傲慢な人の特徴・心理とは?見下す性格の原因~上手な対処法を紹介

相手を見下す傲慢な人に出会い、辛い思いをしたことがあるという人もいるでしょう。そこで今回は、傲慢な人の特徴や心理などを踏まえたうえで、上手に付き合う方法を紹介します。反対に、傲慢な人と言われないための約束も解説するため、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 傲慢な人と付き合うのが難しい
  2. 傲慢な人によくある特徴とは
  3. 傲慢な人の心理とは
  4. 傲慢な人になってしまった原因を振り返る
  5. 傲慢な人になっていない…?傲慢度チェック!
  6. 傲慢な人にならないための3つの約束
  7. 傲慢な人への上手な対処法を紹介!
  8. 傲慢な人とは丁度良い距離感を保つこと

傲慢な人と付き合うのが難しい

身近に傲慢な人がいたり、反対に自分が傲慢だと指摘されたりした経験を持つ人もいるでしょう。そもそも傲慢とは、相手を下だと決めつけバカにしたような行動や発言を指す言葉です。そのため、あまりいい意味で使用されるものではありません。指摘された過去があっても、なぜそう言われてしまうのか理由が分からない人も多いです。

理由が分からなければ、どのように改善すればいいのかも分からないということもあるでしょう。そこで本記事では、共通する特徴や心理を踏まえながら改善方法までお伝えします。「過去に指摘されて悩んでいる」「傲慢になりたくない」などと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

傲慢な人によくある特徴とは

それでは早速、傲慢な人によくある特徴を紹介します。特徴を知れば、改善方法も見えてくるはずです。ぜひ、参考にしてください。

人を見下しバカにする

傲慢な人には、人を見下しバカにするという特徴もあります。傲慢という言葉の意味通り、周囲の人を下に見てバカにしたような発言や行動を取るのです。その結果、相手が不快な思いをしているとは思っていないことが多く、心の底から「自分は凄い」と思っています。

初対面で相手のことが分からない場合でも「なんだかバカにされてるような気がする」と思った経験がある人もいるのではないでしょうか。そのような相手は、傲慢な人かもしれないと思っていいでしょう。

プライドが高い

傲慢な人には、プライドが高いという特徴もあります。プライドが高すぎるため、他人を見下したような態度を取ってしまうのです。プライドが高い人は、裏でコツコツ努力をして1番を取る人もいます。しかし、傲慢な人は努力をせずに自分が1番になりたいと思う傾向にあります。

自分よりも何か優れている人を見ると「見下されるのではないか」という気持ちになり、相手よりも強い自分を見せようとすることが多いです。例えば、相手がブランド物のバッグを身につけて「凄い」「羨ましい」などと周囲の人から言われていたとします。その姿を見た傲慢な人は、自分が見下されるのを防ぐにはどうしたらいいのかと考えます。

例えそれが、借金をしてまでブランド物を買うという解決方法でも実行してしまうのです。特に女性でブランド物を好んでいる人が周囲にいる場合、自分のプライドが傷つかないように見栄を張るようになります。

自分に甘く人に厳しい

傲慢な人には、自分に甘く人に厳しいという特徴もあります。特に、自分よりも下だと思った相手には、強く意見したりコントロールをしようとしたりするのです。自分は少しの努力だけで「凄い人間だ」と思い、他人のミスは責め立てることが多くなります。

仕事では複数人で何かを成し遂げることもあるでしょう。そんな時でさえ、自分がどれだけ楽をして良いものを作れるかという部分に重点を置く傾向にあります。自分が楽をするために、他人に指示を出し、自分の思い通りに動かそうとします。もちろん、自分に反抗してくる人は責め立てるため、周囲の人の信頼をなくすこともあるでしょう。

自分の非を認めない

傲慢な人には、自分の非を認めないという特徴もあります。人間として生きていくうえで「ありがとう」「ごめんなさい」などの言葉は、欠かせません。傲慢な人は、他人を自分よりも下だと常に思っているため「やってもらって当たり前」という気持ちが強いのです。その結果、感謝の言葉はもちろん、謝罪もできなくなります。

