品格の真の意味とは?品格がある人の特徴25こ!高める方法やNG行動も!

品格がある人の〈見た目〉〈性格〉〈行動・仕草〉〈発言〉などの特徴を徹底解説!また、品格を高める方法だけでなく、品格を下げてしまうNG行動もご紹介します。【番外編】として参考にしたい芸能人の情報もご紹介します。品格ある人間を目指しましょう!

専門家監修 |心理カウンセラー 心理カウンセラー水沢桔梗
Twitter Ameba
親子関係の専門として、オンラインカウンセリングを行っています。過去の心の傷を癒し、自己解決できるように導くのが得意です。過干渉な親から自立したい、30...
Twitter Ameba
親子関係の専門として、オンラインカウンセリングを行っています。過去の心の傷を癒し、自己解決できるように導くのが得意です。過干渉な親から自立したい、30~40代の大人女性をサポートします!

目次

  1. 品格の真の意味とは?
  2. 品格の読み方や使い方は?類語は?
  3. 品格がある人の特徴〈外見・見た目〉9こ
  4. 品格がある人の特徴〈内面・性格〉9こ
  5. 品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉7こ
  6. 品格を高める方法9つ
  7. 品格を下げてしまうNG行動9つ
  8. 品格がある人・ない人の見極め方は?
  9. 品格のある芸能人とは?
  10. 品格のある人になろう

品格の真の意味とは?

品格という言葉はその人や物に漂う雰囲気であったりオーラのようなもののことを言います。具体的にこういうものだといった表現ではなく、その人や物の周りの状況を表現する言葉です。

服装だったり、喋る言葉、声のトーン、行動からも読み取ることができます。街中にある「マナー」も一つの品格を表現しています。もちろんしっかり品格を身に付けることにより、自身の品位を高めることができるでしょう。

会社員

36歳

私の家の隣の奥さんがドラマや映画に出てくるくらいすごい品格が良くて、上品なオーラが漂ってるんです。普通にゴミ捨てくらいしか挨拶しませんが、身のこなしから言葉の使い方まで綺麗な印象なんですよね。

自営業

45歳

昔若かった頃、言葉遣いを直そうと努力したことがあります。母親から「あんたの言葉はツンケンしてて品位がない。印象悪く思われるよ!」って言われて真剣に自分の言葉遣いを考えましたね〜。

品格の読み方や使い方は?類語は?

品格【ひんかく】と読みます。「この人は清楚で雰囲気が良くて上品で品格が良さそうだ」といった方法で使います。似たような言葉ではオーラ、品位、上品、印象などです。

ただ、品格というのはとても凛とした雰囲気を表現するのに向いている言葉です。「和服の女性に漂う雰囲気」と表現したら分かりやすいでしょうか。旅館の女将さんは上品な印象ですね。

大学生

22歳

私の友達は趣味でバイオリンをやっています。すごい賞もとった事あるみたいですよ。黒髪で長い髪のすごい上品なオーラが漂う女の子です。服装も清楚でいかにもバイオリンをやってそうな雰囲気の子です。

高校生

17歳

うちの学校の弓道部は全国大会に出場するレベルです。いつも学校では普通の人たちなんですけど、部活が始まるとすごい和風で上品な雰囲気で近づけないです…品格漂うオーラがすごいです。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉9こ

品格がある人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。まずは外見・見た目という点から9つご紹介します。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉①服装がしっかりしている

品格がある人の特徴としては、服装がしっかりしているところはとても大きい理由です。日本という国は襟がある服を切ることで、品位がある印象を持たせることができます。ワイシャツ、ポロシャツなどの服装の効果はとても良い印象を持たれやすいです。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉②立ち居振る舞いがしっかりしている

立ち居振る舞いがしっかりしていることもとても品格がある人の特徴です。姿勢や歩き方も大事です。しっかり胸を張って、スタイリッシュに歩く姿は品位ある印象です。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉③身だしなみが整っている

身だしなみが整っていることはとても大事です。頭髪や靴の手入れなど、人がなかなか手が届いていない所にしっかり手を届かせているのが品格のある人です。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉④清潔感がある

清潔感は品格を上げるのにとても重要です。自身がいくら清潔感あると思っていても、清潔感があると判断するのは相手なので勘違いしないようにしましょう。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉⑤肌・髪・爪などが綺麗

日々のケアが必要な部分もとても綺麗で良い印象を持たれるのが品格の高い人です。品格のある人は肌・髪・爪などケアをしっかり怠らないようにしています。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉⑥歯が綺麗

歯は口を開けた時にしか分からないので、実際に話している時によくわかります。品格のある人は口腔内のケアは常に意識しています。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉⑦色合いが落ちついている

