引きずる人・引きずらない人の特徴は?圧倒的な心理・言動の違い7選!

引きずる人が引きずらない人になる方法はあるのでしょうか。引きずる人と引きずらない人の男女別の特徴や心理・言動の違いを学び、引きずりやすい自分に合った対処法を見つけましょう。恋愛・仕事など状況別に気持ちの切り替え方もご紹介しますので、一緒に悩みを解決しませんか?

専門家監修 |心理カウンセラー 井村 俊雄
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、...
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、心理学や脳科学をプログラムに導入した運動教室であるイムラアスリートアカデミーを三重県鈴鹿市で主宰。 心の持つ力に興味を持ち、2013年より心理カウンセラーおよびメンタルトレーナーとしても活動。子育ての悩みから、プロアスリートの競技力向上のサポートなど、心理面でのサポートは多岐にわたる。 2015年夏に単身渡米。アメリカ陸上競技連盟公認コーチをアジア人として初めて取得。

目次

  1. "引きずる"の意味は?
  2. なぜ引きずるの?
  3. 〈引きずる男〉の特徴
  4. 《引きずらない男》の特徴
  5. 〈引きずる男〉と《引きずらない男》の心理・言動の違い3選!
  6. 〈引きずる女〉の特徴
  7. 《引きずらない女》の特徴
  8. 〈引きずる女〉と《引きずらない女》の心理・言動の違い4選!
  9. 【恋愛編】引きずる人の対処法・気持ちの切り替え方
  10. 【仕事編】引きずる人の対処法・気持ちの切り替え方
  11. 目指せ!引きずる人から引きずらない人!

"引きずる"の意味は?

あなたは「あの時こうしていればよかった」そのようなことを考えて、夜眠れなくなったことはありませんか?「引きずる」とは、過去に起きた自分によくない事柄について、いつまでも考え続けたり後悔したりすることです。

元彼や元カノへの気持ちを引きずっている時は本当につらく苦しいものです。仕事でミスを連発してしまうと落ち込んでしまいますよね。自分はどうしてこうなんだろうと自責の念にかられたりもします。嫌な気持ちになるのは避けたいはずなのに、人はなぜ引きずってしまうのでしょうか。

なぜ引きずるの?

人は人生において何かにつまづきそうになった時、何とかしてその問題を解決しようともがきます。そのため、心にも無いことを口走り相手を傷つけてしまったり、楽に済ませようと手を抜いてしまう事もあるでしょう。自分で納得のいく結果になれば引きずることはありませんが、たいていの場合は後々後悔することになり、その結果引きずることに繋がるのです。

しかし、過去のやり直しはできません。どんなに後悔をしても、その時その場所で起こった事を済んでしまってから変えることはできないのです。それなら後悔しないように、引きずりやすい自分と引きずらない人の違いを知って引きずらない人になりませんか?

〈引きずる男〉の特徴

引きずると聞くと女性が多いイメージを抱く人もいるでしょう。しかし、男性でも場合によっては失恋や失敗を引きずってしまうことがあります。たとえば渾身の力を振り絞って作り上げた企画をあっさり却下されたら、どうしようもなく悔しいですよね。また、長く付き合っていた彼女との別れは、彼女を想えば想うほど辛いものでしょう。

別れ方によっては長期間引きずってしまいますよね。半年以上失恋や失敗を引きずってしまう人もいます。納得のいかない別れ方をしたり自身の傷が深ければ深いほど、長く引きずる傾向にあるでしょう。では、引きずりやすい男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴①:引きずる男性は断るのが苦手

引きずりやすい男性はたくさん頼み事をされても、優しすぎる性格のあまり断りきれずに引き受けてしまいがちです。そのため仕事で失敗を招いてしまったり、彼女に誤解をさせてしまうことがあるでしょう。「彼女と友達のどっちが大事なの?」なんて質問をされてしまうかもしれません。

特徴②:1つのことに固執しすぎる

これ!と決めたらその事ばかりに意識を注いでしまうので、周りが見えなくなり人を傷つけてしまうことも多いでしょう。たとえば彼女との外食中、彼女に男らしさを見せたくて店員に酷い態度をとってしまうことも。一番大事なことに気付けず、失ってから気付く結果にならないように注意しましょう。

特徴③:プライドが高く相談できない

プライドが高く、何事も自分一人で解決しようとする引きずりやすい男性は、元カノを忘れられなかったり、仕事でどんなに辛く悩んでいても先輩や友人に相談するということをしない傾向にあります。酷い別れ方をした時ならなおさらです。

