考えすぎる性格を直すための5つの方法|特徴・原因を知って改善しよう

考えすぎる性格に困っている方は多いでしょう。考えすぎて眠れない、せっかくの休日を考えすぎて台無しにしてしまったり、病気かもしれないと疑って診断テストを受けた経験はありませんか?考えすぎる性格を持つ人の特徴、心理、原因、改善するための方法をご紹介します。

目次

  1. 考えすぎる性格に嫌気がさす…
  2. 考えすぎる性格を持つ人の特徴とは
  3. 考えすぎる性格を持つ人の心理とは
  4. 考えすぎてしまう原因を追究してみる
  5. 考えすぎてしまう性格のデメリットとは
  6. 考えすぎる性格を直すための5つの改善策
  7. 考えすぎないために日頃意識すべきこと
  8. 考えすぎる性格は時間のムダになるかも

考えすぎる性格に嫌気がさす…

考えすぎる性格に嫌気がさす人は多いでしょう。考えすぎる性格を持つ人の特徴、心理、改善策を具体的に紹介します。考えすぎる性格を直すきっかけにしてみてください。

考えすぎる性格を持つ人の特徴とは

身近に考えすぎる性格の人はいませんか。または自分が考えすぎる性格かもしれないと感じる方もいるでしょう。考えすぎる性格の人にはどのような特徴があるのでしょうか。それでは特徴をご紹介します。

問題を一人で抱え込み、自己解決しようとする

考えすぎる性格の人は、問題を一人で抱え込んで解決しようとします。周囲の目を気にするため、他人に頼ることができないからです。そのため考えすぎる性格を持つ人は仕事のストレスや悩みを一人で抱え込んでしまい、新たなストレスを生んでしまいます。

プライドが高く、完璧主義

考えすぎる性格の人はプライドが高く、完璧主義という特徴があります。周囲から見ればすでに十分な仕事をしているのに、自分を追い込んでしまうのです。プライドの高さが邪魔をして、周囲に相談ができないのも考えすぎる性格を持つ人の特徴でしょう。

周囲に気を遣いすぎてしまう性格

考えすぎる性格の人は、周囲に必要以上の気を遣うという特徴があります。仕事でもプライベートでも、他人の顔色を伺う癖はありませんか。考えすぎてしまう性格の人はささいな一言や反応を細かく捉えてしまうので、マイナス思考に陥りやすいのです。

すでに起こってしまったことや他人の機嫌や気持ちは考えても仕方がありません。考えすぎてしまうことで余計なストレスを抱えるくらいなら、思い切って考えないのも一つの方法でしょう。

自己肯定感が低く、自信がない

考えすぎる性格の人は自己肯定感が低く、自信がありません。自信がないので他人の意見に振り回され、顔色を伺う癖がついています。その癖が原因でさらに自信を失くしてしまう、という悪循環が起きてしまうのです。

考えすぎる癖を持つ人は、仕事に限らず、何事にも結論が出ません。性格だからとあきらめないで、少しづつ考えすぎてしまう癖を直すようにしてみましょう。

くよくよ考えこみ、実際に行動できない

考えすぎてしまう性格の人はくよくよと考え込み、実際に行動できないという特徴があります。失敗を恐れるため、行動の前に準備をするのが癖になっているからです。

しかし行動に移さなければ解決しないこともあります。事前の学習も大切ですが、時には勇気を出して実行してみることも考えすぎる性格の人には大切でしょう。

優しい性格

考えすぎる性格の人の特徴は「優しい」です。思い返してみてください。仕事を押し付けた経験よりも押し付けられた経験の方が多くありませんでしたか。考えすぎる性格の人は優しい人がたくさんいます。

考えすぎる性格を持つ人の心理とは

あなたの周りにも「もう少し肩の力を抜いたらいいのに」と感じる人はいませんか。考えすぎる性格の人はなぜ考えすぎてしまうのでしょうか。考えすぎる性格の人の心理をご紹介します。

