腕組みする人の心理とは?男女別・左右の組み方・姿勢での性格の違いを徹底解説!

腕組みをしている人を見かけたり、自分が無意識のうちにしている場合がありますよね。腕組みはその人の心理を表しています。この記事では腕組みの基本の意味・心理から〈男女〉〈左右の組み方〉〈姿勢・ポーズ〉別まで紹介します。またそれぞれの性格の違いについても解説します。

専門家監修 |心理カウンセラー 心理カウンセラー水沢桔梗
Twitter Ameba
親子関係の専門として、オンラインカウンセリングを行っています。過去の心の傷を癒し、自己解決できるように導くのが得意です。過干渉な親から自立したい、30...
Twitter Ameba
親子関係の専門として、オンラインカウンセリングを行っています。過去の心の傷を癒し、自己解決できるように導くのが得意です。過干渉な親から自立したい、30~40代の大人女性をサポートします!

目次

  1. 腕組みする人の心理とは?癖が性格を表す?
  2. 腕組みする基本の意味・心理7選!
  3. 腕組みする人の心理・性格【男性・女性別】
  4. 腕組みする人の心理・性格【左右の組み方別】
  5. 腕組みする人の心理・性格【組む位置別】
  6. 腕組みする人の心理・性格【姿勢・ポーズ別】
  7. 腕組みする人の心理を知ろう!

腕組みする人の心理とは?癖が性格を表す?

腕組みをする人の心理って何だと思いますか?基本的に腕組みをしている場合、リラックスしている状態ではないことがほとんどです。つまり、緊張や警戒、嘘、不機嫌などの心理をあらわしていることが多いのが、このポーズの特徴です。

さらに、腕組みが癖になっている人っていますよね。普段から腕組みをすることが多く、「なんでいつも腕組みしてるの?」と訊くと「癖なんだよね」と返す人がいます。癖になっている場合は、その人は内向的な人間である可能性が強いです。このようにして、腕組みひとつで相手の心理状態や性格の特性まで理解することができます。

腕組みする基本の意味・心理7選!

腕組みと言っても、姿勢や組み方、男性、女性などの要因で意味が変わってきます。ここでは、まず大まかな腕組みの心理を紹介します。ここを読むだけでもかなり実生活で使える知識が盛りだくさんです。

OL Eさん

20代後半

いつも腕組みしてる友達がいるんだけど、なんなんだろ?単に癖なのか何か意味があるのか。たまに偉そうに見えることがあって腹立つことあるから、しっかり腕組みの心理とか意味とか知りたい!

1.警戒している

警戒している時に、体を大の字に広げている様子って想像しにくいですよね。どちらかというと、体を小さくまとめている方がしっくりくるのではないでしょうか?

わざわざ、腕組みをするということは少なくともリラックスしている状態ではないことが多いです。時々、腕組みをして深呼吸をし、リラックスをしている人もいますが、大抵の場合は腕組みをすることはないので目の前の人が腕組みをしている場合は何か警戒しているのかもしれないと考えておいた方が良いでしょう。

2.内向的な性格のあらわれ

外向性と内向性という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?外向性を持っている人は、人付き合いも上手く社会に溶け込むことが容易にできる人です。しかし、逆に内向性を持っている人は自分の殻に閉じこもる傾向が強いです。その心理をあらわしているのが腕組みです。このポーズは、自分の内側に他人が入ってほしくないという心理をあらわしています。

つまり、内向的な人ほど腕組みをすることが多いです。なんだか内向的な人が不利な話に聞こえるかもしれませんが、そんなことはないので安心して大丈夫です。外界からの刺激に敏感ですが、逆に言うと独自性を持っており一部の分野での専門家になれる人は内向的な人が多いことをあわせて伝えておきますね。

