「人間やめたい」と思う瞬間&心理とは?嘘だと思って試すべき対処法7選!

人間やめたい、そんな風に思ったことありますか?この記事では人間をやめたいと思う人の〈特徴〉〈心理・原因〉や、人間をやめたくなった〈瞬間〉のエピソードもご紹介。人間をやめたいと思った時にやるべき対処法も!【番外編】として、まじで"人間やめちゃった人達"が行き着いた境地・その達観した暮らしぶり・エピソードも。

目次

  1. 「人間やめたい」と思う人が急増中…!?
  2. 「人間やめたい」と思う瞬間7つ
  3. 「人間やめたい」と思う人の心理・原因5つ
  4. 「人間やめたい」と思ってしまう人に共通する5つの特徴
  5. 人間やめる前に嘘だと思って試してみるべき対処法7選!
  6. 【番外編】まじで「人間やめちゃった人達」のエピソード3選!
  7. 人間やめる前に全部から逃げよう!

「人間やめたい」と思う人が急増中…!?

何か思い通りにいかないことがあったり、自分の人生におもしろくないこと、嫌なことが降りかかったり続いたとき、人間やめたいと病んでしまうこと、ありませんか?今、人間やめたいと悩みを抱えている人が、男女ともに増えています。家族や友人などとの人間関係でトラブルを抱えたり、仕事がきつくて辞めたい、でもやめ方が分からないといった声をよく耳にします。

この記事では、人間やめたいと思う瞬間や、そう考えてしまう人たちの特徴、またその対処法をご紹介します。人間やめたいと思ってしまう時があるのは、誰にだって起こりうることです。かといって、その理由を考えなかったり、対処法を実践するのとしないのとでは、今後の人生を大きく左右します。理由や原因を解明して、うまく人生を生きていけるようにしましょう。

会社員

20代

早く人間辞めたい。もうこんな人生から逃げると決めた。人間関係がきついのが理由だけど、もう改善される見込みもない。

営業

30代

誰か人間のやめ方教えて欲しい。人生やり直したい。仕事辞めたい。辛いことが多すぎて、もう逃げるしかない。

会社員

30代

会社でミスが続いて、人間やめたいって考えるようになりました。何をやってもネガティブに考えてしまうし、もう何もする気が起きない。

「人間やめたい」と思う瞬間7つ

人間をやめたいと思うのは、どのような瞬間なのでしょうか?一般的な理由や原因から、人間やめたい、人生をリセットしたいと思ってしまう瞬間を7つご紹介します。様々なトラブルで人生のリセットを考えたり、逃げることが頭をよぎったりするのは、人間として仕方がないことです。

今、元気に人生を楽しんでいる人でも必ず、大なり小なりの悩みを抱えています。その原因や理由がはっきり分かっていれば、自ずと対処法も見つかるはずです。まずは、人間やめたいと考えてしまう瞬間を探り、その心理を理解することから始めましょう。

事務員

30代

人間辞めたいと思っても、人生って進んでいく。逃げることばかりしてたけど、もう限界です。早く仕事辞めたいし、人生のやめ方を教えて欲しい。

会社員

40代

逃げることができずに、いやいや今の仕事を続けてきたけど、もういい加減辞めたい。辞めたいって一瞬でも思い始めてから、やめ方ばっかり考えている。そして病む。

1.仕事が決まらない&やめたい

就職や転職で、仕事がなかなか決まらないと、将来への不安から人間辞めたいと自暴自棄な考えになってしまいがちです。

2.ショックな出来事が続いた

少しのショックや嫌な気持ちを受けることは、生きいれば日常茶飯事です。ただし、その小さなショックでも、連続して起こってしまうと精神的にダメージを蓄積させてしまいます。

