頼りになる人の特徴・言動〈男女・夫婦・職場など〉20選!頼られるための心構えも!

頼りになる人って、自他ともにいいですよね。頼りになる人の特徴を、男性・女性・部下・上司・旦那・奥さんなどで20選ご紹介します。頼りになる人になるための心構えも具体的に知ってみたいですよね。具体的な特徴やどんな言動が必要なのかを分析します。

専門家監修 |心理カウンセラー 井村 俊雄
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、...
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、心理学や脳科学をプログラムに導入した運動教室であるイムラアスリートアカデミーを三重県鈴鹿市で主宰。 心の持つ力に興味を持ち、2013年より心理カウンセラーおよびメンタルトレーナーとしても活動。子育ての悩みから、プロアスリートの競技力向上のサポートなど、心理面でのサポートは多岐にわたる。 2015年夏に単身渡米。アメリカ陸上競技連盟公認コーチをアジア人として初めて取得。

目次

  1. 頼りになる人ってどんな人?特徴は?
  2. 頼りになる人の特徴や言動20選!
  3. 頼りになる人の特徴・言動〈男性〉
  4. 頼りになる人の特徴・言動〈女性〉
  5. 頼りになる人の特徴・言動〈部下〉
  6. 頼りになる人の特徴・言動〈上司〉
  7. 頼りになる人の特徴・言動〈旦那〉
  8. 頼りになる人の特徴・言動〈奥さん〉
  9. 頼りになる人になるための心構えは
  10. 頼りになる人になるためには信念のあるいい人間関係を

頼りになる人ってどんな人?特徴は?

頼りになる人に自他ともに憧れますが、どんな人が本当に頼りになる人でしょうか。悩みや相談がある時に、対処してくれる人、何かを決めなければいけない時に決断力があって行動できる人、人間関係の中で上手にやっていける人、仕事の上で頼りになる人など、いろいろな頼りになる人がいます。その特徴は、この人ならと信頼ができる人のような気もしますね。

友人関係で頼りになる人、職場で仕事上頼れる人、家族の中で頼れる人は、それぞれに特徴があって、言動も異なる気がします。関係性の中で、どのような人がそれぞれ頼りになるのかを男性・女性・部下・上司・旦那・奥さんで、特徴や言動を見ていきます。自分が頼りになる人を目指すためにも、役に立つでしょう。

頼りになる人の特徴や言動20選!

頼りになる人には、共通した特徴や言動があります。頼りになる人と思える、具体的な場面での特徴や言動を20選でご紹介します。具体的に男女や職場、夫婦で見ていきますので、参考になりますよ。どんな特徴や言動が頼りになるのかを知っておくと、それを目指すことも可能になりますよね。

頼りになる人の特徴・言動〈男性〉

頼りになる男性というと、どんなイメージでしょうか。男性には、いろいろ相談したり、何かを決めたりしてもらいたいですね。そんな場面で、頼りになる男性となれるかどうかが大事になりますよね。

特徴1. 人の悩みや相談にアドバイスや答えをくれる

男性で頼りになる人の特徴は、悩みの相談にきちんと乗ってくれて、何らかのアドバイスや答えをくれる人です。悩みの相談などを聞いてくれても、あまり何も言ってくれない人は、悩んでいる時にはちょっと頼りないと思ってしまいますよね。きちんとした答えが出なくても、こちらの悩みの原因や状況にしっかりと寄り添ってくれる人は頼りになる人です。

井村 俊雄

心理カウンセラー

信頼は『私のことを理解してくれる』という感情が大きく影響を及ぼします。 アドバイスをくれる人であっても、橋を最後まで聞いてくれる人でなければ信頼することは難しいものです。 解決策が出なくても、自分のことを思い、時間を共有することが大切です。 まずは話を最後まで聞いてあげる、聞いてもらうことが大きな1歩です。

特徴2. 最後まで責任感がある

一緒にいろいろなことをやってみると、きちんと最後まで責任感を持って行動してくれるかどうかで、頼りになる男性かがわかります。何人かでやっていると、どうしてもその中で、責任を持ってやる人とやらない人に分かれます。最後までやり遂げる責任感のある男性は頼りになります。きちんとしたいという性格の男性ですね。