大学生 Iさん

10代後半

もともと引っ込み思案だからなのかもしれないけど、腕組みをすることが多い気がする。なんかそうしてる方が落ち着くんだもん。

3.優位に立ちたい気持ちがある

相手よりも優位に立ちたい時にも腕組みをする場合があります。これは後で詳しく解説しますが、とりあえず今はスーパーヒーローを思い浮かべてみてください。腕組みでポーズを決めているキャラクターって多いと思いませんか?そう、相手に屈しないという強い意志を持っていて、自分の方が優位であると感じている場合は腕組みをする傾向があります。

4.他人の意見を受け入れたくない

「受け入れる仕草はどんな仕草?」と聞かれれば大抵の人が、手を大きく広げて抱きしめるようなイメージをするのではないでしょうか?では、「受け入れたくない仕草は?」と問われれば手の平を突き出して拒絶したり、殻にこもるようにして体を縮める仕草を取りますよね。

相手の意見を受け入れたくない場合などは、本当は手の平を突き出して「NO!」と言いたいところですが、さすがにそこまではできないので必然的に腕組みという選択肢を取ることが多いです。あなたが何か提案をしている際に相手が腕組みをしたのであれば、それは受け入れたくないという心理のあらわれなので注意しましょう。

水沢桔梗

心理カウンセラー

人は自分を守ろうとする時、自然に手や腕が前に来ます。否定的な意見を言われそうな時に腕を組むのは、自己防衛のためなのです。また、アドバイスを聞きたくない時にも、腕を組む人はいるでしょう。

5.隠し事がある

人はどうしても隠し事などの後ろめたいことがあると体を縮める傾向があります。これは心理学の世界でも有名な話で、心理状態によってその人の行動が大きく変わるということは数々の研究で明らかになっています。

話をしていて目の前の人がおもむろに腕組みをしたのであれば、それは何か言いたくないことやバレたくないことがあるのかもしれません。話のつじつまが合わなかったり、妙に体の動きが多い場合は少し疑った方が良いかもしれません。

6.単純にイライラしている

待ち合わせに相手が遅れているシチュエーションを想像してみてください。腕組みをしながらチラチラ時計を確認していたり、腕組みをした状態で指で腕をトントン叩いたりしていませんか?

人はイライラすると特定の仕草を行います。その一つが腕組みです。相手が単に腕組みをしているだけでなく先ほどのような仕草もあわせて行っている場合は不機嫌な心理のあらわれだと考えて良いでしょう。

7.考え事をしている

みなさんも考え事をしている際に腕組みをしてしまうことがあるのではないでしょうか?腕組みをして熟考し、たまに顎に片手を当てて、考える人のようなポーズに自然となっていることがあります。

考え事をする際に腕組みをすることは、思考力を底上げする効果があります。つまり、腕組みをしているからと言って不機嫌であるとは限らないということです。しかし、本当に熟考している場合はしばらく考えさせておいてあげましょう。

会社員営業 Tさん

30代前半

会議中とかに、よく「うーん」って言いながら腕組んじゃうことあります。考え事してる時ってどうしても腕組みしちゃいますよね。

腕組みと似たもので腰に手を当てるというポーズがあります。腕組みを頻繁にする人は腰に手を当てる傾向も強いので参考にしてくださいね。

水沢桔梗

心理カウンセラー

考え事をする時に腕を組む人が多いのは、安定感があって集中できるためです。人は基本的に、手を体の前に持ってくると気持ちが安定します。そのため、考え事に集中したい時には、腕を組んだ方が良いアイデアが浮かびやすいですよ。

腕組みする人の心理・性格【男性・女性別】

腕組みの心理を考察するうえで大切な要素の一つとして男性なのか女性なのかという点です。男性が腕組みをしていると威厳のある雰囲気が醸し出されますが、女性が腕組みをしている場合はもう少し違う印象を持ちませんか?

