コミュ障な人の特徴・原因は?治し方を知ってコミュ障を克服しよう!

コミュニケーションが苦手な自分を、コンプレックスに感じてしまう「コミュ障」だと言われて悩んでいる人もいるでしょう。他人と上手く話せない原因や特徴を知れば、直し方も見えてきます。そこで、コミュ障な人の特徴や原因はもちろん、改善方法も紹介します。

目次

  1. コミュ障だと人生が生きにくい…
  2. コミュ障な人に当てはまる特徴は?【性格編】
  3. コミュ障な人に当てはまる特徴は?【行動編】
  4. コミュ障になってしまう原因とは?
  5. コミュ障による弊害とは
  6. コミュ障を直すための5つのステップ
  7. 会話が上手な人になるためには?
  8. コミュ障を克服して新しい自分になろう

コミュ障だと人生が生きにくい…

コミュ障は人間関係が上手くいかず、生きにくいと感じてしまうことも多いです。自分のコミュ障を改善するためにも、まずはコミュ障について理解しましょう。

コミュ障の意味とは

そもそもコミュ障とは「コミュニケーション障害」の略称です。そのため、コミュニケーションを不得意とする人を、コミュ障と表すことが多いです。しかし、ネットが普及した近年は、コミュ障でなくとも相手をバカにするような意味で使われることもあります。この使い方は、決して正しくなく、間違った使い方だと言えるでしょう。

コミュ症との違いは

コミュ障と似た言葉に「コミュ症」があります。ネット上でコミュ症と使われる場合は、誤字である場合がほとんどです。しかし、2つには違いもあるため、紹介します。「コミュ障」は、自分でコミュニケーションを苦手だと感じており、コンプレックスだと自覚している人を指します。

一方「コミュ症」は、コミュニケーションを取るのが辛いと感じている人を指す言葉です。また、医学的に使用されるコミュニケーション障害の中には「社会的コミュニケーション症」という言葉もあります。これは、言語障害の1つに分類され、話し相手や状況に合わせた行動ができない人を表している言葉です。

例えば、静かにしなければならない図書館などで静かにできないような人が当てはまります。そのため、ネット上では混同されやすい「コミュ障」と「コミュ症」もハッキリとした違いがあると認識しておきましょう。

コミュ障な人に当てはまる特徴は?【性格編】

次は、コミュ障な人に当てはまる性格を紹介します。自分も当てはまるかもしれないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

ネガティブ

コミュ障な人は、ネガティブな性格という特徴もあります。常にマイナス思考に陥ってしまうため、他人と関わりながら「自分の発言で相手を傷つけてしまうかも」などと考えてしまう傾向にあります。この考えにより、自分も気づかないうちに相手との間に壁を作ってしまうのです。そのため、相手からは「付き合い方が分からない」と思われてしまうこともあります。

傷つきやすい

コミュ障な人は、傷つきやすい性格という特徴もあります。相手が何気なく言った言葉でも、悪い方向へ捉えてしまうため、相手が気づかないうちに傷ついてしまうことが多いのです。例えば「〇〇ちゃん、ちょっと太った?」と言われるとします。相手は、ただ単にそう思ったから発言したのでしょう。

しかし、コミュ障な人は「デブって言われた」と思い込んでしまうことがあるです。1度傷ついてしまうと人に会う度に「自分はデブだと思われているかもしれない」と考えるようになります。それほど、傷つきやすく繊細な人だと言えるでしょう。

自分の思い込みで傷つき、相手と距離を置いた場合、相手は「無視をされている」と思うかもしれません。特に女性の世界では、噂や悪口が一気に広まることもあります。そのような状況になれば、元々コミュニケーションが苦手な人の多くが、他人と関わるのをさらに苦痛と感じてしまうでしょう。

疑い深い

コミュ障な人は、疑い深い性格という特徴もあります。例え相手が仲良くなろうと積極的に話しかけてくれたとしても疑ってしまうため、上手く会話ができない状況があるあるになってしまいます。疑い深くなった結果「私の前では褒めてくれても、裏で悪口を言われるかもしれない」と勘ぐってしまうことが多くなるのです。

