根に持つ人の特徴や性格は?心理や対処法!あっさりした人になる心構えも!

いろいろなことを根に持つ人がいますよね。根に持つ人の特徴・性格・心理を探ってみます。根に持たない人との違いや対処法、改善方法などや番外編として、根に持つ人達のしつこい"恐怖エピソード"もご紹介します。あっさりした人になるにはどうしたらいいでしょうか。

専門家監修 |心理カウンセラー 塩﨑結菜
HP
現在は、心理カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得し、両方の知識・経験を活かしながら活動しています。
HP
現在は、心理カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得し、両方の知識・経験を活かしながら活動しています。

目次

  1. 「根に持つ」という意味は?
  2. 根に持つ人の特徴は?
  3. 根に持つ人の性格・心理は?
  4. 根に持つ人の長所と短所は?
  5. 根に持つ人と持たない人の大きな違いとは?
  6. 根に持つ人への対処法は
  7. 根に持つ性格の直し方・克服方法は?
  8. あっさりした人になるための心構えとは?
  9. 【体験談】根に持つ人達のしつこい"恐怖エピソード"
  10. 根に持つ人の特徴や性格を知って克服しよう

「根に持つ」という意味は?

「根に持つ」といいますが、意味としては「恨みに思いながらいつまでも忘れない状態でいる」といった意味です。「根に持っているんじゃない?」や「忘れないで根に持っているよね」などと言われます。ずっと思われて、恨まれているので、怖がられたりしますよね。

根に持つ人の特徴はどんな点でしょうか。あるあると思わずうなずいてしまうような共通点を見ていきましょう。

根に持つ人の特徴は?

根に持つ人の特徴をいくつか紹介します。「根に持っているね」と言われる人はどんな特徴を持った人が多いのでしょうか。男性にも女性にもいる、根に持つタイプにはあるあるの特徴があります。人間関係も上手くいかないことが多いでしょう。また、こうしたタイプの人は、根に持ちすぎて思うようにいかずに悩んで、うつなどの病気にならないよう気を付けましょう。

特徴①:悪いことや場面などをよく覚えている

自分の身に起きた悪いことを忘れないでよく覚えているのは、根に持つ人の特徴です。男女に関わらずいますよね。「あの人のせいで…」や「あの時、こうしていれば…」などと他人や過去のことを恨みに思って、よく覚えているタイプの人です。

特徴②:感情的に許せないと思う人間関係や場面が多い

感情的にこれだけは許せないと思うことが多い人も根に持つタイプです。人がその許せないことを言ってきたりしてきたりすると、とても恨みに思ってずっと覚えています。

どちらかというと女性に多いかもしれませんが、感情的に許せないことは人によって多い人と少ない人がいます。自分の中で許せないことが多い人は、人間関係や言動を根に持つ事も自然と多くなるのです。

特徴③:深く考えすぎてしまう

深く考えすぎて、根に持ってしまうこともあるでしょう。「あの人が早く○○してくれていたら…」「もっとこうしていれば…」と細かく振り返って、根に持ってしまうこともあります。本当はどうなっていたかわからないことも、深く考え過ぎて誰かのせいにしてしまって、根に持つようになることがあります。

特徴④:人間関係や言動の細かなことが気になる

細かく人の言動が気になってしまうのも、根に持つ人の特徴です。「あの人があの時、こう言った」というのを一生忘れないという人もいるでしょう。細かな言葉がどういう意味で言われたのか、なぜそうしたのかと事細かに追及することで、ずっと忘れられないことになり、根に持つことにつながります。ひどくなると病気になる人もいます。

特徴⑤:嫌なことを受け流せない

大らかに受け流せないで、根に持つ人は男性も女性もいます。あまり気にしなくてもいいことでも、根に持ってしまう人の場合には、簡単に受け流せません。自分だけがそんな風になぜ言われたのかや自分だけがこんなことになっているなどと、病気のように被害者意識が強い人もいます。

根に持つ人の性格・心理は?