ここでは、そんな男性と女性での腕組みの心理や、腕組みが癖になっている場合の性格についても紹介します。

1.男性が腕組みをしている心理

男性が腕組みをする心理は単純で、自信をあらわしている場合が多いです。ラーメン屋のポスターを思い出してみてください。大抵の場合、店主が腕組みをして映っています。これは、作るものに自信があることを印象付ける効果もありますし、実際に自信を持っている人が取るポーズです。他にも会社の重役なども腕組みをしている場合が多いです。

営業事務 Hさん

20代後半

なんか、自信満々な男性って腕組みしてること多くない?ちょっと高圧的で怖い印象あるのは私だけ?

2.女性が腕組みをしている心理

女性の場合は、男性とは少し意味が異なってきます。女性は腕組みをすることで胸を強調することができ、女性特有の魅力を上げるために腕組みをすることがあります。さらに、腕組みをすることでお腹周りを隠すことができるのでスタイルが良く見えます。

もちろん、女性の場合も腕組みのポーズを取ることで自信が湧いたりするので、その点は男性と同じと言えるでしょう。

メーカー勤務 Kさん

20代前半

腕組みしてる女性ってデキる女性って感じがして好感が持てます!自信がある感じもしますし、男性よりも女性が腕組みしてる方がカッコイイと個人的には思います。

腕組みする人の心理・性格【左右の組み方別】

普段何気なくやっている腕組みも、人によって左右が逆であることがありますよね。いつもとは左右逆で腕組みをしてみて違和感を感じた経験は誰にでも一度はあるのではないでしょうか?

そこで、ここでは左腕が上なのか、右腕が上なのかによって変わってくる心理や性格の違いについて解説します。

高校生 Sさん

10代後半

そういえば、何気なく腕組みたら絶対に左腕が上に来る組み方しちゃうんだけど、これって何か意味あるのかな?友達は僕と逆の組み方してるし、詳しくその辺知っておいて損はない気がする。

1.左腕が上

左腕が上の場合は右脳で情報の処理をして周囲に伝えている場合が多いです。右脳は感覚やイメージを処理することに長けており、左腕を上にして腕組みをするのは芸術肌な人が多いと言われています。

人に何かを伝えることはフィーリングで伝えようとすることが多く、時にはそれが上手くいかないこともあるでしょう。しかし、想像力が豊かなためアイデアマンとして一目置かれる存在になる可能性を秘めています。

2.右腕が上

右腕が上の人は、左脳で物事を処理する傾向が強いとされています。左脳は論理的な思考を司っており、理論的で計画的な性格を持っている場合が多いです。

理論的な部分が、頑固な一面であると判断されることもありますが、物事を客観視して判断することができるので重宝される存在になり得ます。

大学院生 Oさん

20代前半

この間知ったんだけど、右腕上にして腕組みする人って理論的な人なんだってさ!あたしの周りの友達で右腕が上の組み方してる人がいて、めっちゃ冷静で感情あんの?って言いたくなる時ある。これも右腕が上の組み方する人の特徴なのかなー?

腕組みする人の心理・性格【組む位置別】

腕組みをする高さも、相手の心理を知るために欠かせない要素です。そこで、ここでは腕組みをどの高さでするのかに焦点を当てて解説します。

組む位置が高い

腕組みの位置の高さでも相手の心理が読み解けます。位置が高い人の心理は、「自信満々」です。先に腕組みの心理のところの【優位に立ちたい気持ちがある】という見出しでスーパーヒーローを例に出しましたよね。ヒーローも腕組みをしていることが多いですが、みんな組む位置が高いです。

その理由は、下で組んでしまうと弱々しく見えてしまうからです。高さは、胸のあたりであることが多く、そうすることで自信があるように見え、さらに自信が湧いてきます。実生活で使うのであれば、物事をやり遂げる自信がないと感じた時に腕組みをして高さを高めにすることで自然と自信が湧いてきます。簡単な方法ですが手軽に自信を感じられます。

工場勤務 Iさん

30代前半

小さい時からの友達で、いっつも腕組みする時はかなり高い位置で組む人がいるんだけど「その高さしんどくないの?」って訊いたら昔からの癖らしい。本人曰く、そうしている方が力が湧いてくるらしいから僕もたまにやってみようかなと思う。

組む位置が低い

腕組みの高さが高い場合は自信をあらわしていると解説しましたが、逆に低い場合はどういった意味があるのでしょうか?