その結果、相手は仲良くなった気でいても、本人は素を隠している場合もあります。そのため、心を開ける友人ができにくく、悩みを抱えやすい人が多くなるのです。

周囲の目を気にする

コミュ障な人は、周囲の目を気にする性格という特徴もあります。何をするにも「他人に悪く思われたらどうしよう」と行動する前に考えてしまいがちです。例えば、街を歩いている時に他人と目が合ったとします。そんな時に、コミュ障でなければそこまで気にすることはないでしょう。

しかし、周囲の目を気にしすぎる人は「自分が笑われているかもしれない」「今の私って変なとこないよね?」と勘ぐってしまう傾向にあります。そのため、1人ではもちろん、友達とでさえも外にでるのが怖くなってしまうのです。その結果、友達の誘いを断るようになり「付き合い方が難しい」と思われることもあります。

引っ込み思案

コミュ障な人は、引っ込み思案な性格という特徴もあります。というのも、恥ずかしがり屋で他人の目を気にしてしまうからこそ、引っ込み思案な性格になるのです。引っ込み思案とは、内気で人前に立って何かを発言したり、行動したりするのを苦手としている人を指す言葉です。

そのため、注目を浴びる行為を避ける傾向にあります。人前に立って他人を先導するのはもちろん、仕事で中心的存在になるのも苦手なことが多いです。したがって、仕事において「積極性がない」「自主性がない」という印象を与えてしまうこともあるでしょう。

コミュ障な人に当てはまる特徴は?【行動編】

先ほどは、コミュ障な人に当てはまる性格的な特徴を紹介しました。しかし、コミュ障な人には、性格以外にも行動的な特徴があります。そこで次は、行動的な特徴を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

会話を続けるのが苦手

コミュ障な人は、会話を続けるのが苦手という特徴もあります。世間話や雑談と言った何気ない会話を苦手としているため、相手が話を振ってくれても「はぁ」「まぁそうです」などと1言で返してしまう傾向にあります。その反応を見た相手も「話したくないのかな」「迷惑だったかな」と感じてしまうのです。

また、相手に質問をするのも苦手に感じている傾向にあります。というのも、自分の情報を明かしたくないため、他人の情報も聞きたくないと思ってしまうことが多いのです。例えば「この前焼肉行ったんだよね」と言われたとします。会話に苦手意識のない人であれば「そうなんだ。どこの焼き肉屋?」などと質問をするでしょう。

しかし、会話の苦手意識と情報を知りたくないという気持ちが相まって、コミュ障な人は質問をせずに会話を終わらせようとしてしまいます。その結果、相手に嫌われる可能性があったとしても、コミュ障な人にとっては、会話を続ける方が苦痛に感じてしまうのです。そのため「会話が続かない」「2人でいるのはきつい」と思われることもあるでしょう。

仲良くなるとよく話す

コミュ障な人は、仲良くなるとよく話すという特徴もあります。相手との間に壁を作ってしまうからこそ、その壁を壊してくれた人には、饒舌になる傾向にあります。しかし、仲良くなると言っても表面上の仲の良さではありません。幼少期から親しくしていた幼馴染など、昔から関わってきたような人にのみ心を開きます。

また、趣味を通じて出会った人とも饒舌に話す傾向にあります。というのも、共通する話題があるため、話しやすいのです。お互いに自分の情報を交換するよりも、趣味に関する情報を交換しようと行動するので、自然に笑顔も増え、楽しそうに話すことができます。

1人が好き

コミュ障な人は、1人が好きという特徴もあります。大勢の輪に入ってワイワイ話すよりも、1人で趣味に没頭する時間の方が安心できるという人が多いのです。しかし、周囲の人からすれば「1匹狼」「ノリが悪い」と思われることもあるでしょう。

インドア

コミュ障な人は、インドアという特徴もあります。仕事以外に外に出ることはほとんどなく、自宅で1人の時間を楽しむ傾向にあります。そのため、趣味もスポーツなどアクティブなものではなく、ゲームやアニメなど自宅で楽しめるものを好む傾向にあるのです。