根に持つ人の性格や心理の傾向を見ていきます。「根に持つ人」と思われては、あまりいい印象ではありません。それを改善し、克服するためにも根に持つ性格や心理について詳しく知りましょう。根に持つこと自体は病気ではありませんが、それが過度になってくると精神的に負担になり、病気になることもあります。どんな性格なのかを知りましょう。

根に持つ人の性格①:ネガティブ

ネガティブな性格をしている人は、根に持つことも多いでしょう。ポジティブな人は、同じ言動を受けても、あっけらかんとしています。ネガティブな性格の人は、男女とも忘れることができないことが多くなります。ネガティブな性格のために、ずっとそのことが心に引っかかってしまって、何故だろうなどと病気のように考えてしまいます。

根に持つ人の性格②:傷つきやすく自尊心が強い

人間関係の中で何か言われたりされたりした時に、とても傷つけられたと感じてしまう性格の人は、根に持ってしまいます。私はとても傷ついたといった思いになると、人は忘れないですよね。自尊心が傷つけられたと感じる男女に多い、恨みを持つあるあるの場面です。

根に持つ人の性格③:神経質

神経質な性格の人が根に持ちやすいタイプになります。大らかな人は、すぐに忘れてしまったり、気にしないことも、神経質な人は気にしてしまいます。あまり気にして、病気にならないようにする必要もある性格の人です。何でも根に持つ人は、あるあるの人間関係や言動などを気に病まないようにして、病気にならないようにしましょう。

根に持つ人の性格④:細かく分析して頭で考える

細かく分析して頭で考える人は、「どうしてこんなことを言われたのだろう」「なぜこんなことをされるのだろう」と細かく追求して考えます。一つのことをいろいろ考えてしまう性格の人は、ずっと根に持つようになります。他の人ですとさらりと受け流すことも、どうしてなのか頭で考えすぎてしまって、根に持ちます。男性に多く、ねちねちした人もいますよね。

根に持つ人の性格⑤:感情的

感情的に考えることが多くても、許せないと思うことが多くなり根に持ってしまうことにつながります。人間関係の中で「こんなことするなんて…」とよく思ってしまう性格の人です。感情豊かで人の言動を過敏に感じ取ってしまう人も、相手の言動に悪意があるように感じて許せなくなって恨むこともあります。

特に女性に多い性格かもしれませんね。様々な場面で、人間関係も難しくなる性格の人です。

根に持つ人の性格⑥:心配性

どんな場面でも心配性な性格の人が男性女性共にいます。心配性なために、大したことでなくても根に持ちます。人はそんな意味でしたことではないのに、大きなことのように捉えて、気にしてしまいます。気にしすぎて、根に持ってしまう人も、悩んで病気にならないよう気を付けましょう。

根に持つ人の性格⑦:臆病

臆病な性格の人は、心配症です。小さなことを気にして、気に病んで根に持ちがちです。他の人ではあるあるで済ませられても、臆病で慎重な性格のために、いろいろと悪い方に考えすぎてしまいます。臆病であるために、失敗してしまうと、誰かや何かのせいにしたがる性格があります。

根に持つ人の性格⑧:プライドが高い

自尊心、プライドが高い男性で、根に持ってねちねちしている人も結構見かけます。ミスを指摘されることで恨む気持ちが生まれる人もいます。指摘されたり傷つけられたことをずっと恨んで、ねちねちとしつこく思う性格の人です。病気のように暗く落ち込んで、恨みます。プライドの高い男性などに割と多いでしょう。

根に持つ人の性格⑨:一つのことに執着する

小さな一つのことにずっと固執するタイプの性格の人もいます。どうしても狭く考えてしまいます。全体を見ることができずに、様々な角度から考えることができないタイプです。次にまたやればいいなどと考えることもできずに落ち込みます。細かなことに執着して、同じことを考え込んでしまう性格です。執着するタイプは根に持つタイプになりやすいでしょう。

根に持つ人の性格⑩:自分の考え方が中心

自分の考え方を常に中心にして、そこから外れると、すぐ根に持つ人がいます。考え方をもう少し広くすれば、根に持たなくていいことも増えるタイプです。広い人間関係の中で、自分の考え方に固執しすぎず、視野を広げる努力をするといいですよね。男性にも多い性格ですね。

心理①:気持ちに余裕がない

根に持つ人の心理状況としては、追い込まれたような状況に感じている人は、根に持つことが多いでしょう。ぎりぎりの精神状態になってしまったり、もうできないという心理状況になった場合には、いろいろなことを根に持ってしまいます。特に女性は育児で大変な時などに、ちょっと手伝ってくれない旦那さんのことを恨むのは、よくあるあるの場面ですね。

心理②:落ち込んでいる

落ち込んでいる場面でも、根に持ってしまうことが多いでしょう。女性などが失恋した時など普段と違う心理状態のときに、友人に声を掛けられた言葉が少しでも気に入らないと根に持つことも、あるあるなことです。落ち込んだ心理状態では、根に持つ可能性も高くなります。

心理③:人に自分の気持ちを聞いてほしい

根に持っていることを密かに思っているのは誰にもわかりませんが、それを誰かに恨みとしてぶつけてしまうことで相手を不快な思いにさせてしまい、根に持つ人だと思われるのです。根に持つ人は、人に自分の気持ちを聞いてほしいという心理があるといえるでしょう。

人に恨みの気持ちをぶつけている人は、自分の感情が抑えられない心理状態に追い込まれているとも言えます。

塩﨑結菜

心理カウンセラー

貴方自身に当てはまるものはありましたか? まずは、自己理解を深めることから始め、根に持つ要因を探ってみましょう。 要因は、複数ある場合もありますよ。

根に持つ人の長所と短所は?

