振ることができるため、ストレスなく楽しく作業を行うことができるでしょう。

④状況に応じて柔軟に対応ができる

要領が良い人は俯瞰で物事を見ることができるため、その場に何が足りてなくて何が必要なのかを瞬時に判断することができます。なので、状況が変化した際にも目の前の事だけではなく、全体の様子をみて臨機応変に対応することができます。

⑤頭で一度考えてから行動に移す

要領の良い人は思いついたらすぐ行動に移すのではなく、一度考えて計画を練ってから行動します。行動力があるのは良いことですが、何も考えずに行動してしまって失敗した経験がある人も少なくないはずです。

要領が良い人は一度考えてから行動に移すため、成功率が高くなるのです。成功体験が多くなるほど自信もついて、積極的に行動することができるようになり、成長も早いことでしょう。

要領が悪いのは改善することが出来る!

いかがでしたでしょうか。要領が悪い人と良い人の違いは、能力の差以上に、現状の判断力にあることがお分かりいただけたのではないかと思います。もちろん能力が高い人の方が物覚えもよく、判断力も高くなる傾向にあるとは思いますが、そうでなくても努力で改善することができる面も大きいです。

特に大切なのは、無理のないスケジュールを立てられるようになることと、出来ないことは人に頼ることの二点です。この2つを改善するだけでも、要領の悪さは劇的に改善します。こうした対応がとれない環境である場合、環境自体を変える必要もあるかもしれません。

自分は要領が悪いと感じている人の中には、新しいやり方に取り組むこと自体、負担が大きいという人がたくさんいると思います。

時間は掛かるかもしれませんが、気分が良いときや余裕があるときだけでも少しずつ試みてください。はりきりすぎて疲れてしまうよりは、負担なく繰り返し行うことの方が重要です。目標を大きく持ちすぎることなく、簡単なことから少しずつ始めましょう。

要領が悪いからといって自己嫌悪しすぎることなく、出来そうなことから改善してみましょう。こんなことと感じることを積み重ねていくうちに、気が付いたら大きな成長につながっていることも少なくありません。無理に背伸びして他人と同じを求めすぎる必要はないのです。自分のペースで楽に作業できる方法を探していきましょう。

関連する記事