しかし、趣味のイベントや買い物をするためには、笑顔で外出します。それほど、コミュ障な人にとって趣味は大切なものであり、生きがいとなっているのです。そのため、他人に「付き合い方が分からない」「1匹狼」と思われていたとしても、趣味さえあればいいという思考になることが多いです。

SNSでは別人になる

コミュ障な人は、SNSでは別人になるという特徴もあります。現実では、他人と会話をするのを苦手に感じていたとても、実際に他人と顔を合わせないSNS上であれば、自分の意見をハッキリ伝えることができます。普段自分の思いを隠し、我慢しているからこそ、文章では明るく本来の自分をアピールできるのです。

コミュ障になってしまう原因とは?

ここまでコミュ障な人の特徴を、性格面と行動面に分けて紹介しました。しかし、最初からコミュ障だった人は少なく、何かしらの原因があることがほとんどです。そこで次は、コミュ障になる原因を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

幼少期の友達が少なかった

コミュ障な人は、幼少期の友達が少なかったという原因もあります。幼少期に他人とコミュニケーションを取る機会が少なかった人は、どうしてもコミュニケーションが苦手になってしまうことが多いです。そして学生になった途端、同年代の他人が周囲にたくさん現れるため、どう関わっていいのか分からないまま、コミュ障になってしまう傾向にあります。

社会人であれば、周囲の人も「コミュニケーションが苦手なのかな?」と察してくれることもあるでしょう。しかし、小学生や中学生などは、相手の様子から状況や感情を察することを学んでいく時期です。そのため、平気な顔をして「なんで喋らないの?」「中学生になっても人との付き合い方知らないの?」などと言ってしまうことがあります。

その経験がトラウマとなり、大人になっても自分の意見を言えないような性格になってしまう場合があるのです。

幼少期の環境が悪かった

コミュ障な人は、幼少期の環境が悪かったという原因もあります。両親がいつも喧嘩ばかりしていたり、お互いに口を利かなかったりする家庭環境で育った子供は、人間不信になってしまうことが多いです。そして、他人を信じられなくなり、関わりを避けているうちに「根暗」「面白くない」という印象を与えてしまいます。

また、両親の仲は悪くなかったとしても、自分を認めてくれなかったり、信じてくれなかったりした経験を持つ子供は、自信をなくしてしまう傾向にあります。例えば「なんであの子はできるのに、お前はできないんだ」などと、子供の存在自体を否定してしまうような両親の元で育った子供は「自分はダメな子なんだ」と認識してしまうのです。

その結果、成長してからも他人に引け目を感じてしまい、多くの人が内向的な性格になってしまいます。そして、内向的な性格が災いし、他人と関わる機会が減ることで、コミュニケーションが苦手になってしまう人が多いのです。

過去にいじめられていた

コミュ障な人は、過去にいじめられていたという原因もあります。他人の妬みや嫉みをぶつけられた場合、多くの人が人間不信になってしまうでしょう。また、自分が悪いことをしていないのにも関わらず、いじめられるようになった人は、特に人間不信になる傾向にあります。

本人も心の中では「自分は悪くない」と思っています。しかし「自分で気づかないうちに、他人を傷つけてしまうかもしれない」などと心配性になってしまう人が多いのです。その結果、自然と他人との関わりを避けるようになり、付き合い方が分からなくなります。

コンプレックスがある

コミュ障な人は、コンプレックスがあるという原因もあります。容姿、内面に関わらず何かしらのコンプレックスを持っている人は、自信をなくしてしまうでしょう。さらに、自分でも認めているコンプレックスを他人から指摘されれば、尚更自信をなくす原因になります。

特に容姿にコンプレックスを持つ女性は、他人と関わるのを苦痛に感じてしまう人が多いです。そして外出した時に、周囲の人が自分の容姿をバカにしているように感じ、外出するのも嫌だと感じるようになることもあります。その結果、コミュニケーションを取るのが億劫になってしまうのです。

自分のせいで人を傷つけた

コミュ障な人は、自分のせいで人を傷つけたという原因もあります。前述した原因は、全て他人や家族が原因でした。しかし、この原因は自分の行動で誰かを傷つけたという記憶が、他人との関わりをセーブしてしまっているのです。既に相手は気にしていないとしても、本人が罪悪感を感じていれば、コミュ障の原因になります。