組む位置が低い場合は、少しリラックス気味で考え事をしている場合などに多く見られるポーズです。つまり、落ち着いて物事を処理できる状態なので、相談事をした際に相手が腕組みの高さをお腹のあたりにした場合は真剣に考えてくれていると考えて良いでしょう。

腕組みする人の心理・性格【姿勢・ポーズ別】

腕組みをしている人の姿勢やポーズも、その心理や性格を知るうえで大切な要素です。ここでは、3つの腕組みをした際の姿勢の心理などを紹介します。

建設作業員 Gさん

20代後半

腕組みするときの状態によっても意味って変わりますよね?座ってるのか立ってるのかや胸張ってるのか張ってないのかで、どのくらい心理状態って変わるんだろう?

1.座ってる

座っている際に腕組みをしている場合は大きく分けて2つの心理状態であることが考えられます。ひとつは、相手の話を聞く気がないということです。もし何か話し合いなどをしている場なのであれば、時間を置くなどして対応しましょう。もうひとつは、考え事をしているということです。座って腕組みをして考え事をしていることってたまにありますよね。

そして、両者を区別することは簡単です。相手の体全体の姿勢を観察してみましょう。前傾姿勢で腕組みをしている場合は考察していることが多く、椅子にもたれかかって腕組みをしている場合は、話を聞いていないことが多いです。こういった姿勢にも注意してみましょう。

2.背中を丸めてる

背中を丸めて腕組みをしている場合は、自信が無くなっていたり、外界との関りを断ち切りたい心理が働いています。みなさんは落ち込んだときにどんな姿勢になるでしょうか?体を丸めてギュッと小さくなろうとするのではないでしょうか?

こういった、体を小さくする姿勢はネガティブな心理状態の場合が多いので、友達がこれと同じような姿勢になっている場合は少し気遣ってあげた方が良いでしょう。もしくは知らず知らずのうちに自分が、腕組みをして背中を丸めていた場合は自分を労ってあげましょう。

非常勤講師 Mさん

20代後半

昔からの癖で、嫌なことがあったら猫背になって腕組みしちゃうんだよね。最初は気づかなかったんだけど、友達に言われて気づいた。たぶん腕組みしてる方が安心できるのかな。

3.二の腕を掴む

二の腕を掴む仕草は、恐怖か怒りを感じているからです。ホラー映画などでも、ピンチに追いやられて恐怖しているヒロインが自分の二の腕をガッと掴んで怯えているシーンがよくあります。恐怖すると体に力が入るのでこういったポーズになります。

怒りを感じている場合は、正確には怒りを我慢している状態と言えます。激しい怒りを感じているけど、怒ってしまっては意味がないと考えて怒りを出さないようにすると、二の腕を掴むようなポーズを取ることになります。

水沢桔梗

心理カウンセラー

人は二の腕をタッチすると、少し気持ちが落ち着きます。そのため、怖い時やイラつく時には、無意識に二の腕を触る人が多いのです。もしかしたら、本能で知っているのかもしれませんね。

腕組みする人の心理を知ろう!

いかがでしたか?ここまで、様々なパターンの腕組みに関する心理や性格について解説してきました。腕組みは知らず知らずのうちに行っていることが多く、相手の心理を見抜くときにも使えますし、もし自分が無意識のうちにやってしまっていたのであれば、自分の心理状態を知ることもできます。

たかが、腕組みとスルーすることはできますが、この意味をしっかりと理解している方が人間関係を良好にすることができるでしょう。

関連する記事