素直な人の特徴・性格・心理とは|素直な心を持つ方法を知ってみんなから好かれる

素直になりたいと思ったことがある人もいるでしょう。周囲の人から信頼され、人気も集める素直な人には、特徴や原因があります。しかし、素直すぎるあまりデメリットも存在するのです。そこで今回は、特徴や原因はもちろん、素直な人になる方法も紹介します。

目次

  1. 素直な人はいい人が多い?
  2. 素直な人に当てはまる特徴とは【性格編】
  3. 素直な人に当てはまる特徴とは【行動編】
  4. 素直な人の心理とは
  5. 素直でいることのメリット
  6. 素直でいることのデメリット
  7. 素直な心を持つための4つの方法
  8. 素直な人は悪い人ではない!

素直な人はいい人が多い?

素直な人は、周囲の人から好かれやすいというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし「素直になりたい」と思ったからといって、すぐになれるわけではありません。そこで本記事では、素直な人の特徴や心理を踏まえて、素直な心を持つ方法を解説します。

そもそも「素直」という言葉の意味を理解していなければ、素直な人になるのは難しいでしょう。そこでまずは、言葉の意味を紹介します。「素直」とは、性格や態度がひねくれておらず、ありのままの状態を指しています。自分のありのままの姿を相手に見せ、誠実に関わるからこそ、他人から良いイメージを持たれやすいのです。

素直な人に当てはまる特徴とは【性格編】

言葉の意味が分かったところで、次は素直な人に当てはまる性格的な特徴を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

真面目

素直な人には、真面目な性格という特徴もあります。素直な人は、他人の意見やアドバイスを真っすぐ受け止められるため、何事も一生懸命に取り組みます。そのため、仕事や人間関係で嫌なことがあっても、投げ出すようなことはしない人が多いです。自分のやりたいことや目標が明確であるからこそ、何事にも一生懸命に取り組める真面目な性格になるのです。

明るい

素直な人には、明るい性格という特徴もあります。楽しいことは「楽しい」嬉しいことは「嬉しい」と感じたままに表現するため「明るい」「よく笑う」などの印象を与える傾向にあります。また、周囲の人も素直な人につられて明るい気持ちになれるため、友達もできやすく、周囲から信頼されることが多いのです。

正直者

素直な人には、正直者な性格という特徴もあります。自分の気持ちはもちろん、何かを成し遂げるために相手を陥れるような嘘はつきません。そのため、自分にも他人にも正直に生きています。仕事で失敗をしたとしても正直に状況を話し、素直に謝れるため「責任感のある人」「信頼できる人」という印象を与えることが多いです。

裏表がない

素直な人には、裏表がない性格という特徴もあります。新しい人と出会う時に先入観を持ってしまう人もいるでしょう。そんな中、素直な人は自分の見たままを信じる傾向にあるため、初対面の相手でもフラットな感情で会うことができます。どのような相手でも自分の印象を大切にしているからこそ、悪口を言ったり噂を流したりしないのです。

特に女性がほとんどを占める職場であれば、新入社員が来る前に「今度来る新人さんって、〇〇大学出身らしいよ」などと噂が出回ることもあります。そんな時でも素直な人は、噂に惑わされることなく、自分の見たままの情報を信じ、相手と接する傾向にあるのです。

感情豊か

素直な人には、感情豊かな性格という特徴もあります。自分に正直だからこそ、思ったことを思ったままに表現すると前述しました。目や耳に入った情報をそのまま受け取ってしまうからこそ、多くの人が感情豊かになるのです。そのため、恋人からのサプライズにも素直に反応し、男性でも女性でもモテる傾向にあります。

素直な人に当てはまる特徴とは【行動編】

先ほどは、素直な人に当てはまる性格的な特徴を紹介しました。次は、素直な人に当てはまる行動的な特徴を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

聞き上手

素直な人には、聞き上手という特徴もあります。目や耳から入る情報を大切にする素直な人だからこそ、相手の話を親身になって聴いてくれることが多いです。話を聴きながら相手の表情や様子を注意深く観察し「何を悩んでいるのか」「本人はどうしたいと思っているのか」などを汲み取ってくれます。

また、自分を信じて打ち明けてくれたことを嬉しく感じる傾向にあるので「話してくれてありがとう」と心の底から言えるのです。

人を疑うことを知らない

素直な人には、人を疑うことを知らないという特徴もあります。他人と関わっていれば、騙されたり嫉妬をされたりするものです。しかし、素直な人は何度騙されたとしても、先入観で他人のイメージが変わらないため、相手を疑おうとしません。その結果、相手にも信用されるようになり、お互いが本音で語り合えるようになる場合が多いです。