服装の色や髪の色など、その人を取りまく色がとても落ち着いて派手ではない印象の方が品格があると思われます。品格のある人は色の使い方をしっかり意識しています。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉⑧歳にあった雰囲気を心がけている

その人の年齢にあった雰囲気です。特に服装、髪型などは表現しやすいです。品格のある人はあまりにかけ離れた雰囲気を出さないようにしています。

品格がある人の特徴〈外見・見た目〉⑨笑顔が綺麗

品格がある人は笑顔がとても綺麗で美しいです。笑顔は周りを明るくします。品格のある人は自然な笑顔を意識しています。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉9こ

次は品格がある人の特徴として内面・性格について9つご紹介します。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉①落ち着いている

品格がある人はとても落ち着いています。言い換えればせかせかしていません。常に冷静沈着で物事を冷静に捉えることができます。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉②誠実で律儀

誠実な人も品格がある上でとても重要な要素になります。律儀でマメな責任感があるような性格のことです。やはり物事に対して適当だったり、マナーが守れないのは恥ずかしいですし、大人として人間としても大事な要素です。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉③強い自分の考えがある

品格のある人はとてもしっかりした自分の考えや芯の強さがあります。よって自分の行動・言動に自信があります。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉④メンタルが強い

品格のある人はメンタルも強いです。色々なストレスなんかにめげず、常に前進しています。へこたれない精神です。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉⑤優しい

品格のある人はとても優しいです。人に対しても心のこもった対応をしてくれます。優しくしようと考えているというよりは、自分がされたら嫌なことは人にはしない考えです。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉⑥常に感謝の気持ちを持っている

品格のある人は普通の人よりも感謝の気持ちを持っています。言葉にも出しますし、体でも体現しようとします。事あるごとに「ありがとう」と言える人は尊敬します。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉⑦自慢しない

品格のある人は自分のことを自慢はしません。自慢から得られるものは品格のある人からすれば何も無いでしょう。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉⑧常に謙虚

品格のある人は常に謙虚です。とても腰が低く人に譲ったり、周りの人のために自分が少しくらい犠牲になる気持ちを知っています。言い訳もしません。

品格がある人の特徴〈内面・性格〉⑨自己中心的ではない

品格のある人は自己中心的な人はいません。常に周りのために自分ができることが無いかを考えています。考え方がとてもしっかりしています。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉7こ

最後に品格がある人の特徴として行動・発言・仕草について7つご紹介します。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉①言葉の使い方が丁寧

品格がある人は言葉の使い方が丁寧です。言葉というのは発する側よりも受け取る側の方が影響が大きいし、発する人の印象を決めるのはもちろん言葉を受け取る側です。実際、言葉の使い方だけで相手にとても上品な印象を与えることができます

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉②マナーを守る

マナーを守るというのはとても大事って分かっているはずなのに、街に出ると普通にマナーが守られていない人がたくさん居ます。だからこそきっちりマナーが守れているだけで上品な印象です。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉③焦っていない

品格がある人は焦っていません。焦らないためには常に余裕を持って行動をすることです。焦ったとしても焦らないように自分のマインドを立て直せる人が品格がある人です。焦っていないオーラを演出することも大事ですね。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉④口元を隠す

驚いた時や、笑う時に口を上品に抑えられる人は品格のある人です。女性などはよくそういった動作をしますね。こういったちょっとした動作に品格をアップさせるコツがあるんですね。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉⑤ありがとうがしっかり言える

ありがとうという言葉はとても人を和やかにします。もちろん使い方や使うシーンがありますが、人にしっかり感謝を表す言葉が多い人は品格がある人です。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉⑥敬語がしっかり使える

敬語をしっかり使うことは相手に対する敬意です。また、周りにもちゃんと自分よりも年上の人というのをわきまえていることを表現することになります。品格のある人は敬語の使い方、使うシーンが上手です。

品格がある人の特徴〈行動・発言・仕草〉⑦字が綺麗

字が綺麗な人はそれだけで品格があります。書道などを習っている人は上手な傾向にありますし、知的な雰囲気も伝わります。

水沢桔梗

心理カウンセラー

品格のある人には、自信があってメンタルが強く、落ち着いた性格の人が多くいます。総じて自己肯定感が高いため、内面の芯の強さが現れているのでしょう。

品格を高める方法9つ

ではここでは実際に品格を高める方法をご紹介します。実際に自分に取り入れてオーラを高めていきましょう!