周囲の人が傲慢な人の指示通りに動いて失敗することもあるでしょう。そんな時でさえ、傲慢な人は責任転嫁をし、指示通りに動いた人を責めてしまうことが多いのです。心の底から自分は悪くないと思っているため、被害者意識が強く、非を認めなくなる傾向にあります。

自己顕示欲が強い

傲慢な人には、自己顕示欲が強いという特徴もあります。自己顕示欲とは、自分を認めて欲しいという承認欲求が強まった性格を指し、自分を認めてもらおうと主張が大きくなってしまう欲求のことです。自分を認めてほしいという思いが強くなればなるほど、周囲の人の注目を集めようと行動します。

会社などで部下を大きな声で𠮟りつけている上司を見たことがあるという人も多いでしょう。そのような人は、自己顕示欲が高いのかもしれません。大きな声で注目を集めることで、遠まわしに「自分は凄いだろ」とアピールしている人が多いです。また、承認欲求が強くなると話を盛ることもよくあります。

噂や悪口の話を盛るのではなく、あくまで自分が凄いと思われるように話を盛ります。例えば、高級レストランについて、ネットで写真や口コミを集め、あたかも自分が行ったかのように装うのです。嘘がバレたとしても、前述したように自分の非を認めないため、多くの人の信用をなくすことになるでしょう。

ナルシスト

傲慢な人には、ナルシストという特徴もあります。自分のことが大好きで、注目を集めたいという思いが強いため、積極的にアドバイスをしようとします。アドバイスと言っても他人のことを気にかけて行うのではなく、あくまで自分の凄さをアピールするために行うため「自分だったら~」などと初めに相手と比較するような言葉を付けることが多いです。

他の人が自分のいないところで盛り上がっている場合でも、無理に輪に入り込もうとすることもあります。自分のいないところで周囲の人が楽しんでいると、自分の立場が危うくなっていると勘違いして、無理にでも自分の話を始めてしまうことがあるのです。

笑顔を使い分ける

傲慢な人には、笑顔を使い分けるという特徴もあります。自分よりも下だと判断した人に対しては、基本的に笑顔を向けません。というのも、相手より上だと本気で思っているため、嫌われても問題ないと思っていることが多いのです。一方で、自分よりも上だと判断した人には、愛想よく接します。

職場の上司や尊敬する先輩などには、積極的に笑顔で話しかけ、相手を気遣っているような素ぶりそ見せる傾向にあります。しかし、自分は楽をしたいと思っているため、時には他人を使って御機嫌伺いをすることもあるほどです。

例えば、上司の好きな飲み物を職場内にある自販機で買ってくるようにと後輩に指示を出し、自分が買ってきたかのように上司に渡すこともあります。そうすることで、自分は楽をしながら上司に媚びを売ることができるのです。

思い込みが激しい

傲慢な人には、思い込みが激しいという特徴もあります。自分は凄いと思い込んでいるため、他人のアドバイスや意見を受け入れない傾向にあるのです。傲慢な人でも心の中では、自分の意見が間違っているかもしれないと思う場合もあります。しかし、前述したようにプライドが高く、謝罪ができないため、自分の意見を曲げようとはしません。

思い込みが激しいのは、人間関係でも同じです。1度嫌いになったらその人のことは、余程のことがない限り、嫌いなままということが多いです。傲慢な人の中で「あいつは、俺よりも下なくせに反論しやがった」という思い込みが発生し、その後相手が謝ってきたとしても、心の底では許していないことがあります。

傲慢な人の心理とは

ここまで傲慢な人の特徴を紹介しました。しかし、傲慢ではない人からすると、なぜ紹介したような行動が取れるのかと疑問に思うこともあるでしょう。そこで次は、傲慢な人の心理を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

自分が一番できると思っている

傲慢な人には「自分が一番できる」という心理もあります。常に自分が一番だからこそ、初対面の人にも見下したような態度を取ってしまいます。そのため、自分が一番でないと気が済まなくなり、過去の成功体験をいつまでも繰り返して語ることも多くなるのです。