喧嘩をしてもすぐに仲直り

素直な人には、喧嘩をしてもすぐに仲直りをするという特徴もあります。さまざまなタイプの人と関わっていれば、喧嘩をすることもあるでしょう。そんな時に、素直に謝らなければ、喧嘩は長引き、最悪の場合、喧嘩別れをすることもあります。しかし、素直な人は自分に非がある・ないに関わらず、喧嘩をしてしまったという事実を謝ります。

自分から謝ることで相手も冷静になり、会話ができるようになることが多いです。喧嘩をしたとしても、会話ができる状態になれば、お互いに「何がいけなかったのか」「なぜ喧嘩になってしまったのか」などの思いを話し合うことができます。その結果、喧嘩が長引くことはなく、どんな相手とも仲直りしてしまうのです。

他人を否定しない

素直な人には、他人を否定しないという特徴もあります。これには、前述した先入観で相手のイメージを決めないことが関係しています。相手に何かしらの負のイメージを持っている場合「でもその考えって~」などとイメージと発言を繋げてしまいがちです。

しかし、素直な人は自分が伝えたい意見があったとしても、相手の気持ちを尊重し、最後まで話を聴く余裕を持っています。話を聴く余裕があれば、自然と「あなたの意見を聞きたい」「教えて欲しい」という思いが態度にでるため、相手も自由に思ったことを口にできることが多くなるのです。

思ったことをすぐに口にだしてしまう

素直な人には、思ったことをすぐに口にだしてしまうという特徴もあります。素直な心を持つからこそ、思ったことをすぐに口にだしてりまうのです。例えそれが相手を傷つけることになったとしても口にだしてしまうため、状況によっては嫌われる原因にもなるでしょう。

素直な人の心理とは

素直な性格の人は、普段どのような心理で行動しているのでしょうか。「素直な心を持ちたい」と思っている人は、特に心理を理解しておく必要があります。そこで次は、素直な人の心理について紹介します。ぜひ、参考にしてください。

言わないことの方が悪いと思っている

素直な人は、言わないことの方が悪いという心理も持っています。自分が感じた情報を相手に伝えないことで、成長に繋がらず相手が陰口を言われる可能性もあるため、伝えた方がいいと思ってしまう人が多いのです。そのため、素直な行動の裏には、言わないことの方が悪だという心理を持っている傾向にあります。

何にでも挑戦したいと思っている

素直な人は、何にでも挑戦したいという心理も持っています。好奇心旺盛で、新しいことに挑戦し続けるこそ、たくさんのことを学んでいくのです。その結果、さまざまなタイプの人の関わり方を知り、仕事やプライベートにコミュニケーション能力の高さを活かすことができます。

素直でいることのメリット

ここまで素直な人の特徴や心理を紹介しました。素直でいることは、相手に好感を与える場合も多いです。そこで次は、素直でいることのメリットを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

ストレスが減る

素直な人は、自分の感情を正直に相手に伝えるため、思いをため込むことも少ないでしょう。しかし、世の中には自分の意見がハッキリと示せず、ストレスになっている人も多いのです。そのような人から見れば、自分の意見をハッキリと示し、ストレスをため込まないのは、十分メリットだと言えるでしょう。

他人に好かれることが多い

素直な人は、自分の意見をハッキリ示しながらも、相手によって態度を変えることがないため、他人に好かれることが多いです。他人に好かれれば、自然に友達も増えます。その結果、輪の中心にいることが多くなり「楽しそう」「いいなぁ」と周囲の人から羨ましがられることがあるのです。

もちろん、異性から恋愛対象として好かれることも多くなります。特に、サプライズを喜んでくれる大人の女性は、男性にモテる傾向にあるのです。というのも、自分が時間と労力をかけて用意したサプライズを本気で喜んでくれる女性を見て、男性は可愛いと思うことが多いからです。他人から好かれ、モテるのは、素直な人のメリットだと言えるでしょう。

仕事で活躍しやすい

素直な人は、好奇心旺盛でチャレンジ精神があると前述しました。この特徴は、仕事でも同じです。仕事においても、新しいことに積極的に参加するため、どんどん実力をつけていく傾向にあります。そのため、努力と実力が認められやすく昇進もしやすいと言えるでしょう。

素直でいることのデメリット

先ほどは、素直になるメリットを紹介しました。しかし、メリットばかりではなく、相手によっては不快に思われるデメリットもあるのです。素直な人を目指している人は、デメリットも理解しておく必要があります。そこで、次はデメリットを紹介しましょう。ぜひ、参考にしてください。

知らないうちに相手を傷つけることもある

素直すぎてしまうと、知らないうちに相手を傷つけてしまう可能性もあります。というのも、全ての人が他人の意見を素直に受け入れられるわけではないからです。中には、相手の言葉を深刻に捉えすぎてしまう性格の人もいます。例えば、素直な人が「もっと効率よく仕事できないの?」と言ったとします。

素直な人は相手を責める気持ちで言ったのではなく、あくまでも今の方法よりも効率よく仕事ができる方法を知っているからこそ、相手も知っているのか確認しただけの場合が多いです。