品格を高める方法①品格のある人を観察する

品格の漂う人を観察しましょう。見るというアクションはとても重要で、まず視覚として品格のある人を見るだけで、その品格を上げる情報が脳に入ってきます。服装だったり、印象だったり、オーラだったり…そういった自分には無い情報を取り入れる癖をつけましょう。

品格を高める方法②いつもと違う服装にする

自身の服装を変えてみましょう。いつもカジュアルなイメージの服装だったら、ジャケットを羽織るような落ち着いたフォーマルのような服装にチェンジするなどです。重要なのは何に変えるかよりも、自分の心境の変化を感じることです。服装を変えるだけで自分の品位が上がるような変化を自分自身に感じさせることです。

品格を高める方法③正しい言葉の使い方を意識する

品格を高めるために正しい言葉の使い方を意識しましょう。細かく言ったらキリが無いほど言葉は細かいルールが多いです。全てをいきなりマスターするのは難しいと思いますが、本を読んだりすることで知識を習得していくだけでも品位が身についてきます。テレビのアナウンサーなどはそういった部分は厳しく訓練されていますのでお手本にすると良いでしょう。

品格を高める方法④正しい姿勢を意識する

どうしても姿勢が悪いと第一印象がいまいちになってしまいます。自分でも無意識に姿勢が崩れていることもあるでしょう。自分で意識できない場合は、周りの人に「猫背になっていたら教えて!」と注意してもらうのもアリでしょう。姿勢が良いとスタイルも良く見えるし良いことばかりです。

品格を高める方法⑤食べ方や食器の使い方を意識する

食事のシーンにもテーブルマナーが存在するので、マナーを守れば品位はとても低く見られてしまいます。食べるときに音を立てたり、食器が重なる音、箸の使い方など気になる点がたくさんあります。食事は人間にとって一番醜いシーンと言われています。ですので少しでも品位あるオーラを演出できるように意識しましょう。

品格を高める方法⑥丁寧な対応を意識する

常に丁寧な対応を意識しましょう。丁寧な対応をするためには、丁寧に対応することを意識するだけでなく「相手の気持ちに立って考えることを常に意識すること」が大前提です。自分本位では品位ある丁寧な対応にはたどり着けないでしょう。まずは相手のことを考えましょう。

品格を高める方法⑦常に「誰かに見られているかもしれない」と意識する

どうしても誰も見てないシーンになると、緊張感が無くなるので人間は緩んで自分の本性が出てしまうもの。まずは、常に誰かが見ているかもしれないと緊張感を持って生活してみましょう。

品格を高める方法⑧愚痴・悪口・陰口を言わない

気を許した仲間には言いたい気持ちも分かりますが、大声でファミレスでそういった会話をしているシーンを見かけたりします。周りへの気遣いにあたります。こういった部分でも他人のことを意識するだけで品位が上がってきます。

品格を高める方法⑨髪型や靴や爪の手入れ

特に人間の体の中心から遠い場所の手入れをしっかり行うこともとても大事になります。髪の毛、爪、靴などをしっかり手入れします。頭はボサボサ、爪は汚い、靴はボロボロ…これでは品格が良いとは言えません。

品格を下げてしまうNG行動9つ

品格を下げてしまう残念な行動とは何なのでしょうか?自分が行っていないかチェックしてみてください。

品格を下げてしまうNG行動①挨拶をしない

挨拶は子供でも分かる、人と人とが気持ちよく接するための大事な社会的マナーです。しっかり上品なオーラを漂わせていても挨拶が無いようでは品格があるとは言えません。常に自分から挨拶をしていきましょう。

品格を下げてしまうNG行動②自己中心的

自己中心的に自分の考えや意見を押し付けるような人は品格があるとは言えません。自分が正しいと思っていることでも他人はそうではないかもしれませんし、自分だけの固定概念を押し通すのはやめましょう。

品格を下げてしまうNG行動③すぐ怒る

すぐに感情的に怒るのは品格があるとは言えません。常にイライラしているとその雰囲気や負のオーラが周りに伝わってしまい、誰も近寄ってきません。品格がある人は人を惹きつけます。人を遠ざけるようなことをしては品位も上がりません。

品格を下げてしまうNG行動④周りに迷惑をかける

周りに迷惑をかけるような人は品格があるとは言えません。当たり前の話です。また、お酒を飲んで人格が変わって迷惑をかけるような人は結構居ます。お酒に関しても上品に嗜むのが大人です。

品格を下げてしまうNG行動⑤すぐにお金を使う

お金にだらしない人は品格があるとは言えません。金銭感覚は人それぞれですが、お金は大事なものです。たとえ1円であっても軽い扱いをしないようにしましょう。ついついしてしまう衝動買いなどは要注意。すぐにお金を使うような癖がある人は気をつけましょう。