プライドを高く持つ事は悪いことではありませんが、結果的に悩みの渦にどんどん巻き込まれていき、無限のループ状態に陥ることもあります。

《引きずらない男》の特徴

引きずりやすい男性は性格や特徴が全体的にネガティブな印象でしたが、一方の引きずらない男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴①:何事にも前向き

失敗をプラスに変え、上へ上へと目指せるのが引きずらない性格の男性です。向上心があるので失恋や仕事での失敗を糧にして、自分自身を強く成長させることができるでしょう。強く魅力的になった姿を見て、別れたことを後悔した元カノから復縁話を持ちかけられることもあるかもしれません。

(向上心については以下の記事も参考にしてみてください)

井村 俊雄

心理カウンセラー

『良い経験をした』という、ポジティブで、上昇志向はとても素晴らしいことですが、ともすると、行き過ぎると損得勘定で動く人と捉えられかねず。『軽薄な人』と揶揄されたりもします。 自身の上昇とともに、他者へのサポートも惜しみなくできる人が最も円滑に引きずらずに、自身の経験に変えることができることでしょう。

特徴②:常に冷静な判断ができる

引きずらない性格の男性は普段からTPOをよくわきまえ、常に周りを気遣い行動することができます。その時自分はどうすればいいのかを的確に判断することができるので、頼りにされやすく彼女や友人など周りからの期待も多く受けるでしょう。

(頼りになる人の特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

特徴③:ガツガツしすぎていない

今の自分の実力をよく理解していて、状況によって適度に力を抜くことを得意とするのが引きずらない男性の特徴です。駆け引きの仕方が身に付いているので、恋愛においても彼女に「重い」と思わせずにちょうど良い距離感で接することができるでしょう。

〈引きずる男〉と《引きずらない男》の心理・言動の違い3選!

仕事での失敗や失恋した元カノとのことを引きずる男性と、常に前向きで失恋や失敗を糧に新しい自分と向き合える引きずらない男性。双方の心理や言動にはどのような違いがあるのでしょうか。3選ご紹介します。

心理・言動の違い①:「振り返る」と「振り返らない」

引きずる男性は自分に自信のないタイプが多く、過去をすぐに振り返り自分の言動が本当に正しかったのかを毎回反省します。自身を責める性格が反省点を多く作り出し、改善策まで頭が回らず次につなげるということが難しいでしょう。一方引きずらない男性は常に正しい判断や行動をしてきたため、以前の言動や失恋・失敗を悔やんだりすることは少ないでしょう。

心理・言動の違い②:「捨てられない」と「捨てられる」

過去にすがりがちな引きずる性格の男性は、たとえ酷い別れ方をした元カノでも、彼女と作った思い出や思い出の品を捨てられません。。新恋人ができても元カノを引きずる傾向にあるため、今の彼女に誤解を与えてしまうかもしれません。引きずらない男性のように今の自分に必要か不要かの分別ができれば、後から悔やむことも減るでしょう。

心理・言動の違い③:「視野が狭い」と「視野が広い」

今目の前にあるものに全力を注いでしまう引きずる男性は、大事なことを見落としがちです。仕事でも恋愛でも、大切なことに気付けずに相手によくない印象を与えてしまうこともあるでしょう。一方の引きずらない男性は視野が広く周囲のちょっとした変化にも気付けるので、彼女の両親からも気に入られやすく上司からの厚い信頼を受けることも多いです。

〈引きずる女〉の特徴

恋愛や仕事、引きずる原因は人それぞれです。元カノのことを引きずってしまう男性がいるように、女性も元彼のことや仕事での失敗を引きずってしまいます。仕事で重大ミスをしてしまい、上司から叱られたら誰だって落ち込むし引きずります。今彼と元彼を比較し、元彼の良いところばかりが頭に浮かび、結果別れたことを後悔することだってありますよね。

上記のようにランキングになってしまうほど、失恋した女性は引きずりやすいことが見受けられます。元彼をどうしても諦めきれなくて必要以上に追いかけたり、元彼のSNSを毎度チェックしてしまう人もいるでしょう。

仕事で失敗した時や大切な人と切ない別れ方をした時などは本当に苦しく引きずってしまいますよね。恋愛や仕事のことを引きずりやすい性格の女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