特徴3. ピンチの時に一緒にいてくれる

窮地に陥った時に、逃げてしまう人と、頑張ってくれる人がいます。そういった時に頑張ってくれる男性は、頼りになる人ですよね。何か、つらい時や失敗した時に、その場から逃げ出さない人は頼りになる男性です。そんな場面で、人の評価も決まりますよね。逃げ出さないという性格や行動が信頼につながりますね。

特徴4. 正義感がある

正義感のある男性は頼りになりますよね。間違ったことをしている人に注意ができたり、困っている人を助けることができるような行動ができる人です。間違ったら正してくれるというしっかりとした男性がいると、周りにいる人たちも、いつもきちんとした生き方ができそうですね。

特徴5. 何かを決める時にしっかり決めることができる

何かを決める時に、自分で決めることができる男性、それぞれの意見や考えがまとまらない時にも、どうにかまとめることができる男性は頼りになりますね。多くの意見をまとめる場合には、上手に人間関係をまとめていく力や行動力も必要ですね。

井村 俊雄

心理カウンセラー

相手の納得を得る(自信があるように感じる)話し方として、『断定語で話す』というものがあります。 『〜だと思います』よりも『〜です』の方が相手の納得が得られ、頼りになるという印象につながります。 ただし、断定的に話すということは、言葉の重みも深まりますので、それ相応の根拠や準備が必要ですね。

共通点:頼りになる男性は信念を持っている!

これらの頼りになる男性の共通点は、自分で確固たる信念を持っている男性ではないでしょうか。人の悩みや相談にきちんと答えられるものを自分の中に持っている、責任をもって最後までやろうという姿勢を持っている人です。ピンチの時にも逃げない気持ちを持ち、決めることができる、自分に信念のある男性は頼りになりますよね。

(人間関係については以下の記事も参考にしてみてください)

頼りになる人の特徴・言動〈女性〉

頼りになる女性と言うと、女性同士では相談事も多いでしょう。そんな時にどう対応してくれるかが大事ですよね。また、男性が女性に頼る場合には、優しく落ち着いた雰囲気を求めることも多いのではないでしょうか。具体的にどんな女性が頼りになるのか、特徴を見ていきましょう。

特徴6. 相談事に親身になってくれる

女性に相談する場合は、どちらかというと、一緒に共感してくれることを求めていることも多いですよね。親身になって共感してくれる人は頼りになると思われるのではないでしょうか。「自分もこうだった」などと話してくれる女性に頼りがいがあるな、と思いますよね。

特徴7. いつも優しく落ち着いている

女性には、優しさを求める人も多いでしょう。何かあった時に、優しくしてくれて、落ち着いた態度をとる女性を頼りになる女性と同性でも異性でも思う人も多いでしょう。男性にとっては、母性本能がある、いつも包み込んでくれるような落ち着いた女性が頼りになる女性だったりしますよね。

井村 俊雄

心理カウンセラー

落ち着いた印象を与えるためには、トラブル時でも ・同じペース ・同じ声 ・同じ表情 といった点が大切です。特に表情と共に、声(声の高さや声量)は隠すことができませんので、日頃から意識しておくと良いでしょう。

特徴8. 感情的にならずにきちんと対応してくれる

女性の場合に、何かトラブルや揉め事などがあった場合に、つい感情的になってしまうことがあります。例えば、女性同士で何か揉め事が起きたり、トラブルにあったりすると、その時に、きちんとした対応をしてくれる女性は頼りになりますよね。女性同士の異なる意見をまとめてくれたり、対立している意見や関係をまとめてくれる女性は頼りになる女性ですよね。

共通点:頼りになる女性は親身で、優しく落ち着いて対応ができる

これらの頼りになる女性の共通点は、親身に悩みや相談などにのってくれ、優しく落ち着いて対応できる女性となります。女性間では、仲がいいというだけでなく、頼りになる女性が友人としてもいると嬉しいですよね。自分もそんな風になりたいと思う人も多いでしょう。親身に優しく対応しながら、落ち着いて判断できるように、自分でもなっていきたいですね。

頼りになる人の特徴・言動〈部下〉

職場で頼りになる人の特徴・言動はどんな点でしょうか。部下で頼りになる人の印象はどんな印象でしょうか。部下のどんな性格や行動が頼りになるかを見ていきましょう。

特徴9. 責任を持たせることができる

職場では、仕事をある程度任せられる部下は頼りになりますよね。任せてもきちんと最後までやってくれる部下がいれば心強いですね。上司からすると、信頼できる部下になりますが、そのためには条件もあります。よく仕事には「報・連・相」が大切などと言われますが、報告や連絡、相談をきちんと上司にする部下は、信頼できる部下で、頼りになります。

