友達がいない人あるある20選|社会人・高校生など年齢別の特徴や性格を紹介

友達がいないと悩む人は年代を問わずいますが、友達がいない人は何が原因で友達ができないのでしょうか。
友達がいない人に共通する「あるある」を20選ご紹介します。友人関係で悩んでいる人は、自分が「あるある」に当てはまる特徴や性格がないか参考にしてみてください。

専門家監修 |心理カウンセラー 井村 俊雄
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、...
HP
株式会社イムラアスリートアカデミー代表。一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事も務める。 専門である陸上競技のプロコーチとして、心理学や脳科学をプログラムに導入した運動教室であるイムラアスリートアカデミーを三重県鈴鹿市で主宰。 心の持つ力に興味を持ち、2013年より心理カウンセラーおよびメンタルトレーナーとしても活動。子育ての悩みから、プロアスリートの競技力向上のサポートなど、心理面でのサポートは多岐にわたる。 2015年夏に単身渡米。アメリカ陸上競技連盟公認コーチをアジア人として初めて取得。

目次

  1. 友達がいない人ってどんな人?
  2. 友達がいない人あるある20選を紹介
  3. 友達がいない人はどんな性格?
  4. 友達がいない人の特徴【社会人編】
  5. 友達がいない人の特徴【高校生編】
  6. 友達がいない人の特徴【主婦編】
  7. 友達がいない人は全然普通!

友達がいない人ってどんな人?

みなさんは、友達と呼べる存在が何人ほどいるでしょうか?

広く浅く付き合う人もいれば、狭く深い人間関係を築く人もいるでしょう。

友達とひとくちに言っても、その範囲や付き合い方などは人によって様々です。時には「友達が少ない」と劣等感を感じることもあるかもしれません。

ただ、自分にとって友達は本当に必要なのか考えることも大切です。

友達がいない人に共通する特徴を解説するので、友達ができないと悩んでいる人は参考にしてみてください。

友達がいない人あるある20選を紹介

まずは、友達がいない人に共通する「あるある」を挙げていくので、チェックしてみてください。

①冗談やお世辞が言えない

真面目すぎて冗談やお世辞が通用しない人は、堅苦しい印象を与えてしまいがちです。

会話が盛り上がりにくいので、話してもつまらない人だと思われてしまい、友達ができない原因になることがあります。

②自分のことを話さない

友達がいない人は「好きな食べ物は?」「趣味は何?」など質問されても「特にありません」「プライベートなことなので答えられません」のように、自分のことをあまり話そうとしない特徴があります。