自分が納得するまで考えていたい

考えすぎる性格を持つ人は、もともと内向的で友達があまりいません。気軽に相談できる人がいないため、余計にひとりで考え込むことが増えがちです。

しかし一方で、一人が好き・一人で考える時間が好きな人もいるでしょう。このような場合は思考が好きな性格で、自分が納得するまで考えていたいという心理があります。

考えが深まるほどいいアイディアが浮かぶはずだと思っている

考えすぎる性格を持つ人は、考えれば考えるほどいいアイディアが浮かぶはずという心理を持っています。特に完璧思考が強い性格の人は、仕事でもプレッシャーを感じやすく、新たなストレスを抱える原因を増やしてしまいがちです。

他人に嫌われたくないと思っている

考えすぎる性格の人は、他人に嫌われたくない心理を持っています。嫌われたくないために、つい他人を優先してしまいます。そして考えすぎてしまうのです。

しかし他人の顔色を伺ったり、他人を優先しすぎると自分が嫌いになります。そして自信をなくし、自己肯定感が下がってしまうのです。他人に合わせることが癖・性格になっている人は改善を心がけてみましょう。

考えすぎてしまう原因を追究してみる

考えすぎる性格を直したいと思う人もいるでしょう。なぜ考えすぎてしまうのでしょうか。ここでは原因を追究します。考えすぎるのは性格ではなく、もしかすると癖なのかもしれません。考えすぎる癖を直すヒントにしてみましょう。

気持ちの切り替えが下手で失敗やミスを引きずってしまうから

考えすぎてしまう原因の1つは「気持ちの切り替えが下手で失敗やミスをひきずってしまうから」です。考えすぎてしまう性格の人は、気持ちの切り替えがあまり上手ではありません。その結果、過去の失敗やミスを思い出して不安になる性格が生まれます。

相手の考えや周囲の目が気になってしまうから

考えすぎてしまう原因の2つ目は「相手の考えや周囲の目が気になってしまうから」です。考えすぎてしまう性格の人は、周囲の人にどう思われているのかが気になる性格になっています。そのため、仕事でも余計に考え込んでしまうのです。

幼少期に親に失敗をフォローしてもらえなかったから

考えすぎてしまう原因の3つ目は「幼少期に親に失敗をフォローしてもらえなかったから」です。考えすぎてしまう性格を持つ人は、幼少期の失敗を親に責められた経験がないか振り返ってみてください。考えすぎる性格が改善するかもしれません。

考えすぎてしまう性格のデメリットとは

考えすぎてしまう性格の人には、一体どのようなデメリットがあるのでしょうか。ここでは、考えすぎてしまう性格のデメリットをご紹介します。

ネガティブな方向に考えてしまい、心配事が増える

考えすぎてしまう性格の人は、何事もネガティブに考えてしまい、心配事を増やします。考えすぎてしまうと些細なことでも深刻に受け止めてしまい、ネガティブな性格になりやすいのです。

頭が固く柔軟性のない人だと思われやすい

考えすぎてしまう性格の人には、頭が固く柔軟性のない人だと思われやすいです。考えすぎてしまう性格の人は自分の考えに執着しやすく、思い込みが激しくなってしまいます。そのため周囲から「頭の固い人」と敬遠されてしまうというのもデメリットです。

成果の出ない無駄な時間を過ごしやすい

考えすぎてしまう性格の人には、成果の出ない、無駄な時間を過ごしやすいというデメリットがあります。評価を得るためには、まずは行動することが大切です。引っ込み思案な性格、とあきらめないで改善に向けて努力をしてみましょう。

ストレスを抱えこみやすい

考えすぎてしまう性格の人には、ストレスを抱え込みやすいというデメリットがあります。些細なことも考えすぎてしまうことで負担となり、余計なストレスになりがりです。ストレスを感じやすいのは、考えすぎる性格が原因なのかもしれません。