しかし、直接言われた相手は「自分の効率の悪さを責められた」と感じてしまうこともあるのです。自分では傷つけるつもりがなくとも、相手が傷ついているかもしれないと考えるのが重要でしょう。

冗談が通用しない

素直すぎると、冗談が通用しない人という印象がついてしまう可能性もあります。特に、雑談や世間話が好きな女性の間では、全てをそのままの意味で捉えてしまう素直な人は嫌われる傾向にあります。

異性同士で相手が自分に好意を抱いていたとしても、デートの最中に冗談が通用しなければ「一緒にいて楽しくない」と思われ、嫌われる原因になる可能性があるのです。そのため、素直でモテる人でも、気づいたら振られていたなんてこともあるでしょう。

騙される可能性がある

素直すぎると、騙される可能性もあります。大人になれば、ほとんどの人が「こんなにいい話の裏には、何かあるかもしれない」などと危機管理能力が身につくでしょう。しかし、相手の言葉を素直に信じる人は、大人になっても騙されやすい傾向にあるのです。

もちろん、悪いのは素直な人ではなく、騙す方です。しかし素直な人は、何度騙されようとも「また騙されるかも」という考えに至らないことがあります。また、周囲の人が騙されたから注意をするようにと言われていた相手にも、先入観を持たずに接してしまうため、自分も騙されることがあるのです。

そんな素直な人を見た周囲の人は「だから言ったのに」「大人になっても警戒心がないのはちょっとね」などと思い、嫌われる原因になる場合もあります。

素直な心を持つための4つの方法

ここまで紹介した、素直な人の特徴やメリット・デメリットなどを知り、異性にモテる素直な人になりたいと思った人もいるでしょう。そこで次は、素直な心を持つための方法を4つ紹介します。ぜひ、参考にしてください。

自分と向き合う

素直な人は、自分にも他人にも正直に生きていると前述しました。そこで、素直な心を持ちたいと思った時は、まず自分と向き合うようにしましょう。自分を見つめ直せば「本当に自分がやりたいことは何か」「将来どのような人間になりたいのか」などを知れるはずです。

しかし、自分の気持ちを上手く伝えられない人などにとっては、自分と向き合うのに時間がかかる場合もあります。そこでおすすめなのが、何でもいいから「やりたいこと」を書き出してみる方法です。例えば「あの映画を見に行きたい」「ライブに行きたい」などで十分です。

目標ができたら、それに向かって行動しましょう。そうすれば、徐々に自分のなりたい姿が見えてくるはずです。

相手の意見を受け入れる

素直な心を持つためには、相手の意見を受け入れることも意識しましょう。他人の意見を受け入れるためには、まず相手の話を最後まで聞くことが重要です。相手の話を遮るように話し始めたり、アドバイスをしたりしてしまうと嫌われる原因になります。というのも、相手が話し終えるまでに自分が話しはじめてしまうと、相手は委縮してしまうことが多いからです。

特に相手と年齢差がある場合は、注意しましょう。就職すると、上司と部下や先輩と後輩など自然に上下関係ができます。自分が上に立つ人間なのにも関わらず、相手の意見を遮ってしまうと「この人に意見を言っても意味がない」と思われる原因になります。そのため、まずは相手の意見を最後まで聞くように意識しましょう。

相手の意見が間違っている時は「そう考える人もいるよね。でも、自分はこう思うんだけどどうかな?」などと1度肯定を挟んでからアドバイスをするようにします。そうすれば、相手も自分が否定されたとは思わず、自分の意見も素直に伝えることができるでしょう。

子供の行動を真似してみる

素直な心を持つためには、子供の行動を真似してみるのもおすすめです。子供は、自分の欲求に素直な発言や行動をします。大人が躊躇してしまうようなことでも、子供は平気で実践してしまうことが多いです。

例えば、職場に差し入れされたお菓子の最後の1個を自分が食べたいと思っても、大人であれば「他の人も食べたいかもしれない」などと躊躇することもあるでしょう。しかし、子供であれば「あれ食べたい」と言えるのです。子供ほど素直に行動や発言をする人間はいません。そのため、周囲に素直な人がいなくて、素直な心がイメージしにくいという人におすすめです。

嘘をつかない

素直な心を持つためには、嘘をつかないようにしてみましょう。素直になりたいからと言って、何かをやると発言して、実行できなかったら「嘘つきだ」と嫌われる原因になります。一方で、自分の発言や行動に責任が持てれば、信頼される人と言われるようになります。素直でありながらも信頼される人を目指しましょう。

素直な人は悪い人ではない!

素直な人は、モテることもあれば嫌われることもある性格です。しかし、男性・女性に関わらず、人に敵意を向けるような悪人ではありません。この機会に、素直な心を持ち、相手を尊重できるような人を目指してみてはいかがでしょうか。

関連する記事