男性

20代

人間に振り回されるのはもういい。マジで人間やめたい。人間やめる方法はないのかなぁ。あるなら教えて欲しい。

3.がんばりが報われない

仕事や勉強をがんばっていても、それが結果として反映されない、または誰にも認めてもらえないとき、人間やめたいと思うほど落ち込んでしまいます。

4.人間関係がうまくいかない&関係をやめたい

友達や親、仕事の同僚や上司などとの人間関係がうまくいかず、悩んでいる人は多いです。悩みとしてはありきたりですが、ひどくなると人間辞めたいとさえ思うようになります。

5.金銭面のトラブル

金銭面に不安があれば、今現在はもちろん、将来どうしたら良いかなどの不安も大きくなります。いっそのこと人間をやめてしまった方が楽とさえ思ってしまい、人間のやめ方を考えるようになってしまいます。

6.自信をなくした

大きなミスをしたり、小さなミスを立て続けに起こしてしまったと考えている人は、どんどんネガティブな思考になってしまい、自信をなくしてしまいます。

7.恋人と別れた

依存度が高ければ高いほど、別れの精神的ダメージは大きいです。恋愛のショックは治そうと思ってもなかなか治らず、解決方法もはっきりしていないため、長期的に回復できない状態が続くと、人間やめたいとさえ思ってしまいます。

「人間やめたい」と思う人の心理・原因5つ

なぜ人間やめたいと考えてしまうのでしょうか?人間をやめたいと思う人の心理、原因を5つご紹介します。人生は楽しいことばかりではありません。悩みを抱えていない人はいないでしょう。またその悩みから逃げるのか、立ち向かうのか、問題の大きさにもよりますが、対処法も自然と変わってきます。

もしも今人間をやめたいと思っていたり、周りにそう考えている人がいる場合、少しでも、早くその心理を理解することから始めることが大切です。心理や原因、その理由を知ることによって対処法が見つかる可能性もあります。時には逃げることも大事です。逃げることは勇気のいることかもしれませんが、原因や理由が分かっているのなら、早めに対処する方が賢明でしょう。

1.人間やめたいと思う人は、常に孤独を感じている

人付き合いが苦手な人に多いのが、常に感じる孤独感です。人が嫌いなわけではないけれど、付き合いかたがよく分からないと悩んでいる人は、精神的にダメージを負いやすいです。

2.人間やめたいと思っている人は、将来の見通しが立っていない

金銭面や仕事の関係で問題を抱えていて、明るい将来の展望が抱けない場合、人間やめたいという考えに陥りやすいです。

3.人間やめたいと思っている人は、今の生活に不安がある

現状のままでもなんとなく生きていけるけれど、常に不安がつきまとっている場合、人間やめたいとネガティブな発想をしやすい傾向があります。

4.人間やめたいと思っている人は、何をするにしてもマイナス思考

マイナス思考は、深みにはまるとどんどんネガティブになり、人間やめたいと思う原因になります。癖が付いてしまうと、ポジティブな感情が見出せなくなってしまいます。

5.人間やめたいと思っている人は、慎重すぎて行動に移せない

悩みを解決する対処法は分かっているけれど、勇気が出なかったり、慎重すぎて行動に移せない場合、人間やめたいという極端な思考に陥ってしまいます。

「人間やめたい」と思ってしまう人に共通する5つの特徴

人間のやめ方を考える人には、ある共通点があります。その特徴を5つご紹介します。悩みの数や種類は、人によって様々です。人生で困難なことに直面したり、毎日の仕事で悩みを抱えるケースも多いでしょう。しかし、それでもさほどストレスに感じない人もいれば、敏感に不安な気持ちになってしまう人もいます。

人間やめたいと考える人と、そう思わない人、一体どのような違いがあるのでしょうか?人間やめたいと考えてしまう人の特徴を踏まえれば、自ずと見えてきます。人間やめたいとまではいかずとも、日常的に悩みや不安を抱えているという人は気を付けましょう。もしも特徴に当てはまれば、人間やめたいと考える予備軍の可能性があります。