根に持つ人にもいい所があります。ここでは、根に持つ人の長所と短所を詳しく見ていきたいと思います。恨みに思ってしまうことなどは人から「あの人根に持っているよね」と言われてしまいますが、短所もあれば、長所もあります。それぞれをしっかり見ることで克服法や対処法にもつながっていくでしょう。

(モラハラについては、以下の記事も参考にしてみてください)

根に持つ人の長所は?

根に持つ人も捉えようによっては、長所があります。根に持つ人の長所とはどんな点でしょうか。長所に気づいて、いいように活かしていきたいですね。根に持つ人の長所と思えるようなあるあるの場面をご紹介します。

長所①:思慮深い

根に持つ人は、何事も深く考え込む人です。他の人があまり気にしない、あるあるなことも細かく考えるために、悪い結果の時にもしっかり考え込みます。一生懸命悩むことで、いい結果を得られることもあります。楽観的に受け止める人とは違う発想になります。楽観的な人達が多い中に、1人こうした人がいるのもいいでしょう。

長所②:ミスや失敗を次に活かせる

根に持つ人は、ミスや失敗がとてもに気になる人です。失敗したら、ずっとそのことを気に留めておくために、同じ失敗を繰り返さない人もこのタイプには多くいます。ミスや失敗に敏感ですので、それを恐れます。臆病にならずに、しっかりとミスや失敗を受け止めて、対処することで次に活かせるようになると長所になります。

長所③:感情豊か

根に持つ人としては、感受性が強くて、感情が細やかなために少しのことが気になる人も中にはいます。この感受性が豊かな面を人への思いやりなどに変えられたらいいでしょう。自分が根に持つような嫌なことは人も嫌がると配慮できたり、相手を思いやったりできれば、素敵な長所です。

長所④:深い人間関係を築ける

根に持つ人の友人関係は、友人に対してもいろいろ深く考えますので、深いつながりを求めます。感情が豊かですので、友達に対しても深い友情を持つ人が多いでしょう。恨みを買わなければ、根に持つタイプの人とはとても仲のいい友人関係や人間関係を作ることができるでしょう。

根に持つ人の短所は?

根に持つ人の短所はどんな点でしょうか。根に持つ人のあるあるの短所をご紹介します。これらの短所を一つずつできればなくしていきたいですよね。精神的に病気にならないように、人間関係がスムーズになるように改善したいものです。

短所①:執念深い

根に持つ人は、ずっといろいろな場面を覚えているので執念深いと人からは言われてしまうでしょう。それが、嫌われることもよくありますよね。どんな点を根に持っているのかを伝えると、それですっきりとすることもあるかもしれません。執念深い根の持ち方は人間関係を悪くしてしまいがちですので、改善したい短所ですね。

短所②:考え方や視野が狭い

考え方や視野が狭いために、人間関係の中で根に持ってしまうことも多くあります。もう少し、他の考え方や他の人の意見を聞くことで、根に持つ必要がなく「あるある」で済ませられることも結構あります。視野を広げ、周りに目を向けて、俯瞰で考えると意外と楽になることもありますよね。

短所③:ネガティブで消極的

根に持つ人の場合には「またミスや失敗をしたら怖い」など失敗を気にしたり、「あの人がまたこういうかもしれない」などと気になります。消極的になる心理や行動は短所になってしまいます。ネガティブになりすぎて、うつなどの病気になる可能性もあります。根に持ったらそれを次に活かせるように前を向くようにすることで、短所を長所にしましょう。

短所④:プライドが高すぎる

根に持つ人の中には、プライドが高すぎる人がいます。すぐ自分のプライドが傷つけられたと思って、根に持ってしまう人です。プライドにあまりこだわらないような性格の人ならば、根に持たずにすむことも多いでしょう。プライドが高いのは、悪いこととは言えませんが、根に持って前に進めないならば、あまりよくない状況と言えますよね。

根に持つ人と持たない人の大きな違いとは?