特徴10. 言動で自分の意欲をきちんと伝えてくれる

部下ですので、まだ経験が少なかったり、仕事での実力がないかもしれませんが、それでも「やってみます」と言ってくれる部下は頼りになりますよね。「自分なりに考えてみましたが、こうした方がいいのではと思っています」などと頑張る気持ちと自分の意見を表してくれるととても頼りになりますよね。言動に表してくれる部下も大事ですね。

特徴11. 同僚をまとめられる

職場では、同僚の信頼が厚く、コミュニケーションがしっかりとれる部下は頼りになります。みんなをまとめていく力、統率力がある部下は仕事の面でも評価が高いでしょう。同僚をまとめられる部下には、性格的な面での協調性とみんなをまとめて行こうという、行動力がある人も多いですよね。

共通点:上司にとって頼りになる部下は意欲と責任感がある

頼りになる部下の共通点はというと、仕事への意欲があって、相談しながら仕事をきちんと進められる責任感のある部下です。途中で仕事を放棄したりする部下はもってのほかです。意欲だけでなく、きちんと仕事がまっとうできることも大切ですよね。上司や同僚などとのコミュニケーションがしっかり取れる性格であることも信頼を得て、頼られるには必要ですね。

頼りになる人の特徴・言動〈上司〉

職場で頼りになる上司とは、どんな上司でしょうか。仕事の面やその他の何か悩みや相談があった場合に、どう対処いてくれるのかで、上司の評価は大きく変わりますよね。上司との相性というのもあるかもしれませんが、頼りになる上司は、結構共通した性格や言動を持っているようです。

特徴12. 同じ立場になって悩みや相談にのってくれる

上司に仕事や人間関係などの悩みを相談できるかどうかはとても大きな問題ですよね。きちんと相談できる上司がいると、それだけで働きやすい環境になりますね。時には、相談しても上からパワハラで抑え込んでくるような上司もいます。「それは、君に問題があるのではないか」などと言う上司もいます。親身になって相談内容を考えてくれる上司は頼りになります。

特徴13. 仕事の責任をしっかり取ってくれる

仕事上で、自分が失敗したり、行き詰ったりした際に、それに対処してくれる、時には責任を取ってくれる上司は頼りになる上司ですね。いざとなったら、部下の責任にする上司も中にはいますよね。「ここからは、私が責任を取るから」と言ってくれる上司は頼りになり、信頼できます。そんな上司の元で働きたいですね。

特徴14. 正義感が強く自分のポリシーを持っている

いろいろな場面に遭遇した際に、正義感が強く、仕事の面でも生き方の上でも自分のポリシーを持っている上司は、頼りになると言えます。いざという時に、この上司だったら、こう判断するというのが見えるような人が理想ですね。きちんとした芯の通った判断ができる人は頼りになる上司と言えます。その時々で判断が異なると、信頼できなくなりますよね。

井村 俊雄

心理カウンセラー

感情的にならない(特に怒りと悲哀)で接してくれる上司だと、相談もしやすいのでコミュニケーションが円滑に図れます。 ですから大きなトラブルにも発展しにくいですし、仕事の生産性も高い状態で業務を遂行できます。

共通点:頼れる上司は相談もできて責任感とポリシーを持っている

これらの上司に共通している点は、相談にものってくれ、いざとなったら、責任を取ってくれる上司です。きちんとした一貫性のある判断ができる人ですよね。人間性と言った面でも尊敬に値する人が部下からすると信頼できますね。責任のある地位にいても、信頼できない人もいますよね。どんな上司が頼りになる人かを判断してそういう人を探す事も大切ですよね。

頼りになる人の特徴・言動〈旦那〉

頼りになる旦那の特徴や言動というとどんなことが挙げられるでしょうか。日常的なこともありますが、いざという時、大きな判断をする時に、しっかりと判断してくれる旦那は、頼りになる旦那ではないでしょうか。家族間の問題、子供の教育の事、お金のこと、仕事のこと、将来設計など大きな相談をした時に、きちんと判断してくれるかは重要です。