ストレスが多いな、と感じる人は考えすぎが原因かもしれません。よく考えることは良いことですが、考えすぎる性格にはデメリットもあります。些細なことは受け流してみるといいでしょう。

考えすぎる性格を直すための5つの改善策

考えすぎる性格を直したい、でも直し方がわからないと悩んでいる方は多いでしょう。ここでは、具体的に考えすぎる性格、癖を改善する方法をご紹介します。

①考えすぎる前に行動してみる

考えすぎる性格を直すための改善策1つ目は「とりあえず行動してみる」です。今まで「とりあえず行動してみる」ができなかったので考えすぎてしまっています。だったら、思い切って逆のことをしてみましょう。

考えすぎる前に手を付けましょう。仕事などの都合で「今すぐ」が不可能であれば「今日の午後まで」「明日のお昼まで」「明日中」のように、近い期日ではっきりと予定を組みましょう。実行できるか不安な人は、誰かに「明日までに〇〇をする」と宣言したり、共有のカレンダーに書き込むこともおすすめです。

②「考えてもいい」時間を決める

考えすぎる性格を直すための改善策2つ目は「『考えてもいい』時間を決める」です。考えすぎる性格の人にとっては、突然「考えないで行動する」ことは難しいでしょう。その場合は、考えることをやめるのではなく、「考えてもいい時間」をあえて作り、時間を区切りましょう。

考えてもいい時間、悩んでもいい時間を「〇時まで」「1時間」のように具体的な数字で決めます。そしてその時間が終わったら他の仕事をしたり、気分転換をするなどして、深く考えることを一旦やめましょう。あえて「考えてもいい」時間を作ることで、深く集中して考えられるかもしれません。

➂小さな成功体験を積み重ねて、自信をつける

考えすぎる性格を直すための改善策3つ目は「小さな成功体験を積み重ねて、自信をつける」です。考えすぎる性格を持つ人は、自分に自信がありません。そこで、自分に自信をつけるために小さなことでかまわないので、目標を設定して達成してみましょう。

例えば「15分早起きする」「1駅歩いてみる」「いつもより大きな声であいさつしてみる」など、本当に小さなことでかまいません。自分で目標を立てて達成することと、達成した自分をほめてあげることが大切です。達成したことをノートや手帳に書いておくのも良いでしょう。

④意識的に「考えすぎる」時間を減らす

考えすぎる性格を直すための改善策4つ目は「意識的に『考えすぎる』時間を減らす」です。じっと座っていたりボーっとしていると考えや不安がどんどん湧き出てしまいます。そこで試してほしいのが運動や料理をして「考えすぎる」時間を減らすことです。

スポーツで思い切り身体を動かすとリフレッシュになります。手軽なウォーキングでも意外とスッキリするものです。天気が悪い日は料理で意識的に手を動かしてみたり、読書に没頭するのもいいでしょう。意識的に「考えない」時間を持つことで、考えすぎる性格の改善となります。

⑤考えすぎる前に誰かに相談してみる

考えすぎる性格を直すための改善策5つ目は「考えすぎる前に誰かに相談してみる」です。考えすぎる性格の人は気軽に相談できる相手がいないため、孤独になりやすいでしょう。そして相談ができないため、考えすぎる癖がついています。改善するためには勇気を出して誰かに相談してみましょう。

重大な悩み事をいきなり打ち明ける必要はありません。まずは「久しぶり」「最近どう?」のような軽いメッセージを送ってみましょう。その後で「実は今こんなことがあって」と相談してみましょう。意外とみんな相談にのってくれます。また友人とメッセージの交換をすることで気が紛れることもあるでしょう。

考えすぎないために日頃意識すべきこと

考えすぎる性格・癖を直すためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。考えすぎを防ぐために日頃意識すると良いことをご紹介します。

心理的不安にすぐ対処する癖をつける

考えすぎる性格を直すための改善策6つ目は「心理的不安にすぐ対処する癖をつける」です。不安は放置することで心理的ストレスが大きくなります。具体的に「対処する」とは不安に思っていることとその原因を書き出してみることです。