井村 俊雄

心理カウンセラー

自分を実力以上によく見せようとすると、傲慢と感じられたり、自己中心的と感じられ、一緒にいる人にとって居心地が良いとは言えなくなるケースが多いです。 普段通りの自分である『ありのまま』の姿こそ、他人にとっても居心地が良く、本人も疲れないので、まずは普段の自分でいる心がけから始めましょう。

特徴①:引きずる女性は気持ちの表現が苦手

引きずりやすい女性は自分の感情を表現する場面、たとえば会議で企画提案をする際や元彼に復縁したい気持ちを伝える時などに表現することを苦手とします。そのため、相手に真意が伝わらず言い訳のように捉えられしつこいと感じさせてしまう結果になる場合もあるでしょう。理不尽な別れ方をされた元彼に文句が言いたいのに言葉に詰まってしまうかもしれません。

(言い訳については以下の記事も参考にしてみてください)

特徴②:相手に期待しすぎる

恋愛妄想をしがちな引きずりやすい性格の女性は、酷い別れ方・振られ方をした元彼に対してでも、考え直して自分のところに戻ってきてくれるのではないかという淡い期待を抱いてしまうこともあるでしょう。仕事面では自分が困れば後輩や同僚が助けてくれるだろうと期待しすぎて、実際には何もしてくれなかった時にガッカリしたり相手に幻滅したりも。

特徴③:引きずる女性は一人が寂しい

一人になることを得意としないので、彼氏と別れると孤独感に見舞われます。その後新しい彼氏ができるまでの期間や彼氏ができても元彼を引きずってしまうことが多いです。別れるまで同棲していた場合は、つい最近まで同じTVを観て同じ食事をしていた彼を思い出し、こみ上げる涙が止まらないこともあるでしょう。

井村 俊雄

心理カウンセラー

一人でいることに対する価値観は様々です。 ・自由な時間 ・孤独 孤独という価値観を持っている人は、深みにはまりやすいですので、一人でいる時間の贅沢さについても考えを巡らせると、また違った切り口になることでしょう。

《引きずらない女》の特徴

失恋や失敗をして落ち込んでもすぐに立ち直ることができる引きずらない性格の女性。女性らしい強さを持っていてとても素敵ですよね。そんな引きずらない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴①:ステップアップができる

引きずらない女性はたとえ納得できない別れ方をしたとしても、元彼を憎む気持ちやその悔しさをバネのようして立ち上がることができます。以前を上回るくらいの努力をし、女性としての魅力を発揮し前を向くことができるでしょう。

特徴②:次を見据えている

常にその次を見続けることができる引きずらない女性は、失恋をした時は既に未来の自分を見ています。今後の予定を考えたり次はどんな試練が待ち構えているかを想像するので、落ち込んでいる時間などはありません。失敗しても原因を突き止めて改善し自分でしっかり納得した上で次に進もうとするため、後悔することも少ないでしょう。

特徴③:引き際を知っている

引きずらない性格の女性は引き際を知っているのが特徴です。失恋しそうになった時に別れたくないと泣いてすがるのではなく、別れたくない旨を元彼にしっかりと伝えた上で駄目なら諦めるという選択肢を選びます。どんなに酷い別れ方をされても相手を責めたりしません。自分で納得して諦めるので、後に引かない別れ方ができるでしょう。

〈引きずる女〉と《引きずらない女》の心理・言動の違い4選!

性格や特徴が対照的な引きずる女性と引きずらない女性。失恋すると毎回引きずってしまう、そんなあなたのために引きずらない女性との心理や言動の違いを4選ご紹介します。

心理・言動の違い①:「負けず嫌い」と「負けても気にしない」

酷い別れ方をされた元彼に対して負けたくない!という思いが強く出すぎてしまうのが、引きずりやすい女性です。その負けず嫌いが度を超えてしまい、元彼のことを悪く言いたくなることもあるでしょう。負けてもいいと思っている引きずらない女性のように、失恋やミスは成功するためにあるものだと頭を切り替えられると良いですね。

心理・言動の違い②:「切り替えられない」と「切り替えられる」

引きずる女性は恋愛が終わった時、失恋して元カノになったという事実を理解はできても心がそれに追い付かない場合が多いです。今カノから元カノへの切り替えができずに、必要以上の追いかけ回しをしないようにしましょう。一方引きずらない女性は、状況把握を得意とするので引きずることがなくきっぱりと諦められるでしょう。

心理・言動の違い③:「後悔する」と「後悔しない」

「あの時彼を引き止めていたら」などと自分の言動を後悔するのが引きずる性格を特徴とする女性です。仕事でも恋愛でも事が済んでしまってから反省することが多いでしょう。引きずらない女性は常に自分の言動に自信があるため、後悔という言葉を口にすることは少ない傾向にあります。