人を信用できない理由があり答えられないのかもしれませんが、相手は仲良くするきっかけを作ろうとして質問してくれているのかもしれません。

自分の殻に閉じこもっていると、友達になろうと近づいてくれる人も、自分から追い払ってしまうことになります。

③人目を気にする

人目を気にしない人はいませんが、周りの人がいつも自分の噂話をしている、いつも誰かに見られていると思うなど、自意識過剰だと友達ができない原因になることがあります。

自意識過剰になっていると、周囲を警戒している気持ちが他人に伝わるので、近寄りがたい印象を与えてしまいます。

意識が過敏で、不安感が強い場合は精神的な病気の可能性もあるかもしれません。

④人と関わることに緊張する

人見知りなどが原因で会話するだけで緊張しやすい人は、日頃から人と関わるのを避ける傾向があります。

そのため自分から友達を作るのが苦手です。

また緊張して相手の目を見て話せないと、失礼な人だと思われてしまい、誤解され嫌われてしまうこともあります。

会話するだけで動悸がする、汗が止まらないなどの症状が出る場合、対人恐怖症などの病気も考えられます。

⑤感受性が強いのもあるある

対人関係で緊張しやすい人は、感受性が強い傾向があります。

普通は気付かないことも目に付くので、人の良い・悪い面もよく見えます。

特に、人の悪い一面を知ってしまうと傷ついてしまい、人を信用できなくなり遠ざけてしまうことがあるでしょう。

⑥トラウマがある

子供の頃、親が怖かったなど家庭環境が原因で人間不信になり、人と関わるのが怖い、どう接すれば良いのか分からないと苦しみ、友達を作れない人がいます。

また学校や職場のいじめなどで心に傷を抱えており、人と関わることを避けている場合もあります。

トラウマが癒えないまま心の病気を発症していることもあり、生活に支障が出る場合は、病気の治療も必要になるかもしれません。

⑦自己肯定感が低いのもあるある

過去に大きなトラウマを抱えている人は、自信が持てない特徴があります。

例えば「自分は暗い性格なので友達ができない」のように思い込んでいる人は、自分から心を閉ざしてしまいがちです。

話しかけられても自分の殻にこもってしまうので、友達ができるチャンスを自分で逃してしまいます。

⑧自分から行動しない

習い事やサークルに参加するなど、自分から友達を作る行動をすれば次第に友達はできるのですが、友達がいない人は人の輪に入るのが苦手だったり、面倒に感じてしまい行動に移すことができません。

「いつか自分と仲良くしてくれる人が現れる」と受け身だったり「勉強や仕事が忙しいから友達作りは面倒」と自分に友達ができない理由付けをしています。

⑨流行に興味がないのもあるある

自分から友達を作ろうとしない人は、世間のことにあまり関心を持っていません。

流行のファッションや人気のお店、話題の芸能人を知っていると話のきっかけにもなりますが、興味がない人は「○○知ってる?」と話を振られても答えられないので、話が盛り上がりにくい特徴があります。

また友達と出かけるときにおすすめのスポットを知らないので、自分から人を誘えないことも友達作りができない原因になっていることがあります。

井村 俊雄

心理カウンセラー

良好や思考は人それぞれですが、相手に歩み寄り、相手に興味を持ち『それってどういったものなの?』などと、相手の話を引き出す一言さえ知っていれば、大丈夫です。

⑩人の誘いを断る

「○○に行こうよ」と人から誘いを受けても断ることが多い人は、次第に人から誘われなくなり、友達がいても減っていきます。

人の誘いを断ることが多いと、自分が誘ったときに相手からも断られやすくなります。

⑪連絡が少ない

携帯は検索やゲームをするために使う、年賀状や冠婚葬祭の手紙が来ないのも友達がいない人のあるあるです。

携帯で連絡する場合も家族とだけ、または持っているだけでほとんど使わないので電池が減りにくいことも友達がいない人の特徴です。

⑫約束を守れない

遅刻やドタキャンが多い、借りたものを返さないなど、約束が守れない人は友達が減っていきます。

約束を破る人は信用されなくなるからです。

たとえ謝ったとしても、何度も繰り返していると本当に反省していないと思われるので、一緒に遊んでくれる人がいなくなります。

⑬空気が読めない

今話している内容と違うことを話し始める、皆が静かにしている場所で騒ぐなど、その場の空気が読めない人は、協調性がないと思われてしまいます。

空気が読めない原因は性格の場合もありますが、ADHDなどの発達障害が関係していることもあります。

⑭ひとり言が多い

友達がいない人は、人前でひとり言を話していることがあります。

考え事をしているときに、ひとり言が出ることは誰にでもあるでしょう。

ただ、周囲に人がいる場所で、一人でブツブツ話し続けていると、うるさいと思われたり、奇妙な人だと思われやすくなります。

⑮自慢が多い

自慢話が多い人は、好かれるどころかナルシスト、ひとりよがりな人だと思われて嫌われやすいタイプです。

「あの人は自慢話ばかりでつまらない」と思われるので、周りから人が離れていってしまいます。

⑯命令口調が多い

「○○しなさい」のように、命令口調で話したり「あなたはこうした方が良い」と決めつける人は、いつも偉そうだと思われて嫌われやすくなります。

上下関係でしか他人を判断できず、常に自分が上に立とうとするので、友達を作りにくい性格でもあります。

⑰損得勘定で行動する

皆から偉い、すごいと褒められるようなことは率先してやり、誰にも評価されないようなことは一切やらないというように、あからさまに損得勘定で行動する人は友達ができにくいです。