特徴15. 家族のみんなのことが考えられる

夫婦のこと、子供のことなどの家族みんなのことに気を配れる旦那は頼りがいがあります。いつも、細かく気を配るというのとはまた違って、何かあった時に対応してくれる旦那となります。「今、子供が学校を休みがちだけど、どうしよう?」という真剣な相談に、問題から逃げずに、家族のことを真剣に考えてくれる旦那は頼りになります。

特徴16. 判断がきちんとできる

旦那に相談した際に、きちんとした答えを出してくれることも頼りになります。家族のことやお金のことなどで問題が起きた時に、相談しても、うやむやにしないで、きちんと判断をしてくれると嬉しいものです。感情的にならずに、落ち着いた判断ができることが必要です。そして、上司の時と同じように、そこに一貫性のあるポリシーがあると頼りがいがありますね。

特徴17. 将来のことを考えてくれる

家族の将来設計などを考えてくれている旦那も頼りになりますね。「将来は何年後かに家を建てたい」など、将来設計をきちんと立ててくれていると安心ですよね。計画性のある性格の旦那も頼りに感じられますよね。

共通点:頼りになる旦那は家族みんなのことを考えて判断ができる

共通点は、しっかり家族みんなのことを考えてくれているかどうかです。自分だけのことでなくて、家族の将来のことや問題が起きた時のことなどにしっかり対処してくれるかです。平穏無事な日常だけでなく、問題が起きた時こそ頼りになる旦那の言動がほしいですよね。関係ないと言った無関心でいられるのが一番嫌ですよね。性格もありますが判断力も必要ですね。

(旦那と喧嘩した時については以下の記事も参考にしてみてください)

頼りになる人の特徴・言動〈奥さん〉

頼りになる奥さんの特徴・言動はどんな点でしょうか。自分が奥さんでしたら、夫婦や家族の中で日常的に頼りになる奥さんでいたいですよね。特徴を見て、参考にしてみましょう。

特徴18. 大らかに優しく受け止めてくれる

感情的になることも女性では多いかもしれませんが、大らかに優しくいろいろなことを受け止めてくれる奥さんは頼りになる奥さんですね。特に、大きな問題が起きた時や子供への対応で、いつも大らかに接して行動できる奥さんは、家族で頼りになりますよね。

特徴19. 思いやりがあって親身になれる

思いやりのある奥さんも頼りになる奥さんです。旦那さんが「会社で今日は問題が起きて疲れた」と言った場面で、奥さんがそれに配慮して「じゃあ、これをしなきゃいけないけど、私がやるね」とすぐに言ってくれた場合、とても頼りになるでしょう。人の気持ちを思いやって、配慮のある行動がとれる性格の奥さんには、とても頼れます。

特徴20. 家庭のことを任せられる

家庭のことを全部任せられる奥さんは頼りになるでしょう。家族の問題やお金のことなどを1人でやる奥さんは頼りになる存在です。旦那さんも任せて安心できますね。将来設計も奥さんがきちんとしたものを持っているのもいいでしょう。性格的に計画性などがある、きちんとした奥さんは頼りになりますね。

共通点:頼りになる奥さんは大らかで思いやりを持っている

共通点は、感情的にならずに、旦那さんなどの立場になって大らかに思いやりを持っている奥さんです。家庭のことも任せられる奥さんは頼れますよね。思いやりのある性格としっかりした家庭の将来計画ができる人、家事や家族のことを任せられる奥さんは理想的ですね。

(感謝のプレゼントを渡したい時には、以下の記事も参考にしてみてください)

頼りになる人になるための心構えは

それでは、そんな頼りになる人になるためには、どんな心構えを持っていたらいいでしょうか。優しく、落ち着いた性格を持つことも大切ですよね。そして、一貫性のある判断ができること、正義感と責任感のある行動ができることが重要です。頼りになる人になるためには、しっかりと自分の信念を持った考えや行動もまた、必要ということになります。

頼りになる人になるためには信念のあるいい人間関係を

頼りになる人の特徴20選をご紹介しました。男性・女性・部下・上司・旦那・奥さんに分けてご紹介しましたが、信念のある考えを持って行動ができる人、そして思いやりのある優しい対応ができる人が頼りになる人です。自分の考えや行動も大切ですし、人との信頼関係を築くことも大切ですね。頼りになる人を目指すこともできます。頑張ってみるのもいいですね。

関連する記事