他人が対抗してきたり、自分よりも優れていたりすると、敵対視して攻撃することもあります。物理的に攻撃をするのではなく、あくまで本人はアピール合戦をしているような感覚です。例え相手にされなくとも、相手が自分を称えるまで一方的に攻撃してしまいます。

自分が正しいと思っている

傲慢な人には「自分が正しい」という心理もあります。どのような場面でも、自分の意見は正しく、間違うことはないと本気で思っているため、積極的に他人にも指示を出すのです。自分は正しいと思うことは、誰でもあるでしょう。しかし、傲慢な人は常にそう思っているため、自分の非を認めず、言い訳を重ねるようになるのです。

周囲から強く見られたいと思っている

傲慢な人には「周囲から強く見られたい」という心理もあります。自分が優位な立場に立つためには、相手よりも強いと証明しなければならないと思い込んでいるため、強い自分をアピールすることが増えるのです。自分の行動で相手が不快に思うとは考えておらず、自分の強さを証明するのを第一に行動しています。

強く見られたいという心理を持っていることで、初対面の相手にも威嚇をするような態度で接することが多くなります。そのため、一緒に行動をしている人は恥ずかしい思いをすることも多くなるでしょう。例えば、初めて仕事を一緒にすることになった取引先の職員に傲慢な人と2人で会ったとします。

そんな時でさえ傲慢な人は、虚勢を張り、自分は偉いとアピールしてしまうため、印象は悪くなるでしょう。同行した人は、傲慢な人の態度をカバーするような発言をしなければならなくなり、ストレスが溜まることも多くなるのです。

傲慢な人になってしまった原因を振り返る

傲慢な性格になるのは、さまざまな原因が関与しています。なぜ相手を見下すような態度を取ってしまうのか原因を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

コンプレックスがある

自分自身にコンプレックスを感じている場合、それを隠すために傲慢な態度を取っている人もいます。コンプレックスと言っても、目が小さい、鼻が大きいなど見た目のコンプレックスではなく、自分自身にコンプレックスを感じていることがあるのです。精神的に弱い自分を隠すために、強くアピールしてしまいます。

過去にバカにされた経験がある

過去にバカにされた経験がある人は、傲慢な態度を取ることがあります。1度バカにされた経験があると「自分の弱みを見せたらまたバカにされるかも」という思いが強くなり、相手にバカにされないように傲慢な性格になっていく傾向にあるのです。

初めは、相手にバカにされないように弱い部分を見せないことを目的に行動しますが、徐々に傲慢な態度を取ることが多くなります。

幼少期に両親から愛情を受けられなかった

幼少期に両輪から愛情を受けられなかった子供は、成長して傲慢な態度を取ることがあります。子供がテストでいい成績を残したり、何かの賞を受賞したりした場合、褒める親が多いでしょう。しかし、中には子供がどのようなことを成し遂げても、一切褒めずもっと上を目指すようにと教育している家庭もあるのです。

そのような家庭で育った子供は、大人になってから「他人に褒められたい」という感情を爆発させる傾向にあります。その結果、他人よりも優れているとアピールし、傲慢な性格になっていくのです。

権力がある

元々は、素直で謙虚だったのにも関わらず、久しぶりに会ったら傲慢な人になっていたという場合は、権力を持ってしまったことが原因かもしれません。仕事で活躍し、急に権力を手に入れてしまうと「自分は人より優れている」「周囲の人より上だ」と勘違いしてしまうことがあります。

傲慢な人になっていない…?傲慢度チェック!

ここまで傲慢な人の特徴や心理から原因まで紹介しました。ここまでの内容を見て「自分も傲慢な性格になってるかも」「知らず知らずのうちに傲慢な態度を取っているかもしれない」などと思った人は、傲慢度チェックをしてみましょう。以下の質問に素直に答えることで、傲慢度をチェックできるので、ぜひ試してみてください。

□話を盛る癖がある。
□初対面の人を自分よりも上か下で判断してしまう。
□ミスした人を見ると責めたくなる。
□リーダーシップを発揮したいと思っている。
□人によって態度を変えてしまう。

□他人のアドバイスが受け入れられない。
□素直に感謝や謝罪ができない。
□注目を浴びるのが嬉しい。
□褒められるのが快感。
□他人をコントロールしたくなる。

気になる診断結果は?