根に持つ人の長所、短所を見てきましたが、根に持たない、何事もあっさりと考える人との違いはどんな点でしょうか。そこには、物の捉え方や人への考え方に大きな違いがあります。根に持つタイプとあっさりしたタイプの考え方の大きな違いを見ていきます。いろいろなあるある場面に遭遇した時に、2つのタイプは言動に大きな差が出ます。

根に持つ人との違い①:すぐ忘れる

根に持つタイプは、ずっと同じことを考えてしまいます。すぐ忘れるあっさりしたタイプは、あまり何事も気にしません。気にしていたとしても今日で忘れようなどと切り替えができるタイプです。訓練のように、何回も忘れることを繰り返しているうちに、割といろいろなことが忘れられるようになります。忙しいと忘れていたということもありますよね。

根に持つ人との違い②:失敗を気にしない

同じ失敗をしてもそれが気になってどうしようもないタイプと、また頑張ってみようと思う2つのタイプがいます。もしくは諦めて何もしなくなるタイプもいます。諦めきれなくて、失敗の原因をずっと考えたり、自分が悪いなどと考えたりしてすると根に持ったりします。失敗しても、ポジティブな思いで前を向くことで、あっさりしたタイプになれます。

根に持つ人との違い③:自分だけが嫌な目にあったと思わない

何かあまり良くないことが自分に起きたとしても自分だけがと思ってしまうタイプと、自分だけではない、仕方がないと思えるタイプがいます。しょうがないと早く、諦められるかどうかは大事です。自分のことばかりを気にしないようにして、俯瞰で見ることで、少し変われそうです。人の失敗談が聞けることも大切です。

根に持つ人への対処法は

さて、ここからは根に持つ人に対処する方法についてです。ねちねちと昔の話を根に持って話された時の対処法なども知っておくといいでしょう。上手に付き合う方法をご紹介します。あまり根に持たれて精神的に病気にならないように対処してあげることも必要です。上手に根に持つ気持ちをコントロールすることができ、転換できるようになってくれればいいですね。

昔の話に相づちを打ちながら新しい話に転換する

根に持つ人に対処するには、昔の話を繰り返した際には、それに軽く相づちを打って聞いてあげることも大切です。ため込んでいると病気にもなりますよね。そして、その上で、新しい話に気分や考えが転換できるようにしてあげましょう。単に忘れろと言われても忘れられない性格です。その思いを認められた上で、次の新しい事が考えられるようになったら理想ですね。

根に持つ性格の直し方・克服方法は?

根に持つ人は、いろいろなことや場面を根に持つようになって、それが蓄積していくと病気にもなることも時にはあります。できるだけ根に持たない生き方ができれば、楽です。根に持つ人の言動の直し方や克服方法についてご紹介します。

克服方法①:他のことをいろいろ考える

根に持つ性格や心理をすぐに変えて直すというのは難しいかもしれません。少しずつでも同じことを考え、悩む時間を少なくしていくと、おすすめです。思い出してしまう際は、なるべく別のことを思って忘れる努力をしましょう。

克服方法②:人に話してすっきりする

根に持つ人は、意外と自分の中でため込んで根に持ってしまう人も多いでしょう。人に話したりすると「そんなこと気にしなくていいよ」「大丈夫よ」や「思い過ごしだよ」と言われることで思い悩まずにすむこともあります。また、人に「こんなことがあって根に持っている」と言ってしまうだけで、少しすっきりすることもあります。男女共に吐き出すことも大事です。

塩﨑結菜

心理カウンセラー

話すは放す。とも言われており、誰かに話すことでスッキリすることは多々あります。 ただ、誰かに話すことで余計にストレスがたまることもあるので、誰に話すのかは慎重に選びましょう。

克服方法③:他人を気にしない

他人のことをあまり気にしすぎるために、根に持つこともあります。「あの人がこんな人とは思わなかった」などは、人のことを少し気にしないことで楽になります。女性に多いかもしれないのですが、少しマイペースで他人の言動をあまり気にしないようにしましょう。相手があまり深い意味でなかったことも多く、気にしないで気持ちを落ち着かせましょう。

克服方法④:プライドをあまり気にしないようにしてみる

プライドが傷つけられたと根に持つ人は、そんなにプライドが傷ついたことではないと自分に言い聞かせてみましょう。プライドの持ち方は、人それぞれですが、自分の考え方一つで同じ場面に遭遇しても気持ちが変わります。男性に特にプライドの高い人がいると思いますが、少しプライドを気にしない努力をしてみましょう。