文字にすることで不安の原因を客観的に把握できるでしょう。また書き出すことで自分の心理も整理できます。大切なことは、不安を放置しないで、すぐに対処する、つまり書き出してみることです。不安な気持ちやストレスに気づいたらすぐ紙に書き出しましょう。

不安の原因がわかったら、具体的に「いつまでに対処する」という期限を設けます。数字に落とし込むことで漠然とした不安やストレスがぐっと減るでしょう。その後は期限までにすることをリストアップして、行動に移すよう心掛けます。

考えすぎる原因の時制をチェックする

不安なことを紙に書き出してみたら、自分がなぜ不安に思っているのかをチェックしましょう。過去に失敗したから考えすぎている場合と、将来失敗したらどうしよう、という気持ちから不安になる場合がほとんどではないでしょうか。

ほとんどの不安は「起こったこと(過去)」「これから起こること(未来)」に対して感じています。現在に目を向けてみるとほとんどの不安はなくなることに気づくでしょう。考えすぎる癖を直して心理的ストレスを減らすためには「今」に目を向けることが大切です。

どうでもいいことを考えすぎる性格を直す

考えすぎるのは性格だと思っていませんか。悩みや不安を紙に書きだしてみると、意外と小さなことで悩んでいたことがわかります。中にはどうでもいいこと、今悩まなくてもいいこともたくさんあるでしょう。自分でどうでもいいことで悩んでいるな、と気づいたら、そのことを考えすぎるのをやめればいいのです。

どうでもいいことを考えすぎる癖に気づいたら、意識して考えるのをやめてみましょう。しかし、人間の脳は「やめる」「しない」のような否定形の考えを理解できません。なので「しない」ではなく、あえて違うことを考えて気持ちを逸らしましょう。

気持ちを逸らすためのトピックは食事やおやつのメニューなど、軽い内容のものが良いでしょう。あえて考える内容を変えることで、考えすぎているトピックから離れられます。

「今」を生きる性格になる

考えすぎる性格を直すには「今」を生きましょう。マインドフルネスでは「今」に意識を向けることで過去、未来からくる心配事や不安を取り除き、精神的な安定を図ります。考えすぎる癖で心理的なストレスを感じたときは、目を閉じて深呼吸をし、呼吸に意識を向けてみましょう。

呼吸ではなくても、少し体を動かすこともおすすめです。仕事中でも軽く歩く、お手洗いに行く、ストレッチをするなど気分転換はできます。考えすぎる性格の人は真面目な人が多いですが、気分転換は大切です。心理的ストレスを減らすために仕事を中断してみましょう。

考えすぎる性格は時間のムダになるかも

考えすぎる性格の人は時間をムダにしているかも

今まで考えすぎてしまう性格を持つ人の特徴、心理、改善策、日頃意識すべきことをご紹介しました。自分の不安や悩み、ストレスを紙に書き出してみると、意外とどうでもいいことで悩んでいたかもしれません。

本来であれば別なことやもっと重要なことを考えるために使えた時間も、考えすぎることで失ってしまいます。仕事でも他人の意見や頼み事を考えすぎてしまうと、時間のムダになってしまうでしょう。時間を決めて考えて結論に至らなければ、他人に相談してみるのも1つの手です。

考えすぎる性格は直せる

考えすぎる性格の人の中には自分自身が病気ではないかと疑ったり、数多くの心理テストや診断を受けた人もいるでしょう。考えすぎる性格が治らないとお悩みの方もいらっしゃいます。しかし、考えすぎる性格は一種の癖です。考え方の癖を変えれば直せます。

考えすぎる性格の人は心理的ストレスを抱えやすいです。今までご紹介した改善策を試してみて、自分に合った方法を見つけてみてください。ストレスが減り、他人に振り回されにくくなります。

関連する記事