上記の質問にいくつ当てはまったのかによって、傲慢度チェックができます。以下で診断結果を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

8個以上:要注意!傲慢な人かも
4~7個:少し傲慢な人かも
3~1個:まだまだ許容範囲
0個:心配しなくて大丈夫!

10個の質問のうち、8個以上当てはまった場合は、傲慢な性格になっている可能性があります。しかし、傲慢な人かもと気づけた今こそ、少しの注意をすれば改善される場合もあるため、絶望する必要はありません。反対に、1つも当てはまらなかった場合は、傲慢な人から遠い性格だと言えるでしょう。

傲慢な人にならないための3つの約束

前述した傲慢度チェックで「自分も傲慢な性格になっているかも」と思った人もいるでしょう。そこで次は、傲慢な人にならないための3つの約束を解説します。この3つを守れば、必ず傲慢な人にはならないとは言えませんが、改善できるはずです。ぜひ、参考にしてください。

他人のアドバイスを素直に聞き入れる

傲慢な人にならないためには、他人のアドバイスを素直に聞き入れることも重要です。例え、普段自分よりも下だと思っている相手からアドバイスをされたとしても、最後まで聞いてみましょう。そして、自分が納得できない場合は、相手の真意を聞くのがポイントです。真意を聞いても納得できない場合は、自分が納得できない理由を相手に伝えます。

そうすれば、相手もアドバイスを受け入れられない理由が分かり、一方的に否定をする傲慢な人とは違うと思われるでしょう。十分納得できるアドバイスだった場合は、素直に受け入れてください。既に傲慢な人だと思われていたとしても、アドバイスを受け入れられるようになれば、徐々にイメージも変わっていきます。

感謝の気持ちを忘れない

傲慢な人にならないためには、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。他人を見下してしまう傲慢な人には、感謝や謝罪の言葉を言わない特徴があると前述しました。そのため、どんなに些細なことであっても感謝の言葉を伝えるように心がけます。

傲慢な人は、相手がやって当たり前だと考えて生きてきたため、どのようなタイミングで感謝をしていいのか分からないという人もいるでしょう。その場合は「自分が頼んだこと」「自分のために相手がしてくれたこと」を意識します。自分の頼み事をしてくれた相手には「自分の代わりにやってくれてありがとう」という気持ちを持ちます。

自分のために相手がしてくれたことに対しては「自分を気にかけてくれてありがとう」という気持ちを持ちましょう。そして、実際に感謝の気持ちを言葉にするのが大切です。自分の中で思っているだけでは、相手に伝わりません。伝わらなければ、傲慢な人という印象は変わらないため、必ず伝えるようにしましょう。

コンプレックスを隠そうとしない

傲慢な人にならないためには、コンプレックスを隠そうとしないのも1つの手です。傲慢な人のコンプレックスとして多いのが自分の弱みだと前述しました。自分の弱みを隠し続けている間は、傲慢な人だと言われてしまう可能性があります。そのため、少しずつ信頼できると思った人に弱みを見せてみましょう。

多くの人に自分の弱みを明かす必要はありません。世の中には自分の弱みを知っても優しく接してくれる人がいると認識するのが重要なのです。たった1人でも自分の素を認めてくれる人がいれば、コンプレックスに感じなくなることがあります。そのため、まずは自分のコンプレックスを受け入れてくれるような人を探しましょう。

信頼できる人が見つかったら、自分自身でも弱さを認めるのがポイントです。弱さも自分の一部で、認めてくれる人もいると知れれば、徐々に周囲の人に強く当たってしまうこともなくなるはずです。

傲慢な人への上手な対処法を紹介!