1.これまでの人生で、恋人ができたことがない

恋愛経験が少なく、恋人ができたことがない人は、愛情表現をする、されることが苦手です。甘えることも苦手なので、どうしてもマイナスな感情が強く働いてしまいます。

2.友達や家族と仲が良くない

身近な人間関係を苦に思っている人は、人間のやめ方を考えるようになります。逃れることが困難な人間関係は、改善が難しいものです。

3.金銭面で問題を抱えている

借金をしていたり、収入が少ないことを嘆いている人は、人間やめたいと思いがちです。お金に対する向き合い方が下手なのも特徴です。

4.楽しいと思えることがない

趣味や習い事などがなく、仕事もだらだらとしている人は、人生においての楽しみを見出せていません。結果、なんの為に生きているのか、とさえ思うようになります。

5.苦労ばかりが続いている

良いことよりも嫌なことの割合がかなり多く、一難去ってまた一難のような人は、精神的なダメージを受けやすい傾向にあります。

人間やめる前に嘘だと思って試してみるべき対処法7選!

本当に人間をやめることを選択してしまう前に、嘘だと思っても試しているべき対処法を7つご紹介します。早く人間やめたいと考えている人には、是非実践して欲しい対処法です。人間をやめるということは、とても勇気のいることです。その勇気があるのなら、せめてその前にもう一度だけ考え直してみましょう。

行動することに疲れているかもしれませんし、人間やめたいと考える方が楽に感じてしまうかもしれません。ですが、人間をやめるのは手段として絶対に候補に入れてはいけない行為です。実際に人間のやめ方を考える前に、対処法を試してみて、少しでも楽になり、考えを改めてみましょう。

会社員

30代

早く仕事辞めたいから、やめ方ばっかり考えている毎日です。それでも、辞めたいって気持ちを押し殺していたあの頃よりは随分マシな気分。自分の気持ちに正直に生きた方が楽です。逃げるのも大事だし、人生から逃げるわけじゃない。

1.人間やめたいと思ってしまう根本的な理由を探る

なぜ人間のやめ方を考えてしまうぐらい、精神的ダメージを負ってしまうのか、根本的な理由が分かっていない場合、まずはそれを探ることから始めましょう。理由を知ることも対処法のひとつですし、それが分かれば、新たな対処法も早くに見つかる可能性があります。

2.問題や悩みに正面から向き合ってみる

問題や悩みの存在は薄々感づいているけれど、知らず知らずの内に目をそらしてしまっていたり、気付いていないフリをしている場合は、人間やめたいと極端な思考に陥りやすいです。一度、どの理由としっかり向き合って、対処法を考えることに全力を注いでみましょう。

3.悩みを忘れる努力をする

何もしていなければ、悩みのことを考えてしまいます。何か没頭できる趣味や習い事など、悩みを忘れられる努力をしてみましょう。しんどい原因とはまったく関係のないことにチャレンジすることが、早くに解決する良い対処法です。

4.自分ができる範囲のことだけをやる

まずは自分がストレスなくできることはどんなことか、考えてみましょう。それを見極めた上でで出来ること、できないこと、やりたくないことを区別することから始めてください。そして、出来ないことややりたくないことは、出来るだけやらないようにすること。そうすればストレス軽減に繋がります。嫌なことのやめ方を探ってみましょう。

5.前向きな気持ちになれる「やりたいこと」を見つける

やりたくないことや苦手なことは、ちょっとうまくいかないことがあるとネガティブな気持ちになってしまいがちです。その反面、やれることや、やりたいことを続けていれば、前向きでポジティブな気持ちを継続させることができます。前向きな気持ちを維持することで、人間やめたいという気持ちそのものを忘れることにも繋がります。

6.希望を持つマインド作り

ひとことで希望を持つ、と言っても実際には難しいものです。そのように考えられないから、人間やめたいと感じてしまうのでしょう。例えば小さなことから考えなおしてください。昨日までの失敗を後悔するのではなく、今日や明日からはこうしよう、と前向きに考えることで、少しでも毎日に希望に持てるようになります。

7.恥ずかしい気持ちを捨て、相談をする

人の目や、どう思われるか、そんなことは関係ありません。親しい友人や家族に、赤裸々に思いを相談してみてください。その際、同意してくれたり、優しくしてくれる人が良いです。周りに気軽に相談できる人がいない場合、専門の病院などで、医師に相談してみるのも良いでしょう。悩みを口に出すのと出さないのとでは、大きく気持ちが変わってきます。

【番外編】まじで「人間やめちゃった人達」のエピソード3選!