コミュ障による弊害とは

コミュ障なままで生活していると、さまざまな弊害が生じる場合もあります。しかし、弊害は実際に起こらなければ想像しにくいという人もいるでしょう。そこで次は、弊害やデメリットを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

分からないことがあっても質問できない

コミュ障のまま生活していると「分からないことがあっても質問できない」というデメリットもあります。というのも、コミュニケーションを苦手にしている人は、自分から話しかけるのも苦手になってしまう場合が多いからです。そのため、学校や仕事でも分からない部分を質問できず、自分で解決してしまう傾向にあります。

自分で解決し、正しい場合はそれでいいでしょう。しかし、自分で考え行動した結果、間違っていた場合、周囲の人へ迷惑をかけてしまいます。その結果、周囲の人から「質問してくれれば、未然に防げたはずなのに」と知らないうちに、嫌悪感を与えることもあるのです。

また、仕事で勇気をだして質問した時に「え?そんなことも知らないの?」などと言われた経験がある人は、さらに質問をしなくなるでしょう。というのも「また怒られたらどうしよう」などと考えてしまうようになるのです。質問をしないことにより、仕事でのミスも多くなり、仕事自体が嫌になることもあります。

職業が限られる

コミュ障なまま生きていると「職業が限られる」というデメリットもあります。他人とのコミュニケーションが苦手なため、人と直接関わる仕事や電話対応のある仕事などは任せられないと判断されることもあるのです。そのため、将来の夢が前述したような内容の場合、従事できない可能性があると理解しておきましょう。

結婚できない可能性がある

コミュ障なまま生きていると「結婚できない可能性がある」というデメリットもあります。特に女性は、結婚して子供を産みたいと思っている人もいるでしょう。しかし、コミュニケーションが苦手なため、好きな人と会話ができず、気付いた時には失恋していたなんてこともあるのです。

コミュ障を直すための5つのステップ

ここまで紹介したコミュ障な人の特徴やデメリットを知り、改善したいと思った人もいるでしょう。しかし、改善したいと思っても直し方を知らなければ、改善のしようがありません。そこで次は、コミュ障の直し方を5つのステップで紹介します。ぜひ、参考にしてください。

ステップ①:自分を見つめ直す

改善したいと思ったらまず、自分を見つめ直してみましょう。自分がなぜコミュニケーションを苦手に感じているのかを知らなければ、明確な改善方法も組み立てにくいのです。例えば、本当は容姿にコンプレックスが原因で人との関わりを避けている人がいたとします。しかし、コンプレックスとコミュ障が繋がっていなければ、会話術を磨こうとする人もいるでしょう。

そのため、自分がなぜコミュ障になってしまったのかを知る必要があります。そして、原因が分かれば、直し方も見えてくるでしょう。

ステップ②:考え方を変える

コミュニケーションが苦手になった原因が分かったら、次は考え方を変えてみましょう。というのも「相手を傷つけるかもしれない」「悪口を言われたらどうしよう」などとマイナス思考でいる限り、他人とコミュニケーションを取るのは難しいことが多いからです。そこで、考え方を変えられるように訓練しましょう。

例えば「相手を傷つけるかもしれない」と考え、コミュニケーションを取りたくないと思っている場合は「相手を傷つけないためにはどうしたらいいんだろう」という思考に変えます。そして、答えが見つかれば、答えを目標にして行動するだけです。

ステップ③:挨拶をする

自分の考え方を変え、目標が見えれば行動するだけと前述しました。しかし、コミュニケーションを苦手にしている人が、いきなり行動を起こすのは難しい場合が多いです。そのため、次は挨拶をできるように練習しましょう。コミュニケーションが苦手な人は、日常会話はもちろん挨拶も苦手にしている場合があります。

そこで、初めから他人とのコミュニケーションを取ろうとするのではなく、まずは挨拶を練習します。初めは、声を出すことだけを意識しましょう。仕事などですれ違う際に「おはようございます」「お疲れ様です」などと声をかけるように心がけてください。そして、挨拶で声がでるようになったら、次は笑顔を心がけます。