ここまでは、自分が傲慢な人かもしれないと思っている人に向けた内容を解説しました。しかし、自分ではなく周囲に傲慢な人がいる場合もあるでしょう。そこで最後に、傲慢な人と上手く関わる対処法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

おだてる

傲慢な人は、自分に反抗する人には強く意見しますが、自分を慕って褒めてくれる人には比較的優しく接します。そのため、上手く付き合っていきたいと思った場合は「おだてる」という対処法がおすすめです。適度に褒めて、傲慢な人を立てれば相手は嬉しくなります。しかし、褒めすぎるのは逆効果です。

褒めすぎてしまうと、傲慢な人はさらに調子に乗って、見下してくるようになることがあります。それを避けるためにも、適度に褒めるようにしましょう。褒める時は、相手に褒めていると伝わりやすいように「さすがですね」「〇〇さんって本当に凄いですよね」などと短く伝えましょう。

特に恋愛相手が傲慢な人である場合は、おだてるのを意識してください。普段から相手に気分良く発言させていることで、重要な時に自分の意見が通りやすくなります。もちろん、自分の意見を通すためには、理由がないと相手は納得しません。そのため、自分の意見を通したい時は、根拠をしっかり説明できるように準備しておきましょう。

反論しない

傲慢な人は、自分の意見に反論してくる相手を敵に見ることが多いです。そのため、傲慢な人の意見が間違っていたとしても反論しないようにするのも対処法の1つです。間違いによって会社に迷惑が掛かる場合などを除いて、基本的に反論しないようにしましょう。しかし、職場の上司など、どうしても自分の意見を伝えなければならない相手が傲慢な人の場合もあります。

そのような場合は、強く意見をするのではなく、優しい口調で意見をするようにしましょう。そうすれば、強く言い返されることも少なくなります。例えば「〇〇さんの意見は本当に凄くて勉強になります。私はこのような理由でこう思っていましたが、いかがでしょうか。」などと答えるようにしましょう。

意見を伝えた時に怒りをぶつけてくる人には、まず褒めることから始めます。相手の意見を褒めて「自分ではそんなこと考えもしなかった」とアピールするのがおすすめです。そうすれば、相手は気分が良くなり、自分の意見を受け入れてくれることもあります。自分の意見を伝える時は、必ず根拠も一緒に伝えましょう。

2人きりにならない

傲慢な人は、自分よりも下と決めつけた相手に強く意見をする傾向にあります。そのため、2人きりにならないようにするのも対処法の1つです。2人きりになってしまうと、自分にしか矛先が向かないため、辛いことが多いです。しかし、2人きりでないのであれば、周囲の人にも目が向き、自分だけが強く意見される状況を避けられます。

2人きりを避け、自分から関わらないようにする対処法もあります。なるべく自分から関わらなければ、接する機会も自然に減るため、仕事に黙々と取り組んでみましょう。プライベートでも食事をしようなどと誘ってくる傲慢な人を、毎回断っていると自分が嫌われていると思われ、強く当たられるようになるため、注意も必要です。

プライベートで会わなければならない時は、できるだけ多くの人を集めて飲み会のようなものを開いてあげましょう。それでも2人きりで遊ぼうと言われた時は、適度に用事を理由に断ります。あまりにもしつこい場合は、時間を区切って会うようにしましょう。1日中予定が空いていると分かると、傲慢な人にいつまでも自慢話を聞かされてしまいます。

聞き流す

傲慢な人は、相手を見下したように上から目線で話すことが多いです。見下しながら言われた意見を全て真に受けていては、自分のストレスが溜まるだけです。そのため、聞き流しながら受け答えをしていく必要もあります。受け答えだけは、相手が納得できるように上手く褒めながら対応しましょう。

しかし、自分に関係のある話を適当に流していると、思ってもない噂を流される原因になります。自分に関係する話題が出た場合は、しっかりと話の内容を理解して、否定できる部分は否定しましょう。傲慢な人は、自分が納得できる理由がないと受け入れてくれないため、理由を示しながら受け答えをするのがポイントです。

傲慢な人とは丁度良い距離感を保つこと

世の中にはさまざまな性格の人がいるため、傲慢な人ももちろんいます。まずは、自分が傲慢な人と言われないように気を付けましょう。そして、周囲に傲慢な人がいる場合は、丁度良い距離感を保つことで、ストレスを抱えることなく、過ごせるようになるでしょう。

関連する記事