本当に人間をやめてしまった人のエピソードを、3つご紹介します。自分で人間やめたいと考えている人でも、実際に周りに人間やめてしまったという人を見る機会は、そうそうありません。また周りの人が人間やめたいと考えていたとしても、その先どうなってしまうのかを説明できる人も少ないでしょう。

人間をやめてしまった人の実体験は、生の意見なのでとても参考になります。ストレスや悩みを抱えている人にとって、人間やめたら楽になる、そう考えてしまうのも無理はないかもしれません。しかし、今一度踏みとどまってもらえるよう、本当に人間をやめてしまった人のエピソードをご紹介します。

1.全てをリセットしてイチから出直し

仕事はもちろん、人間関係も全てリセットを行い、人間をやめるというよりも生まれ変わったという人もいます。

会社員

40代

常に早く仕事を辞めたいと思ってました。きついし、人間関係もしんどかったのが理由です。改善する方法は、辞めるしかないと思ってました。もともと親との関係性も悪く、友達もいないに等しかったので、仕事を辞めるのをきっかけに完全に人間関係をリセット。

そして引っ越しもしてまったく環境を変えました。心機一転、と思いきや待っていたのは前とさほど変わらない生活。むしろ慣れない環境のせいか、マイナスからの再スタートのような気がします。人間やめたいと思ったときに、もうちょっと考えて行動すればよかったです。

2.現実から目を背けて引きこもりに

自宅に引きこもり、嫌なことやストレスから目を背けて人間をやめた、というエピソードです。

無職

40代

20代のときに仕事が原因で強いストレスを受けていました。それが原因で体調を崩し、人間やめました。仕事も早くに辞めることにして、やめ方も強引でした。そしてゆっくり自分の好きなことだけをしてたら、引きこもりになっていました。

もっと早く引きこもりから脱出していなければいけませんでした。今となっては外に出るのもしんどいし、何をして良いかわかりません。

3.現実を無視して自分だけの世界へ

人間らしく他人の様子を伺うわけではなく、自分の思ったとおりに発言したり、わがままに行動したりすることで、ある意味人間をやめたという人もいます。

自営業

50代

社会人になって、早くから人間関係に疲れていて、30代頃から吹っ切れました。嫌なことは嫌と言い、かなりわがままに過ごしてしまおうと、ある意味人間をやめました。友達や同僚から結構嫌われることになったけど、後悔はしていません。

自分のやりたいようにやっていると、あまり得るものはありません。失うものの方が多いです。でもそれが自分らしい生き方なのかな、とも思います。

人間やめる前に全部から逃げよう!

仕事や人間関係のストレス、悩みがひどくなると、早く人間やめたいと考えてしまうのは無理もありません。極度な悩みやストレスが多い人や、感情の変化に敏感な人は特にそう考えてしまいがちです。でも、必要以上に自分を責めるのことはないです。自分に責任を感じてしまうと、どうにもならない状況から逃げる術が、人間をためるという方向になってしまいがちです。

人間やめる前に、全部から逃げることを選んでみましょう。その選択肢がなかったのなら、今日から選択肢に入れてください。全部から逃げてもやり直せたり、気持ちに変化が出て好転する場合があります。少しでも心が軽くなるよう、勇気を持って全てから逃げて、人間やめるという選択肢をなくせるよう頑張ってみてくださいね。

関連する記事