挨拶は、無表情で行うと「不愛想だな」「怒ってるのかな」と思われてしまいます。そのため、笑顔で挨拶ができるように訓練をしましょう。鏡の前で笑顔を練習したり、友達に練習に付き合ってもらったりするのがおすすめです。笑顔を練習していけば、自然に挨拶ができるようになるはずです。

ステップ④:新しい出会いを求める

挨拶が自然にできるようになったら、次は新しい出会いを求めてみましょう。しかし、無理をして新しい友達を作る必要はありません。というのも、コミュニケーション能力は、人と話す機会を増やせれば必然的に高まります。そのため、友達を増やす必要はないのです。

そこでおすすめなのが多くの店を利用することです。そうすれば、店員と会話をする機会が増えます。その結果、他人と話すことに次第に慣れていくでしょう。そして、会話をすることに自信をつけられれば、ゴールは目の前です。

ステップ⑤:身近な人へ試す

会話をすることに自信をつけたら、最後に身近な人へ試してみましょう。仕事で関わる人や友人などに試し、コミュニケーションが取れれば、改善できたと実感できます。そして、身近な人と会話ができるようになれば、新しい出会いも怖くなくなることが多いです。

会話が上手な人になるためには?

先ほどは、コミュ障の直し方を紹介しました。しかし、改善してさらに、会話も上手くなりたいと思っている人もいるでしょう。そこで次は、会話が上手くなる方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

しっかりとした準備ができる

コミュニケーションが苦手な人は、自分が口下手だと自覚していることも多いです。そんな口下手の直し方は、台本をしっかり用意することです。台本をしっかり用意してプレゼンに挑むように考えてみてください。「他人との会話」と認識するからこそ身構えてしまうという人が多いです。

そのため、会話が上手な人になるためには「プレゼンをする」という認識で挑むのです。そうすれば、意識が変わり、普段よりも話しやすくなるでしょう。特に女性と会話をする時は、台本を用意するのがおすすめです。女性は雑談や世間話が好きな傾向にあるため、さまざまな話題がでることがあるでしょう。

その時に、答えられるようにある程度、質問や答えを考えておく方が接しやすくなります。そうすれば、女性との付き合い方も分かり、仲も深まります。男性であれば女性との出会いを円滑にし、女性同士であれば話が盛り上がることで友達もできやすくなるでしょう。

会話のリズムを知る

他人との会話には「間」や「相手の話に合わせる」などのリズムが重要になります。というのも、会話をする中でどちらかが一方的に話していては、自分の「会話をしたい」という気持ちを押し付けているだけです。そのため、他人と会話をする時は、リズムを意識しましょう。

リズムを理解するためには、相手の理解度を知りながら話すことが大切です。そうすれば、必然的にどちらかが一方的に話す状況はなります。そして、時には相手の話を親身になって聞くことも必要と理解しておきましょう。

傾聴を覚える

会話が上手な人になるためには、傾聴を覚えるということも必要です。傾聴とは、ただ単に話を聞くのではなく、目や耳、心の全てを相手に向け親身になって話を聴くことを指します。また「聞く」「聴く」と同じ読み方をする漢字にも違いがあります。聞くとは、耳に聞こえた音を認識する行為です。

一方聴くとは、聞こえた内容を理解しようとする様子を指します。そのため、他人の話にしっかりと耳を傾けるときは「聴く」を使うのです。そして、会話の上手な人になるためには、自分から話すコミュニケーション能力だけではなく、聴く力も必要になります。相手がどのような思いで話をしてくれているのかを考えながら会話をしてみましょう。

始めは、相手の気持ちが分からなくとも、考えながら会話をする中で徐々に理解ができるようになります。そのため、根気よく挑戦してみてください。

コミュ障を克服して新しい自分になろう

コミュ障な人は、さまざまな原因により、他人との会話を苦手にしているため、周囲から「付き合い方が分からない」と思われがちです。しかし、コミュ障を克服できれば、他人を怖がらずに会話ができるようになるはずです。そのため、直し方が分かった今こそ、克服できるように挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連する記事