品格を下げてしまうNG行動⑥スマートフォンに夢中になる

誰もが持っているスマートフォン。スマートフォンをたとえ用事で使っていたとしても人によっては「いつもこの人スマホばっか触って…」と思われていてもおかしくないです。それほど今はスマートフォンに依存している人が多いです。

品格を下げてしまうNG行動⑦片付けない

ズボラな性格の人や品格がない人は片付けられない人が多いです。そういう人は部屋が汚かったりモノであふれています。品格があるひとはしっかり片付けられていてデスクの上や車の中まで全部が綺麗です。

品格を下げてしまうNG行動⑧異様に盛り上がる

異様に盛り上がるのも周りから見ると非常に迷惑ですし品格があるとは言えません。最近では東京渋谷のスクランブル交差点でイベント毎に大盛り上がりな風景をニュースなどでもよく見かけます。集団でまとまって馬鹿騒ぎする行動は本当に迷惑に感じる人が多いです。ちゃんとTPOをわきまえましょう。

品格を下げてしまうNG行動⑨ありがとう・ごめんなさいが言えない

この2つのワードはは気持ちよく人と接していくために大事な言葉です。感謝と謝意をしっかり相手に伝えられることは大事です。まずは言葉から表現していきましょう。

品格がある人・ない人の見極め方は?

品格がある・ないの見極めに一番必要な要素は「心の余裕」です。心に余裕があるひとは何事にもゆとりがあります。時間を大事にし、自分自身に入ってくる情報をしっかり自身の成長に繋げているような人は間違いなく内面は品格がある人です。

また品格がある人は外見にもしっかり気を遣っています。清潔で清楚です。「清楚、清潔な外見で心に余裕がある人」が品格がある人です。ない人はその逆です。見た目がイマイチ、常に焦ってて周りが見えていない人です。

会社員

29歳

品格がある人って圧倒的に落ち着いている人だと思うんですよね。やっぱりセカセカしていたり、焦っている人は間違いなく品格があるとは思えないですし。あとはやっぱり服装の印象も大事ですよね。

主婦

27歳

私が思う品格とか品位がある人って、清潔感だと思うんですよね。どれだけかっこよくても、不清潔なだけで全く品格なんか無いと思います。まずは清潔感だと思います。毎日お風呂に入るとかそういうことではなくて、身だしなみをしっかり整えて外見に気を配ることからだと思います。

品格のある芸能人とは?

品格がある芸能人とはどんな人なのでしょうか。上の写真は吉永小百合さん。清楚で上品な日本人のトップと言っても過言ではないでしょう。ご紹介します。

会社員

51歳

芸能人はやっぱり品格のある人が多いですよね。俳優さんにとても多いと思います。

水沢桔梗

心理カウンセラー

姿勢は人の目に一番つきやすいので、品格を高めるのに効果的です。姿勢を正すだけで、印象がガラッと変わりますよ

オードリー・ヘプバーン

世界中の女優が憧れる大女優のオードリー・ヘプバーン。とてもチャーミングで圧倒的な演技力や存在感は誰もがうなずける品格の持ち主です。

主婦

36歳

海外だとやっぱり品があるって言えばオードリー・ヘプバーンじゃないですか?母親の影響で私も大好きですね。映画よく見てました。

有村架純

日本でも大人気の女優の有村架純。若者にも高齢の人にも人気があります。大河ドラマや朝ドラでも出演しています。日本ではNHKで放送されるだけで品格があると評価されやすい雰囲気がありますね。

大学生

22歳

有村架純好きです。すごく品があるし。今の女優さんで一番好きですね。謙虚だし。NHKの紅白歌合戦の司会やってたし実力あると思います。

新垣結衣

新垣結衣も大人気の女優です。スタイルも良くて、発する言葉にトゲも無い、誰にも媚びることなく芯の強い部分が男性からも女性からも愛され品格が高い理由です。

会社員

29歳

ガッキー可愛いですよね。やっぱりドラマ女優では一番じゃないですか?ガッキー出てるドラマはまず見る候補になります。とっても品があるし、見てて安心感があります。

品格のある人になろう

品格のある人になるのは、ある意味「人として生きるマナー」と言えます。人は1人では生きてはいけません。人は人と接することでいろんな気づきを得たり成長できたりします。完璧に品格を上げることは必要ありませんが、最低限の項目は身につけた方が良いですね。

水沢桔梗

心理カウンセラー

些細なことでイライラする姿は、心の余裕のなさを表しています。実はイライラの原因は、ほぼ自分の内面にあります。品格を高めるなら、自分の心と向き合ってみるのもおすすめですよ。

関連する記事