克服方法⑤:広い視野を持つ

広い視野を持つように心がけることも大切です。他の視点から見ることができるように努力しましょう。自分も楽になります。「こういう意味にも取れる」「あまり大したことではない」と思って、男性も女性も広い視野で考えてみるように頑張ってみましょう。そういう人を見本にするのもいいでしょう。

克服方法⑥:趣味などで発散する

根に持つ人は、違うことに楽しみや喜びを見つけて、転換するのもいいでしょう。考え方や時間の使い方を別のことに使ってみませんか。スポーツやアウトドアなど、特に体を動かすことに励めば、くよくよ根に持っていたことも忘れてしまいますよね。男性も女性も、そうした習慣を繰り返せば、段々と根に持つことも忘れやすくなっていきます。

あっさりした人になるための心構えとは?

根に持つタイプの人の真逆は、あっさりした人となります。「あの人あっさりしている」など、あっさりした人は好感度が高く、人に好かれる印象です。楽観的な人も根に持つタイプとは真逆のタイプですよね。あっさりした人や少し楽観的になるための心構えも紹介しておきます。できることから真似してみる、いつの間にか根に持たなくなりそうです。

心構え①:物事や言動に執着しない

物事や言動にあまり執着しない、人がこんなことを言ったということを、できるだけさらりと流せるようにあっさりとしたタイプになれるように目指しましょう。もし、気になりそうなことがあったら、時には聞き流すのもいい方法です。

心構え②:過去の場面を振り返らない

振り返る癖のある人は、あまり振り返らないように心掛けることで、根に持つことも少なくなります。ネガティブな振り返りはやめて、ポジティブな振り返りにできるような心構えを持つといいですね。

心構え③:マイペースに

人のことをあまり、気にしないようにすると、根に持つこともなくなります。何か気になることがあったら、人のことは関係ない、あるあるの場面で大丈夫と自分で思ってみましょう。自分は自分だと思って、気にしないことも大切です。

心構え④:根に持っていても表には出さない

人に何か嫌なことを言われてずっと覚えているというのは、実は多くの人にとってあるあるなのです。意外と多くの人が、心の奥底では根に持っていることがいろいろあります。ただ、それを人に言ったりして、表に出さないように多くの人がしています。恨みに思っても、自分の心に静かにしまっておくように心構えを持つのも大切な方法です。

(夫婦のいい人間関係については以下の記事も参考にしてみてください)

【体験談】根に持つ人達のしつこい"恐怖エピソード"

根に持つ人の、人に恨みを持ったエピソードはあるあるです。男女ともに、根に持つと怖いものです。いつまでもずっと覚えていて、それをねちねち言ったり、爆発させたり、男性も女性も怖いですよね。あるあるの場面がいっぱいありますので、そんな場面をご紹介します。夫婦や恋人、友人などで、根に持たれると人間関係がとても難しくなりますね。

質問投稿サイト

妻がかなりの根に持つタイプで困っております。
喧嘩した時に決まって出るセリフが「謝罪なんかで気が済まない、時間を戻してよ」です。
もちろん私にそんな能力はありません。
何日も謝り倒してから許しを得るのですがまた思い出しては怒られる日々です。
「結婚したことを後悔してる、本当に大嫌いだ」とも言われています。

質問投稿サイト

私は喧嘩しても、引きずりませんが、全てインプットして いざという時にまとめて、吐き出します。

結婚20数年たちますが、新婚の時にまで、怒りは遡ります。女の人は 結構 そんな人 多いみたいですよ。

個人ブログ

親しい友人から、「妹の方が鼻高くね?」「妹細いよね?」「妹背高いよね?」と妹べた褒めを目の前でされたことに対し、妬んで根に持っています。(未だに笑)
でね、めっちゃ美人な子を徹底的に調べたわけです。他にもガッキー(誕生日同じ…)や広瀬すずちゃん、橋本環奈ちゃんなどなど、自分が美人だなーって思う人の顔立ちを研究しました。
見返すためにこの条件全部クリアします。美人になってやる作戦始動やで!

根に持つ人の特徴や性格を知って克服しよう

根に持つ人は、そのことで人に不快な思いを抱かせることもあるでしょう。自分でも根に持つことで悩んで病気になったりします。できるだけ根に持たない工夫をし、気持ちを変えて克服するようにすることが大切です。ネガティブに振り返らないようにし、広い視野でマイペースを保ちましょう。人のことを考えすぎないことも大切にして、考え方を変えてみましょう。

関連する記事