人が良さそうに見えても、ふとしたときに人によって態度を変えるなどの一面を持っているので、裏表がある性格だと思われて、人から信用されにくくなります。

⑱声が大きい・小さい

声が大きすぎると、聞き手はうるさくてストレスを感じやすくなります。

反対に声が小さくても何を言っているのか分からず聞き直すことになるので「あの人とはあまり話したくない」と思われやすくなります。

⑲趣味が充実している

読書、ハンドメイド、映画鑑賞など一人でできる趣味が充実していると、他人といる必要性を感じません。

友達がいないというより、必要ないタイプの人です。

趣味に没頭したい人は、自分一人の時間を楽しむことを優先しているので、他人と過ごすのはストレスだったり、時間やお金の無駄だと考えていることがあります。

⑳貯金が多い

友達がいないと遊びや行事に誘われることがないので、交際費がかからずお金が貯まりやすくなります。

貯金を全て自分のために使えるので嬉しいと思う人もいますが、遊ぶこともせず、お金ばかり貯まっていくのは寂しいと考える人もいます。

友達がいない人はどんな性格?

友達がいない人の「あるある」な特徴についてご紹介しましたが、次に友達がいない人にありがちな性格の特徴をご説明します。

自己中心的

自己中心的な性格だと、思いやりのない態度が目立って人から嫌われやすくなります。

自分が一番という考え方が伝わってくるので「この人といても、一緒に何かを楽しむことはできない」と思われて、距離を置かれてしまいます。

感情表現が苦手

友達がいない人は自己表現をするのが苦手です。

人に自分のことを話すのは怖い、嫌われるのではないかと、気を遣い過ぎる面を持っています。

結果、自分の殻にこもるので何を考えているのか分からないと思われやすく、人と親密になることができません。

一人が好き

友達がいなくても寂しさを感じず、一人が好きな人には友達は必要ありません。

一人だと好きなところへ出かけられる、好きなものを食べられる、自分の趣味に没頭できるなど、一人でいることをメリットだと感じる人ほど、友達が欲しいとは思わないでしょう。

友達がいない人の特徴【社会人編】

社会人で友達がいない人は、職場に仲良くできる人がいない、学生時代に友達作りをしなかった、友達と連絡する機会が減り疎遠になったなど、理由は様々です。

社会人で新しく友達作りをするなら、自分が興味のある習い事やサークルに参加するのがおすすめです。

自分と似たものが好きな人と出会いやすいので、友達を作りやすいです。

または学生時代の友人に自分から連絡を取ってみて、一緒に遊ぶ機会を増やしてみるのも良いでしょう。

友達がいない人の特徴【高校生編】

高校生は学校や習い事、アルバイトなど友達を作れる場所がたくさんあります。

普段からクラスメイトに話しかけたり、一緒に遊ぶ、部活動に参加するなど、自分から行動すると友達を作りやすくなるでしょう。

高校生活になじめない場合は、習い事やアルバイト先で友達になれそうな人を探して友達を作る方法もあります。

友達がいない人の特徴【主婦編】

結婚が原因で友達と疎遠になることがあります。専業主婦の場合、家庭中心の生活で30代、40代と生活するうちに友達と関わる機会が減り、そのまま会わなくなるケースです。

また、地元から離れて新天地で暮らす場合も、新しい土地で友達を作るのは難しい、面倒などの理由で友達を作らない人もいるでしょう。

仕事を始める、習い事をやってみるなど活動の場を広げると、友達になれる人との出会いが生まれやすくなります。

友達がいない人は全然普通!

友達がいない人の「あるある」や特徴をご紹介しました。

友達がいない理由は人により様々で、友達がいるのが普通という価値観に縛られる必要はありません。

友達が欲しいのにできないと悩んでいる人は、友達がいない人に共通する「あるある」に、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

関連する記事