心理・言動の違い④:「比較する」と「比較しない」

元彼と今彼を比較してしまったり友人の彼氏と自分の彼氏を比較してしまうなど、人と人を比較しがちなのが引きずりやすい女性です。引きずらない女性は十人十色という言語が存在する意義を理解した上で行動し、人を比べることをしないのが特徴といえるでしょう。

【恋愛編】引きずる人の対処法・気持ちの切り替え方

元カノや元彼への想いを引きずりやすい人の対処法や気持ちの切り替え方を3つご紹介します。自分に合った方法を見つけて、恋愛で経験したつらい気持ちを乗り越えてくださいね。

対処法や気持ちの切り替え方①:失恋したことを認める

まずは元彼・元カノになったということを受け入れましょう。つらいかもしれませんが、1つの恋愛が終わったことから目を背けていては、立ち直ろうとする第一歩が踏み出せません。失恋を認めることで気持ちの変化があるはずです。もう1度ぶつかってみるのか諦めるのか、今後の自分の行動を決めるためにも頭の整理から始めましょう。

対処法や気持ちの切り替え方②:プライベートの充実をはかる

独りになると考えてしまいがちな元カノや元彼への気持ち。体を壊さない程度に予定を詰め込んで、考えてしまう時間を減らしましょう。苦しいときは友達を頼るのも1つの方法です。周囲に強力してもらい、なるべく失恋のことを考えないようにたくさん笑わせてもらいましょう。必死に前を向こうとしているあなたを見た友人は、きっと助けてくれるでしょう。

対処法や気持ちの切り替え方③:元カノ・元彼とのものを捨てる

引きずらないためには思いきりも大切です。ものや気持ちを捨てるのは簡単なことではありませんが、諦めるためにも元カノや元彼との思い出や思い出の品は捨ててしまいましょう。納得できない別れ方をされた相手のことを考え続けるのは悔しくありませんか?苦しさを乗り越えて引きずる時間を無くし、新しい恋愛をする準備期間に充てましょう。

【仕事編】引きずる人の対処法・気持ちの切り替え方

失敗を引きずってしまいそうな時には気持ちの切り替えが必要ですよね。仕事での失敗などを引きずりやすい人におすすめな対処法・気持ちの切り替え方を3つご紹介します。

対処法や気持ちの切り替え方①:失敗したからこそ得られる教訓

失敗を繰り返してしまう時には、失敗の原因を書き出してみましょう。そうすることで失敗に繋がる原因となっている自分のくせを知る事ができ、改善策が浮かびやすくなります。くせは自分自身ではなかなか気付きにくいものです。失敗したことで自身のくせを学び、次の成功へと繋げていきましょう。

井村 俊雄

心理カウンセラー

ゴミをゴミ箱に捨てるように、思考を書き出すことや話をすることはとても健全で効果的な方法です。 考え事として処理しようとしても、頭の中で堂々巡りになり、少し忘れかけたと思っても、ちょっとしたきっかけでまた強烈に思いが戻ってしまいます。 今、どのような気持ちで、これからどうするのかをノートに思いのままに書き綴ってみましょう。

対処法や気持ちの切り替え方②:原点に返ってみる

仕事でミスをした時にどうしたらいいのだろうと考えすぎて引きずりそうになった場合には、今の仕事を選んだ理由を思い返してみましょう。あなたはなぜその仕事をしていますか?今も仕事を続けている理由はなんですか?今の職業を選んだ理由を思い出すことで気持ちを原点に戻し、初心でのやる気を思い出して落ち込みから立ち直ることができるでしょう。

対処法や気持ちの切り替え方③:気分転換でリフレッシュ

失敗したことをいつまでも考え続ける時間があるならば、映画鑑賞や読書をする時間も作れるはずです。仕事とは全く無関係なことをすることによって、突然アイディアが浮かんだりすることもあります。気分も変えられて問題を解決できるかもしれないなんて一石二鳥ですね。今までやったことのないものにチャレンジするのも気分転換にはおすすめです。

目指せ!引きずる人から引きずらない人!

元の彼氏や彼女への気持ちを簡単に切り替えることが難しいでしょう。引きずることで元カノ・元彼への気持ちを再確認する場合もあります。ですが、もし今気持ちを引きずることに嫌気がさしているなら、この機会に引きずる人から引きずらない人へ自分を変えてみませんか?

関連する記事